• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ゴールデンスパークル

麻田楽,高1
上原日葵,高1

その他の収録作品

  • 番外編〜楽のお気に入り〜
  • お勉強はほどほどに
  • 仲良くなりました(カバー下)

あらすじ

女子が苦手で男子校に入学した日葵は、
同じクラスの楽と仲良くなり楽しい高校生活を送っていた。
しかし一方で、頭を悩ませているのが“朝起きたらパンツが汚れている”という謎の現象…。
誰にも相談できずにいたが、ひょんなことから楽にその悩みを知られてしまう。
楽からの誘いでオナニーの仕方を教えてもらうことになったのだが、
次第に彼への気持ちが友情とは違うことに気づき始め…?

悩める高校生男子たちの、ひたむきでピュアな青春ラブストーリー。

作品情報

作品名
ゴールデンスパークル
著者
鈴丸みんた 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス メロキス
発売日
ISBN
9784834264241
4.5

(1050)

(707)

萌々

(245)

(60)

中立

(19)

趣味じゃない

(19)

レビュー数
77
得点
4714
評価数
1050
平均
4.5 / 5
神率
67.3%

レビュー投稿数77

この受けは尊すぎる!

連載を読んで思いっきりハマり、発売の日を指折り数えて待っていた作品です。

幼い頃のトラウマから女子が苦手な日葵(ひまり)は、恋愛や恋愛話に興味がなく保体の授業もサボっていたため、性知識も何もないままに高校生になる。
そんな日葵を悩ませているのが「朝になるとパンツが濡れている」という現象。
それが夢精だと知らない彼は、自分は病気なのではないか?と、高校で知り合ったクラスメイトの麻田に相談することに。
そして麻田にオナニーの存在を教えられ、彼の手で初めての意識ある射精を経験する…

のっけから興奮してすみません!
《性に無知で疎い男子が初めてのアレコレや初めての快感を知る》
というシチュエーションが好きで好きでたまらない私ですが、これはもう格別の味わい!!!
だって、性知識がなくて当然のショタではなくて、イケメンDKですよ⁉︎
男子高校生ですよーーー⁉︎
オナニーも知らないイケてるDKとか、一体何のご褒美なのーー!!!
しかもかわいキレイ系のビジュアル&クールで男前な性格の持ち主とか…
性知識だけでなく、恋愛にも友情にもウブな子。
と…尊すぎる…(*´д`*)

攻めの麻田くんもまたイイんです。
男の子同士抜き合うというシチュエーションはBLではわりとよくあると思いますが、気持ちいい!を優先にした明るいノリの抜き合いではなく、まず雰囲気作りから始める麻田流レクチャーはすんごくエロい…
ウブな日葵を可愛く思う麻田くんは、愛しむように肩を抱き、優しい言葉をかけながら日葵を導いていくんです。
や…やーらしーー。

毎日のように遊んだり保体のオベンキョをしているうちに、そんな麻田に対して少しずつ友達を超えた感情を抱き始める日葵。
同時に、麻田も同じ想いを自覚するものの、麻田には中学時代人間関係がうまくいかなくなった過去があるため、一歩踏み出すことに強い抵抗を覚えてしまう。
そして、周囲からの目を恐れる麻田は、日葵と距離を置こうとするのですが…

ここからの日葵が!
日葵がめちゃくちゃかっこよかったです!
外野なんて気にしない。大切なものを大切にする強さ。
あぁ〜なんて男前なの…

気持ちが通じ合ってからの初めてのエッチも最高でした。
描き下ろし含め数回のエッチですが、性に疎かった日葵が、麻田のためだけにエロい子になってゆく…
性の師匠であったはずの麻田くんも、日葵の中に眠っていたエロスにはKO状態です。
でもトロトロに溶かされちゃう系じゃなく、めちゃくちゃ男前な受けになるんです。
意外ですが、これは嬉しい誤算でした。
クールなのに麻田への想いは熱い、そんな男前受け…さいこー♡
とにかく、ウブで可愛いだけでなく、その成長っぷりまですべてに尊い子です。

この作品に関しては、受けの存在一点だけでも私にとってすでに〔神〕なので、興奮気味で熱くなってしまいました(^^;;

amazon kindleにて購入。
修正甘めで◎

30

煌めく青春

大、大、大好きなみんた先生の5冊目!

素晴らしくて本当に最っっっ高でした!!
どれだけ私の性壁を刺激してくださるのか…!

楽と日葵、2人とも顔面も性格も
超!どストライク過ぎて興奮が冷めやらず困っています!

とにかく日葵のひとつひとつの表情に悶えてしまい、
読み進めるのが大変でした。

特に悶え転がったのは、
「楽って呼んで」
と言われた時の複雑〜な嬉しそ〜うな顔と、
「熱出たりする…?」
の私と楽キラーの恥じらい顔と、
「マジになんねえようにしたらいい…?」
の切ない泣き顔(きゅんとしながら泣きました)と…

あげ始めたらキリがないほど!!

そして、とうとうハジメテのえっちなの…!?
という雰囲気になった時、まずは男同士のやり方を
調べようと勉強して紙に要点をまとめるところ!
真面目で秀才な2人らしいし、ガツガツなだれこまない
ところがとっても微笑ましかったです…♡

10代の若い2人のまばゆいほどの魅力が溢れていて、
とっても素敵なお話でした!!


ああー!あとひとつ!!言わせてください!
すごく好きなシーンが書き下ろしでの
日葵「…どんな体位で?」
のいたずらっ子な煽りからの、私の中で伝説認定の
楽「いくって言ってみ?」の濃厚えっちー!!

楽…、あなたはとんでもなくけしからん受けを
覚醒させてしまったんですよ…(尊い!!)
2人でいつまでも幸せでいてくださいね…♡♡♡

21

ちょっっ‥‥‥かわいすぎる。

ある意味奇跡の受けだった。

ちょいヤンチャ風なのに勃起すら知らないという(!)性に関して100%まっさらな高校1年生とか、奇跡すぎるでしょー!!
イケメンだけど女避けのために金髪でオラオラしときながら、オナニーって何?とか、ギャップ!!!

ぼく何も知らないんですぅぅ〜みたいな無知を売りにするキャラだと、あざとさが見え隠れして、あーはいはい……って気分になってしまうんだけど、この受けは違う!!

そもそもがめっちゃ素直で男前。
生来の男前気質にプラスして、性に関して無知だからこそ大胆で清いというところが、すっごく良かった。
知らないからこそ恥じらいも無いってところが萌える。
そしてそんな子がどんどんスポンジのごとくエロいことを吸収して成長していくとか、すばらしい。

攻めもかっこかわいくて、二人がグルグルしたり、途中で距離を置こうとしたりする姿も含めてキラキラしてるというか、青春&性春が爆発してた。

これはキャラの勝利!!って感じで、よくぞこういうキャラを生み出してくださった!としか言いようがないです。


19

人生で一番好きな作品

ついに出会ってしまった…
最高の作品に……


単話売のお試し第1話を読んだ時からものすごい衝撃で、連載を読み、描き下ろし付きの単行本が出るのを今か今かと待ち望んでいました。


何がそんなに衝撃的か…
この作品、私が長年ずっと脳内で妄想してきたネタがまさに具現化されているのです!泣
鈴丸みんた先生、ありがとうございます!!!


性に無頓着で知識がなく、淡白な受けが攻めの手により色々知っていく…と言う展開はよく見かけますが、その大体が受けがショタっぽかったりアホっぽかったりモサかったりして自分的に刺さらないことが多かった…

しかしこの作品は違います。受けの日葵はショタでもなくモサくもなくアホでもない、超イケメンキラキラハイスペ男子高校生なのです!
イケメンは女にモテてしまうから自慰の経験さえないなんてありえない!という問題をこの作品では女家庭、スマホなし、男友達なし、などという様々な材料で絶妙に辻褄合わせて実現しているのです…

こんな尊い男子高校生がいてもいいのか…
段々と性に目覚めていく日葵に覚える興奮と優越感は、ずっと私が求めていた感覚でした…

と、かなり変態チックになってしまいましたが…




お互いに本当の友達と呼べる人がいなかった2人が、さまざまな葛藤を抱えながら「友達ではない」気持ちに徐々に気づいていく過程は、悩ましく・切なく・そして美しいものでした。
段々近づいていく2人の心と、みんた先生の描く美しく儚げなイラストの相乗効果たるや…
眩しいほどにキラキラの青春(いや、金春…)が読者を包み込みます…

コミックスの描き下ろしもエロくて可愛くて…
これからの2人をもっとずっと見ていたいと心から思いました…!



興奮して支離滅裂なレビューになってしまった気がしますが、本当にオススメです。読んでください!

何百冊も商業BL作品を読んできましたが、この作品が私の人生における至高の作品・暫定1位になりました。

鈴丸みんた先生、本当にありがとうございます!

17

天丼の意味を調べました(笑)


あー、読後の心が満たされる感がすごいです。

主人公たちだけでなく、登場するみんなが魅力的でした。
二人の周りに集まるのは恋を後押しするエンジェルのような子たちばかりで、なんやこの優しい世界は…と感じたものです。

タイトルは、きんいろのきらめき。
受け君の事を指しているのだと思いますが、私にはこの物語全体がキラキラと輝いて、たまにパチリとはじけたり、クリスマスに出回る子供用の甘いシャンメリーみたいな世界に思えました。
すごく素敵なタイトルだなあ…。

主人公くん二人はチャラそうな見た目なのにお勉強熱心って所がまた、かなりのツボでした…。
いざセックスって時に

とりあえず要点をまとめよう

って、椅子からズコーってなりそうでした(笑)
でも昨今はぁはぁしたら即ズボ展開が多いので、お互いがお互いを思い合っての決断には頬がゆるみますね。
15歳って可愛いですね…。

14

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP