50×50

50×50

50×50双向情人

50×50
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌12
  • 中立9
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
18
得点
106
評価数
35
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
著者
国枝彩香 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784862637758

あらすじ

イケメンリーマン・東野と川西は、高校時代から「モテ」を競い合ってきた腐れ縁。
同時に失恋してヤケ酒をあおった夜に、勢い余っていたしてしまい、さぁ大変!!女好きの色男のはずが、男相手に欲情なんて・・・ありえねぇ!なのに、女の子を口説いていても気になるのは、やっぱりアイツのことで・・・!?
攻同士の熱いラブバトル勃発
(出版社より)

表題作50×50

巨乳好き 川西渡(攻めの予定)
足フェチ 東野修造(受けの予定)

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数18

袋小路ど真ん中

いつも国枝さんのコミックに感じることがやっと自覚できました。
怒るときにたいてい人差し指をさしたり、何かあった時のポーズが昭和っぽい気がする。
そして周囲の注目を集める。

イケメンリーマンの東野と川西は高校からの腐れ縁。脚フェチと巨乳好きで二人とも彼女を取っ替え引っ替えしては振られて。フラレリズムもぴったりで。

どの女性ともうまくいかないのに、お互い相手に似たタイプの女性にはなんだかしっくりくる。そうだ、お前に似てるんだ!となるんですが、だからといってそう簡単には恋愛関係になりません。

でもなんだかんだ言ってずっと一緒にいるんだろうな。

巻末の高校時代のお話も面白かったです。二人ともブレないですね!

0

彼らはどこへ向かうのか

意表を突かれました。
まさかこう来るとは。

本やコミックスを読むときや、映画やドラマを観るとき、先の展開を予想しますよね。
ある程度の数を読んだり観たりしていくとパターンが分かってきて、大抵予想は大きく外れることがなくなるものですが、国枝さんの作品はいつも予想外。

高校の同級生。
一方は生徒会長でバスケ部のエースだった男。
もう一方はテニス部の王子様。
卒業してから10年経ってもつるんでいる2人の共通点は、「女好き」と「いつも同時期にフラれる」ことくらいで…。

脚フェチに巨乳好きと来れば、多くの人が予想するのは「やや!ここに理想の足が!」というパターンではないでしょうか。
さらに脚フェチくんのフェチの芽生えは、高校時代に巨乳好きの足を見たことから、というおまけ付きで。
この作品の脚フェチくん・東野は女性らしい曲線美がお好きです。
そして巨乳好きの川西の足は男らしく、すね毛も生えてます。
「俺が求めていた足は、こんな身近にあったのか!」という展開はありません。

川西の巨乳好きは、実はフェイク。
本当は高校時代から東野のことが好きで、その気持ちを隠して友人として一緒にいるために、そういう設定を演じていただけで…。
という切ない裏事情もありません。

ただの脚フェチと、ただの巨乳好き。
ただの女好き同士が、女性のパーツばかりに惹かれてはフラれ、愚痴飲みして朝チュン。
東野は周囲から「実はゲイ…?」と噂されるものの、本人は「女が好きだ!」。
川西はデート相手に「東野ばっかり見てる」と言われても、「巨乳が好きだ!」。

ただ読者は思うのです。
後半で登場する好みのタイプの2人連れ。
この女性たちが明らかに女性版東野と女性版川西ではないかと。

どちらかが気持ちを自覚して切なくなることもなく、どちらかに急展開があるということもなく、ひたすらタイプの女性たちとフリフラれしながら、わいわい言い合う2人の終着点は見えません。
見えないけど、確実に少しずつ何かが変わってきているのは感じる。
それが何なのかは、妄想の世界でそれぞれ想像していくにしても、国枝さんの出す答えがあるとしたら、どのひとの妄想も不正解になりそう。

ケンカップルは苦手なのですが、そもそもツンデレが苦手というのが根底にありまして。
この2人を楽しく見守れたのは、2人がツンデレどころか、まだスタート地点すら見えていないからなのだと気付きました。
スタート地点立ったらどうなるんだろう。
そもそもスタート地点にたてるのだろうか。
萌えるというのとは少し違うけど、そんな妄想をしつつ、楽しめる作品でした。

3

何がどうしてこうなった

コメディです。とっても面白い!という意味で「萌x2」をつけました。

2人とも、自称「女好き」。その実態は、単に女性の体のあるパーツを愛でているだけ。
だから付き合ったり寝たりしていても、すぐフラれる。
女性に対する実(ジツ)が無いんですね。
恋にはすぐに落ちる。でもそこから愛を感じていくことがわかっていないお2人さんが、馬鹿話だのヤケ酒だのケンカだのを腐れ縁の年月で何度も何度も繰り返し、何一つ取り繕わなくてありのままでいられる、なくてはならない関係になっていく……
…とここでクール男と美形男のエロいBLになってもOKなのに、なんともおバカ展開というか、何回間違ってんの?わざと?というくらいアホなノリで関係が深まっていくのですね。
読者としては、ぷっと吹き出したりケラケラ笑えます。
楽しい時間を過ごすことのできる一冊ということに間違いなし!

7

女好き+フラれっぱなし=?!

作者様の初読みです。この作品がコミカルで面白かったので、こういう系統かと思いきや、他の作品は結構シリアスな感じが多いようで、幅の広さに驚かされました。

丸ごと1冊、表題作の彼らです。
4話+高校編、あと作者様のあとがきにも登場して裏話が読めます。

高校時代から十年来の腐れ縁の二人。
モテるけれど、フラれっぱなしという二人は、足フェチ(東野)とおっぱい星人(川西)と趣味は違うものの、何故か恋愛周期が同じ。ある夜、互いにフラれたもの同士で呑んでいたら酔った勢いで…えっ、俺たち寝てしまったのか?!

という話でした。最後までしていなかったのが意外でした。いやぁ…したと思うでしょ、普通(笑)

天真爛漫な川西が可愛いですし、お酒をセンチで注ぐ東野が愉快でした。
東野に世話をやいてもらい、週に一度は顔のパックをするという川西の方が攻め(予定)というのが予想外でした。最後まで認めない、けれど流されてしまう東野が諦める日を楽しみにしています(笑)

男と女を揺れ動く二人がコミカルに描かれています。エロはないも同然ですが、とにかく明るく楽しい気持ちになる作品です。お勧めです!

5

女好き二人のラブコメディ

再読、レビューします。

国枝先生の作品の中で、一番好きな作品です。
あとがきでは、続くようなニュアンスだったんだけどなぁ~。
今の所は、まだ出ていなくて~(>_<)
続編あれば、絶対読みたいです!

お話の方なのですが、表紙絵の二人のお話が丸々一冊分になります。
川西(ふぁっとした髪の巨乳好き)×東野(黒髪眼鏡の足フェチ)ともにタイプの違うイケメンで女好き。二人は高校生の頃からの腐れ縁で「モテ」を競い合ってきました。いつも、ほぼ同時期に女性にフラレてしまい,ヤケ酒を一緒に飲んでいるうちに関係をもってしまいます。お互い過ちだと思っているのに、何回も繰り返している所が可愛いです。お互い、ドキドキする時もあるのに、認めたくなくてジタバタしてるのが面白いです。
ラブラブとは程遠い感じの二人なのですが、困った時に頼りにしたり、イライラしながらもいつも気にしてしまっていたりが、すごく萌えました。それ、もう付き合ってるからね!と本人達に言いたくなりました(^^ゞ
明るいお話で、とても楽しい作品なのでオススメです。

3

ドタバタコメディ♪

萌は求めず、コメディを楽しむなら良い作品だと思います。
この作品は二人の男のシンクロ率と、
お互い嫌いだと思っているのに何故か寝てしまうという、
そこが面白く感じました。

これがまた女の子の趣味がそれぞれに違って。
脚フェチと巨乳フェチの二人。
フェチの違いには、
深い溝のある二人です(笑)

そんな二人なのに、
何故か女の子とデートする場所が一緒だったり、
同じように女の子に振られたり。
どうしてかシンクロしてしまう二人w
笑ってしまいましたw

これがしかし、ケンカップルというにはギャグに走りすぎていて、
萌えが少ないのです。
面白いんですが、
すみません、私には萌えのかけらが見当たりませんでした。

でも国枝先生の作品はフルコンプしているし、
この作品自体も嫌いではないのです。
確かに楽しいのです。

でも、萌えは少なかったです;;;
川西のアホ加減は可愛いと思いました。
でも萌え~!!という感じではないのです。
ドタバタを楽しむだけなら十分に楽しめる作品であります。

1

コメディで面白い


胸が好き、足が好き
女性のパーツで好きな部分はあると思う

女性が男性のパーツでも。

パーツが好きでも、相手の全てを好きになっている
わけじゃない。

パーツが好きじゃなくても、相手の全てを好きになれる
こともある

ということなのかも。

認め合っているようで認めたくない
タイトルがしっくりくる

内容でした
がちゃがちゃわいわいしてますが
読みにくくはなかったです。

切ない。ということはないですが
ほっこりはできますので
読んで不快感はないと思いました

続編があっても読みたいなと
思いました。

2

ナルシスト?

めちゃくちゃコメディで面白かったです。国枝さん、最高!!

ゲイの人ってお洒落に気遣っていたりナルシスト入っているイメージがあるんですが、そういう心理を突いているのでしょうか。

巨乳だの脚フェチだのと言っていますが、かっこいい自分が一番好きな川西と東野。

自分と同レベル(50×50)の人間なんかいないと心の底で思っているから、散々フラれてもふてぶてしく生きている。

でも、ある日気づいたら、隣にいるじゃん!みたいな。

全く胸きゅんしませんが、愉快なメンズコメディに仕上がっています。

身勝手なナルシスト(?)が本気で恋したらどうなるのか楽しみです!

2

面白い!

受け攻めどっちでもいいし、もちろんリバでもいい!
あー、面白かったなァ。
国枝さんは王道設定のBLも上手いし、鬱になりそうなほどダークな作品も上手いし、斜め上設定のアホアホコメディ(今作)も上手い。しかも作風がバラエティに富んでるってだけじゃなく、どんな作風でもクオリティが高いのが凄いんですよね。天才だと思います。

主役は二人とも女好きで、片方は脚フェチ、片方は巨乳好きです。
高校時代からの腐れ縁で犬猿の仲なんですが、なぜかフラれるタイミングがいつも同じで、そのたびにやけ酒を飲んでベッドインしてしまう。
それで目覚めて仲良くなるわけじゃなく、毎回のように後悔してはお互いに次の恋を探すというお約束。
ずっとこのお約束なのに、まったく飽きずに最後まで楽しかったです。ストーリーの味付けを変えつつ、何度もエッチはしてるのに近づいてるのか近づいてないのか、いつまで経っても恋愛未満のままでいるこの関係性そのものに萌えを感じました。

続き読みたいなァ。
この二人の攻め受け争いを読みたいな~。最終的にはリバーシブルでもイイ。

2

あー、面白かった!

国枝さんの、丸々1冊ギャグというコミックスは初めて読みました。
いつもの(?)陰気なお話がとても好きなのですが、
これもいいっ!!めっちゃ面白かった!
声出して笑いながら読んでました~。

攻受両方が(この2人の場合どっちとも決まってない)
ノーマルで、女好きで、クールとナンパの違いはあれど
それぞれに男っぽいとかさ~。超いいよ~。
あえて、恋未満で終わってるところもいい。
ラブラブv になってないところがいい。
流されつつも、微妙に距離感があるのがいい。
いや、もうこれはお互い確実にほだされてますけどねw

ナンパくんのアホの子っぷりにメロリンv ですよ。
攻受決まってない、ってのもいい!
リーバ!リーバ!(推奨コール)
コメディとしても面白く、萌えツボ押されまくり。
でも、BLとしてはイレギュラーな感じもするので、
萌☆☆☆(MAX)で!!

・・・あっ、このツボ具合ZSぽい・・・。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う