夢を見ているんじゃないかと思うくらい幸せだった。一生分幸せになれた

おススメの恋、お持ちしました。

osusume no koi omochishimashita

おススメの恋、お持ちしました。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

53

レビュー数
4
得点
62
評価数
16
平均
3.9 / 5
神率
18.8%
著者
小宮山ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小椋ムク 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576190594

あらすじ

仕事で落ち込んでいた日、ふらりと立ち寄ったダイニング。
イケメン店長・日野と美味しい料理に癒された祐季は以来足繁く通うのだが…。

仕事で落ち込んでいた帰り道、ふらりと立ち寄ったお洒落なダイニング。
イケメン店長・日野と美味しい料理に癒された祐季は、以来足繁く通うように。
最初は恋心を悟られまいと必死に隠していた祐季だが、日野は祐季がゲイであることを知っても態度を変えず、むしろ祐季を好きになったと告白される。
幸せな日々に身も心も満たされる祐季。しかし、ゲイの自分と付き合うということを今一度考えるよう、祐希は日野と距離をおく決意をし…。
甘くて時にほんのり苦い、大人の恋。二人が出した答えとは…。

表題作おススメの恋、お持ちしました。

日野健人、ダイニング「宵」のイケメン店長、28
大沢祐季、大手食品会社企画営業、26

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

地味だけど、とても優しい大人の恋

こちら、web連載(公開終了してます)されてた作品です。
甘くて優しくてほろ苦い、大人の恋と言ったお話になります。
私は、大人の恋って好きなんですよね。
世の中をそれなりに知り、これまで痛い経験も重ねて来たー。
だからこそ、とても慎重になっちゃうし、臆病にもなってしまう。
そんな揺れ動く主人公の心情が丁寧に綴られた、地味だけど優しい作品なんですよ。

ところで、このweb連載。
出版社さんのホームページで開催されてて、個人的に好きな作家さんばかりが連載されてます。
もうウハウハ状態で毎週楽しみにしてるんですが、一番いい所で連載は終了なんですよね。
続きは文庫でどうぞ、みたいな。
あそこで終了って、生殺しだろー!
せめて、発売は2週間以内にしてよ!!
それとも、最終回を私が見逃がしちゃっただけなんですかね?

内容ですが、ダイニングのイケメン店長・日野×ゲイのリーマン・祐季による、甘くて切ない大人の恋愛になります。

仕事に忙殺され、心が擦り切れがちのリーマン・祐季。
帰り道に偶然立ち寄ったお洒落なダイニングで、美味しい料理とイケメン店長を発見します。
足しげく通ううち、店長である日野と親しくなって行く祐季。
日野に好意を寄せますが、ノンケである彼との恋愛は最初から諦めていて・・・と言うものです。

で、まずこちら、キモになるのが二人のセクシャリティの違いになると思うんですけど。

祐季ですが、日野と知り合う前から、身体の関係を持つ知り合いがいるんですね。
えーと、セフレ以上恋人未満と言った印象の。
で、たまたまホテルから出てきた所を、日野に見られてしまうー。

実はこのエピソードが、二人の仲を進展させるとても重要なものになります。
日野に距離を置かれる事を覚悟して、自分がゲイだと言う事を打ち明ける祐季。
すると、日野の反応がすごく素敵で。
寂しいから身体だけの関係を持ってしまうと言う祐季にですね、「寂しい時は、ここに来ればいい」と、ごく自然に受け入れるんですよ。
ゲイと言う事で、過去に辛い出来事を経験していて、とても臆病な祐季。
そんな彼にとって、日野の反応はとても新鮮で嬉しかったんじゃないかなぁと。

この後、大手食品会社に勤める祐季の仕事に絡み、商品のアレンジメニュー開発を二人で行う事に・・・と言う流れ。
二人でのお料理シーンや、ワインなんかを合わせた試食シーンが丁寧に綴られます。
で、そんな日々を繰り返し、少しずつ少しずつ距離を縮めて行く二人。

いや、失礼ながらすごく地味なんですよ。
なんですけど、こういう日常の何気ないエピソードを繰り返して、二人が心を通わせ、恋人になるみたいな流れがとても自然で。
また、こちら祐季の視点で語られるんですね。
でも、こう日野が祐季に惹かれて、彼を愛おしい思ってたり保護欲を刺激されてるのが良く分かるように書かれているのもお上手で。
祐季って、妙に無防備と言うか、危なっかしい所があるんですよ。
そんな彼に困ってる日野の言動が、めっちゃ甘いから!
そして、めっちゃ萌えるから!!

と、恋人同士になり、身体を繋げ、甘い毎日を過ごす二人ー。
ところが、とあるキッカケから、ゲイである自分とノンケである日野との間に大きな壁を感じ、祐季が距離を置く事を決意するんですね。
果たして、二人の恋の行方はー?
と言った所でしょうか。

ちょっと祐季は臆病すぎる気もするんですけど、彼の育った環境や過去の痛い出来事がちゃんと書かれているため、なんか切なくてですね。
また、日野は包容力があるすごくいい男なんですよ。
でも、臆病すぎる祐季から見ると、そういう明るくおおらかな所が逆に不安になっちゃうんだろうなぁと。
どちらも悪くないだけに、こういうスレ違いって切ないんですよね。
なんとも、ほろ苦いんですよね。

とりあえず、この落とし処ですけど、とても優しくてあたたかいものでした。
いや、祐季を納得させるって、すごく難しいだろうなぁと思ってたんですよ。
彼はとことん臆病だし。
でも、こう来たか~みたいな。
日野が考えた末に、祐季を納得させるべくとった行動に、思わず微笑みたくなるみたいな。
未来なんて、誰にも分からないよね。
でも、怖くても逃げずに、信じる事は出来るよねと。

と、そんな感じの、とても優しくてあたたかいお話でした。
主人公が臆病すぎたり、他のキャラと身体の関係があったりする(すぐやめます)のが苦手な方は、ご注意いただきたいんですけど。

10

ステキな恋のお話を読みたいなら

オメガバースや獣人や異世界ものの作品が最近では多いですが、久し振りに等身大の登場人物の良作に出会えた気がします。
ゲイの受けが魅力的なノンケの攻めに出会い惹かれて行く様子、2人の距離が近づいて行く様子が丁寧に書かれています。
ノンケの攻めが自分の気持ちを確認しながら、受けを好きになっていった説明も自然だったと思います。
ただ受けにはトラウマがあり2人が身体を繋げるまでや、2人の関係を周りに伝えるか等において多少のすれ違いがありました。
その度に受けの気持ちをを尊重して、愛情深く対処する攻めの姿には好感が持てました。
幸せな2人の未来が想像出来るラストで読後感が良い作品でした。
小椋ムク先生のイラストも素敵で作品にとてもイメージが合っていたと思います。

3

お料理ネタありの暖かいお話

ムク先生の描かれた表紙に惚れて購入。表情がなんとも可愛らしいですが、その印象通りのお話でした。ノンケのイケメン料理人さんと、ゲイのリーマンさんの優しいお話、本編230P+あとがき。皆優しく嬉しかったので萌にしました。

なんかわからんが想定外の仕事がわんさかあって、くたくたに疲れた日の会社帰り。弁当は嫌だなと見まわして、ふと入ったお店で、イケメン料理人さんとめちゃくちゃ好みな料理に出会った祐季。週の半分はカウンターでご飯を食べるようになり、会話を交わすようになったのですが、ある日、体だけの関係にある男性とホテルから出たところでイケメン料理人さんに会ってしまい・・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの両親、店のスタッフさん、受けのセフレぐらいかな。お母さんがええ人です、ほんま。

**以下 内容に触れる感想

攻めさんは真っ正直に生きてきたワンコのようです。まっすぐ過ぎて、これからがちょっと心配。受けさんはノンケに惚れて痛い目に遭っているので慎重派。二人足したらちょうどいい案配になるのかもと思うカプで、攻め受けとも好きな方ですし、最後はああ良かったなと思うepisodeがあり、幸せ感あるお話です。そして受けさんがチーズ会社にお勤めなんで、チーズ使った料理研究なども記載あり、お料理話としても楽しめます!チーズ使った手巻き寿司なんて、やってみようかなとマジで思う~

インパクトは少ないと思いますが、お疲れのときに優しめお話で癒されたいなんて時には良いのではと思います!

3

美味しいものを食べる幸せ♡

小椋ムク先生の素敵なカバーイラストに思わず吸い寄せられました。

仕事帰りに入った美味しいダイニングの店長がイケメンシェフだったら…。

ゲイの祐季が通う「ダイニング・宵」の料理は絶品かつ、店長も男前。しばしその両方を楽しんでいた彼に、恋の予感が。

祐季が店長と少しずつ知り合っていって、エア恋愛してる姿はまるで乙女のようです。店長の日野も、祐季をただのお客さんとしてあしらうにはちょっと踏み込んでいってない?って腐女子目線で疑うくらいが、思わせぶりでよろしいかと。

日野のお店で出てくるお料理がムチャクチャ美味しそうなんですよね!しかも無農薬野菜使用でヘルシー。だからか一食二千円越えのお高め料金なので、庶民のわたしには足繁く通えませんが、祐季、稼いでるのね笑

受けも攻めもストーリーもすごく好みなんですけど、ゲイ受けによるノンケ攻めとの恋愛NG設定に、そろそろ萌えの限界を感じている自分がいまして。

祐季のセフレだった怜二がこれまたメチャ好みだったもので、同じゲイのセフレが当て馬になって踏み台にされちゃうのも悲しく、ブイブイだった怜二の気持ちがなぜ変化したのか、そこに興味がわいちゃって萌えていました。

ゲイだから子供は望めない、ノンケは女性と幸せに家庭を築くべきだっていう固定観念から自分を貶めてしまっていた受けが、そんなことないよ、って奪ってくれる攻めと出会って……というこの上ない幸せなお話でした。

よかったなぁーとホッと一息つきつつ、当て馬好きの性か、どうしても怜二のその後が気になっちゃうんですよね…。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ