漆黒の薔薇にくちづけを 上

漆黒の薔薇にくちづけを 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784592874041

あらすじ

祥陽学園高校の超常現象研究クラブ一年生・水瀬凛は、部長や生徒会長のマスコット的存在。
新学期に入り、絶大な人気を誇る美貌の図書委員長・紫姫絢一先輩と寮で同室になった凛は、謎めいた紫姫への想いを慕らせる。
ある日、夜中に部屋を抜け出した紫姫を追って礼拝堂へ行った凛は、紫姫が他の寮生と抱き合っているのを目撃してしまう。
それを非難した凛の唇も…。

表題作漆黒の薔薇にくちづけを 上

図書委員長・紫姫絢一
超常現象研究クラブ一年生・水瀬凛

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ころころ変わる態度に振り回されて

 さて、上下巻シリーズの上巻です。
 謎めいた存在の紫姫を好きになった凛が、その紫姫に振り回されてしまうのが、この巻のあらすじ……ってところでしょうか?

 紫姫は清純そうな外見とは裏腹に、同室になったことで凛の前でタバコを吸っていたり、凛の存在をまったくないもののように無視したり……。
 凛はそんな紫姫に振り回されてしまう。
 でも、突然、紫姫が優しくなったり、冷たくなったり、日替わりでころころ変わる。

 そして最後には、凛に一言だけ残すと、紫姫は存在した形跡を残さずに消えてしまう……。

 そんな感じの話でした。
 なんていうか、盛大なあらすじ……という感じでしょうか?

 そこから、凛は紫姫を探し始める……という。

 話の内容としては、悪くないと思ったんですけど、個人的には、紫姫の正確が変わりすぎて、結局、何を思ってそんな態度をころころ変えているのか、理解できない(苦笑)
 何か紫姫なりに思うところがあったんだろう、とは推測してあげることはできるんですが、そこまで。
 それが何を意味してるのか、まーったくわかりませんでした。
 その辺りで、あ続きんまり紫姫の気持ちに共感できない分だけ、ややイマイチになってしまった感じが否めませんでした。
 正直、あんなにころころ態度変えられてたら、迷惑ですよね……。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ