• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作タカラのびいどろ

志賀 宝、大学3年生
中野大進、大学1年生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下

あらすじ

泣いているところを慰めてくれた大学生・宝のことが忘れられず地元・福岡から上京した大進。再会を果たすも、冷たく突き放され……!? 大注目・鈴丸みんたがおくる珠玉の育み愛♡

作品情報

作品名
タカラのびいどろ
著者
鈴丸みんた 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403668241
4.5

(847)

(606)

萌々

(148)

(56)

中立

(23)

趣味じゃない

(14)

レビュー数
97
得点
3813
評価数
847
平均
4.5 / 5
神率
71.5%

レビュー投稿数97

描き下ろしまで見逃せない!!

ドラマ化に合わせて再読しました!

半年前、泣いているところを助けてもらった大進は相手の大学名と声だけを頼りに九州の田舎から上京し、大学に入学してきます(すごい行動力!)
登山サークルで無事探していた宝先輩を見つけたものの、自分を追って大学入学してきたという大進に「きもちわるい」……と冷たい反応をされ…。

まず、大進くんの純粋すぎるまっすぐさと身体の小ささ、思わず守ってあげたくなるような危なっかしいところ、そして九州の方言……と魅力に詰まっているところが素晴らしいです。
こんな子に一途に好き、と言われたらOKしてしまうな…。
そして、宝先輩。ビジュアルがかっこいいのはもちろんですが、クールで言葉も素っ気ないのに何かと優しいんですよね。
読み進めていくうちに、宝先輩の「好き」に対する考え方がわかって来ますが、読者からしたらそれって『独占欲と溺愛』そのものなんですよね♡ありがとうございます!!笑
そんな宝先輩をまっすぐ受け止めるのは、大進くんにしかできませんね♡♡


本編ではキス止まりの二人です(ぴゅあ~♡)が、描き下ろしにて初めて♡のシーンがあります。
じっくり3日間でえっちするお話で、まさかのラストに全読者を叫ばせることが描かれているので、最後まで目をかっぴらいて読まなきゃです笑笑
紙本購入させて頂きましたが、形もくっきり描かれており素敵です♡

1

No Title

初読み鈴丸みんた先生。

「気づかないならそれでよし」
タカラの気になる発言。
博多弁とか萌えるかな〜って読み始めたけど
か、かわいっっかわいすぎたっっ!!
酔って告白?しちゃってからの、
翌朝のタカラの誘導、付き合うまでの流れも
きゅーーーん♡

帯の文句にも煽られまくっていたんだけど
その文言が実際出てくるシーンで爆死♡♡

キスだけでこんな萌えさせる一冊あるぅ⁇?

描き下ろしの初エッチでは衝撃の事実がww
というか最大にして最高のサプライズだった♡

1

遠回りしたけど、たどり着けてよかった♡

話題になっていたので拝読
九州方言、とくに博多弁大好きです!

作者様は二作品目です。
キラキラ苦手なので
勝手に遠回りしましたが、
要らぬ先入観は良くないですね!

方言だけでけでなく
大好きな体格差と恋愛DT攻めときたら
自分にとってはコンボ作品でした♡

二人がむやみに笑顔でないのが
よかったです。
健気受けって哀しく笑ったり
しがちだけど
たいちゃんは九州男児やけんね、
凛々しいたい!ホント眩しかった☆

タカラ先輩は亭主関白ですよね..。
九州の子は情にあつく相手をたてる。
大進くんと相性ぴったりですね!

塩だったタカラ先輩がついに
一途なキラキラたいちゃんに陥落。
懐に入れた途端
一気に溺愛可愛かったです。

前作でも思ったのですが、
先生の描くエチは静かにエロい!
そこがサイコーです。
受け方言たまらんっちゃ〜♡
博多弁は編集部のご家族の監修とのこと
大変だなあとおもいます、うれしいです!
ごちそうさまでした!

0

孤高な先輩×ぽわぽわな後輩

なっっっんでこれ買い逃してたかなあ!!!!!!!!!!泣
当時は同じ作者さんの作品読んでなんか違うなって思うところが結構あって、買わなくていっかって思って…今更ながら送料無料のために何となく買ってみたんだけどめちゃくちゃ好きなんだが!!

攻めの宝先輩の言い回しとか動作とかがいちいちグサグサと心を射止めに来る…一匹狼系のツンだけど"初めて"らしく嗅ぎ取られない程度の若干のぎこちなさとか奥底に眠る独占欲だとか、とにかく攻めの沼要素が多すぎる。
何より見た目…!!長髪ってほんとにエロスが滲み出ちゃう髪型だと思うんですけど、宝先輩本当に理解ってる大好き(?)

これは個人的にあんまりな所なんだけど、この作者さん結構クセがあると思ってて、セックスと受けの設定…これは物語的にそうせざるを得なかったのか?
受けの大進くんの真っ直ぐな瞳、これは全然いいんだけど、弱気で素直で抜けてる性格、こういう「自分を持ってそうで実際はすっからかん」だとか「大事な時にごにょごにょしちゃう可愛くて守りたい存在」みたいな自分の思考出まくる感じのキャラが苦手…。でも正直実際の受け側の人間ってこんな感じなんだと思うけど漫画の中くらいもっとそんな弱腰のキャラじゃなくてもう少し頑張れなかったのかなと思う。わからん。←
あとセックス!!()受けがマグロすぎない?!?!甘えんぼキャラなら甘えんぼらしくもっと甘えるアクション起こせますよね?!?!←

最近攻めの魅力に全振りする漫画最近多いけど、受けも魅力いっぱいなのでもう少し対等な魅力(人からめっちゃモテるとかではなく)を出してあげてほしい(誰)

あと方言なんだけど、やっぱり方言は知らないっていうのが強いし関西弁ならまだしも博多弁も可愛くて人気みたいだけど読んでてよく分からなくなってくるっていうところはある。
いろいろ無理やりだったり強引な設定も多かったけど総合的に評価したら攻めが大好きすぎるので星3つかな。

3

キラキラ眩しい

昔泣いているところを慰めてくれた人に憧れて、彼の通う東京の大学を目指し福岡から追いかけて入学した大進。先輩宝は素っ気なく冷たかったものの、近づきたい一心で傍を離れぬ大進。その人懐っこさと真っ直ぐでキラキラした瞳に、宝もいつしか惹かれていって…。
クールでイケメンなモテ男宝の大切なものが実はビー玉で、大進のビー玉みたいな煌めきに惚れちゃうところが良い。ずっと胸にある懐かしい大切なものの愛おしさ。ビー玉はお互いを映す鏡。大進の博多弁とかおかめくんの可愛さとか萌え点多いけど、描き下ろしの初Hがとにかく最高でしょう!ピュアLOVE。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP