かわいそうな光 俺なんか好きになったばっかりに

心を殺す方法(4)

kokoro wo korosu houhou

心を殺す方法(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神70
  • 萌×219
  • 萌7
  • 中立12
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
459
評価数
111
平均
4.3 / 5
神率
63.1%
著者
カシオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
心を殺す方法
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784396784355

あらすじ

妊娠中の母親は気づき始める。
実子・光が見せる、
10歳上の義兄への異常な執着に。

そんな義母から光との仲を牽制されたのを機に、
春樹は姿を消した。光に忘れられる事を願い、誰にも告げず、遠くへと……。


しかし、光は、春樹を見つけてしまう。

その瞬間、春樹は逃げる事をやめ、
身体を光の愛欲に委ねた。
そして密やかに、ある未来を選択するーー。


愛憎極まる義兄弟インモラルドラマ、衝撃の終幕。

表題作心を殺す方法(4)

篠原光、春樹の義弟
篠原春樹、義兄

同時収録作品心を殺す方法(4)

英、春樹の先輩
篠原春樹、後輩

その他の収録作品

  • 番外編 4
  • bonus track

レビュー投稿数23

ストーリー、ネーム、萌えすべてにおいて神✨

この作品は語るべき軸が多すぎて、何周も読んでしまいます。

まずプロローグ。
初回に読んだときは気がつかなかった。
あの法事のシーンのモノローグは、最後まで読んでやっと意味がわかります。

ちょっと不気味ですが、深い愛情と絆と執着。それこそ英先輩のいう「人は変わらない」が凝縮され、ストーリーに引き込まれるのではないでしょうか。

そして、物語の骨子を支えているのは、2人とも「性犯罪被害者」であることですよね。

光は幼い頃にお手伝いさんにいたずらされた。無理矢理、不本意に性的搾取にあった。
だからこそ、好きな人、春樹にも同意を得るということを知らない。

一方、散々「逃げればいいのに」と理解されない春樹。性的イジメ被害者が、はじめは小さなセクハラだった。
でも、優しい・断れない性格や関係性から、本格的なレイプに発展するのと、よく似ていますよね。

レイプ被害者は、心が麻痺して逃げられないんですよ。

そして、光の春樹への異常なで執拗な執着が物語を加速させます。
ここで、グィッと引きこむのが、カシオ先生のネームです。

4巻に逃げた別荘を光に見つかったときのモノローグ。
………………………………………………
俺のどこに感情が残っていたのだろう
それは憎しみににている
憐憫にている
そして何にも似ていない
……
さあ全てを壊すんだ
それ以外この感情の末路を
俺は知らない
わき上がる
この劣情もろとも
………………………………………………

このあと、春樹と光は
誰もいない別荘でやりまくる一方で
春樹は光の殺害をひそかにくわだてます。

以下はそのネームです
………………………………………………
せめてお前が
くるしまないように
薬が効くまで時間を稼いで

それだけなのに
騙る言葉と
本心が
混ざり合って
泥になる
………………………………………………

「混ざり合って泥になる」

クゥ〜、痺れる表現ですよ。
「泥になる」この言葉からも春樹の善悪混じり合った心境が伝わってきます。

そして最後に冒頭の法事のシーン。
2人の傷はやはり癒されてはいなかった。でも、春樹の告白によって、寛解する2人の心。

そして光はなぜ春樹ではならなかったのか。春樹にしか執着しなかったのか。そのエピソードに涙、涙。

さらにbonus trackに登場する「かなしみよこんにちは」。この作品を登場させたことで、奥行きがいっそう深まった
2人の関係を端的に表現し、同時に絆であること。未来まで永久に持ち越すことを示唆している

大人向けの非常に良い作品でした



2

最終巻

終わってみて自分の好みではなかったな、という感想に尽きてしまう。2巻がピークでした。

2巻の感想で春樹と光で好きにやってろと思ったのはたしかですが、明らかな火種2人が笑って終わるのは好みではない。心中失敗にしろ、彼らが微笑んでるbonus trackは自分には要らないものでした。落ちるところまで落ちてくれ。

そして火種でもないのに最終的に完全に巻き込まれにいった英さんが割りを食ってます。父も被害者だ。父は被害者だと気づけないまま被害者になっているので一番辛い役回りかもしれません。

作品は十分楽しみましたが、展開は好みではなかった!

2

ネタバレ注意!



全力で「しゅみじゃない!」ですが…作品としては「萌」or「萌2」が妥当かな?
間をとって、「中立」にします!





不快になる方もいらっしゃると思うので、スルーして頂いて大丈夫です!



▼受の悲劇のヒロイン感、ウジウジ、メソメソ、湿っぽい女々しさに終始イライラ。

当て馬は台頭し過ぎて邪魔だし。

ラストに一縷の望みを懸けて、気合いで最後まで読んだのに… ハァ。
ため息しか出ない。ナンダコレ??

光×春樹推しだったけど…ダルすぎ。
もはや、「めんどくさ。先輩とくっつけよもう。」としか思えなかった。



▼作者さんが先輩をお気に入りなのか、読者の先輩人気に忖度した結果なのか知らないけど…
【当て馬が、中途半端にダラダラ登場し続ける。】

【当て馬が引き際を知らず、受を好きなまま、ずーっと受の周りに居座り続ける。】

【話が終わっても「当て馬×受」の方が人気。】

…現象が起きてる。


エンドを迎えても「攻×受」より「当て馬×受」の方が人気って…それもう話として破綻してるでしょ。

この場合、『当て馬が魅力的』なんじゃなく、「攻に魅力が無さ過ぎ」「当て馬×受に気合い入れ過ぎ」とかだよ。原因。
単純にストーリー作るのが下手な証拠。


(当て馬が魅力的なだけなら、大抵は「攻×受」が祝福されて、その上で当て馬のスピンオフや幸せが望まれるし。)



▼コレもお気に入り、忖度の弊害なのか…大風呂敷の収拾がつかないだけなのか…
【攻×受が、最後までしっかりくっつかない。】

・当て馬は、ずーっと受の周りを離れないで、チラチラ存在感出してくるし。

(先輩推しは、コレ嬉しいの?スピンオフで幸せに~とかの方が良くない?ずーっと受を好きなまま、ダラダラ登場して欲しいの?)

・受を悲劇のヒロインにさせ過ぎた、攻を拒絶させ過ぎた、攻をKYにし過ぎた、周りの人を不幸にさせ過ぎた…etc.大風呂敷を広げ過ぎ。

結果、【何を理由にしても、「攻×受END」には不満や無理が生じる】感じ。


…というか、最早、「攻×受」をしっかりくっつける気ないよね?怒


光には、「諦めろ。他にイイ人いるって。」って言いたくなるし。

春樹には、「死ぬほど嫌ってたじゃん。なんでまた戻んの。どういう心境なの。
あんなに先輩に狂ってたじゃん。フるな。くっつけ。邪魔者いないと燃えないの?」って言いたいし。

先輩には、「春樹と幸せになってね。お似合いだよ。」って言いたい。




★なんで、光と一緒に居ることを選択したのか本気で知りたい。

「俺を許せるのは 光だけ。」=「お母さん殺しちゃってゴメンね!その罪も擦り付けちゃってゴメンね!お詫びに一緒に居る事にしまーす!」って事?

でも、↑こんなのが理由だったら…アホ過ぎる。笑
…流石にないよね?


ので、考えられるとしたら↓↓

①【兄弟じゃ無くなった】から?
→あり得そう。○

②ただの【優しさ】?
→でも、そんなに優しいなら最初から大騒ぎしないでほだされてくっついてそう。×

③同じ罪、起きた出来事、全てを共有できる唯一の人間。っていう【共犯・共有意識】?
→メンタル弱そうだし。1人で抱えられなくて、あり得そう。○

④(俺なんかに執着・依存してしまう。俺に母親を殺された。人として欠陥が多い。…etc.)「可哀想な光。」っていう【憐憫・同情】?
→離れてみて、改めてよく考えてみたら。って事であり得そう。○

⑤最初から光と向き合っていれば…。とか、そんな【後悔の念】?
→同上。○

⑥母親を殺した、その罪を擦り付けた【罪悪感・贖罪の気持ち】?
→あり得そう。○

⑦いつの間にか【(共)依存してた】?
→でも、3年間離れてたのに?普通に暮らしてたのに?△


…うーーん。分からん!悩


(「弟だから。」拒絶がスゴかっただけ。
当て馬への思いは、光への気持ちを誤魔化す為のものだった!
離れてみて、光を愛してる事、離れられない事を自覚した!
でも、光と生きる事は犯した罪を毎日突き付けられる事!(だから暗い。)
それでも、光と一緒に生きること選んだ!

…とかなら、嬉しかったんですけどね!)



★何はともあれ、春樹は元気になったし。2人で穏やかそうに過ごしてたし。
これから、2人が仲良く幸せに過ごせるなら…難しいコトは、もういっか~!

…って思ってたのに。

続きの「MIND CIRCUS」…まーた春樹の目が死んでて、暗~い。辛
(たまに作者さんが、2人のイラストを描いても春樹の目は死んだまま。というか、もはや死んだ目がデフォ。泣)


…もーー!!怒
ヘラられたら、光を選んだ理由がまた気になってくるじゃん!!怒

☆「死ぬほど嫌がってたのに、光とまたHな関係に戻ろうと思った(戻った)理由って何?」

☆「自分から望んで光と居ることを選択したくせに、なんで目が死んでるの?」

☆「光と居るの嫌なの?嫌なら離れたらいいだけでは?」

…本気で教えてほしい。涙



★それとも、①~⑦全部が理由?
兄弟じゃなくなった・優しさ・共犯意識・憐憫・同情・後悔・罪悪感・贖罪…そして、愛? ※1

病んでるのに離れないのは、共依存も発動しちゃってるから? ※2


※1 愛…本人は、無自覚or認められてないだろうけど。それとも、自覚しそうだから病んでるの?
「実は光を愛してた」ってなると…周りを巻き込んで大騒ぎしたのも、母親と赤ちゃんが死んだのも、一体何だったの?ってなるもんね。

※2 先輩を好きになった元々の理由も、「救いを求めて」だし。先輩への執着・依存もスゴかった。
元々、何かに縋りやすい ・依存しやすい・病みやすい…みたいな性質なのかな?

(何かで、「春樹はゲイじゃなかったけど、光と望まない関係を続けているうちに上司に救いを求めるようになってしまう。」ってありました。)



【理解を越えて 俺はまた正解を見失い 立ち尽くす】
先輩!私も同じ気持ち!



(続きの「mind circus」…中谷○紀さんの曲からとったのかな?
だとしたら、歌詞が春樹→光視点っぽい気がする。
…春樹、光のことけっこう好きだったりする?嬉)


1

結局そうなるのねと

結論から言って、全くもって納得できない!です。

途中、これはもしかして…と私が希望した終わり方をするのか?と思わされもしたので、余計に結末がふに落ちない(ま、どんな結末にするかは作者の自由だけど、いち読書の感想として。当たり前だけどw)

順を追って感想を言うと

春樹が別荘に逃げて光に感づかれるのは、どこまで脇が甘いのかと!?
荷物をトランクルームに預けるのならホテルに泊まるなり、さっさと次の部屋を見つけるなりなぜしない!?
こういう所が光につけこまれ、逃げることも反撃することもできない春樹ということなのかと。

春樹は光を殺せない。
これはわかる。
義母が光のことを「やさしい」と言っていたのが、こういうことなんでしょと。
今まで光を拒めなかったことも、反撃することも…(以下略)

春樹が死ねなかった。
これもわかる。
春樹が死ねば光へのいちばんの復讐になるのにとは思ったけど、そうではないのよね、作者さんが描きたいことは、と思った。

で、なぜあの人が亡くなる?!
と驚いた。
それが光のせいで、因果応報で自分の母親を亡くして苦しむ…ならまだ何とか何とか…と思ったけど。

で も !
義母が亡くなったのが、春樹が原因って、それはないんじゃない!?とすごい違和感。
またしても矛先が違うでしょう。
光への復讐ならまだ理解できる。でもそうではない。
は?!
ですよw

そのまま(間接的な)母殺しの罪を光に負わせていればよかったのに、春樹は自分が楽になりたいために光に打ち明けた?
そのためにわざわざ離れていた光を呼びよせた?
つまりは光に愛情があったからってこと?←これやね

で、光はまんまと春樹との出会いを回想して、なぜ好きになったか、春樹が自分に光を与えてくれた存在だと、キラキラ得心してENDですよ。
最悪やんw
当初、予想した通りやん!!

だってね
英ががんばって死に損ねた春樹をはるばる訪ねて、全て許して支えて…春樹もそれに応えて…て過程があったわけでしょ。

もしかして英×春樹エンドくるかも?と淡い期待を抱かせておいて…思いっきり打ち砕かれましたもんね(作者さんの思い通りでしょう)。

け っ き ょ く
春樹と光はまた会うようになって、二人して性懲りもなく関係をもって、あげく「一生大事にする宝物」by光 ですよ!

母親の命はなんだったのか!?
光の罪悪感て、な に ?!
光と縁を切った父親の怒りはなんだったのか!?
英の人生をどうしてくれるのか!?
光に触れられると吐き気がして一生憎むと命までかけ(ると見せかけ)た春樹は結局、光を愛していたという結末にしたかったてことですよね!?

てことです(はぁはぁ。興奮してしまったw)

しつこいけど、兄弟ものの定番として、弟が兄に執着(狂気)的に愛する余り強姦して、兄は病み、死のうとまでするもできず、家族は崩壊(母は死亡)し、兄を愛してくれた人の人生をめちゃくちゃにしたにもかかわらず、

とどのつまり
兄弟は愛し合っていましたとさ。
めでたしめでたし。

てことでしょ。
4巻にもわたって。
なんじゃそれw

あまりに納得いかないことが多すぎて長々と書きましたが、つまりは内容を確認せずに買った私がアホだということです。
大変失礼いたしました。

※評価としては、趣味じゃない、ですが内容を確認せずに買った私が悪いので、中立です。

2

光の救済物語

カシオ先生は、精神科のことに詳しいのでしょうか?
精神科の先生が英先輩に「お前のできることは、病院を紹介することだけだ」と言っていましたが、本当、専門家に言わせるとそうなんですよね。
そういうところに、リアリティと言うか、綺麗事ばかり並べたお話とは違うなあという感想を持ちました。
自傷に近い、春樹の光に体を差し出す行為とか、性的トラウマで女性の性欲に対し嫌悪感を持つようになったり友情にも恵まれず春樹に依存するしかなかった光の生育歴とか、物語に無理がなく必然があったように思います。
シリアスなお話には、これはすごく大事なことだと私は思っています。

ただ一点…
英先輩からの告白に対し「自分にはもったいない」と断りますが、それは、光と共有すべき、遥さんを死に追いやってしまったという罪の意識からだと思うんです。
でも、蓼科で面会に来た英さんには思い切り縋ってましたよね。
あの時はまだ光に対し「ざまあみろ」くらいに思っていたんでしょうか。「自分のせいで母親が死んだなんて、光は傷ついただろうか」みたいなこと言ってたし。
3年で光への感情が変わると同時に自分のことも顧みて、先輩には釣り合わないという結論に至ったのでしょうか?
私の中でこじつけて考えるとそんな感じですが、どうにもそこだけ矛盾を感じてしまいました。
ついでに英先輩の「付け入る気がして」蓼科で受け入れなかった心情にもちょっと無理があるのかな、と。

それでも、最後春樹と光の間に立ち入れなかった英先輩の心情や、穏やかに形を変えた春樹と光の関係にも納得で、綺麗な流れのお話だと思います。

犠牲は大きかったけど、ようやく光が救われたな、と。主人公は春樹ではありますが、言ってみれば、光の救済までの話だったんだなあ、と思いました。

0

今更ながら

四巻まですべて読ませて頂きました。

激痛でしんどい感想です。
作品通じて無理矢理描写が多い、妊婦が胎児と共に亡くなる。
ただ、ストーリー的にはすべて必要だったと思います。
楽に読める本ではありません。
四巻プレイに尿道責め入れといてください。

ドシリアスなので楽しく読める作品ではないですが、読み返したくなる作品です。
ラストの落とし所は違和感も残りますが、作品の流れとしてこれ以外に最善の最終話が思い付きません。

全体的に重い作品でした。

1

bonus trackがあったから神。

なかったら中立だった。
最後まで何があってもいいから、ハッピーエンドで二人が精神的に強く繋がればいいと思ってた。カシオ先生はやっぱりがっかりさせない。受けの心がちょっと傾いたことはあっても絶対他の人とはやらない。貞操を守るって言うか汚くない。そして攻めはいつも受けに一途でそれが萌える。実は先輩の方は邪魔って感じだったけど、手出せないヘタレはどうせ脇役にすぎないから許した笑。
ヤンデレの攻めも大好き。誰にも心を開かない人が受けにだけ心を許す。
とにかくこれは名作だと思うし、カシオ先生の大ファンになった。

4

良質なメリバに大感謝

 これはいいメリバに出会えた!と唸りました。安易に明るい方向へは物語を運ばせなかったカシオ先生に感謝です。光が直接的に壊したのは春樹だけだったけれど、彼を壊したことで不幸は連鎖し、回り回って自分に返ってくることとなります。この流れがあまりにも救いようがなくて、でも納得するしかなくて、逃げ場のない地獄に突き落とされた感じで、ただただ作品に感服するばかりです。

 心中したり、殺したりするだけなら、もっと単純に物語は終焉を迎えていたでしょう。でも、光が深い眠りについてから目覚めるまでの間、あまりにも多くのことが起きていた。それらをすべて後から聞かされ、今となっては何も取り戻すことができないという生き地獄。この一夜の間、春樹も恐怖に怯えていたけれど、後になってこの夜に起きたことを知った光もようやく自分の行いの罪深さを感じ、嘆き、後悔したのではないでしょうか。

 それでも春樹は光と完全に縁を切ることはありませんでした。彼は真実を知った英と再び良い雰囲気になり、またやり直せる可能性は十分にありました。春樹は本来、何か欠落した相手じゃないと付き合えないというわけでもなく、英のような健全なタイプとも十分上手くやっていける性格だと思います。でも、一度闇に足を踏み入れたら、そう簡単には戻れないのかもしれません。春樹の方から光に接触を試みたシーンを見て、もう彼は明るみでは生きられないのだろうな、と思いました。

 春樹が光に恋愛感情を抱けるようになったとは思えないけれど、光を一度手放したことで何か特別な情が湧いてきたのかな。あんなに自分に執着していた光を追いやってしまった、光には自分しかいないのに、という僅かな罪悪感が、年月が経つにつれ彼の中で膨らんでしまったのかもしれません。もしくは、一見健全さを取り戻したように見えて、一度壊れた心は治っておらず、思考も曖昧なままずるずると闇に飲まれてしまったのか。春樹を自ら自分の元へ歩み寄らせた光を憎たらしく感じると同時に、執着攻めとして素晴らしいとも感じました。

6

不思議な結末

この結末は…。
春樹は光から逃げたかったのでは?一週回って殺し損なって死にかけて罪を背負って光を受け入れることにしたのかな?

まさか光母にぶちまけていたとは。そして亡くなりその罪を光が背負って。

やっと光の執着の手が止まったのに春樹は自分から会って。どういうこと?
別荘では光に欲情してたし春樹の気持ちにも変化があったのかな?可哀想で少しは愛しさも。

英先輩がせっかくそばにいてくれてるのに、もう先輩のことはいいのか。もうダメなのかな?

光と再会してまたエッチなことして。春樹が何を考えてるかわかりません。

なんか4巻はクライマックスなはずなのにこれまでの方が衝撃的だったかな。

1

萌えきれなかった...

絵柄に惹かれての4巻一気読み
最後までほの暗さの残るお話だったなぁと思いました
義兄弟もの好きなんだけど
英先輩に1番感情移入してたのか傍観者な気分で
ふわふわして着地点がわからない
お父さん切ないな
2人だけの世界って好きだけど萌えきれない
読み返したらもっと光くんと春樹くんの結末に
納得できるのかな
執着ものは相手に受け入れられてこそ好きなんだなぁって
改めて思いました
私の考えが足らないのが悔やまれる

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う