まだ、愛だと信じてる――ハコニワ共依存系エロティックラブ。

さよなら、僕のご主人様

sayonara bokku no goshujinsama

さよなら、僕のご主人様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
13
平均
3 / 5
神率
15.4%
作画
橘ミズキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
高瀬ろく 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040655178

あらすじ

大学生の柚木航平は、恋人からの連絡を待ち続けている。ある日、柚木が目を覚ますと、友人の部屋にいた。ただし、ベッドの上で、全裸になって……。"友人"の棡原は人当たりもよくイケメンで、大学ではなんとなく一緒にいるような仲だった。棡原の視線に、柚木は「僕を犯したいの?」と尋ねるが――。

表題作さよなら、僕のご主人様

棡原 圭・航平の大学の友人
柚木 航平・圭に監禁される大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし5p「その後…」
  • 本体表紙「初期設定案イラスト&コメント」

レビュー投稿数3

共依存の未来…

ちるちるインタビューで気になっていた調教監禁共依存BL作品です。
個人的にヤンデレ・共依存はあまり得意ではないのですが、
依存心理が複雑で興味をそそられるテーマではありますね。

ハードなプレイはありますが、エロ行為は細かく描かれてはおらず、
もともとソフトタッチな画が更に柔らかな印象を強めているので、比較的みやすいタイプかと思います。
ただ、やはり傷痕はみているだけで痛い><
乳首ピアスを開けるシーンもありますので、苦手な方は気を付けて下さい。


部屋から逃げ出さないようにと、全裸で監禁されている大学生、ゆるふわキャラの柚木。
犯人は同じ大学の友人、イケメン優等生の棡原。

連絡が途絶えている柚木の恋人、如月のことを棡原はなぜか知っており、
如月に捨てられたことを認めさせようと、棡原は柚木のカラダを責めるが抱こうとはしない。

元々周囲と上手く馴染めない柚木が凹んでいる時に如月と知り合い、
気に掛けてくれる如月に心を開いた頃、如月から暴力を受け始める。
我慢している航平が見たい…背中にある無数の傷痕、乳首ピアス、タバコの焼き痕。
それでも、甘く囁きながら暴力を振るう如月に依存し、連絡するまで待っててと言われて
スマホを手放せなかった柚木。

如月の件を除けば優しく大事にしてくれる棡原に、柚木は違和感を覚えつつ時間だけが過ぎていく。
棡原の買ってきたタバコをみて泣いて怯える柚木に、
監禁理由を伝える棡原の背中にも柚木と同じ無数の傷痕をみる。

如月に調教され依存していた自分、同じような状況の柚木が気になり放っておけず近づいた経緯。
如月への依存から解放したくて始めたことなのに、自分に酷いことをされて泣いている柚木をみて、
カワイイと欲情したこと、エロいことはしても痛いことはしないと告白する棡原。
本気で自分を心配して行動した棡原へと気持ちは動き、初めて二人は身体を繋げる。
如月のつけた傷痕の上に、柚木の引っ掻いた爪痕が重なり…。

本当はしあわせな気持ちでみたいんですが、ヤドカリが別の宿を見つけて移動した感じが強いなぁ。

そしてド下衆の如月さん…二人が仲良くしていると小耳に挟んで一波乱。
いい表情ですよ~~如月さんのゲスっぷりいいですね!
失敗してあっさり見切りつける感じがけっこうリアルなのかも…新しいペットはいるし、
こういうタイプは変わらないので、どんどん下衆に磨きをかけるんでしょうね。

如月の策略にハマり、見事に土壇場で逃げ出してしまった棡原…
強い執着とアンバランスな自分の弱さを吐き出す棡原に、自分の想いを伝えた柚原。
依存体質って変わらないですが、自分だけが寄り掛かるのではなく、
自分が相手の支えになれることに気付いた柚木は、少し成長なのかと…これで共依存完成です。

描き下ろしで、如月に付けられた乳首ピアスを海に投げ捨て前進する二人
しあわせな共依存に繋がる、二人の未来が始まったと考えればいいんですね。

この作品、なぜだか読後にじわじわ来るものがあります…なぜだろう。
始まりや構成の上手さなんでしょうか。
エロも最終的には、やっぱり棡原は鬼畜オチなのかな?
柚木がいじめたくなる体質で泣き顔がステキなので仕方がないんでしょう…。
これからも、しあわせなHをたくさんして欲しいです。。。

4

依存してしまう弱さが愛おしい

うっひょぉ!【依存】大好き♡
如月に拾われ、如月に依存している柚木を軟禁する棡原。
棡原も過去に如月に拾われ依存し、そして捨てられた男。
如月から途絶えた連絡を待ち続ける柚木に、棡原が「如月に捨てられた」と認めさせようとするけどなかなか受け入れられない柚木。
しかし、如月と違って「苦痛」を与えない棡原に心を開き始める柚木。

「依存から救う」話というより「依存先が移る」話って感じですね。
背中に同じ「如月に付けられた傷」を背負う二人が傷をなめ合うような感じもしなくもない。
だからこそ「依存」なんですよね♪
あの”何か(誰か)”に縋っていないと自分を安心させられない弱さが尊い。

如月の登場で棡原にも”弱さ”が有るのを柚木が目の当たりにしてるのが、共依存の完成って感じでしたね♪

1

依存の連鎖

お互い同じ人に依存して、捨てられたもの同士が出会い、また依存していく話かなあ。
依存物は別に嫌いではないですが、こちらはあまり合わなかったです。

ふたりの元ご主人様の如月の魅力がまったく分からなくて…ちょっと弱ってる時に声かけられたからみんな依存しちゃったのかな?
如月の扱いは結構酷くて、傷はつけるは煙草の跡をつけるわで、痛い系です。アメとムチの飴がないそういうプレイはただただ可愛そうで痛々しくてあまり好きじゃありませんでした。

そしてそっから逃れた2人が恋人関係になるのはいいんですけど、こちらも結局依存って感じで愛があまり感じられずちょっとなぁ。主人公の柚木が救われないかんじが辛い…

あと、絵柄…とくに如月の顔が安定してなかったなあ。初登場では全然かっこよくもない感じだったのに、時々イケメン風になる。棡原も顔が良い設定らしいけど、こちらも安定しない…柚木だけが安定して可愛らしかったです。

一応ハッピーエンドですが、あんまり幸せを感じない闇のあるお話でした。依存ものが好きな人にはハマるのかな…?

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う