恋をするつもりはなかった

koi wo suru tsumori wa nakatta

恋をするつもりはなかった
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神212
  • 萌×250
  • 萌27
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

2

レビュー数
35
得点
1349
評価数
303
平均
4.5 / 5
神率
70%
著者
鈴丸みんた 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス メロキス
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784834264562

あらすじ

恋愛経験なしのゲイ・佳乃はもうすぐ三十路。
恋することを半ばあきらめていたが、ある日思い切って訪れたゲイバーで銀髪の青年・ロウと出会う。
不思議な魅力を持つ彼に惹かれた佳乃は、勢いで身体を重ねてしまい――?

恋愛イージーモードのイケメン大学生×恋を知らないゲイの会社員が紡ぐ不器用で幸せなラブストーリー。

表題作恋をするつもりはなかった

西嶋狼(ロウ)・21歳・大学生
桐谷 佳乃・30歳・会社員

その他の収録作品

  • いつ起きるかな(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:プロフィールと裏話・漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数35

「付き合うのはナシ」と言ったその口で 「誕生日ケーキを買った」と言う

まさしく「その心は?」ですよね。

「実は◯◯だった」系、「本心が伝わらず拗れてた系」は鉄板ですが、確実な面白さがあります。
1周目と2周目で見え方が変わるので二度美味しい。
特に今回はあとがきをしっかり読み込んでから2周目に突入するとより楽しめるかと思います。

受のピュア処女リーマン・よしのくんの可愛さはさることながら、
攻のロウくんが1人頭脳戦「ロウ様は告らせたい」ゲームを勝手に開始し、勝手に進め、誰が見てもまずい方向に転がっていくところが見所です。
一見落ち着いていて、優しい雰囲気のロウくんなんですが、本心では「自分から必死になんて、ださい」とか「お前が早くしないからだ」とか事態の混乱を告白してくれないよしのくんのせいにしちゃってます。

いやいや「付き合うのはナシ」って自分で言ってたじゃん!と思わずツッコミたくなる。

ロウくん、こういうことしちゃうくらい年相応に子どもっぽいんですね。前半のサラッとよしのくんを頂いちゃった姿とのギャップがすごい。

ちなみにロウ様が
「(セフレになりたいの?)ならオレじゃなくてもよくない?」と仕掛けた質問の模範解答は
「ロウくんがいい!ロウくんじゃなきゃ嫌!」といった類でしょうか。
これまでのロウくん統計によると解答率及び告白される成功率が高かったのでしょう

が、しかし

よしのくんの解答(気持ち)はよしのくんのモノだから!

統計とかセリフコマンドのような駆け引きで出てくるものじゃありません。

よしのくんの解答は…したくもないけど「他にセフレを作る」という無意味な努力に流れることでした。

これに肝を冷やし、自分で広げた風呂敷を自ら大慌てで畳むロウくんの姿がこれまたいじらしい。
自分で「…ごめん、わけわかんないよな」と降伏する姿にドキドキしました。
本気恋愛の世界には、告白する・されるなどの優位側は存在しないようです。

言ってることと本心のギャップがありすぎなロウくんと、わかりやすいのに経験不足でちょっと及び腰なよしのくん。
ちょっとハラハラしちゃいましたが、みんなの助けもあり最後は甘々ハピエンです。

色んなギャップとその心を楽しめる作品でした。

3

表情がいいんジャ(TT)

20代攻め×30代攻めと適当に検索かけたら引っかかったので味見をと、某電子書籍で試し読みしたところ、吐息も出るほどのドンピシャ。

受けの表情がヒジョーーーーウにイイ!!!!
そしてヒジョーーーーウにエロい。

他の作品に比べ、山も谷もなく在り来りな感じですがそれでもカバーできる絵の感情描写。1つ1つの絵の仕草が、キャラクターを物語っていて好きでした。年上美人受け最高です。
はじめ、攻めのヤリチンぶりにキレ散らかそうと思ってしまうのですが、王道の実は純粋に純愛でした系で安心して頂きたいです。

あと1つ1つの描写が、ゲイのリアルな雰囲気が出ていて好きです。ファンタジーでよくゴムつけずにそのまま〜とかそういう流れもあるけれど、ちょっとしたところがリアルでたまりません(まあリアルを知らない口が言うのもなんですけど、あまり変なプレイはしてないってことです)

0

よかった可愛い

ゴールデンスパークルの完成度が高かったので期待半分購入しました。魅惑的な表情・人物・エロいカラダ今作も受けが可愛い満足しました。大人チック作品かなと表紙から察しますが前回作品に通ずるピュアな可愛さありですそれが好きなのでみんた先生ありがとうと言いたい。ストーリーは平凡という評価もありますがリアルに近いのでピュアなドキドキを楽しめますストーリーは好きです受けの可愛さが活かされてますたまにくるギャグもまた可愛い。攻めが淡白な入りから意外な展開へ印象が変わります個人的に前半の攻めのエロテクで好きですね

0

ありがとうございます!!!!

始まりから綺麗なひとりすけべシーンでドキドキしました。絵がきれいなのですけべシーンが本当に綺麗なんです。すみません語彙力がなくて…。

最初はロウくんが何を考えているのかわからず桐谷さんと一緒に私も戸惑ってしましました。
しかし読み進めていく中で「あ〜そういうことなのね」という展開になります。そこからのロウくんが少しかわいいんですよね。今まで見てきたタイプとはまた違った攻めで、なんだかまた違った世界に連れて行っていただいたという感じです。

鈴丸みんた先生の描かれるキャラクターってどれも魅力的なんですよね。前作のゴールデンスパークルの受けくんも素晴らしかった。

次回作もとっても楽しみです!!!!!!
まだ読んでない方ぜひ読んでみてください

3

パーフェクトです!

今作も評価高いですね〰!!
前作「ゴールデン‥」の評価の高さにつられ購入して納得のお気に入りになってしまったので、今回はサッサと購入致しました。
なんだかんだで読めないでいるうちにど〰ん❢っと評価が上がって読むの楽しみでした。

でも実を言うと私‥
みんた先生の表紙絵にイマイチ魅力を感じないのです。
どの作品も前作もです。
なんでかな〰なんか描かれてる子達が好きではない。
ところが、ページを開いてみると受けの子の美しいお顔の破壊力!!、
攻めはきりりとしたイケメンだし!

中身の絵柄にやられるといいますか、
表紙より中身の絵の方が断然良いんですね٩(♡ε♡ )۶

表紙買いしてがっかり〰(;o;)ってよくあると思いますが、みんた先生の作品は逆ですね。

今回は佳乃くん、マジで30歳かよーー!ってくらい上品で可愛いし。
好感のもてるキャラばかりで気持ち良く読めました。

人それぞれ感想はあるかと思いますが‥
私はこのお話のような特に大きな出来事が起きるわけでもない、誰にでもある何気ない日常を切り取ったお話はリアリティがあり好きです。

格好いいくせにオクテな受くんや、モテすぎてホントの愛を知らない攻くんの恋の駆け引き。
微笑ましく読ませていただきました。

両思いになった今後の2人のあまあま生活が読みたいです。
佳乃さんは仕事で色んな人との付き合いがありますから、攻くんはもの分かりが良い彼氏と格好つけてもやはりあたふたと妬いてしまう‥なんてありふれたお話でも全然いいんです。
この2人の物語りであれば。

1

最高です!!!!

再読が止まらない!!!最高です❤️
よしの可愛すぎる!!
今まで数えきれないくらいの本を買ったけど、
短話も紙本も電子版も買ったの初めて(笑)
続きのお話が読みたいです!!

1

受けの色気異常

カレンダー登録して指折り発売日楽しみにしてた鈴丸みんた先生の新刊買えました(T_T)カクテルや1話の伏線気が付かなくてびっくりしました( °_° )1話電子の方で拝見した時から理想の受けすぎて単行本化楽しみにしておりました!おじいちゃんやスイくんマスター出てくるキャラクターみんな愛しくて優しくて大好きです(*^^*)カバー下に未亡人感出せてないと書かれてましたが個人的にとても出ていたと思います( ◜ω◝ )ロウくんが本気で好きになった相手に好きと正直に伝えられて佳乃さんと結ばれて本当に本当に良かったです( ´ •̥  ̫ •̥ ` )描き下ろしも夢の中だと思って正直に話してしまう佳乃さんがたまらなく可愛かったです!!最後のは指輪ですよね?!!またこれからの2人をとても拝みたいです…!!アニメイトさんの描き下ろしはカラーイラストとてもとても美しくてずっとずっと見ていられます(∩˘ω˘∩ )♡

1

テンプレ

すごい高評価なので、大分期待してたせいかもしれませんが、全く響くものがなかった。
ストーリーを重視するタイプなので、ありがちな話の場合は核になるテーマがないと、ありふれた作品のひとつで埋もれてしまう。
ただ絵(顔のみ)やカラーの色使いは、前々から好きなんですよね。
だから、もっと深いストーリー描いてほしいなという期待はあります。

7

気になって気になって気になって、どうしようもなくなるのが恋だから。

割と王道な恋物語です。
切実なのは、30歳にもなって恋を知らないフツーの美しいリーマンが、ただ一度、抱かれてみたいと願う。
そう、恋とはどんなものかしら。的な。
佳乃は美しいだけでなく、見知らぬ老人に親切に出来たり。仕事もソツ無くこなす見た目も麗しいリーマン。その性癖の為に ご丁寧にも女避けにリングまで着けている。
ひとりエッチの虚しさに慣れた頃、思い切ってゲイバーに繰り出してみる。
そこで出逢った学生と一夜を共に過ごしてしまう。
めくるめく恋の予感と、初体験の痛み。
けれど募る想いは何だか宙ぶらりんにされたまま。

「気になって気になって気になって、どうしようもなくて。考えずにいられない。」
それこそが恋。
それはとてもシンプルなこと。

後半にはただエッチが上手くて、遊び人なのかな? と思われたロウくんの意外な側面が見られて。
彼もまた、モテ男なだけに恋という感情を知らずに生きて来た。まぁ、佳乃に比べればまだまだ短い人生だけれども。
必死でたまらなくなって。ただ好きだと想っている。

エチシーンもとても熱くて色っぽくて。佳乃の反らせた胸とか、たまらんかったです。
けど、意外にも丸っと表題作の割には短編の様な読後感でした。
恋の瑞々しさと、大人の臆病さは丁寧に描かれてたとは思います。
けれど、社会人である佳乃にはもっと葛藤があってもいいのでは?? なんて、少し思ってしまったよ。
恋の、綺麗なところだけ。切り取った物語だと思いました。
カクテル言葉は蛇足だったかなぁ。
ロウくんはあのバーのヤリ部屋で何人と過ごした事があるんだろう。余計な事が気になってしまいました。

9

最高でした。みんた先生!

みんた先生の新刊を楽しみに待っていました。
もう、ドツボ!!!
2人のこの微妙な関係や、ロウの気持ちが終盤までモヤモヤさせられたり、よしのさんの振り回され感が凄く切ないし、ドキドキだし、そしてエロい。
鎖骨辺りがキューーー♥とさせられる作品でした。
買ってよかった、読んでよかったと思える作品がまた1つ増えました!!!

しかし、ロウにはこらー!!!って言いたくなりますね(笑)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ