性格の相性=最悪、カラダの相性=最高。

イブニングダイナー

evening diner

イブニングダイナー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×220
  • 萌10
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
162
評価数
48
平均
3.6 / 5
神率
18.8%
著者
まりぱか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
ISBN
9784866572369

あらすじ

性格最悪、カラダの相性は最高

「運命の恋」を夢見て上京した大学生・京介は、ゲイバーでめちゃくちゃタイプのイケメン・昴に声をかけられる。
「死ぬほど気持ちよくしてやれっからさ」
酔った勢いでホテルに直行、京介にとっては「初めて」のセックス。
体の相性は最高…だったのに、その後の昴の態度に苛立ち、もう会うまいと決意する京介。
しかし、彼は同じシェアハウスの住人で!?

表題作イブニングダイナー

蔵田昴、同じシェアハウスの住人で大学生
椎名京介、運命の恋を夢見て上京した大学生

その他の収録作品

  • extra bite(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数10

無自覚

一晩限りの相手…と思いきや偶然同じシェアハウスの住人で偶然同じ大学に通っていた昴と京介のお話。

京介は運命の恋を夢見ているので、昴との始まりが相当許せないんでしょうね。
ギャンギャン怒っているシーンが多かったです。
昴の言葉はたしかに最低だったとは思うけど、その後もなんだかんだ流されてしまう辺り昴だけが悪いとは言い切れない気がしました。


昴は自分の性格の難ありなところにまったく気付いていなくて、遊佐に盛大に突っ込まれてましたが
デーンとしか感じが逆に振り切れててよかったです。
でも"性格悪い"って言われると、意地悪したり陥れたりするような人をイメージしちゃうのでただ考えが子供なだけなのかな、と。
生活能力はないしデリカシーはないけど
風邪引いたときは毎日差し入れしてくれたし
最初に声掛けたのも京介が酔ってるからだと思って、って感じだったし。
そんな優しさや気遣いできる部分があるので性格悪いんじゃなくて
色々と無自覚にこれまで生きてきちゃった、という感じ。
それをきっとこれから少しずつ反省していくんだと思います(笑)

早く卵焼き上手に作れるようになってラブラブなふたりになってほしいなと思いました~!

0

ちゃんとカップルの話

作者さんは、4コマっぽい群像劇のイメージでしたが、こちらはしっかりメインカップルのみのストーリーでした。


田舎から出てきて、運命の人との出会いを夢見る京介。勇気を出して行ったバーでチャラい昴にお持ち帰りされる。
適当で厚顔で何も考えない風の昴だけど体の相性は抜群。

一夜のことだと思って寮に帰ってみると、何と隣人だった。。

性格悪くて不真面目で、クズよりだけど悪意はなくただチャラい昴。朝ごはんをたかられたりと、京介は日々ぷんぷんなのですが、結局自分でも意識しないままに京介に執着している昴に絆されちゃいます。

最後はわりと甘々な展開で美味しく頂きました。

0

攻めが無理すぎる

うん、この攻め嫌(笑)

昴がナンパして引っ掛けた京介はゲイですがHは初めて。
身体の相性バッチリの2人でしたが、
昴が京介に放った一言は〝処女ビッチ〟!
これ、ありえないからo(`ω´ )o
そんな2人はシェアハウスも一緒、大学も一緒です。

このあと、昴が京介に執着していくのですが、
それが何故なのか伝わって来ませんでした。
喧嘩しながらも仲を深めていくのですが、
やっぱり昴が非常識でありえない!
昴の性格の悪さについては、友人の遊佐がハッキリ告げてくれたのでスッキリしました^^
遊佐が一番まともです‼︎

喧嘩して出て行った京介を昴が探しに来て、
そんな昴に絆されてしまう京介ーー
いやいや、絶対うまくいかないよと。
ソイツと付き合うのは忍耐力勝負だよと。
そんなふうに思った次第であります(^◇^;)

本当に昴が子どもっぽくて、描き下ろしの立て籠りもイライラ。
子どもっぽくて口が悪くて、でも時々優しい……
ここが気に入れば作品自体の評価も上がると思いますが、
私は無理でした。


1

無自覚系クズ男子×だいたい怒ってる夢見る系男子

紙で購入しましたが…読んだような気がする…電子かな??

ハイテンションで面白かったです

受は地方から出てきた大学生
ゲイなのを自覚していて、都会で素敵な恋を見つけたかったのに
顔に騙され(笑)一夜を共にした相手から事後に『処女ビッチ』とか言われて(可哀想www)
2度を会う筈がないから忘れようとしたのにシェアハウスの住人だったw

だいたい受が怒ってる(笑)し
かなり攻の性格がクズですが
愛とか恋を知らなかった攻が自覚していくのがいいですね
(傍若無人なのは変わらないけど)

面白いしエロい、ケンカップルのお話です

0

俺様ヤリチン攻めx童貞の意地っ張り受け

このcp大好きです!!萌えました♡
攻めが図体はデカイのになんか不器用で可愛いし
知らないうちに受けにハマって行く姿に胸キュン
それとケンカップルなので楽しかったです♡

1

いんじゃね ケンカップル…

嫌いじゃないです。

ケンカップルは好物ですね!
なんだかんだ、ぶつかり合うふたりがえっちの時に、素直になったり、甘々だったり、デレたり。


たまらなくないですか?少なくとも私は永遠に好物ですね~!


こちら、昴と京介はそのような関係性です。
意外と昴が素直さ見せてるんですが、自分の中のスタンダードが崩せない京介がじたばたしている感じしました。

かといって、京介も好奇心や快楽には従いたくなることもありますよ!
なんつーか人は本来そういう生き物だと思うんです。
昴は、自分にない常識人な部分を持つ、気っ風がいい、ちょっと古風な京介に惹かれていくのわかる。
自堕落な生活していた昴だって、彼の真実を求めた結果なんじゃないでしょうか…

誰かに出会って、変わる自分もなかなか悪くないかもね、と思うんです。

昴と京介が、後にパートナーとして歩むのか気になりますね~
若いふたりの、違う価値観。意外に悪くないんじゃないかと思わせてくれるお話でした~

2

飲まれるなかれ…

酔って体の関係から始まるお話は大好きです。
ケンカップルみたいに、なんだかんだ言いながら
お互いやっぱり好きだと自覚するのも大好きなんですが…。
主人公の京介が“運命の恋”を夢見て新生活をスタートさせたのは良いものの
酒に飲まれ過ぎ!!!
一度ならまだしも二度三度……。
あれ、大学入学と同時に上京じゃないのかな、浪人設定か
もう大学生だったけど二十歳でキリ良く独り立ちだったのかなぁ…。
若いからまだ自分のキャパもわからず飲んでしまうのは仕方ないかもしれませんが
反省したなら気をつけるべきだし
そもそも運命の恋を探してる人はそんな簡単に何度もカラダをゆるしちゃいけないよね…。
自分でバイトしてお金貯めたのも自炊出来るのも偉いけど。

そんな京介の初めての男で恋人となった昴のチャラさ加減とデリカシーの無さに驚き!
あんな自分勝手で好きになれるのが凄い…。
普段あんなんだけどちょっと優しくしてもらったら…って
ジャイ○ン効果みたいなものだと思うんですが。
チャラかったヤツが一人に絞れるようになるのも良いんですけど
私は昴を好ましいと思えなかったです、すみません。
シェアハウス内の遊佐さんが優しくて常識人なのでどちらかというと遊佐さんが好みでした←

3

まりぱか先生好きなんですよ・・・

キャラデザはすっごくイイのにもったいない!

ハニカムでも思ったけど、まりぱか先生はテンポの良いギャグよりも、エンドランド、LOST ROOMみたいにしっかり練られた設定とキャクター同士が惹かれ合う様子をじっくり魅せる作風の方が合ってる気がします。要するにシリアスです。(※個人的な感想です。)

ノリが若干古い・・・?
う〜〜〜ん。何かが足りないんですけど私には分からないです(~_~;)

絵はめっちゃくちゃ好みです!
攻めも受けも男らしい感じで、下睫毛とかホクロとかっっっ!

2

性格悪いことに気付いてないことが性格悪い(笑)

クズとは違う・・・性悪ともなんか違う・・・性格悪いアホ??
でも憎めない♡

上京して初日に早速出会いを求めていざBARへ!
そこで出会った綺麗な顔した常連の昴と飲み、酔っ払った勢いでホテルで処女喪失♪
しかし事後の「処女ビッチ」発言にぶちぎれて新居のシェハウスに帰るも
その男が隣の部屋の住人だったというお話。

昴が京介にずっとべったりで京介の部屋に入り浸るし
家でも大学でもすぐに京介の元に来る・・・・可愛過ぎかよ!!
京介が常にウザがってていつも昴に怒鳴ってるのに
なんだかんだで強請られればご飯を作ってやる・・・可愛過ぎかよ!!

昴が性格(口が)悪くていつも京介をイライラさせるけど
なぜ京介が怒ってるのか理解できない昴が可愛い・・・と言うか怒ってるの分かってるのかどうかも怪しいな(笑)

シェアハウス古株の遊佐さんに「自分の性格の悪さ自覚しないと」と言われて「俺って性格悪いの?」は笑った!
ってか、そこの遊佐さんとの掛け合いしてる昴最高に可愛かった♡

そんな昴が超下手くそな告白をしてからは今まで以上に可愛かったです!!!!
「恋人同士」になれた二人も見てみたかった♡

3

ケンカップルがお好きな方に

作家買い。

まりぱかさんの新刊は大学生のお話です。

主人公は大学生の京介。
実家を出て、念願の一人暮らしを求めて上京してきた。

新生活に胸膨らませる京介だが、彼は新生活だけではなく、もう一つ楽しみにしていることが。

それは「運命の相手」を見つけて恋をする事。

そんな京介は、上京して初めて訪れたゲイバーで一人の男に声を掛けられる。
イケメンの彼と初めてのセックスで夢見心地になるが、そこでその男にかけられた言葉が最悪で。
二度と会う相手じゃないし、と思った京介だったのだが、その男・昴は京介が住むことになっているシェアハウスの住人で―?

というお話。

バッサリ言っちゃうと、よくあるお話、っていう感じ。

身体の相性は最高、でも、恋人ではない。
傍から見ると両想いなのに、なんとなくすれ違う二人。
喧嘩しつつ、少しずつ距離を縮めていって。

みたいな。

まりぱかさんてエロを描かれるイメージがあまりない作家さまでしたが、身体から入る関係、という事もあってか、この作品はエロ度高めでちょっとびっくりしました。まあ、エロ度高め、といってもまりぱかさんにしては、という注釈がつくので、エロ苦手な方でも大丈夫かなと思います。

喧嘩しつつ、でもお互いに相手が気になって…、という王道の展開ですが、それ以上でもそれ以下でもない、といった感じ。主人公は大学生という設定ではありますが、大学生らしい描写はほぼほぼなし。ただ、まさに「ケンカップル」といったCPなので、この属性がお好きな方にはお勧めな作品かと思います。

全く萌えなかったわけではないのですが、もう一声ほしかったな、というのが正直な感想です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う