逃げるか堕ちるかふたつにひとつーーー。

スピンアウト(下)

spin out

スピンアウト(下)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×222
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
268
評価数
69
平均
4 / 5
神率
39.1%
著者
国枝彩香 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
シリーズ
スピンアウト
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784801953918

あらすじ

会社員の巽は社長子息の涼馬のお目付役としてストレスの多い日々を送っている。穏やかな表の顔の一方で、巽は美しく妖艶な男・三木とのSMプレイを楽しんでいたが、謎の多い三木との逢瀬を重ねるうち、三木への執着を深めていく。そして、巽に執着する涼馬は、ホテルへ向かう巽をストーカーし、三木との関係を知ってしまい!?

表題作スピンアウト(下)

巽将貴,会社員,社長子息のお目付役
三木蓉介,ネイリスト

同時収録作品人生はドラマチック

高見沢,甘味処の客
小寺純平,甘味処でバイトする平凡な青年

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数10

弾かれ、そして墜ちる

「スピンアウト」下巻です。

上巻にて、感情の迷路に落ちた巽。
自分だけを慕ってくる頼りない跡取り・涼馬を大切に思っていた。
同時に仕事の全くできない涼馬を支える事で感じる抑えきれないストレスを、三木へのSM的なプレイで発散していたが、いつしか三木本人を気にかけるようになり。
勘の良さで巽と三木の関係性に気付いた涼馬坊ちゃんが三木に近付く…
そして巽と三木が2人で会っているホテルの前で待ち続ける涼馬。
…と思いがけない上巻ラストからの下巻です。

下巻ではなんと、巽と涼馬は肉体関係になっている…!
涼馬からは巽に恋愛感情。しかし、巽は以前とは真逆。三木を思いながら涼馬を抱く、だけど未熟な涼馬では三木の穴を埋めようにも埋められない。
ここから三角関係のもつれに?と思って読んでたけど、意外な方向に行きましたね…
というのは、三木が姉の夫を殺してくれ、と言い出す。
破滅型の三木に引きずられて三木と巽が手に手を取って転落か…そうではなかったんです。
三木は破滅型でも魔性でもなく、ごく普通の気弱さを持っていた。
そして誰かへの殺意なんてモノを手放して巽との一歩を、というところでそれを打ち砕くのが涼馬だった…
塀の中の涼馬の変貌の痛々しさ。そして優しいようで涼馬を突き放している巽の…なんと言うんだろう?怖さなのか冷たさなのか?
弾け飛ばされて脱落して行ったのは三木と涼馬。だけど時間をおいてこれから巽も墜ちていくのでしょうか?それとも小さな蓉介くんに救われるのでしょうか…

「人生はドラマチック」
「スピンアウト」とは全然違うテイストで、頭が切り替わりません…
お見合いを断るがために甘味処のバイト君を女装させて連れ回すイケメン。
というコミカルなお話。
この話に罪ないんだけど、「スピンアウト」と合わなすぎる〜

1

バドエンというには物足りない

 巽、三木、涼馬、それぞれ異なる魅力を持ち得体の知れない面白さがあったからこそ、この展開は消化不良に感じてしまいました。完全なるバドエンとも言えない、気持ちのやり場をどこへ持って行ったら良いのか分からない感じ…。虚無感漂う物語、救いようのない展開は大好きなのですが、そこまででもなく。死が絡んでくるのに死んだ本人が死後も、妄想の中での話ではあるけれど、普通に登場して会話するので死んだという実感もあまり湧かず…。

 結局三木の姉とも、その息子とも、因縁の旦那とも、そして涼馬とも、何も決着が付かず、私には国枝先生が最終的に何を描きたかったのかよく分かりませんでした。行き当たりばったりの結末を、虚無感を楽しむものとして受け入れるには、まだ私の読解力が足りないのかも。スピンアウトというほど、3人が外道になったようにも感じない。皆一時的に狂気を見せてはくれたけれど、総合的に見たら結構普通の人間だったように思います。ただ、この行き場のない感情を狙って描いたのなら、ある意味成功とは言えるのかもしれません。

0

アウトな結末?

道を外れるというテーマなのかな?
三木姉弟の壮絶な過去。姉の夫を殺す計画を立てる二人ですが。
最後の日ホームセンターで確かに二人は近づいたのに。
二人で楽しい未来の可能性があったのに、涼馬が三木を!

三木姉の子供の父親はどっちか?と匂わせるお話でしたね。

巽が三木の代わりに涼馬に手を出して3人の人生を狂わせてしまったのでしょうか。それともその前からもう普通じゃなかったのか。
涼馬の最後の言葉の意味は?
なかなか難しいお話でした。

人生はドラマチック
好きです。ロマンチックですね!
ずっと好きだったアンジェリカを女装させて、親友の為に見合いを断るのはついでで。
Youたち付き合っちゃいなよ!な二人でした。

0

賛否両論。読む人を選ぶ作品だと思う。

こんなに評価に迷った作品は初めてです。

攻めの性格、ビジュアル。
「しゅみじゃない」
痛そう!!ばかりでちっとも気持ち良さそうじゃないセックス描写。まったくもって、
「しゅみじゃない」

なのに最終的に評価高めにつけました。
その基準って、私にとっては「何かが心に残ったか。何かが心に響いたか」っていうことなんだろうな。
今回評価づけで悩み、そんなことを深く考えてみたりみなかったり。

あらすじは割愛しますが、下巻ではミステリアスで何を考えているかわからない三木の素性が少しずつ明らかになります。
上巻では三木を気味悪がっている部分も多かった巽も、徐々に彼に惹かれている様子が伺えます。

終盤、暴力的な三木の義兄への殺人計画などを囁きながらも、ホームセンターで家具を見てははしゃぎ、巽からの突然のキスに浮かれる三木がとても可愛くて。
あー、このまま2人、本当に南の島に逃避行して幸せになってくれたらいいのに…
そう思った矢先のあの出来事。
衝撃だった。やるせなかった。
その時点で私はすごく三木のことを好きになっていたし、ミステリアスな彼もいいけど、やはり笑顔の彼の方が魅力的で、たくさん見ていたかったので。

結局、巽の涼馬への気持ちは何だったんだろう。
大切に触れずにいたはずの彼を、何故あんな形で抱いたのか?
涼馬に対する巽の罪は重いよ。

トラジックエンドはBLでは意識的に避けていたけど、今回は知らずに出会ってしまった感じですね。
やはり精神的に結構ダメージがあるので、結末を知っていたら手に取らなかったかも、とも思います。
肌寒い長雨の続くこんな日だからこそ、気分にマッチして入り込めた世界かも知れません。

2

誰が一番スピンアウトしたのか

上巻はネタバレなしで致しましたが、下巻はネタバレして書きます。下巻はスピンアウトの他、「人生はドラマチック」が収録されていまして、こちらは真逆のコメディーです。シリアスの後のコメディーは何となくほっと息がつける感じがしました、と一言添えるだけにしておきます。
 さて、「スピンアウト」下巻、♯5話からスタートです。もう初めから、巽の心は三木に傾いています。
涼馬ともいつの間にかセックスするようになっていて、以前とはっきり違うのは涼馬に三木の影を追い求めている逆の形になっていること。
そこに再び三木が現れますが何と、右手の爪が全部剥されています。
やったのは三木の姉の旦那。
巽と三木はその旦那を殺そうと計画します・・・
・・・結果は、二人は犯罪を犯しはしませんでした。その準備にホームセンターに来たところで、涼馬が三木を刺殺してしまいます。
 私、このホームセンターで三木が怖気づく場面が強く印象に残ったのですよね。その前のキスもよかったけど、「所詮、僕たち素人ですし、人殺しなんて無理」と、自分から巽に持ちかけておいて、ころっと変わるところが好き。情けなくて、人間らしい。
 この作品で、一番スピンアウトしてしまったのは誰なんでしょうね。
三木は実は踏み外してはいないのかな、と思います。巽に会った時点よりとうの昔に彼の未来は歪められてしまっていた。だからこそ、巽の復讐の意識は実際に三木を殺した涼馬ではなく、姉の旦那に向けられているのでしょう。
巽は、三木の事件以後は会社を辞めて、秘書からタクシー運転手となります。三木に会って、自分に眠る嗜虐性に気付いたときからスピンアウトしていったとは思いますが、巽の変貌はむしろここから先が本番でしょう。死んだ三木への思いを抱いて復讐するか、三木の姉に生まれた子供に面影を求めるのか。いずれにしても仄暗い感じに沈んでいきそうです。
そして涼馬、一番スピンアウトしてしまったのは彼のように思います。
おっとりした社長令息が、巽への執着の果てに三木を殺して殺人犯になってしまったのですから。
「僕はやっぱり、失敗しちゃったんだね」の言葉が重い。
 下巻は巽の底知れない逞しさと、三木の危うい儚さが切なかったです。

6

気味が悪い

最終的にはハッピーエンドになるんだろうと期待しつつ読み始めた下巻。
ひどさが増してました。
想像するのも怖い痛めつけ方だし、これのどこに愛情を感じろと言うのでしょう?歪みすぎでしょ。
いつかきっと幸せが訪れると祈るような気持ちで読み進めましたが、最後までいやーな終わり方。救われませんでした。
BL初心者の私にはまだまだ理解できない世界でした。
BLって、奥が深い。

2

最終話の衝撃

上下巻で購入したので、こちらもレビューを書こうと思います。
物語の顛末に触れますのでご注意ください。


なんといっても、ラスト。とても衝撃的でした。
ハッピーエンドではないです。。
初めは、なよなよしていて、頼りない印象だった涼馬がまさかこんなに変貌するとは。執着とは恐ろしいです。

下巻では、三木のことが徐々にわかってきます。二人のことがわかってきて、二人で暮らしているところまで来ると、もう人殺しなんてやめてなんとか幸せになれないかな、と願ってしまいます。三木のセリフにもありますが…。おそらく、あの数分が唯一幸せな時だったのだと思います。
しかし、生きていてほしかった。最後は幸せを感じられた三木だと思うのですが、二人で南の島に行ってほしかった、と思ってしまいました。
しかし、刺されるところからラストのぞわぞわとした怖さはすごいです。
すっきりしたとは言えません。しかし、うまく言えませんが痛いくらい刺さる作品でした。

2

絶望的な展開

上巻と続き、こちらもレビューします。ちょっと長くなってしまいました。

読んだ後は本当にショック受けて、頭まわりませんでした笑
今までの国枝先生の作品の中で一番救いようがない、絶望的なラストだったのではないかと思います。

三木は幸せだったのかな。
少しでも巽と一緒にいて幸せだったのであれば、救いにはなるのですが・・・それを確認したくても叶いません。
他の方もおっしゃっているとおり、確かに行き当たりばったり感、とっちらかっている感は多々あります。
しかし、主な登場人物が
・何を言い出すのか、何を考えているのかわからない三木
・意外?にもダークサイドに堕ちてしまった涼馬
・普通と狂気の境目で不安定な巽
なので、こんな暴れ馬3匹をうまくコントロールして収まりのいいラストに導けるのか、といったらかなり難しそうですし想像が出来ない。
ですし、このとっちらかった感が悲壮感、絶望感をより際立たせていてよかったのではないかと思います。
国枝先生が好きなので、色眼鏡入っているかもしれませんが。

そして最後の最後に入っているショートストーリー。
スピンアウトとは180度真逆のコメディーです。
これのせいで本編スピンアウトの虚無感がより浮き彫りになっているような気もするし、ちょっと救いがあるような気もするし。
でもこれを読んで、「あ、明るい方の国枝先生だ!」とちょっと嬉しくなりました。
国枝先生の描くコメディーは短くてもすごくぱあっと明るくなりますし、幸せになれます。このテンションの国枝先生の方が本当は好きです。

色々言いましたが、好きな人は多分好きだと思いますし
非日常を味わいたい、痛い気分になりたい、国枝先生が大好き!!な方にはいいかと思います。

6

ええー!?

下巻です。読み終わりました。
ええええええー!?
いや、いいんですが、こんな終わりって。えー!?
ネタバレになるので触れませんが、何となく行き当たりばったりで描いてらっしゃるんじゃ?と思ったら、あとがきによると本当にそんな感じだったみたいなので国枝さんもこういうラストは想定していなかったんじゃないですかね。「リング」みたいな描き方も嫌いじゃないですが、せめて希望が欲しかった(泪)
どん底なので、暗すぎる話がお嫌いな方はお気をつけて。
話に救いはないですが、強いて云うならば不幸中の幸い真面目で素直な人が理不尽な目に遭っていないので、それだけが救いです。といいますか、そういう人が一人も出ていないです(笑)
暴力は大嫌いなので主人公はもうどうなったとしても自業自得としか思えないし、社長子息も自分から堕ちたので自己責任で。
そう考えていくと、性格悪いけど受けは特に何も悪くないんですよね。ある意味、最大の被害者かも。
幸せになって欲しかったなあ。
まあ、もしかしたらあれが彼の幸せなのかもしれないですが。

今回、電子か紙媒体かかなり悩んで特典に惹かれて前者にしたのですが、電子書籍の方が高いので驚きました。あと修正が竹書房なのにあの竹修正じゃない!(ペンで横に白くぐちゃぐちゃって消す修正)もうブツ全体が真っ白に消されてます。これは酷いなあ。局部のアップが謎の白いシルエットになってて笑ってしまいました(笑)
本当、エロありBLはR18指定にしていいから、電子書籍のこの間抜けな状態をどうにかしていただけないでしょうかねえ。

6

圧倒的な虚無感

上巻と同時発売の下巻。

【※結末についてネタバレ気味ですので、未読の方は閲覧にご注意下さい。】

あらすじ:
三木からの連絡が途絶え、涼馬と関係を持つようになる巽。
汚してはいけない相手の代わりに三木と関係していた筈なのに、今や三木の代わりに涼馬を抱いている。
ある日再び巽の前に現れた三木は、右手の爪を全て剥がされていた。
剥いだのは姉の夫だと言う三木は、
「あの男 殺してくれません?」
と巽の耳元で囁き……

上巻で蒔かれた種が実(破滅)として結実する下巻。
予想できる結末といえばそうですが、あまりにあっけない最後には大変な喪失感があり、その直前の束の間の穏やかな時間がいつまでも余韻として残ります。

果たして最初に道を踏み外したのは誰なのか。
涼馬に想いを寄せながらも三木に嵌まっていった巽か。
巽に殺人を唆した一方で、何もかも捨てて彼と一緒に逃げることも望んだ三木か。
二人に干渉しようとした涼馬か。
三人がそれぞれに足を引っ張り合い、取り返しのつかない結末へと向かうラスト2話の展開はとても哀しいものです。
ハッピーエンドなのか、未来に更なる悲劇が待っているのか、如何様にも読めるラストに何とも言えない感慨と虚無感を感じました。

あとがきにあるように、あの設定は結局何だったの?とツッコミたくなる箇所もあります。
しかし謎が謎のまま、永久に知ることの出来ない状態で残ってしまったからこそ、ラストの虚無感がより強まっているようにも思え、個人的にはそこまでモヤモヤは感じませんでした。

ともすれば陳腐になりそうな物語を、絵の迫力と展開力で描ききった良サスペンスかと思います。BLでゾクゾクしたい方は是非に。

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う