独占してもいいですか

dokusenn shitemo iidesuka

独占してもいいですか
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
92
評価数
25
平均
3.8 / 5
神率
24%
著者
小鴨 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784815550219

あらすじ

幼馴染でムードメーカーな藤田にべったりな水野は、極端な人見知り。
しかしそれを全く気にしていない様子に藤田は、部活の忙しさを口実にして距離を取り始める。
そんな藤田を見返してやろうと心機一転、他者とコミュニケーションを取るようになった途端、
水野は女子からモテるように…!!
予想外の事態に、複雑な表情で水野を見つめる藤田の真意とは―…?
友情と恋愛の間で揺れる、DKふたりの青春じれじれラブ!

表題作独占してもいいですか

水野ゆう,コミュ障高校生
藤田亮介 人当たりの良い高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • 日常ラブパート(カバー下漫画)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

ネタバレあり。世話焼き受好きにはたまらない

面白かった…!

世話焼き受けをこよなく愛している人には是非読んで欲しい作品です。

ストーリーとしては、攻めの行動原理が可愛いです。受けとは親友同士で、最初、攻めは受けへの気持ちを友愛だと思っています。受けに他のやつともつるんでみれば?というニュアンスのことを呆れたように言われ、受けに自分と居るのが一番だと思ってほしくて、もっと魅力的な人間に変わろうと、コミュ力を上げようと努力する攻め…かんわいいいい!!
受けのこと好きすぎない?好きすぎるでしょ早く恋だと気づいて!!

最初は、余裕ぶっていた受けも、攻めに人気が出て来て、モヤモヤ…
初恋の相手が攻めで、高校生になって目が覚めた(男同士じゃん、ゴッツイ男じゃん)という設定、ありきたりですがそこがいい!王道ですね!

段々と友愛が恋愛に変わっていく様子がとても可愛い!こっちもドキドキしちゃいます!うまくいかないわけがない、と思わせてくれて、ストレスなく読めます!ハッピーエンド万歳!

ただ強いていうならば、最初に受けが攻めを突き放した理由が、薄く感じました。あっさりし過ぎというか、男同士はない、と言いながら……全然悩んでない感じがしました。最初から好きだったから?と言えば納得できる…?
話のメインは両方思いの駆け引きのように感じました、それはそれで面白かったのですが、人間味が薄い。個人的には、受けは特に、もう少し恋心に葛藤して悩んでいる姿が欲しかったです。一方で、自然な駆け引きが上手な印象も。攻めに対してあっさり引くシーンでは、我慢や攻めへの思いが伝わってきて、叫びたくなります…。

全体的に絵は下手ではないのですが、色気がもっと欲しいというか…僅かに艶を感じるからこそ余計に惜しく思いました。

ですが、キャラのふとした瞬間の表情や、目の感じがとても魅力的です。キスのときなどの受けの顔がとくに、バブみを感じる顔でよきでした。好きです!艶っぽい!

表情や仕草で読み手に感情を伝えコマを魅せることが上手い漫画家さんだと感じます。違和感なく楽しめました!

ややあっさりめですが、ストレスなく読める良作ですよ!

1

無自覚と自覚ありのW執着DKが可愛い

面白かったーッヾ(*´∀`*)ノ

帯に書かれてある『W執着こじらせ青春Days』が楽しめました♪
個人的に裏表紙の幼馴染み感がとても好きです。
仲良く成長していく姿が良き(∩´///`∩)


さてさて。
攻めは「受けさえいてくれたらそれでいい」と他人と関わろうとしない人です。
周囲からはコミュ障認定されていて一匹狼とは違うかな…?ただ浮いてる感じ…?
実は性格が悪く毒をさらりと吐くタイプだけど、
露呈する前に受けがフォローするのでクラスメイトに気付かれていません。

受けは全く正反対で社交的。周囲から頼られることも多く、円滑な学校生活を送っています。

攻めは受けと一緒にいられれば満足だけど、受けには受けの友人関係がある。
ほんとは受けの時間まるごと独占したいけれど思うようにはいきません。
ならば受けがずっと一緒にいたいと思えるような人間になってやる!と自分改革を開始します。

一方、受けは受けで色々と悩んでいました。
幼馴染みへの恋心を自覚してしまいどうしていいかわからなかったのですね。
今ならまだ普通の幼馴染みに戻れる!恋心は忘れたい!と考えています。
けれど攻めへの独占欲は実は幼いときからの筋金入り。
攻めに友人がいないのも受けがそう仕向けていたという…;

ーーーと、無自覚vs自覚有りで執着しあう幼馴染みのお話です♪


いやー…攻めの性格はどうなんだろう…?
受けへの執着ベクトルが強すぎて、受け以外の人間への対応が酷い。
周囲の反応をみて「チョロい」と言える神経や、
好きでもない彼女への雑な感情が個人的には好きになれませんでした;
でも行動源が"受けに褒められたいから"という子供みたいな理由はちょっと可愛い。

そう。攻めは受けに褒められたいから
腹黒隠して周囲と仲良くするし、彼女作って交友を広げるのですね。

だけど受けからすればどれもこれも大ショックな事案。
我慢しきれずにボロリと涙が零れる瞬間は切なキュンですごく萌えました!!!
この本は受けの片想い感情が切なくて良きなのですよーーッヾ(*´∀`*)ノ

で。無自覚vs自覚ありで誤解が誤解を招き、
感情を拗らせて辿り着いた結果がッッ……!

「俺達親友だろ?」と理由にしたチューやらハグ+゚。*(*´∀`*)*。゚+
とうとう距離感見失って幼馴染みのライン越えちゃったよ、この子達。
親友だろうが幼馴染みだろうが普通はキスしないからね!?!?
めっちゃ好きなシチュが投下されてニヤニヤが止まらない////
攻めの性格好きになれなかったけど、この萌え投下で相殺された←

初エッチはムードのないやりとりや
手順にモタモタしながらも我慢出来ずにガツガツするの良き(∩´///`∩)
普段とのギャップのある顔をする受けがとっても可愛いです♡♡

ひとつ残念といえば、家がお隣同士の幼馴染みで子供の頃からずっと一緒で、
幼いときは名前呼びしてたのに名字呼びに変わってたのが淋しい。
幼馴染みだけのあだ名とか、2人の時は名前に戻るとか、特別感があったら萌え増量でした。

4

執着とこじらせの独占欲三昧

人見知りな水野と明るい藤田。
小さい頃からずっと一緒にいた二人。
小さい頃は水野の可愛さに独占欲を駆り立てられた藤田は少しずつ水野の周りを削いで水野に”自分”しかいない状態を作り上げてきたが、高校生になって男相手に何やってんだと我に返り黒歴史に蓋をして水野を開放。
一方、気付かないうちにずっと藤田しか居ない状態にさせられてきて藤田以外とのコミュニケーションの取り方も分からないし撮ろうとも思っていなかった水野は突然突き放されてビックリ。
そんな中藤田に”周りとうまくやれ”と言われ、周りとコミュニケーションとれるようになればまた藤田が自分の元に帰ってくると思い藤田以外に話しかけたり彼女を作ったりと頑張る水野。


藤田しか見えてない水野は可愛いし、いざ手放して水野を他に取られたら悔しくなっちゃう藤田も可愛かった。
それに振り回された水野の彼女は可愛そうだけど、まぁBLに登場した女の子の定だ。どんまい!

0

どっちもどっち⁈ イチャあまあまな独占欲の見せ合いっこ。

ちょっと面倒くさい女子並みの独占欲を見せる、見た目は男前な水野くんに そうとは気付かせる事なく、無自覚に独占欲を募らせるりょうちゃんこと、藤田。
物語は、コミュ障気味の水野くん視点、次いで 幼ない頃に水野に初恋してからずっと。
片恋を無自覚に拗らせていた藤田視点で展開して行きます。
コミュ障で りょうちゃん以外の友人を作れず、他者と上手く出来ない水野は ある日、りょうちゃんにもっと自分を好きになって貰わねば!と、一念発起。彼女を作るまでに成長します。
ナナメ上発想過ぎて、告って来たとはいえ可哀想な彼女。
いつも藤田が構ってやらないとボッチだったくせに、どんどん世界を広げてモテ始める水野に苛立ちと独占欲を隠せなくなって行く藤田。
最初に自分しか見えない様に仕向けたのは腹黒かった幼ない自分だけど。
アレは自分にとって黒歴史だった筈なのに⁈
腹黒だった筈の藤田がザマァな展開になって行きます。そういうのって、フツー攻めザマァなのが割と定石なんですが、幼ない頃はうるうるした瞳だった水野は体格も追い越すほどのガッチリイケメンに育っているので、下克上的に抱かれる事になっちゃう。
そして、他者との橋渡し役だった頼れる親友の藤田は、いつだって水野を煽るほど、エロエロしく見えちゃうネコちゃんになってしまう。
もぅ、互いの気持ちがダダ漏れてからは 一体何を見せられてるんだろう??というほどイチャあまあまです。
男同士なのに⁈ などと一瞬藤田の方は悩んだりするものの、それ程苦悩する描写も無く、互いにノンケだと思い込んでいたので、当て馬(?)は全員女子。
フツーに可愛くて良い子なので、ただただ振り回されて気の毒でした。
イケメンがコミュ障から脱すると 急に女子たちにモテて、男子に嫉妬されるっていうお決まりのパターンはあるものの。そこまで大変でも無く。
周りの人々を牽制しなくちゃならん程、皆んな君たちの事を注目しておらんから勝手におやりなさい〜って感じでした。

0

お互いが独占欲高め。

幼馴染同士の独占欲が強いお話でした。
友情と恋愛のごちゃ混ぜが長い付き合いだからこそ!のもので、人見知りが激しい水野の方が拗らせているのかと思いきや、コミュニケーション能力の高い藤田の方が水野に対する想いをしっかりと自覚しているがゆえに拗らせていました。
藤田目線の描写があるので、どちらかと言えば自分の感情を把握していない水野に振り回されている感が。

2

どっちもどっち??

結局は最初からお互いだけしか見てなかったラブラブ展開ですが
水野の陰キャっぷりを徹底して欲しかったかな。
藤田が明らかに陽キャなのでその落差をつい序盤で期待してしまいました。
でも水野が藤田に自分を一番だと思わせたくて
周りへの態度を変えたのは凄い行動力でした。
にしても彼女作っちゃうのは早くない…??
そうでもしないと藤田を性的に意識し始めることにならないのはわかるのですが…。
あと親をうるさく思うのは思春期ならではかもしれませんが
大事にしておくれ…(余計なお世話でしょうけども)

一見どこでも楽しそうにやっていける藤田が
実は想いを隠していたあたり健気!
とは言え出会った頃既に策士だったので
二人ともどっこいどっこいの性格なのかなぁ…。
水野と友達として接したいのにぐいぐい来られたら拒めないよね。
しかし藤田の下まつげが気になって仕方なかったのは私だけかもしれません……。
ジャケで見落としてた痛恨のミス。
個人的な地雷(?)で申し訳ないのですが中立で…。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ