あいつと俺の「好き」の顛末

aitsu to ore no suki no tenmatsu

あいつと俺の「好き」の顛末
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×234
  • 萌18
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
13
得点
271
評価数
74
平均
3.7 / 5
神率
21.6%
著者
アオヒトヒラ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックスequal collection
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784773072037

あらすじ

幼い頃の初恋を忘れられないまま十年。
大学三年になった賢一は、今もその気持ちを消化しきれないまま恋心を燻ぶらせていた。
そんなある日、初恋相手のはるが隣の部屋に引っ越してきたのだ!
昔と変わらず天使のように可愛いはるに脳内では大歓喜。
けれど、困ったことが一つ。
再会を喜ぶはるが昔のように一緒に寝たがったり、くっついてきたりすること。
“抱きしめたい衝動"と“我慢"の日々。
それを何度か繰り返したある夜、賢一ははるとのエッチな夢を見てしまい…!

表題作あいつと俺の「好き」の顛末

大野賢一(大学3年)
はる(春彦・大学1年)

その他の収録作品

  • 「好き」の始まり(描き下ろし)
  • 「再会」のきっかけ(描き下ろし)
  • あの子とあいつの「盛大」な惚気(描き下ろし)
  • 「好き」の時間(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数13

ピュアさ故にもどかしい!

大学生までお互いを忘れられなかった、幼馴染再会系ストーリーでした。
両片思いの純愛ものです。

くっつくまでとその後が半々くらいの内容になっていました。

くっつくまでは見事なすれ違い具合で、個人的にはくっつく際の一悶着が、この作品の中で一番見応えがありました。

くっついた後からは、付き合いはじめの初々しいカップル状態で、お互い更なる進展に悩み、これがまた見事にすれ違っていくという…
しかし「家でやれ」感満載のイチャイチャ具合もあり、たまらなく癒されました。

絵も綺麗で特に受けが可愛く、でもピュア過ぎもせず、という見事なバランス!
ピュアラブが好きな方は是非、一度読んで損はないと思います!

0

か”わ”い”い”~~

絶対好きだろうなとおもったんですけど、やっぱり好きでした。
ぽわぽわ系な男子なので、苦手な人もいらっしゃるかと思いますが、ぽわぽわだけではないのがこの受けの魅力だと思います。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

攻めの賢一は、はるに対して終始”可愛い”と思っていて、それに完全に同意します。
わかる~はるって可愛いよね~~ってなります。気分的にはモブ女C。二人の恋模様を空気のようにまとわり続けながら眺めている感じ。
顔がクールなだけに、中身はそんな可愛いと思ってるの?!というギャップが味わえます。

受けのはるは、1に可愛い。2に可愛い。ぽわぽわした癒し系の男子です。
ところが、ただ癒し系なだけかと思えばそうではない。ちょっぴり小悪魔?なところを秘めているのが最大のポイントかと思います。
彼の前では可愛くありたい、そういう風な健気な一面も見られます。

ちょっとしたスレ違いをしながらも、両片想いからの両想いで終始安心して読み進める事ができます。
また付き合ってからの話もページ多めで読むことができるので、その後を読みたい人にもおすすめです。

2

小さい頃の二人が可愛い。

表紙の二人。黒髪男子、賢一がゆるふわ男子、はるを襲っている図ですが、パステルっぽい色合いで可愛いらしい絵です。

ストーリーも同様にほのぼの甘いお話しでした。幼馴染の初恋相手のはるを想い続ける賢一。ある日、はるとの10年ぶりの劇的再会が。隣の部屋に越して来たという形で。

とにかくはるが終始、ふわふわ可愛いらしいです。何もできないと言いつつ賢一に頼ってばかりですが、実は結構計算ずく?

賢一は年上という事もあり、しっかり者ですが、はるの甘えに戸惑いつつ、でも流されて力づくにならないとこが良いですね。

やっと賢一からの告白でお付き合いが始まりますが、その後の二人の温泉旅行もはるの可愛い嫉妬もあったりしますが、全然重くないです。もう二人の間に誰も入れませんね。お友達の千紘くんくらいでしょうか。彼の隣で寝てた人、気になります。

1

可愛いが詰まってる!

幼馴染で初恋、それだけでもうきゅんする予感しかないですが!攻めくんの脳内で可愛い可愛い可愛いってデレまくりなところも、好きなことをバレないように頑張ってるのに振り回されまくりのところも可愛すぎます。受けちゃんは、ふわふわとしているようでこっそり執着系。でも、一途で好きになって欲しいと努力しているところが健気で可愛い。なにより好き好き好き好きー!と、矢印向けまくりなところが可愛くてたまりません。攻めくんは大変でしょうが(笑)
お互いに本当に言いたいことが言えなくてすれ違ったり、ジレジレだったり「お前らまだ付き合ってねーの?」感、尊いです。

0

ほわほわです

攻め君も受け君もピュアでかわいらしいです。
疲れて心がハードなものとか笑うとか力がわかないときに両片思いの悩みやらすれ違いをほのぼのと読みたい時にオススメしたいです。

私としてはいつも二人の間に巻き込まれてる友人君が好きで、なぜかこの作品で一番好きな人物でした。
生暖かい目で応援しながら読むのが楽しいです。

ちなみに悩みもすれ違いもかわいい二人です。
嫌な人もでてきません。心ささくれてるときに安心してご覧になれると思いますよ。

0

その可愛さを天然と見るか、あざといと見るか。どっちみちメロメロです♡

隣に住んでいた、はるを弟の様に可愛いがっていたのに、いつしか恋の対象にしていた事に戸惑う賢一。
父の転勤と共に引っ越しで別れ、数年後。
大学に通う為に一人暮らしをしている賢一のアパートの隣に越して来たのは、同じ大学に進学したという、はる。
昔と変わらず可愛いはるに胸きゅんが止まらない‼︎
無防備にも程がある、はるの無自覚天然煽り‼︎ え⁈ これって、ホントに無自覚⁈
読み手側には早々にこれが、はるの計算ではないか⁇ と、気付き始めます。
そう、これはもぅ両想いなのに‼︎
あざと可愛いはるに、きゅんきゅん & ムラムラしつつ。
賢一は、はるを家族の様に大切に思っているので、手が出せない。そのジレンマ。
はるは、そんな挙動不審の賢一の態度に不安になり。ジレジレ、モダモダ。
ハタで見ている友達の千紘の方が先に気付き、彼のアシストもあって、ようやくくっつきます。
めでたくくっつき、結ばれてからも、ぽわぽわイチャ甘後日談が延々と続きます。
そりゃもぅ。二人の子供の頃のエピソードを挟んでみたり。
嫉妬イベント。エッチなお誘い編。ド定番、温泉デートで浴衣にきゅんきゅん。ムラムラ。
そして、やっぱ、はるってば、昔から虎視眈々と計算高く賢一を落とそうとしてたのねー。とかとか。
とにかく甘い甘い。ずーっと甘い2人をニマニマしながらひたすら見守る感じです。

確かにはるは、天然と見せかけて、結構あざといんだけど。
その天使な笑顔が可愛いからもぅ、全部許せてしまう。
全編通して彼等の「盛大」な惚気をとくと召し上がれ。

3

♯恋の顛末見届け隊

子どもの頃、隣に住んでいた賢一と春彦は家族のような関係。
しかし賢一は幼少期より春彦に恋心を抱いており、このままでは家族で居られなくなるという思いから、気持ちを押し込めます。
父親の転勤で春彦の元を離れた賢一ですが、大学生になりアパートの隣室に越してきた人物は、初恋の春彦で…。

無事に思いを伝え合えるのですが、両片思いの2人にかなりジレました。

それから、春彦の天然は全部計算なのかな?
隣に越してきたのも?
そこら辺までは明かされていませんが、少し怖いくらいのあざとさでした…。

作者さまもあとがきにて書かれていますが、回収しきれていない部分があります。
2人の友だちの千紘がいい立ち回りをしていたので、いつかそちらの話も読んでみたいです。

タイトル通り2人の恋の顛末見させて頂きました。
読んでみると恋の「結末」ではなく、『顛末』にしている理由がよく分かります。

初コミックなんですね!
丁寧に描かれていて、とても好感を持ちました。
これからに期待したい作家さんです‼︎

2

甘い╰(*´︶`*)╯

大きな衝撃を受ける出来事はないので、物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、
すごく可愛い両片想いで、ニヤニヤしながら読みました。
はる(受)が好きでたまらなくて手を出したい賢一(攻)、そんな事とは知らずに賢一に"好きになってもらえるように"けしかける はる。当て馬かと思いきや2人を支える、賢一の友人 千紘。
はるが あざとい のか 天然か…でもまたそこもいいんですけどね笑( ´∀`)

描き下ろし"壮大な惚気"で、
はるを労わるあまりに、前戯が長い賢一(//∇//)に対して、
はるが"もっと早めに挿れてほしい"って賢一に言うところが可愛かったです笑!

あーラブラブ糖度甘めな作品読みたいー!
って方にオススメです(*^▽^*)

2

ニブちんの両片想いにキュ~ン

子供の頃兄弟のように過ごした初恋の相手と10年ぶりに再会!
しかもアパートのお隣さんとして!

自分の気持ちを覚られたくなくて引っ越したことでバレずに済んで安心して、再会した後はまた気持ちがバレないように・・・と思うのにはるの可愛さに毎日悶える賢一が超絶可愛かったし、
賢一が引っ越した後、悲しくていつか絶対見つけ出して好きになってもらうと心に決めていて、再会してからこれでもかとアピールしまくるはるも超絶可愛かったです!!!!

じれったく可愛い両片想い・・・友人の千紘にはホント感謝です(笑)

2

可愛い。以上

小さい頃、初めて見た時から可愛いはるが隣に突然引っ越してきた。この1ページ目がほんとに可愛い(笑)
生活力のないはるに賢一は料理を作り一緒に寝て半同居。でも実は春彦のそれは計算で、とか、家族の暗い過去があってとか、そういった小手先感のないストレートなお話で楽しめました。側から見たら両思いなのにうまくいかない、上手くいったと思っても次になかなか進めないモダモダなのが可愛い。一冊分表題作で小話も豊富でした。
Kindle Unlimitedにて。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う