αの王子とΩの庭師の運命の恋。オメガバース登場!

王国のΩ

oukoku no omega

王国のΩ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
6
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
天野かづき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784041081433

あらすじ

王宮で庭師として働くシャルは、ある日突如発情し、偶然居合わせたαの王子・ユリウスに抱いて貰った。そのことで自分がΩだと知ったシャルは、幼い頃から密かに想いを寄せていたユリウスをツガイに指名するが…!?

表題作王国のΩ

ユリウス、アルテミシア王国第二王子・α、20
シャル、王宮で働く庭師・Ω、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

王道の萌えをシンプルに楽しめるオメガバースです

こちら、オメガバース+シンデレラストーリーです。

ちょっと新鮮で面白いのが、オメガが絶滅寸前の超貴重な存在で、とても大切に扱われると言う設定なんですよね。

オメガだと分かれば王宮に迎えられ、王族と結婚をする。
しかも、王族(候補者)の内、誰を選ぶかも自由。
そう、選択権はアルファでは無くオメガにあるのです!
要は、逆ハーレム状態と言うんですかね?

まぁそんな感じで、身寄りも無く王宮の庭師見習いをしてる主人公が、ある日いきなり超ゴージャスな生活を手に入れると言うシンデレラストーリーが楽しいなら、幼馴染み同然の第二王子と結ばれと、甘くて可愛い初恋成就も楽しめる。
ついでに、受けの超健気な行動に、いじらしくて心を打たれたりして。

ストーリーとしては王道過ぎて、先の先まで読めちゃうのがちょっと物足りなくはあるんですけど。
えーと、捻りはゼロみたいな。
しかしその分、王道の萌えをしっかり押さえた、大変読みやすくて嫌味の無い作品だと思います。

内容ですが、アルファの第二王子・ユリウス×孤児で庭師見習いのシャルによる、オメガバースでシンデレラストーリーです。

身寄りも無く王宮で、庭師見習いとして働くシャル。
幼い頃に偶然知り合い、密かに交流重ねてきた第二王子・ユリウスに想いを寄せつつも、身分差から恋の成就は諦めているんですね。
そんなある日、突然抗いようの無い熱に襲われたシャルは、本能のままにユリウスと激しく抱きあってしまいます。
この件で自身がオメガだと初めて知ったシャルは、自分と番う候補者の中からユリウスを指名しますがー・・・と言うものです。

まずこちら、序盤から心浮き立つ展開。
オメガだと分かったシャルですが、候補者である三人の王族とお目通りするんですね。
朗らかな第一王子に、野心満々の王弟、そして生真面目なユリウス、になるんですけど。
で、高価なプレゼントを貰ったりとあからさまなアプローチを受けるのですが、当然選ぶのはユリウス。
まぁ、次の発情期で正式に番となるまでは、この指名は暫定的なものでしかないんですけど。
とりあえずは二人でお試し的な同居生活みたいな。


こう、シャルですが、すごく健気で働き者のいい子なんですよ。
叶わないと諦めていた恋ー。
それが思いがけず実るのですが、ユリウスが安らげるようにと後宮の庭を毎日手入れし、二人でお茶飲んだりとささいな事に幸せを感じる。

と、全てが順風満帆に思える日々ー。
しかし、何故か番に指名してからと言うもの、どこか思い悩んでいる風情を見せるユリウス。
自分の想いが負担だったのかと、シャルは不安になるんですね。
そんなシャルを抱き締めて不安にさせた事を謝り、それ以降は何かを吹っ切ったかのように彼への愛情を隠さなくなるユリウス。

で、ここからは超ベタ甘パートに突入。
昼も夜も無く抱き合い、それこそ蜜月を過ごす二人、みたいな。

えーと、天野先生ですが、毎回エロ描写が濃厚なんですよね。
最初の発情してしまって激しく抱き合いから始まり、この蜜月パートではもう延々とエッチ。
特にユリウスですが、もうシャルが好きすぎて歯止めが効かない状態。
シャルが微笑んで「安らいでくれるのが嬉しい」てな事を言っただけで、「すぐにでも抱きたくなった」みたいな!
これ、シャルが真っ赤になって文句を言えば、こうなったのはシャルのせいで、自覚が無いのがなお悪いとユリウスも文句を言う。
いや~、甘いな!
この二人、もう激甘だな!!

と、超甘々な日々を過ごす二人ー。
しかし、ユリウスが最初に辛い様子見せた理由ーこの国ではオメガを手に入れたものが王となる事が決まっていると言う事実を知ってしまい・・・と続きます。

ユリウスですが、第一王子である兄を心から尊敬しており、彼の為に手足となって働く事を誇りにしてたんですね。
で、幼い頃からのユリウスのその夢を、シャルも応援してきた。
自分がユリウスを選んだばかりに、彼の夢を打ち砕いてしまったと後悔に苛まれるシャル。
思い悩んだ末、「ユリウスは友達としか思えない。本当はコーネリアス殿下(第一王子)に惹かれていた」と嘘を付いて、ユリウスを指名した事を取り消そうとしー・・・と続きます。

う~ん・・・。
失礼ながら、結末は簡単に想像がつきます。
ただ、シャルの苦悩や健気な行動に心を打たれるのも事実なんですよね。
自分が悪者になってでも、好きな相手の幸せを祈るみたいな。
ついでに、シャルの嘘を聞いて、独占欲を剥き出しにするユリウスにも萌えちゃいますし。
「お前は誰にも渡さない!」みたいな(≧∀≦)

まぁそんなワケで、ストーリーとしてはやや単純なんですけど。
もうひとつ捻りが欲しい方には物足りないんじゃないかとも思うんですけど。
ついでに、逆ハーレム状態をもっと楽しませてもらえると(個人的には)嬉しかったりしたんですけど。
しかし、その分王道の萌えをシンプルに楽しめる、とても読みやすくて嫌味の無い作品では無いかと思います。

9

設定は珍しかったのですが…。

久しぶりに天野さんの作品を読みました。以前は、異世界トリップ系が好きでよく読んでいたのですが、だんだんあっさりしたストーリー展開が物足りなくなって遠ざかっていました。

今回は、大好きなオメガバースで、Ωが絶滅危惧種という、ちょっと変わった設定でした。
おまけに、そのΩは好きな王族を選べ、選ばれた王族が王様になるという…なんとも期待されるストーリーです。
そして、そのΩが庭師のシャルで、片思いの相手は第二王子のユリウスでした。

王子を大好きな宰相の孫娘が邪魔をしてきたり、皇位継承問題が出てきたり、他の王子がシャルを狙ったり、色々妨害はありますが、驚くほどあっさりと解決します。
そこが物足りないのですが、逆を言えば、安心して甘々を堪能できます。それに、シャルの王子を想う一途さは萌えますし。
なので、疲れた時の、軽く読みたい時にはピッタリな1冊だと思います。

2

オメガは王家へ嫁ぐしきたり

天野先生のオメガバース3作目。今回獣人さんはおらず、中世ヨーロッパみたいな世界でした。さらっと読めた+陸裕先生が猛烈に好きなのですが、どうも苦手な部分もあり中立にしました。本編190P弱+あとがき。

王宮の庭師を束ねるゼレクの弟子として働くシャル。幼い頃に裏庭で知り合ったのが実は第二王子(攻め)と分かった後も、気を許せる相手と考えていてくれるのか、時折、同じ裏庭で二人で寛いでいます。ある日、突然体が火照って井戸水をと外へ出たものの、どうにも理性で抑えられなくなった時に攻めと会ってしまって体をつなげてしまい・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの兄王子、叔父、攻めに惚れてる宰相娘、受けの身の回りの世話をする少年ぐらいかな。

**苦手だったところ

発情期で理性を失い、いろんな言葉を口走っちゃう、そういうのがどうも好きではなくて。(じゃあオメガバース読むなといわれてもしょうがないかもという自覚あり)
今回の設定では、オメガは蔑まれておらず、逆に貴重品扱いで王家に嫁ぐしきたりとなっているんです!そのことはとても嬉しかったのですが、発情期の表現が色っぽくというか品がないというか、いやまあそういうもんなんだよ、理性失うんだからとは思いつつ、「欲しい・・、いっぱいにして・・ぇ」という系統の煽りセリフは少ない方が嬉しいなと改めて思いました。

王子は王子らしく、兄を支えて国を護るんだ!というタイプのご立派な方で何よりです。お兄ちゃんも穏やかそうないい王様になりそうな方で、これまた好きなタイプ。受けも健気さんであるので、あの煽りセリフ複数回が無かったら、もうちょっと嬉しかった本でした。ちょっと残念。挿絵はめちゃくちゃスキなんですけど。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ