据え膳喰らうは男のタチ

suezen kurau wa otoko no tachi

据え膳喰らうは男のタチ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×211
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
140
評価数
37
平均
3.9 / 5
神率
32.4%
著者
トビワシオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866532844

あらすじ

性への好奇心が旺盛なリーマン・世良が新たに目をつけたのは、行きつけのバーで働く新人店員の遼だ。
老若男女問わずモテ、経験も豊富だという遼から新たな快楽を得られるセックスの話を聞こうと試みる。
けれどなかなか釣れず、しつこくつきまとっていたら、キレた遼に実地で後ろの快感を教え込まれてしまい…!?

表題作据え膳喰らうは男のタチ

遼・25歳・バー店員
世良京一・32歳・会社員

レビュー投稿数10

◯×市××郡!?

面白かった。
受けがかなりのウザキャラでしたけど、楽しめました。

なのに、たったひとつの些細なことがどうしても気になる!

出世街道を驀進する「◯×市××郡」在住のエリート。

みなさまにお伺いします。
「郡」と聞いて思い浮かぶものは何でしょうか。
どこまでも広がる田園風景。
四方を山に囲まれた、のどかな土地。
わたしのイメージではそんな感じです。
高層ビルが群れをなして聳え立つ、ネオンキラキラな場所じゃない。
都市部にある商社勤務の人間が、終電を気にせず飲んで帰れる場所じゃない。
そういうイメージなのですが、みなさまはいかがでしょうか。

もうその1点がひたすら気になって気になって。
架空の地名にするにしても「◯×区」で良くないですか?
東京か大阪をイメージさせてくれたらすんなり受け入れられるのに、市、そして郡。
それ以前に、市のあとに続く郡というのが気になったので、調べてみました。
市と郡は同等のもので、そう言われてみれば市町村合併前は、書類なんかに「市町村郡」に◯をする欄がありましたよね。
どうしても市に住ませたいのであれば、あえての「◯×市××郡」ではなくて、「◯×市××町」で良くないですか?
ここで使うべきは郡じゃない…。
担当さんも校正さんも気付かなかったのでしょうか。

そんな郡住みのリーマンが、恋にのめりこむ母親の惨めな姿を見て育ったコワモテイケメンヤリチンくんに付きまとって、追いかけまくるこちら。
途中までリーマンのポジティブさにイライラさせられました。
自信満々なのはいいけれど、嫌がる人間を巻き込むな、と。
でも次第にそれが変わっていくんです。
メールのやり取りのシーンで、2人それぞれに相手のメールを楽しみにしているような流れが大ゴマで描かれていて、2人の距離感に変化が出てきたのがはっきりと伝わってくる良いページがありまして。
その辺りからリーマンへの不快感はどこへやら。
コワモテイケメンくんの気持ちを追うのが楽しくなってきます。
終盤に来て、リーマンの無神経さを炸裂させる展開も良かった。
萌2か萌で悩んだくらい、読後感が爽快で、今後の2人も読みたいと思わせる作品でした。

ではなぜ萌なのか。
郡のせいです。
こういう細かいところがものすごく気になってしまう読者もいるということを、作家さんだけでなく、担当編集者さんや校正さんに知ってほしく存じます。

1

難攻不落のツンデレ男を落とす愉しみ

性に奔放で好奇心旺盛なサラリーマンの世良は行きつけのバーの店員の遼が
実はヤリチンで老若男女問わずにモテていると知り、興味をそそられます。

早速テク聞き出そうと口説いてみるものの、撃沈。
けれど、めげずに嫌がる遼をストーキングし続けていたら、
キレた遼に押し倒され、体に直にそのテクを教えこまれてしまうことに。

体の関係はもっても、決して恋に溺れることはなかった一人の男が
一人の男の変態的しつこさに信念を打ち壊され、恋に落ちてゆくお話。

テンポよく、あっという間に読み終えてしまいました。
キャラクターや展開がちょっと王道から外したかんじが斬新で面白かった~♬

ただ、読み終えてみると最後の方はちょっとあっさりしすぎて、
もう一山何か欲しかったなと若干の物足りなさを感じました。
いつかこの二人の続編や甘い後日談も読めたら嬉しいなぁ…と。


遼は決して素直じゃないし、表情には出ないのでちょっと
わかりづらいけれど、世良と過ごす時間が増えるにつれて、
着実に徐々に心を開いてゆくのはわかって、私の中では
いつの間にか可愛い奴になっていました。

めんどくせえと言いながら、まんざらでもなさそうな遼がめんこい…
威嚇する野良猫を懐かせるのってこんなかんじかなぁ(´-`).。oO

高身長に鋭い目つき、とすごみのある外見でクールぶっている
遼ですが、その中身は意外に情に脆いのかもしれません。

幼い頃、母親に植え付けられたトラウマから人を好きにならないように
感情を抑え込んできただけで、本当は繊細で、心を許したら一途で嫉妬深くて、
感情豊かな子なんだと思います。

逆に世良の方が癖があったかも。
表面上明るく社交的で決して折れることのな鋼のメンタルの
持ち主ですが、他人の気持ちには意外に鈍感、というか無神経…?

遼と何度も身体を重ねて、一緒に食事をするようになり、
連絡先を交換してプライベートなやりとりをするようになり、
少しずつ恋人同士のように共に時間を過ごすようになっていった二人。

なのに!
いくら体の関係から始まったとはいえ、散々つきまとい、
思わせぶりな発言をしておいて、他の女と関係をもったことを
平然と遼に話す世良…しかも、よりにもよって遼との最中に。
は?何言ってるの?遼の嫉妬を煽る作戦か?と唖然としてしまいました。

遼はそのとき初めて自分の中で世良が特別な存在になりつつあることに
気がつくのですが、世良がそんな遼の動揺に半ば本気で気付いていないのが
ひどすぎる…

あまりの思いやりのなさや共感力のなさに変人というか、
もはやちょっとしたサイコパス要素さえ感じてしまった。

そもそもこれだけ共に時間を過ごして、遼に突き放されるまで
恋を意識したり、付き合うという発想が浮かばないことが逆に不思議。

遼が「オレのこと好きなんじゃねえの?」と言うのも当然です。
誰だってそう思っていたはず。
遼にこんな切ないこと言わせて、本当に罪な男です。

無意識とはいえ遼を傷つけた分、世良にはこれから
トラウマを塗り潰すくらいに笑わせてあげて欲しいなぁ。
あと、遼の前で過去の女の話をすることも禁止でーす!

0

セオリーを踏まない潔さ

おお!終わり方が潔い良い!!
そこから甘いの見せるのがBL漫画のセオリーだと思いきや、そこは見せないんだなぁ。見せなくても面白かった記憶でしっかり締めてくださったので満足ですが。

最初は世良さんのテンションのせいでコメディかと思いました。シリアスに行きかけるかな?ってところからの展開が早くて、最初に書いた通り甘々にもならなかったので、登場人物の深いところまでは描いてないけれど、読みやすくて面白いです。

特大矢印を向けられて、それを適当にやり過ごしてた側が、その矢印をすっと他に向けられたときに焦るって展開が大好きなので、こちらも美味しくいただく。

なんだかんだ長くうまく続きそうな2人です。

萌〜萌2

0

カタチにするのは、遠からず。

まずは、癖が有るお話ですよね。
ふわっと甘い感じは有りません。

夜のバーから始まる、読むと嵌まる面白い魅力がありました。

まず、攻めの遼くん。やや強面のイケメンです。かなりモテる。そして、女の子は別れないと泣きつく。
セックスが、めちゃくちゃ凄いらしい…
そして、受けの世良さん。
この人も、かなり遊び人です。遊びに飽きつつ、好奇心旺盛タイプ。

すべては、世良さんの好奇心から始まりまして。強引に、初のセックスを遼くんにされてしまう。初めて男同士のセックスで、目から鱗の気持ち良さを味わってしまいます。
この時の世良さんの、気付いちゃった顔!目の輝きがすごい。

ずっと、遼くんにアプローチしてセフレになって行くのです。
遼くんも、生育歴から人を愛していくのが不安であったり。世良さんに対してもツンばかり。
でも、年上なのに天真爛漫な世良さんを好きになっていくのですよ。

とにかく、ちゃんと人を愛してこなかった2人が、カチリとかみ合って気持ちを近付けていくのが好きですね。

素直じゃないし、愛する事に自分を見失う不安を持つ2人が互いを好きなんだと自覚するのが良かった。

この2人が恋人になってからは、どうやって過ごすんだろ?まだまだ互いに知らないことばかりの筈ですし、しばらくは探求期間なのかな~

2人のセックスは、勢いが有って良かったです。

0

興味本位ってのがねぇ…

う〜〜ん…
正直ストーリーは好きじゃない…
というのは、この「好奇心旺盛な」リーマンの世良の性格がすごく嫌い。
老若男女を惹きつけ、皆にこんなの初めて、と言わしめる男・遼に興味津々、追いかけ回す世良。
しつこすぎるし、ほんと通報もののストーカー一歩手前。
で、怒った遼に思いっきりア◯ルを犯されても「新しい扉開いた!」と大喜びなんて、マジに頭おかしいでしょ…
ア◯ルに目覚めた世良は強引に遼のセフレとなり…
…と物語は進むんだけど、これって子供時代に愛が足らず愛に幻滅し、それでも愛に憧れている…そんな遼の方の視点で描いた方がより響く物語になったような気がします。
確かに世良視点なら、エロに軽い男のおバカなエロ追求〜からの瓢箪から駒的恋愛ストーリーなんだけど、世良の性格に全く共感できない。ポジティブさが頭おかしいレベルにイっちゃってる。
「こんなの初めて」と言われる遼の「テク」があんまり伝わってこないのもイマイチ。
せっかく恋人として、となった途端にお話が終わっちゃうし。
…とマイナスポイントが多いのですが、遼に関してはもっと描く余地があると思う。
それは、彼はがっつり「攻め」なんだけど、メンタルは「受け」っぽいのよね…その辺掘り下げると面白そう。
…なので星一つおまけで「萌」。

1

世良さん、可愛いですね。

歳上の世良さんが犬のように遼くんに付き纏う……ストーカーする姿や、遼くんに後ろの快感を教えられ「こんなの初めて!!」と顔を輝かせる姿は、可愛らしく思えました。

一方で、当初は自分に付き纏う世良さんを鬱陶しそうに、面倒臭そうにあしらっていた遼くん。
遼くんがだんだんと世良さんに惹かれていく様子には、キュンときました。

しかし……
ストーリーには山場がなく「好きだ!!」と思える場面もございませんでした。
率直に言ってしまえば……
「印象に残り難い」です。

1

まだまだ知りたい二人のその後!!

好奇心旺盛なヤリチンリーマン世良が、同じくヤリチンの遼に興味津々でストーカー並みの粘りで遼の事を知りたがるけどウザがってキレた遼に掘られちゃう!!
これで懲りたかと思いきや新しい快楽にまたも興味津々で粘着継続(笑)


年上の世良が人懐っこい犬のように遼の周りを離れず目を輝かせてかまってアピールするのがめちゃくちゃ可愛かった!!
遼にオッサン扱いされても笑顔でかまちょ続ける姿がアホ過ぎて超絶cute♡
鋭い目つきで威嚇してもなんのそのぉ~♪

男に溺れていた母親を反面教師に恋に溺れるようにはなりたくないと思っている遼が、気付かないうちに世良に特別な感情を持ち始めていたのに気づいた瞬間は
私のキュンキュンノンストップ!!!

やっとこ”お付き合い”を始めたところで終わったので
ぜひぜひその後の二人ももうちょっと拝みたかったです♡

2

評価に迷いましたが…!

トビワシオさんの既刊がとても面白かったので
新刊を待てる喜び!!とかなり期待値を上げてしまいました。
体から始まる関係も好きなんですが
今作の受け、リーマンの世良があまりにも興味本位過ぎでは…??と
驚いてしまった私ですみません。
なんかこう…性に奔放なノンケが
新たな扉を開かれて一人の男に絞って
お相手を攻めだけにするのはいいんですけども。
実際ラストはしっかりお付き合い宣言までしてくれたので
終わりよければ全て良しなはずなのに
最中に「俺この前女の子と寝たんだけどさあ」なんて
デリカシーの無さにも程があるだろ……と引っかかっちゃったんですよね…。
世良にしてみればこの時はまだ遼に対して恋心を自覚出来てなかったから
仕方ないといえばそれまでですが
とにかく気持ちよければなんだっていいのか世良…。
遼が気の毒になってしまいましてね。
愛情なんて信じられない遼だったからこそ、
世良が唯一離れていかない、離したくない相手なのに。

正直、遼のテクニックも「こんなのはじめてだ」と思わせるような感じではないような…??
はじめは嫌がらせだったから乱暴に抱いたんでしょうけど
それでも感じてしまう世良のポテンシャルは凄かったです。
体の相性はもちろん大切ですが
なんというか…もっとメンタル面でグッと来たかったな。

お好きな方には色々すみませんでした。
私もトビワシオさんの作品は好きなのですが
今回は辛めの中立で……。

4

据え膳喰らってます

性生活に刺激を求めるリーマンの世良。
行きつけのバーの店員の遼が交えた相手が
口を揃えて『あんなのはじめて』と言わしめるテク、
モノを持っているらしいと聞き、
遼に対して興味がわいた好奇心旺盛な世良は
遼に『君のこともっと知りたい』と
怒涛の猛アプローチを開始!!
いや〜、世良がとにかくメゲない、
とってもしつこい、そしてへこたれない!

遼は雰囲気があるし、モテるのも分かるけど
(でも目つきがちょっとキツすぎかな〜)
いつも不機嫌そうで女性関係も乱れ気味。
対して人当たりがよく人懐こい世良。
それを存分に発揮して遼が若干気の毒に思える
レベルでつきまとっていて…

最初はあしらっていた遼も我慢の限界がきて、
世良は話を聞けたら〜くらいのスタンスだった
のに手っ取り早く実践でテクを叩き込まれ
ちゃうんですよね〜(笑)
こちらとしては俄然OKですけれども!!

そしてもちろん、世良はおしりを掘られたので
『こんなのはじめてだ(キラ〜ン)』
やっぱり言っちゃうんだ〜(笑)!
ていうか、遼も世良も…いろいろすごいな!

遼のテク、すごいんですね♡
のどぼとけにぢゅうってキスするの…
なんかエロくて好きです〜。←
えっちなシーンもしっかりで、ふたりともスタイル良くって、
けっこう激しめにいたしてるのがまたいい!
身体のライン最高です…!

これぞ身体から始まった関係!の典型のような
ふたりですが徐々に変わっていく心情にも注目です。

世良のまあ〜口が減らないハイテンションなかんじと、
遼の寡黙な感じがうまくハマってなんだかんだと
お似合いなふたりだなあ〜と思いました。

6

トビ先生、やっぱりアツいです!

カッコイイ男のぶつかり合いはやっぱりイイですね~~~。
トビワシオ先生の描く荒々しいクールな攻めが好物なんですが、
今回は快楽を追い求める受けの駆け引きも面白くて、ふたり共どストライクでした!
お喋りな受けとのやりとりがテンポよく展開するので、これで終わり?と思わせる短さが残念。
トビ先生の描く男くさい絡みがえろくて熱い!見応えたっぷりの大満足!


ヤリチン商社マン32歳の世良が通うバーで、自分よりもヤリチンな新人店員 遼に出会う。
一通りやり尽くし枯れたと嘆いていた世良だったが、
遼はやった相手から「あんなの初めて」と言われているとバー店長から聞きつける。
女を骨抜きにするテクを伝授して貰おうと遼にちょっかいをかける世良…
無愛想に手厳しくかわす遼を相手にして、更にやる気を漲らせるハイスペック商社マンの余裕がスゴイ。

しつこく追い回されてキレた遼に掘られるんですが「こんなの初めて」…とまさかのリアクション。
遼のテクニックに魅せられた世良が、新たなる世界を追求しようとして更に遼を追い回す…
も~~世良の目がキラキラしてて、新しいおもちゃをみつけた子ども状態。
遼も女で店に迷惑を掛けてクビになるのは面倒なこともあり、なんと二人はウィンウィンな関係に…!

いつも余裕で想定外の反応を見せる世良に調子を狂わされ、次第にほだされていく遼。
男で幸せになれなかった母がトラウマで、一人と深い関係を築かないよう生きてた遼が
じわじわ心を開いていくのは見ていてホッコリします。
ツンデレがデレを見せ始めると萌えますよね~~~><

世良もやっていることは恋人なんですが、自分から追いかけすぎて遼の気持ちが見えていない。
世良で満足していた遼は女を切っていたのに、
今まで同様に女と寝た事をH中に軽く話す世良…ひど~~~い!!!
でも、それほど遼が自分に本気になるなんて考えていなかった世良も健気なんですが…。

関係を切られて冷静に分析するあたりはハイスペック男子世良ですが、
遼の嫉妬に気付いて初めて自分の気持ちにも気付ける…
いつも余裕だった世良が必死に遼に縋る様子が本気度を上げていて大好きなシーンです!

恋人になっての初H祝いにリードする世良…でもテクニックはもちろん遼が上…
すっかりやられてしまう世良のお返しは遼のお顔に…幸せそうで何よりです。。。

次回作、もっとえろえろでも大丈夫です!Sっ気も発揮して貰えれば尚良しです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う