ユア・オンリー・アイドル

your only idol

ユア・オンリー・アイドル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×211
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
75
評価数
23
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
三池ろむこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403666919

あらすじ

幼馴染みでお隣同士の秋朋と優斗。 実は優斗は超人気アイドルで秋朋の恋人だった。 二人の恋は秘密と我慢がいっぱいですれ違いが起きてしまい!?

表題作ユア・オンリー・アイドル

古屋優斗 人気アイドル,恋人
広瀬秋朋 高校生~大学生,幼馴染,恋人

その他の収録作品

  • 春まであと少し
  • デート・ホット・デート
  • 近くて遠いキミ 前編・後編
  • それからの2人の夜と朝
  • 君はトクベツ
  • おまけのふたりの話(描き下ろし)

レビュー投稿数4

アイドルだけど日常ですね❗️

初読みの三池ろむこ先生。

甘やかな画とお話です。おなじCPですが、オムニバスみたいです。

幼なじみの2人が、時を経て、一人はアイドルに、一人は大学生になりました。

アイドルの優斗と大学生の秋朋は、互いが好きで告白して、ちゃんと付き合っています。

この作品は、どちらかと言うとアイドルや芸能界は設定として存在していますが、どちらかと言うと日常的な場面が多いのです。

三池先生は、アイドルに萌えるというより、幼なじみ萌えかと思いました。

じっくりと互いの気持ちと環境を考えながら、恋を進めていくんです。これって長年連れ添ったパートナー感でしょうかね。

じわりじわり距離を互いに詰めて、焦らずセックスして。気持ち良さで、離れられないのではなく、互いの為の心地好さで、離れない。
そもそも離れるとか、そんな選択は無いんでしょうね。

アイドルのキラキラを求めると、物足りないかもしれませんが、日常的幼なじみラブと思えると優しい気持ちになります。

ちょっと、疲れきったや、やさぐれた気分を治めるには効きますね…
まあ、こんな気分じゃなくても優しい気持ちになれる作品でした。

1

ネタバレ含みますので注意!

アイドルものが読みたくなり、パケ買いしました!
まず、声を大しにして伝えなくてはいけないのは、この単行本は前作となるお話がございます。すでに書いていただいてる先輩がいらっしゃいますが、【ためいきデイドリーム】に2人のお話があります。
私は全く知らず読み始めたのですが、???でいっぱいになりました。え、これ2巻買っちゃった?って何回も表紙確認しました。
あまりに話がぶっ飛ぶから、やっぱおかしいって思って、このサイトで前作の存在を知り、即刻電子書籍で読んだ次第です。
そこ、初見さんに厳しくないですかね(-∀-`; ) これからでも読めるっちゃー読めますが、やはり前作ありきでしょう。ちゃんと背表紙に○○の続編です的なの載せてくださいm(。_。)m
で、肝心のお話ですがめ~っちゃくちゃ可愛い内容でしたジャンルはワンコ攻め×意地っ張り受け でしょうか!
人気アイドルならではの多忙で会えないもどかしさとか、一般人であるが故の置いてかれちゃうっていう焦燥感。
とても可愛いタッチの絵ですが、しっっかり描かれていました。骨太なお話の軸に、繊細で可愛い作画!あと、この作者さんは照れ顔を書くスペシャリストかなといえるくらい可愛いデレをくれます。
なのにエロはガッツリ。朝チュンではないのでご安心ください。
そこにたどり着くまでの感情描写や、求める必死さ!必見です攻め受け両者ともしっかり可愛いですよ~

前作前作と前半訴えましたが、ぜひ前半の短編読むことをオススメします。
この作者さんの他の作品も読もうと思います。


0

幼馴染にゾッコンなアイドルくんは可愛かった

【ためいきデイドリーム】(短編集)に収録されていた
『マイ・オンリー・アイドル』の続編。

幼馴染の優斗がアイドルとなり住む世界は変わってしまったけど
今でも秋朋の部屋のベランダから入ってきてはキスをしたりと仲のいい二人。
しかしアイドルとして頑張っている優斗に置いて行かれるような気がして
告白の返事を保留して受験に専念。

無事大学に合格して晴れてラブラブかと思いきや
今度は優斗の熱愛報道や事務所強制の一人暮らしと、
”アイドルと一般人との恋愛”の苦難。。。

秋朋が大好き過ぎる優斗と、
恋愛に苦悩する秋朋が可愛かったです。

4

かっこ可愛さ健在

売れっ子アイドル×一般人の幼馴染で
のちにスキャンダルがスクープされるという展開はあふれていますが
三池さんだと読みたくなってしまうのでズルイです。
優斗が秋朋を大好きでしょうがない事を
誤魔化したりせず素直に伝えてくれるので何も心配せずいられましたし、
秋朋も最初は戸惑いがありつつも受け入れてくれて
自分が知っている幼い頃の優斗とみんなが知っているアイドルの顔でときめいたりして
なんだかもうめちゃくちゃ贅沢だなと思ってしまいました。
多少の嫉妬も自覚する為のエッセンスなので無問題。
忙しくてすれ違う時間はしょうがないとして
お互い体を大事にしてたまにゆっくり休んでほしいなんて
妙に母親目線になってしまいましたww
相変わらず絵柄がかっこよくて可愛くて素敵です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う