いつかの恋と夏の果て

itsuka no koi to natsu no hate

いつかの恋と夏の果て
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×211
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

117

レビュー数
8
得点
160
評価数
40
平均
4.1 / 5
神率
45%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックスDX(ドラコミックスDX・コアマガジン)
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784866530352

あらすじ

「一夏でも冗談言うんだな」
あの夏のうだるような暑さと一緒にかき消された告白ーーー

学生の頃から気の置けない友人として付き合ってきた2人。だが、一夏は修に対し"友情"では片付けられない感情を抱いていた。そんなある日、一夏に男のセフレがいると知った修は、無神経な言葉で追い詰めてしまい…?

ずっと隣にいたいからこの想いは隠し通すと決めたーーー

描き下ろし収録あり。

表題作いつかの恋と夏の果て

小野寺 修,サラリーマン
深原 一夏、会社員

その他の収録作品

  • 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数8

シアワセな気持ちになれます

高校の頃から10年。。。ずっと想い続けて、親友でいた一夏。
一夏の気持ちを、冗談と笑い親友という関係で過ごしてきた修。

読んでいて、一夏が不憫で仕方がない。修は、悪気なんて全くなくいるものだから、より一層。
でも、親友という関係が壊れ始めてから、修がどん底に落ちるわけですよ!
そこからは、もうね!よく行った!言った!
心が暖かくなります。
シアワセな気持ちになります。
終わり方も、ホントに好き!

書き下ろしの、番外編では、10年という歳月を考えて、ウルウルきました。よかったねぇって。
モコモコの一夏が、可愛くて!

個人的には、高校時代の一夏も可愛くて好きなので、一冊丸々私好みの作品でした。

2

10年愛

受けの一夏が健気です。高校の時に堪えきれずに告白したものを冗談と流されて、それから10年ですよ。よくそんなに一人の人を想えますよね。

そして、攻めの修ですが高校の時に冗談と思ってしまったのはまぁ、経験とかそれまでの関係とかで仕方ないにしても、一夏が男の人とホテルに入ったのを目撃した段階であれこれ思い返そうよ!そして、同じ傷つけ方をするのやめようよ!学習しない男だな!

とまぁ、かなり後半まで修に対してぷりぷりしてしまいましたがようやくきちんと考えて二人が相思相愛になったのでまぁいっかと思いました。それと、一夏が修を好きになったきっかけのエピソードで修を見直しました。10年想われるだけのことはある男だったのね。

1

受けが可愛い王道ストーリー

ノンケの攻めと、その攻めに高校のときから片思いしているゲイの受けのお話。
全体的にあっさりしてたかなー。特にグッとくるようなシーンもないけど普通に面白い。
攻めのデリカシーの無さよ…中途半端に手を出そうとしたり、受けがかわいそうでした。でも想いが通じてよかった。
こういう前髪長めで黒髪のそっけない感じの受けはどタイプです。美人で赤面してる顔がとても可愛いくて萌え。
ストーリーは王道すぎて微妙ですが絵は綺麗だし何より黒髪ツンデレ受けが可愛いので、まあよかったかな。

1

さらりと読める

タイトルが何だか素敵なのと表紙の雰囲気に惹かれて手に取りました。

高校の時から社会人になっても続く親友関係なんだけど、受けはゲイである事を隠していてずっとノンケの親友に10年間片思いしているという設定。

ノンケの攻めが無神経といいますか、親友がホテルに男と入っていくのを目撃したにも関わらず、「お前だったらちゃんと可愛い女の子と普通に」と諭してしまうようなデリカシーの無さ…。「普通」って何?と言いたいところです。
そして高校時代に親友は「好きだ」と告白してるにも関わらず、罰ゲーム?それとも暑さのせい?お前でもそういう冗談言うんだなぁと冗談ですませて、そのまま忘れてしまったりと酷い男です。本当に受けが可哀想。。。。

そして考えなしに中途半端に親友(受け)に手を出そうとして出して拒絶にあい、初めて自分の気持ちを考えるんだけど、葛藤もなくストンと親友のことが実は好きだったんだ!と気づくあたりが早っ!と思いました。

ページが160ページ程度と少ない割には、攻めの働くシーンや同僚との会話が多いように感じます。特に同僚とのやりとりでホモ疑惑を否定するところなど必要だったのかなぁ?と。
その分、二人のエピソードに費やして欲しかったな。(それに対して受けが働いているシーンは一切ない)

親友同士/片方が長年片思い、キャラもやや無神経ノンケ×ちょい影ありゲイという王道で、綺麗にまとまっているとは思いますが、ごめんなさい、正直ちょっと物足りなかったです。

暑い日に頭使わないで、ちょびっと切ない気分も味わいつつサラリと読めるものが欲しいというときに良いんじゃないでしょうか。
綺麗な絵柄で読みやすいところと、描き下ろしは良かったです。

3

10年の想いの果てに

表紙買いでしたが、中の絵も綺麗でした。

ノンケの修に学生時代から片想いしているゲイの一夏。
そんな一夏の想いに気付かない修の無神経さに、軽くイラっとしました。

修が、一夏がゲイという事を知って一夏を問い詰める辺りは、予想できる流れです。
離れてみて気付く、自身の一夏への想い。
よくみる展開ではあるんですが、二人の気持ちどちらとも丁寧に描かれててキュンときました。

エロは想いが通じあってからの一度のみ。
書き下ろしはエロ無しでしたが、修が一夏を可愛く・大事に想ってる様子に萌えます(//∇//)

意外性は無いのですが、綺麗な絵柄と丁寧な心理描写が良い作品でした。

3

ネタバレ注意

個人的にすごく好きな話でした。内容は劇的な悲劇や重い類ではありません。がとても感情、内面を丁寧に描かれていて満足でした。私は読みながらあの場面の感情や表情を何回も戻ってはよみ戻ってはよみ、ギュンギュンしながら読みました。
エロはありますが、少し。エロ中心の話ではありません。私も余程好きなカップルじゃない限りもろエロ中心は苦手な方なのでエロ苦手な初心者さんも、楽しめると思いますよ。
この2人性格いいし優しいし2人の空気感もすきだなぁ。


表紙デザインには惹かれたものの9か10頭身ありそうなバランスの2人の絵に好きになれるか心配で躊躇してましたが、全く問題なし。むしろ綺麗で好ましい絵でした。
内容も期待以上にすごくよかった。
一冊丸々2人の話です。1話から途中までは切なくて胃の下あたりがギュンギュン、最終話からはキュンキュンニヤニヤにかわり、モヤっと感も一切なくハッピーエンドです。
欲を言えば良かったからこそもう少しイチャイチャがみたかった


高校から付き合いのある修(攻)と一夏(受)。現在社会人。高校の時好きだと一夏は修に言ったものの冗談だと思われさらっと流されてから親友として付き合い続け今に至りますが、一夏に男のセフレがいる事を修が知ってから話は動きだします。




以下個人的にこの作品に好感を持った場面です。おいしいオチのかなりネタバレになるので、気を付けてください




一夏がセフレと会うのを嫌に思う修は止めますが、一夏は「お前は俺を抱けるのか?無理だろ」と言ったシーンで修は「一夏が他の男と寝ないなら、そんな顔しなくて済むなら抱けるよ」と答える。
しかし一夏は馬鹿にするの大概にしろと(優しい修を好きだからこそ辛いのだろうけど)怒って修ときっぱり距離をおきます。大抵のBLならこの場面でお試し付き合いが始まって一波乱あり、お互いの気持ち再確認し引っ付いてめでたしが多い中、ワンパターンじゃないのがよかった!一夏の気持ちを思うとギュンギュンきました。もちろん修の気持ちを思ってもギュンギュンしたし。ここで受け入れないところが軽くなくてよかったな


もう一つ好感を持った場面。最終話のイチャ場面。一夏が一途で修の代わりに似た人を選びセフレがいるという設定ですが、なんと後ろは使っていないというオチ。え!?て修同様私もびっくりした。なんか、無性にすっごく嬉しかった。修が初めてでよかった。ビッチじゃなくて本当よかった。修もよかったね。
本当幸せになってよかった(*´꒳`*)とおもいました。

ドラマCD化も決まったみたいです。
支離滅裂な文になってしまってすいません

7

ノンケ攻め視点の展開に萌え(∩´///`∩)

表紙の雰囲気とあらすじから読み取れる内容かな?
お話自体には意外性がなくサラっとしてますが、
個人的には萌え要素がたっぷりあって楽しめました(﹡´◡`﹡ )

・まず、カップリングが萌え!
【ワンコ系無自覚無神経ノンケ攻め×ネコ系寡黙健気ゲイ受け】です。

・そして、高校時代の回想交えながら進むストーリー。
高校生BL大好物なので、青春の切なキュンが差し込まれるのが嬉しい。
片思いの甘酸っぱさと学生服の組み合わせは最高。

・そしてそして、何と言っても【弱る攻め】
無神経ノンケ攻めが弱るの大好きー!これ萌えた〜!!
あとがき見ると、担当さんGJです(・∀・)b
もっともっと苦しんでも良かった←

片思いの切なさやノンケの苦しみを楽しめました♪


お話は攻め視点で進みます。

攻めにとって受けは一緒にいると楽しくて気楽な親友。
彼女に振られていつもと同じように受けの家で愚痴って報告して飲んで寝落ちして。
朝起きた時に受けの首にキスマークがあるのを見つけ、変化が始まります。

恋愛事は何も話さないけど彼女がいたのかと思い、本人に直接聞くと「いない」と答える。
照れ隠しかなにかかなーと納得したある日、受けが男とホテルへ入るのを目撃してーー。


攻めがムカつくくらいノンケです。
"普通の恋愛" "理想の彼氏彼女像" を持ち、押し付ける。
受けが男とホテル入るのを見ても尚、
「お前だったら、ちゃんと可愛い女の子と普通にー」と言う神経。
クッソムカつくので1発殴っていいですか( `д´)⊂彡☆))Д´) パーン

その上、高校時代の受けの言葉をスッポリ忘れてるという。。。

高校時代回想は、攻めムカつくに反比例して、受けの健気さにキュンキュン。
さりげなく区切られたノンケの線引きにグッと耐えて、自分の気持ちに蓋をして。
それでも時折溢れる想いにグッときました(;ω;)

ずっと言えずに我慢してきた感情。
10年分の想いが爆発してぶちまけて…。

ノンケ攻めが中途半端な優しさを見せた時、きっぱり拒絶した受けがカッコ良かった!
攻めザマァ展開 美味し!
10年募らせた悲しみを突然知り、一気に背負うのはキツかろうと思う。が。
自業自得でもあるので、攻めが弱るのにめっちゃ萌えました(∩´///`∩)

そんなこんなで成就した後の甘々展開はもっと美味しいですねぇ。
ノンケ攻めが自覚した後に受けをデレデレに甘やかすの萌えです!
受けが幸せそうな顔しててホッコリしました(﹡´◡`﹡ )

4

王道なストーリー

表紙が素敵すぎて思わずジャケ買い。

ネタバレ含んでいます。苦手な方はご注意を。







ノンケさんの修と、ゲイで修のことが好きな一夏のお話。
修と一夏の視点が交互で描かれているので、二人の気持ちが理解しやすく読みやすかった。

一夏と修は高校時代からの親友で10年来の付き合いがあります。

とあることがきっかけで仲良くなった二人。
一夏は修のことが好きで、でもそれを明かすことなく胸に秘めてきた想い。
ある日、「好きだ」と打ち明けるも修に冗談にされてしまったことで再び封印した恋心。

一夏の恋は成就するのか…?

という、よくあるお話というか既視感のあるお話。
けれど二人の高校時代の過去の話や一夏の一途な恋心、修の優しい想いが盛り込まれていてなかなか面白かった。

ゲイで男のセフレがいる一夏ですが、実は…。
という意外性も良かった。そりゃ修でなくても舞い上がってしまうだろうて。

片想いを成就させた彼らのその後を描いた描き下ろしがめちゃんこ可愛かった…。
もっこもこに着込んだ一夏も、一夏にデレデレな修も。

修が一夏への恋心を自覚したあたりはもう少し描き込んでほしかった気はしましたが、それでも絵柄もきれいだし、何よりタイトルの「いつか」とか「夏」を上手に取り入れていたのが良かったです。

「ザ・王道」と言えるストーリーでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ