いばらの食卓

ibara no shokutaku

いばらの食卓
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
73
評価数
20
平均
3.8 / 5
神率
45%
著者
さはら鋏 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784403666872

あらすじ

料理本の担当を避けて来た新人編集・糸井は、
毒舌家で美形の料理研究家・鹿嶋の仕事を編集長から引き継ぐことになった。
糸井が料理本の仕事を避けていたのには理由があるが、
鹿嶋は告白する前にそれに気付き……。

表題作いばらの食卓

糸井 周,新人編集者
鹿嶋 理,売れっ子のイケメン料理研究家

同時収録作品いばらの食卓

夏目,料理カメラマン
須藤 海,編集者,糸井のストーカー

その他の収録作品

  • 2話後 しばらく経ったころの糸井×鹿嶋編
  • 5話の数日後 夏目×須藤編
  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

トラウマからの新たな一歩。

電子版のお試し読みから続きが気になって購入しました。2カップル出てくるし、けっこうボリュームがあり読み応えもありました。自分としてはかなり面白かったです。

登場する2カップル、4人ともそれぞれにトラウマがあり、まだそれを乗り越えていない状況なんですよね。そんな中で、もがきながらも相手を好きになって、新たな一歩を踏み出すストーリーだと感じました。前半の糸井くんと鹿嶋のお話は、とにかく料理が美味しそうで…また、鹿嶋と師匠の関係の中で「料理で相手を支配する」という考え方はなかなか興味深かったです。読後は爽やか、そんな中、糸井くんの先輩須藤の闇が登場で、後半の2カップルに突入。こちらは乱パなどもあり、重めのお話かな。でも、自分の最低最悪のどん底を知る相手と想い合うっていうのは、個人的には良いな、と思いました。


各話の合間に、かわいいキャラのちょっとしたエピソードが入り、とても楽しめました。

欲をいえば、エロシーンにもっと色気があると萌えると思いました。

1

"食"を通じて表面化するトラウマと乗り越えた先

1つのタイトルで2組のお話が描かれています。
食をテーマに各々が抱えてるトラウマや仄暗い感情が表面化され、
人を愛すことによって乗り越えていくお話でした。

展開の速さは否めないですが面白かったです。

どちらのカップルも収まるところに収まりましたが
メインCPは光属性寄り
サブ?CPは闇属性寄り ーという印象かな。
(あ、闇と言ってもガチな闇好きにはゆるめだと思います)

個人的にはサブCPの"やってることがアウト&愛が重い"ところが好みでした。
似たり寄ったりなトコあるから上手く噛み合えば幸せバカップルになりそうだなぁと♪


◆糸井(新人編集)×鹿嶋(料理研究家)

料理本の担当は避けてきた糸井。
けれど担当が怪我をしてしまい代打で料理本の担当をすることになります。
撮影が終わった後、皆で試食をするからと料理を出されますが、
目の前にした瞬間倒れてしまいーーー。

実は糸井は子供の頃の影響で人前で食事が出来ない人でした。
秘密にしたまま誤魔化して逃げるけれど、鹿嶋にはすぐ気付かれてしまいます。

また鹿嶋も鹿嶋で一人抱えているモノがあって…と展開します。


糸井にとって"食"は「親から愛されていない」を形にしたものだった。
この辺りがとても悲しく、同時に確かにな~と頷いてしまいました。
家族のために栄養を考えて1日3食用意するのは愛がないと続かないですもんね…。
というか愛があっても面倒な日だってあるから手抜きする時もあるし…。

糸井のトラウマに気付いた鹿嶋のさりげない優しさにキュンとします(^//^)

鹿嶋は糸井とは真逆で、料理によって支配されていた人です。
弟子入りした料理家の師匠から依存のような愛に囲われ、
師匠が作るモノ以外口にすることがない支配から逃げ出し、
師匠の歪んだ愛を最後まで受け止めきれなかった自分を責めていました。

互いに長年溜まっていた澱を吐き出し、少し前向きになれたのかな?
真逆だけど"食"に対するマイナスイメージが存在していた2人ですが、
一緒に食事をして笑顔になっていく姿が良かったですヾ(*´∀`*)ノ

◆夏目(料理写真家)×須藤(編集者)

須藤は糸井の先輩編集であり、ストーカーでした。
(幸か不幸か糸井は全く気付いていません。)

ある日須藤は撮影の隙を見て鹿嶋の家に盗聴器を仕掛け、
糸井が泊まったことを示す服で思わずオナニーを…。
それを目撃した夏目は須藤を脅しーーーと展開します。


須藤がストーカーをしているシーンはゾワっとしました;
少しの興味本位から行動が激化してるのがなんとも言えぬ(ノД`;)
悪気なさそうだけど犯罪やで…?あなたアウトやで…?

で。夏目は夏目で恋人に振られたのがトラウマとなり、紛らわすように遊び回ってる人でした。
須藤を脅したのも「ゲイ仲間だったんだー」「ネコ少ないからちょうどいいやw」って感じ。
乱交パーティーへ参加させて複数で須藤の身体を堪能するという…。
仕事中は普通にイイヒトに見えたのでギャップにビックリしました;

と、歪な2人なんですが。

須藤のストーカー行為は最低だけど、糸井に振られた事実に打ちのめされてる姿に萌えた…////
なんか段々可愛くなってくから嫌いになりきれなくて私が戸惑うわw
夏目がほだされてく気持ちがなんとなくわかる(。_。)ウム
あと夏目のトラウマも明らかになっていって、臆病な寂しがりにみえたのもキュンときました。

蓋を開けてみれば愛が重くて捻れていた2人なので、
上手く噛み合えば愛が重い者同士で幸せになれそうで何よりですヾ(*´∀`*)ノ

5

乱交パーティーにびっくりしたよ☆

紙本
修正…白短冊
カバー下…おまけ漫画
カバー折り返し部分…作者プロフ
あとがき…あり

1

後半の重い感じが好き

人前でものを食べることが出来ない新人編集糸井と、
糸井が担当する事になった料理研究家の鹿嶋。

糸井の先輩で糸井に執着級の片想いをしている須藤と
フードカメラマン夏目。

2カプ収録ですがお話自体は丸っと1冊表題作としてそのままつながっています。


表紙の二人は結構すぐに惹かれ合ったので
ちょっとトラブルもありましたがサラリとくっついた感じでした。

個人的には糸井の先輩須藤が好みでした♡
部屋中に糸井の写真を張ってるのも
糸井が鹿嶋と付き合いだしたら鹿嶋の家を盗聴したり・・・
そこそこヤバい奴でした♪
そんな須藤のヤバい感情と行いがカメラマン夏目にバレて
脅すように呼び出されたのは乱交場!!
男女入り乱れての乱交パーティーで夏目にやられまくる須藤。
嫌がりつつも、糸井と鹿嶋のラブラブっぷりにやられた須藤は
乱交パーティーにその後も何度も参加。。。

前半の鹿嶋×糸井partの際に
鹿嶋を陥れるような事をしていたので
自業自得っちゃ自業自得なのですが、
反省しつつ傷付く須藤は可愛かったです♪

1

設定がイマイチ理解できない。

始まりが面白くて、料理の過程も美味しそうだったので、期待してしまった…。
鹿嶋と師匠の関係に対する鹿島の表現と、後半組の二人の設定や関係の展開が理解できない。
後半組はけっこう不快感が強くて、カップリングとしてダメでした。
全然乱パはOKなんですが、関係の進め方が強引というか、萌えどころなしでした。

1、2話が新人編集者の糸井と、料理研究家の鹿嶋がメイン。
3~5話が料理カメラマの夏目と、編集者の須藤がメインで、後半CPの方が1話多いです。

人に見られると味がしない糸井。
ネグレクト環境の生育から、自分で作った弁当を隠して食べたトラウマ、
愛されていないことがバレてしまう…この場面だけで泣けるわ。

料理本作成中に、糸井が人前で食べたくないことに気付いた鹿嶋の優しさや、
トラウマを告白した糸井を理解して受け入れる流れが、とても自然で良かったです。
食べさせることで相手を支配する…鹿嶋のこの言葉で、鹿嶋になら支配されてもいいと思う糸井。

鹿嶋の亡くなった師匠との関係についての描写から、一気に引いてしまいました。
父を亡くした鹿嶋が遠縁の師匠に引き取られ、編集長が鹿嶋に初めて会った時点で高校生。
その時には既に、師匠とカラダの関係がある状態で、師匠は自分の作った料理しか食べさせず、
師匠が作った鹿嶋のカラダを師匠が抱き、鹿嶋のカラダも意志も全てを支配しようとした。
親の遺産で海外の料理学校に逃げた後、動揺した師匠が事故で亡くなる…。

この件だけなら設定としてありなんですが、
鹿嶋は、歪んだ形でも心から必要としてくれた人から、逃げて傷つけ失ってしまった…
師匠をちゃんと愛せなかった自分には、愛し愛される資格がないと言います。

こんな不快な表現は久々でした…
身寄りのない遠縁の子どもを引き取り、手籠めにして支配した大人に、愛してやる理由なんてない!
師匠に触られて震えている高校生の鹿嶋を見ていた編集長も、海外に行って良かったなんて悠長な…
この作品は腹の立つ不快な人間描写が多すぎます。

糸井の返しもおかしい…大体、鹿嶋がなぜ師匠を愛さないといけないのか?
赦されるのかな…と言ってる鹿嶋はまだ師匠に支配されているのか?鹿嶋の表現が納得できない。

後半組のカメラマン夏目と、編集者で糸井のストーカー須藤は二人ともゲスで萌えどころなし。
似たようなタイプなので、仕方がない。
須藤は夏目に脅されて乱パで乱交ですが、その後は糸井へ執着が拗れて自分から乱パの常連。
夏目も失恋の痛みから逃げて乱パ三昧。そんな二人でも仕事へのこだわりはあり、
仕事絡みで打ち解けていく…ですが、関係の進展も強引で、深まりどころもいまいち…。

どうしても気になって仕方がなかったネコマークのチョコレート。
出る度に大きさがバラバラ…普段気にならない方なんですが、そんな私が気になるレベルの酷さでした。

※Renta:修正は短冊。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ