ハニカム

hanikamu

ハニカム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
32
評価数
8
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784253155175

あらすじ

入学方法はテストに名前を書けばいいだけの
不良の吹き溜まり「××高校 西棟」。

チョコレート大好き・サワ、実はお坊ちゃん・ヨシ、
笑いのツボが浅い・つばさ、案外真面目・マキ、
面白いこと大好き・ホシ、カワイイもの好き・フジ。

そんな個性豊かな6人の恋愛の行方は…!?

表題作ハニカム

澤田智則、高校生→23歳(※攻め受け表現なし)
黒渕佳央、高校生→23歳(※攻め受け表現なし)

同時収録作品ハニカム

斉藤つばさ、高校生→23歳(※攻め受け表現なし)
巻本慎太郎、高校生→23歳(※攻め受け表現なし)

同時収録作品ハニカム

星宮礼二、高校生→24歳(※攻め受け表現なし)
藤俊弘、高校生→23歳(※攻め受け表現なし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

4コマ漫画

初読み作家さん。
男子高校生達のわちゃわちゃした感じがとっても可愛い作品でした。
4コマでお話が展開していきます。
番外編だけストーリー漫画になっています。
エッチな描写は全くないです。

それぞれの個性のあるキャラクターでそれぞれの一部屈折した愛情表現が可愛いです。
私はマキちゃん押しです!三つ編みが可愛い!

チョコレート大好きサワくんのチョコレート好き設定は最初だけで特に後半話に関わってくる事がなかったのがちょっと残念。そんなサワくんがものすごーーーーく大好きなお坊ちゃまなヨシくんの重たい愛情が最高です。
つばさくんがマキちゃんを自然に絡めとっていく様、つばさくんが最強だと思いました。
マキちゃんのまったくつばさくんの罠に気づいてない加減もツボです。
充分強烈なキャラなんですけど、ホシくんとフジくんが一番普通に見えてしまいました。
フジくんを師匠と崇めるヨシくん、可愛いです。

ほのぼのした読後感で、まだまだ彼らの物語読みたいなと思いました。

1

BLというよりギャグ漫画

まりぱかさんの前作『エンドランド』がめっちゃツボだったので購入。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。






う~ん、これってBLかな?
というくらいコメディ色豊かな作品でした。BLというよりはギャグ漫画、あるいは匂い系に分類される気がします。少年漫画やギャグ漫画がお好きな方には超お勧めな1冊かと思います。


主な登場人物は6人。

名前さえ書けば入学できるという底辺高校に通っている、

サワ→
喧嘩が強くみんなから恐れられている…、という風体でありながら実態はかなりアホな子でチョコレートが大好きという側面を持っている。
ヨッシー→
金髪のヤンキー、に見えるも実はかなりのお坊ちゃんで、サワのことが大好き。

つばさ→
親友を助けるためにシロクマとタイマンはって勝った、というエピソードを持つ。そのためサワの憧れの人でもある。実はかなり賢いDK。
マキ→
つばさの親友。サワの幼馴染で、サワにいじられていた過去があるためサワが苦手。

ホシ→
不幸体質で常に怪我ばかりしている。姉が運営しているショップでバイトしている。
フジ→
怖いビジュアルに、コミュ障ということもあっていつも一人でいるDK。が、その見た目に反し可愛いものが大好きでホシの姉ちゃんのショップの常連さん。

この6人が織りなすコメディです。

基本的に4コマ漫画で描かれていて1話読みきりなのですが、それが少しずつつながりリンクしていく展開。

4コマ漫画ゆえに展開が早く、この6人の関係がつかめるまで誰がどの子で、どういう繋がりが…?と理解するのに時間がかかりました。が、この関係性が理解できるとスルスル~と理解できるようになります。

ヨッシー&サワ、マキ&つばさ、ホシ&フジ、が、それぞれ片方に恋心を抱いていたり執着していたりするのですが、それが=恋愛感情になる、というところまで彼らの関係が発展することはありません。最後に、サワがヨッシーの気持ちを受け入れる、という展開にはなりますがそれもキスどまり。

BLにおいて濡れ場が必須とは思っていませんが、でも、濡れ場以前に彼らが恋人同士になる部分がキモになるストーリーではないのでこれがBLかと問われると否かな、と思います。

が、ヨッシーのサワへの恋心とか、つばさのマキに向ける執着心とかが描かれていて、思わず応援したくなる男の子たちでした。

彼らの恋愛模様、というだけではなくって、高校を卒業する彼らが、これからどういう未来を築いていくのか、を彼ら自身模索するシーンもあり、DKらしい青春真っただ中の彼らが、非常にまぶしかった。

4コマ漫画であるがゆえに1話読みきりというメリットもあったと思いますが、4コマという短さゆえにストーリーを理解し話に入り込むまで時間がかかったのはちょっとマイナスポイントではないかと。4コマ漫画ではなく、普通の漫画として描いてくれたのなら、あるいはもっと萌えた気がします。

終盤に高校を卒業し、それぞれの人生を歩きだした彼らが5年後に再会するという番外編が漫画という形で収録されていますが、こちらは普通に読みやすかった。

商業誌2作目というまりぱかさんですが、絵柄は超綺麗で男の子たちがみんなイケメンなので眼福でした。前作『エンドランド』をイメージしながらこの作品を手に取ったのでイメージがだいぶ違っていてはじめは驚きましたが、引き出しが多い作家さんということでもあるので、次回も楽しみにしています。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ