BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ディープで切ない愛憎劇がココに!! 昼ドラBL 5選

2017/11/06 18:53

調査員、義兄弟、執着、裏社会、昭和… ドロドロ人間ドラマはいかが!?


昼ドラBL――皆さんは耳にしたことはあるでしょうか。
“昼ドラ”とはお昼の時間帯にやっているTVドラマのことで、愛と憎悪が交差したようなドロドロした展開が主に主婦層に支持されています。
まるで昼ドラのようなドロドロした人間ドラマが描かれるBL、それが「昼ドラBL」!
今回は、中毒性のある「昼ドラBL」5作品をちるちるユーザーのレビューとともにご紹介します!

窮鼠はチーズの夢を見る』水城せとな

 

<あらすじ>
大学の後輩・今ヶ瀬との再会…。それは恭一の妻が彼に浮気調査を依頼したのがきっかけだった。浮気の事実を隠す代わりに、今ヶ瀬に男同士の関係を迫られ…!?
水城せとなの大人気作が、新作描きおろしを加え、新装版で登場!!
限りなく切ないアダルト・ラブストーリー。

水城さんは少女漫画も書かれているので(今は少女漫画中心かな?)絵柄は少女漫画風なのですが、お話は醜いトコロもしっかりと描かれているドロドロな昼ドラ風です。シリアスがお好きな方や、作品にリアリティを求める方は楽しめるのではないかなぁ、と…!――あきらんらんさん

心を殺す方法(1)』カシオ

 

<あらすじ>
親同士の再婚で義兄弟になった、10歳違いの春樹(はるき)と光(ひかる)。
人見知りな美少年・光は春樹にだけよく懐き、春樹もそんな義弟をいじらしく思っていた。
時は流れ、高校生になった光は春樹への恋心を募らせる。両親の旅行中、欲望が溢れた光は春樹の身体をまさぐり、口淫を強要して、それをひそかに録画していた。異常な関係に耐えかね逃げようとした春樹に、光は音声を送りつけ、「逃げるなら親にバラす」と脅してついには春樹の後孔を犯し――。
愛憎極まる義兄弟インモラルドラマ、開幕。

義兄の心情に感情移入するも美しさで人の幸せを奪っていく悲しい弟にまた同情してしまい、重苦しいテーマなのに心が沸いてついつい読んでその重さと緊迫感にエネルギーを消費して脱力してしまう。
読者すらも巻き込むこの漫画の悪循環はとても楽しいです。――イトウさんさん

スピンアウト(上)』国枝彩香

 

<あらすじ>
会社員の巽は社長子息の涼馬のお目付役としてストレスの多い日々を送っている。穏やかな表の顔の一方で、巽は美しく妖艶な男・三木とのSMプレイを楽しんでいたが、謎の多い三木との逢瀬を重ねるうち、三木への執着を深めていく。そして、巽に執着する涼馬は、ホテルへ向かう巽をストーカーし、三木との関係を知ってしまい!?

国枝彩香さんの新刊は、人の狂気と昼ドラ的三角関係をスリリングに描いたサスペンス。
タイトルの「スピンアウト」に相応しく、登場人物の全員がいつ道を外れ破滅してもおかしくない危うさを持っており、何とも不穏で先が気になる展開です。――Krovopizzaさん

バラ色の時代』恋煩シビト

 

<あらすじ>
医者を目指す平凡な高校生・右介は、高校の図書室で威圧的な同級生・大和に組み敷かれ、無理やりに犯されてしまう。以降十年、ヤクザの組長となった大和に監視され続け、闇医者の傍ら、愛人として体を弄ばれる苦悶の日々を送っていた。
そんなある日、右介はとある取引に連れ出される。そこで大和から告げられたのは、目の前で他の組の組長と寝ろという命令でー・・・。
人生を奪った男と奪われた男の、二十余年に渡る、ねじれた絆の形。

形はどうあれ、一緒に生きれる相手がいるということは、やはり幸せなんだと思います。
そんな相手を見付けられたこと。
汚い世界を見続ける彼らにとって、それはバラ色に等しい。
台詞は極端に少なくとも、作者の意図を開花させたラストに感じ入ることができました。――かえっちょさん

蟷螂の檻(1)』彩景でりこ

 

<あらすじ>
孤独な御曹司に植え付けられた快楽。地方名家・當間家の跡取りとして厳しく育てられてきた育郎(いくろう)は、座敷牢に匿われる妾腹の兄・蘭蔵(らんぞう)に父の関心のすべてを奪われていた。辛くとも気丈に振舞う育郎だったが、そのそばには、常に一人の男がいた。典彦(のりひこ)。育郎が幼い頃から仕える年上の使用人である。典彦は、孤独な育郎を蛇のように愛でた。深い口づけを教え、性処理とうそぶきながら股を開かせ、その長い指で尻を抉った。そうして育郎に快楽の種を植え付け体をいやらしく変えていった。そして数年後、事態は一変する。當間家当主が死に、育郎が次代を継ぐ時が来て――!?

「秘め事」という言葉をこれほど如実に表現している作品も珍しいのではないでしょうか。こういう題材を書こうとして構築しきれていない作品が多い中、これは読んで間違いないと思います。こういうレトロでドロドロなお話が好きな方には必見じゃないかな。――crystさん

「昼ドラBL」5作品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
波乱の展開が巻き起こる愛憎劇から目が離せず、ディープでドロドロしたお話が好きな方はきっとハマってしまうこと間違いなし♥
皆さんオススメの昼ドラBLがあったら是非教えてください!

記者:馬子

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

昼ドラ的ドロドロ、小説でもありますよ!
綺月陣さんの「殉愛」。おすすめです。

PAGE TOP