俺がお前に何をした

ore ga omae ni nani wo shita

俺がお前に何をした
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×248
  • 萌29
  • 中立7
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
16
得点
446
評価数
123
平均
3.7 / 5
神率
26%
著者
鈴丸みんた 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801961326

あらすじ

タチ専の一宮 昴は、愛だの恋だの信じず
ゲイの交流サイトで相手を探し
手軽にSEXを楽しむタイプ。
今回の相手・野田壱星の不慣れな様子から
処女か…と思ったら
逆に押し倒されてしまった…!
痛む腰をおさえ出社すると
なんと自分を無理やり抱いた
壱星がアルバイトとして現れて!?

「タチの俺がこんな野郎に…!!」

表題作俺がお前に何をした

野田 壱星(20歳・大学生)
一宮 昴(リーマン・タチ専)

同時収録作品風紀を乱すは窓辺の君

木ノ下 力(高校1年生・風紀委員)
立花 和佐(高校2年生)

同時収録作品不届き少年の花園

倉石 拓(高校2年生)
岸 利一(高校生・風紀委員)

その他の収録作品

  • 僕を乱すはキミの性
  • 改心少年は花ざかり
  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

大好きなみんた先生の3冊目!

「俺がお前に何をした」
表紙が今までと違ってだいぶエロ… たまりません…

仕事バリバリイケメンのタチ専、昴が
無口な大型系ワンコ大学生、壱星とサイトで出会って
逆に抱かれてしまうというみんた先生の初のリーマンモノはお話も今までと違ってなかなかの強引なスタート…

とにかく壱星が不器用すぎて…(泣)
自分の気持ちを上手く伝えられず誤解される事の多い
壱星、友人関係で悩んでいた時偶然出会った昴に
励まされ(昴は酔っていて記憶ナシ)それから想い続けて
いた昴をまた偶然サイトで見つけて思いが溢れて
無理矢理抱いてしまうんですけど…!!
さらに昴の勤め先にバイトへ行きそこでも襲っちゃうっていう…
警戒しまくりな昴にオレに話しかけるな!と距離を置かれ
気持ちを伝えられないままバイトの最終日、最後だから
話を聞いてやると言ってくれた昴に今までの行動の意味と好きって気持ちをやっと伝えられて…
想いをまっすぐぶつけてきた壱星を今まで避けてオレが
言わせなかったから…辛かったろ、と受け止める昴!

ああー!なんて器がでかーい!!

2回目のえっちがエロかった…!
壱星はしっかり反省もしてたし、昴も結果受けで気持ち
よさそうだから良かったかな。
これからもはったおされないように頑張ってね、壱星!

他2作は同じ男子校の風紀委員と問題児の2カプのお話。

「風紀を乱すは窓辺の君」
童貞純情年下ワンコ、力(リキ)と
快楽主義の美人ビッチ、和佐。

力が和佐を大事に大切に想ってて、そんな力に
翻弄されちゃう和佐にきゅんきゅんでした♡
童貞くんだった力が2回目のえっちの時に雄みちらつか
せるとかもう…!

「不届き少年の花園」
花好きだけどちょっとチャラめな掴みどころのない拓と、
しっかり者のツンデレ系、利一(リィ)。あだ名かわいい♡

こちらは同級生カプ。
風紀のペナルティから一緒にいる時間が増えて、冷めた
ようにみえる拓がリィにだんだん心を開いて、リィも拓の事をもっと知りたくなって…等身大の恋愛ってかんじで
良かった…。
リィのやきもち、めちゃ可愛いです!!

スーツもいいし、男子高生もやっぱりいいよね!という
わたし的に大満足な一冊でした♡

5

エロだ!

エッチシーンよりもキャラの感情を描く方なので、既刊2冊はエロ薄めだったけれど、今回は当社比多めな感じでした

・俺がお前に何をした
バリタチだった受けが年下攻めに掘られて、勤め先に攻めがバイトに来ているうちに…という話
三作品収録されているけど、この話が1番エロ多め。しかもリーマンモノは初めてなのでは

最初は出会いが出会いなだけにツンツンしている受けがどんどんほだされて、攻めが受けのことを好きになったきっかけを聞いてあっ、てなり、年下ワンコくんの泣きながらの告白シーン。
昴じゃなくても頭撫でてあげたくなる。
その後のエッチするときに攻めが「抱いてください」って汗ダラダラしながら言ってるのにはフフッてなりました。受けの返事が男前…
もう少し続きが読みたいカプ

・風紀を乱すは窓辺の君
リーマンモノのは学生モノ
年下、ワンコ、童貞×年上、ビッチ、美人
どストライクでございます……
萌えたとか尊いとかその辺を文章にするのがレビューだと思うんだけど、それしか出てこない語彙力
ビッチが一途な童貞君に絆されるっていいですね!
あとビッチ受けが騎乗位で童貞奪うとか最高ですね!!!

・不届き少年の花園
風紀を乱す〜と同じ舞台の話。
三作品の中では1番ホワホワ〜とした感じの話で、鈴丸さんぽい内容かな、と思う。
攻めの倉石の笑顔が可愛い…受けの岸がそれを見てきゅーっとなるのも仕方ない。わかる。
受け攻めどっちも年相応な可愛らしさでほっこり


ストーリーが好きなのでエッチシーンにはあまり重点を置いて読んでなかったのですが、途中で場面が変わることが多いので、攻めもいかせてあげてくださいってちょっと思いますw

4

キラキラの瞳にズッキュゥーン♡♡(✧д✧)♡♡

皆さんもういっぱい投稿されてるし、しかもこんなに日が経ったあと・・・
今さらなのですが、それでも書かずにおらりよーか!
(私はつい最近読ませて頂いたのです)

受け(今迄は攻めだった)
酔って記憶無くしてる時に、攻めを惚れさしてしまったよーで。
この受けがあなた!美しいったらないのですーーー。
容姿だけでなく、瞳がキッラキラ✩.*˚してるのですよ!
BL史上サイコーに美しい瞳だと思います♡♡
性格もまぁサッパリあっさり、そしてキッパリ!
仕事もバリバリ出来るし、出来ない部下をガツンと怒り、そしてちゃんとフォローする。
懐の大きさったらハンパないっっ。
(それが後ほと大いに・・・で)
そら女子でも男子でも惚れるよなぁ~~~。

そんな受けにすっかり堕とされてしまった、カッケー攻め!
そらしゃーない!しゃぁーないよぉーーー。
またこの攻めの涙が美しくて・・・。
兎に角全編この瞳にやられます。

短編なのですが、見事に上手く作られてる。
絵の美しさに加え、ストーリーも見事です。
こういう『ガタイが良くて』『ハンサム』で、受けにめっちゃ執着してる『攻め』って最高だよね。
あー私も受けに『ポンポン』されたいぃ。

これはガッツリと社会人(攻めは大学生)なので、仕事場がメインなのですが、他の短編は高校生もの。
やはり1つめの受けは『瞳がキラキラ』
フゥ、やられちゃうよぉ、腐ったおばちゃんは。

ずっとずっとこの瞳を見つめていたいよぉ~~~。

0

「ナマ足」ナンバーワンに決定しました

全部で3作収録されていて、ウチ2作はリンクした作品です。
初読み作家さんですが、前から気になっていたのと設定がどストライクのため購入しました。
とても美しいイラストに、しっかりとしたストーリー。そして濃厚なエロ描写と、かなりのヒットでした(*´ω`*)
気になってる方は、購入して損は無いと思います!


「俺がお前に何をした」
こちら表題作になります。
ゲイでタチ専のサラリーマン・昴。愛や恋など信じず、サイトでその夜限りの相手を探して、SEXを楽しむ日々を送っています。
そんなある日のこと、いつものように出会った相手・壱星はかなり不慣れな様子。処女かと優しく接すると、ふいに逆に押し倒されてしまい-・・・。

と、こちらの二人、最初はそんな始まりなのですが、昴の会社に壱星がバイトとして現れる事で再会となります。二度と関わりたくないと、壱星を避ける昴。なのに壱星はやたらと絡んできてー、といった感じでストーリーは進みます。

ストーリーとしてはわりとよくある感じで、特に捻りなんかは無いと思います。が、その中でキャラクターがしっかり生きていて、その魅力に引き込まれます。
大型ワンコ系といった感じの壱星に、サバサバしていて面倒見のいい、男前な昴。
その不遜な顔つきや言動から誤解されがちな壱星ですが、実は口下手でかなり一途なのです。たまに見せる照れた表情なんかが、とっても可愛くて萌えるんですね。また、感情が爆発した時の泣き顔がキュンとさせてくれます。普段偉そうな態度(に見える)の相手から、泣きながら告白されちゃったら、もう昴も、受け入れるしかないよな~。


あと、タチが逆に掘られてしまうという設定が、個人的に大好きなのです。自分が押し倒すつもりが、逆に押し倒されて驚愕したり、悔しさをにじませながら喘いでいたりするのがめちゃくちゃ萌えるんですね(//∇//) 
そして、こちらの作品、ページ数はそれ程多くは無いのですが、エロが結構濃厚。受けているのに、男らしい昴にとっても萌えるのです。百戦錬磨の昴なので、わざと壱星を挑発して煽る。それにワンコな壱星が翻弄される、という流れが最高でした。最中の、昴の表情の色っぽさも必見です!!

他、それぞれリンクする学生ものが2作。真面目な風紀委員×ビッチな上級生という逆体格差カップルと、つかみ所のない後輩×男前な風紀委員という、王道青春もの。こちらも萌えとキュンが詰まっております。

ところで、3作品ともエロシーンが相当好みで萌えたのですが、中でも足のパーツが素晴らしいと思うのですが、いかがなものでしょう?
特に、押し倒されてパッと上がったというか、浮いたナマ足のラインが絶妙だと思います。個人的に、この作者さんは「乳首」、この作者さんは「喉」て感じでお気に入りがあったりするのですが、「足」のナンバーワンに決定しました。これ、どうでもいい話ですね。







6

男子高校生が可愛い

3作品収録です。2,3は舞台が同じ男子高
1つ目が好みでなかったので、好きじゃない方の鈴丸先生作品かな?と思ったら、後半2つが好みでした。
「ゴールデン〜」が大好きで、「落花〜」にはハマらなかったのですが、こちらは萌2!鈴丸先生の描くカッコいい受が好きならぜひ。

3)不届き少年の花園
倉石みたいに自信に溢れてる攻めが好きです。そんな倉石が利一(風紀委員 受)のことが気になって不安になるのがなおいい。
(もやっと点)
あだ名のリィ呼びではなく、倉石に利一ってちゃんと呼んでほしかった。

2)風紀を乱すは窓辺の君
真面目平凡×ビッチ美人の王道で、特に捻りもないのですが、鈴丸先生の絵が美しくて満足。真面目平凡攻め木ノ下が、エッチシーンでカッコよく描かれてたのが良かった!

1)俺がお前に何をした
(もやっと点)
壱星は、昴がそんなに好きなら言葉で伝えればよく、タチだった昴に無理やりする必要全くなかったと思う。冒頭で挫かれた。

2

可愛い短編集

やっとやっと読みました。
鈴丸みんた先生、大好きです!
今作も楽しく拝読させていただきました。

3編からなる短編集です。
・サラリーマン×大学生
・DK×DK 2本

攻めがどれもワンコ系でした。
どちらかというと、溺愛系です。
受けを優しく大事にするところが良かったです。

受けは、ビッチ系です。
3作目のリィだけが真面目なツンデレちゃんでした。

初期の頃の作品ですが、どれもストーリーも面白くてもっと読みたいと思わせるものばかりでした。
短編集だけあって少し読み足りない部分もありましたが、あとは勝手に想像しておきます。

0

表紙の腹筋の程良いこと!

何も予備知識入れずの表紙買いでしたので、一冊丸々表題作じゃなくて残念に思ってしまったけど、2つお話がリンクしてるのは嬉しかったです。(リンクするの大好き!)
とはいえ、好みはやはり表題作でした。

掲示板でネコを募集したが待ち合わせ場所にやって来た男に掘られ、その男が後日職場にアルバイトとしてやって来て…というお話。
やった事は強姦という最低な事なんだけど、攻めの一途さが可愛くてですね…(*´ω`*)
強姦した事を反省し、ネコになろうとする姿勢も良かった(笑)

そんな攻めにほだされる受けが、これまた良い男で。
仕事が出来て懐のデカい男だから、攻めが惹かれるのも分かるわ…といった感じでした。
ラブラブになった!とは言い難い終わり方だったので、ラブラブ蜜月を送る二人を見たかったです…。

他2作品は高校生ものでした。
どちらも攻めが犬(小型犬と大型犬)っぽくて可愛かった〜。

全体的にアッサリした感じがしましたが、楽しく読めた萌2寄りな萌作品でした。

4

あっさりライト

既刊の鈴丸みんたさんの作品より、エロに辿り着くのが早いのは麗人uno!掲載だからかな。
大学生×リーマン、高校生カプが2組と全部で3カプ登場。
全体としてあっさりライトなのでちょっと物足りなさも感じるんだけど、かわいいカプがちゃんとエッチしてるところまで読みたいなという方にはちょうどいいと思います。

表題作【俺がお前に何をした】
タチ専のリーマンが出会い系で募集したネコにまさかのバージンを奪われてしまい、しかもそいつが職場の新人バイトとしてやってきて…というお話。
そして職場でも再び襲ってしまうんです。
レイプ展開もぜんぜんアリなんだけど、二度目&しかも職場というところが私のNGに引っかかってしまいました。

言葉で伝えられないからとレイプ。そして自分、不器用でして…好きな気持ちを伝えたかったのに伝えられなくて…ってな感じで泣く大型暴走ワンコ。
そしてそれを全て許してしまうどころか、お前は諦めずに伝えようとしてくれたのに悪かったな…とまさか自分の非を認めてほだされてしまう受けにもびっくり。
ナニコレ…この二人のやりとりについていけない…思ったんだけど、その後のエッチで攻めが、「今度はオレが下でいいです、抱いてくださいっ」と受けに頭下げるんですよ。
そこのシーンがなんかかわいくて、よし!許す!とそれまで抱いてたモヤモヤ感がチャラになりました。私ったら単純。

続く二つ【風紀を乱すは窓辺の君】【不届き少年の花園】
どちらも同じ高校が舞台で風紀委員とちょい問題児(問題児は幼馴染どうし)という組み合わせ。
2作品とも可愛い高校生たちがすぐにエッチにたどり着いてやることはしっかりやってるので、ストーリーとしてはあっさり薄めです。さらさら過ぎてしまうのであっさり読み終わって記憶に残りにくい…。
【風紀を乱すは窓辺の君】は小柄な年下真面目ワンコ×ビッチで美人な先輩。誰とでも寝るのはやめるかわりに、お前が俺の面倒を見ろと乗っかられてしまうお話。
【不届き少年の花園】服装でいつも風紀チェックに引っかかってしまう攻めと風紀委員2年目の受け。この攻めキャラがつかみどころない感じなんだけど、草花好きで可愛かった。花好きに悪い子はいないと思うので。


3

表題作じゃない方がよかった

短・中編がいくつか。

表題作は、適当にその場限りの関係を結んでいるリーマン(自称タチ)が、ある日出会ったウブな若者に後ろを奪われてしまうが、後日会社にアルバイトとしてやってきて、というお話。まあ、なんだかんだほだされて受けちゃう昴さんでした。

その次の、黒髪かわいい風位委員くんと、長身イケメン立花くんのかわいらしいカップルのお話の方がよかった。立花くんはH好きで、校内でも色々な人と色々しているのだが、まっすぐで自分を心配してくれる小柄な力(実は立花くんの好みのタイプ)に本気になる、っていうお話。

スピンオフの、風位委員岸くんと、立花くんのマブ達倉石くんのお話もなかなかでした。倉石くんがかっこよくいいやつ過ぎてよかった。
こういう学園ものというか、さわやかな感じのほうが上手だな~

2

表題作は攻めの行動に納得できず

◆俺がお前に何をした(表題作)
 タチ専だった一宮が、掲示板で知り合った壱星に掘られてしまうところから始まります。その後会社で再会し、また壱星の下で喘ぐ羽目に。壱星は以前落ち込んでいた時に、たまたま通りかかった泥酔した一宮に励ましてもらったことがあり、それから彼のことが気になっていたようです。ただ、好意を持ったきっかけはよく分かるのですが、だから壱星と再会できて彼を無理矢理組み敷くというのはちょっと勝手かなぁと思いました。本人にも自覚はあるようですが。壱星の考えと行動が矛盾しているような印象を受けてしまいました。

◆不届き少年の花園
 同時収録作は同じ世界観で2CP収録されていますが、私はこちらの倉石×岸がより好みでした。倉石のチャラそうなのに花の世話をしているというギャップが良いんですよね。明るくて誠実でもありますし。風紀委員の岸もツンデレ要素があって、倉石との相性がとても良かったと思います。表題作だけなら中立評価でしたが、同時収録作が良かったので萌評価にしました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ