初恋をやりなおすにあたって

hatsukoi wo yarinaosu ni atatte

初恋をやりなおすにあたって
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

68

レビュー数
6
得点
82
評価数
21
平均
4 / 5
神率
47.6%
著者
尾上与一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
木下けい子 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784199009631

あらすじ

ワケありななんでも屋の青年×生活能力ゼロの若手棋士の星v 
幼い頃の想いが時を経て成就する恋の頂上決戦!!

食事も摂らず駒を動かし、棋譜を眺めて呟くばかり――。対局前は廃人同然の棋士の世話を請け負った何でも屋の大須賀。そこで再会したのは、若くして七段となった棋士期待の星・灰谷雪。小学校で別れたきりの幼なじみだった!! 詰将棋を教わるほど仲が良かったのに、雪はなぜか無反応で…!? 一期一会の対局に魂を削り名人を目指す、雪の真意とは――13年を経て、もう一度始める切ない初恋!!

表題作初恋をやりなおすにあたって

大須賀敦也、何でも屋、24
灰谷雪、生活能力ゼロの若手棋士、24

その他の収録作品

  • 感想戦~あとがきにかえて

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

読み応えがすごくあった

プロ将士って過酷なんですね。
将士って頭が壮絶に良い人、というイメージしかなかった私だけど、受けの命を削るかのように将棋を指す姿は壮絶で圧倒されました。

「初恋」という言葉から、何となく甘酸っぱいものを想像していたのだけど、思っていたよりも壮絶な覚悟が込められた「初恋」だったなぁ……というのが読後の印象。

初恋の思い出そのものは、小学生時代ということもあり実にたわいのないエピソードなんだけど、初恋の記憶が「受けの心の支え」なんてなまっちょろいものではなく、根幹のようになっていた。

初恋の相手である攻めと再会して、明らかに両思いなのに、きっぱりと縁を断とうとする受け。
何故?やっぱり天才の思考回路は凡人にはわからんわー……と思いながら読み進めていたら、その理由、そして背負っていたものが想像よりも重い。

「ぼくには将棋しかない(比喩ではなく本当に)」という受けの将棋への原動力が、攻めへの気持ちであり、攻めと自分を結びつけているもの。
その気持ち、思いの強さといったら半端なくて、胸アツ。

記憶に残るキャラだなぁって思います。

喘息持ちで体は弱いけれど、根性はバケモノ級で、わりと頑丈な性格。
でもそうじゃないとプロ将士になんてなれないんだなというのが、この本を読んでて良くわかった。
本当に狭き門なんだなというのはNHKのねほりんぱほりん「プロになれなかった元奨励会員」というのを見て、ほぉ〜!なんて思ってたけど、ほんとソレ。

将棋は全く解らない、知らない私でも面白く読めたけど、少しでも知っていたらもっと楽しく読めたんだろうなぁという感はあります。
というのも、ちょい錯乱しかけた受けを心配する攻めに「見てて、敦也くん」「僕はずっと、将棋を指してきたんだ」と言って、(ここカッコよくて痺れた)対局に向かうのだけど、ここの描写が手に汗を握る系なんですね。
将棋はちっともわからない私でも、たった一人で戦に臨む受けの孤高さに痺れるのだけど、「桂馬?銀って何?」な私には、戦いの流れや意味が判らなくて、もどかしい思いがしました…。

どうしてもこの受けに比べると、攻めの印象が薄くなってしまうのは仕方ないかなぁ……。

成就後、いちゃいちゃ同棲生活になるのかなぁ?過酷な勝負師の受け&お気楽生活な攻めというのは何か嫌……と思っていたので、遠距離になるけれどもお互いの道を進むという選択をした最後が良かったです。
「やりなおし」「再生」というキーワードが最後に繋がっていて、とても良かったと思う。



0

将棋界のイロハを知るにはいいかも

設定も現代もののせいか、今までの尾上先生の作風とだいぶ違いました。
時代物に比べると、尾上先生持ち前の「物語の深さ」が薄まっているように思いました。

今フィーバーの将棋界という伝統と格式ある世界に在籍する才能のある若手棋士の知能戦に向けた日々のストイックな鍛錬、ユニークな人柄、将棋に捧げた人生模様などを覗けて面白かったです。

棋士の雪のキャラがたっていてなかなか可愛かったです。攻めの敦也も職人気質で尾上作品らしさもありました。紆余曲折あり、敦也も雪と同じ様に一生を捧げたいものが雪以外にも見つかって良かったです。

ただカップリング萌えは薄かったです。初恋の人を小学生からずっと想っていて、大人になって再会して結ばれて、という設定も現代が舞台ではリアリティに乏しく、ピンと気にくかったです。将棋一筋で敦也に罪の意識もある雪にとってはアリかもしれませんが、心理描写がぼんやりしていて、イマイチハマれなかったです。攻めの敦也もノベルゲームの主人公のようにキャラクター性が薄く、魅力が伝わりにくいし…。一般の人が将棋界の面白さのツボを知るライトな入門書にはいいかもしれませんが、ボーイズラブ小説としては盛り上がりに欠ける所が気になりました。

尾上作品への個人的な期待値が高い事も影響しているかもしれません。
設定や世界観が特殊なものはインパクトが強く、読後感が残りやすいですが、現代日常ものの物語を面白くする事の難しさを感じました。

0

優しさと愛の話

家事全般得意な青年が生活能力ゼロのプロ棋士のお世話をすることから始まる物語、のはずが、物語はもっとずっと前から始まっていて、そこにはいくつもの思いが絡まっていて、登場人物全員の温かくて真っ直ぐな思いに読んでいる間はずっと泣いていた気がします。

華奢で繊細で「雪」という名から連想されるイメージをほとんど裏切らない儚さを持つ受けが、それでも棋士を痛感させる負けん気の強さで決して弱弱しく守られるだけの存在ではないことがすごくよくて、自分の存在を証明するために指す将棋はまさに彼の命そのもののように見えました。
こんなに、命の全部を賭けて「ここにいるよ」と伝えるために将棋を指されたら、一生好きになっちゃうよね......
割と早い段階で受けが攻めの気持ちを受け入れられない理由に察しがつくのが残念ですが、推理ものではありませんし、受けの悲痛な思いにやっぱり泣いたので問題はありません。

幼いころに何気なくもらったものが宝物になって、それをあげた方は忘れてしまっていても、もらった人は永遠に心のよりどころになる。いいよね......こういうの......

大丈夫と強がってしまう受けを「大丈夫じゃないでしょ」とおぶってくれる攻めがいる世界でよかった。

2

後退王子!

面白かった!!!!!初の尾上先生で読めるかなとドキドキしていたし、将棋って全く興味がないんだけど、受けがちょっと変なスイッチもってる人で、めちゃくちゃ面白かったです!時間たってからでも「ああ、あのキャラね」といって覚えていそうなので神よりの萌2です。書き下ろし本編300Pほど+後日談3P+あとがき。

京都の何でも屋で1月から働いている敦也。家事一通りができるというポイントが売りで、昼過ぎに急に依頼が来たのも若手棋士の家にヘルパーという案件。実際訪問してみると一人暮らし開始2週間ほどで、はやくもごみ屋敷の様相を呈してきた家に、意識が地上にない様子の男が一人。敦也は小学校の同級生だと気づいたものの、その棋士(雪・せつ)とは全く会話が成立せず、顔色も悪い。取り急ぎ少し片づけ飯を作ったものの、食べそうな気配もなく・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻め母(故人)、有吉九段(受けの師匠、ほんまええ人)、何でも屋社長+そこの従業員少々、紅屋爽真(6段、受けの幼馴染、この人も面白い)、陽菜(攻めの見合い候補、♀)、攻めの元働いていた所の人ぐらい。爽真がなんか面白そうなキャラだったので、ちょっと気になります。スピンオフって出ないのかな。

**好きだったところ

攻めはおいといて。
受けがすごい!棋士の本当の凄さは分からないのだけど、1%ぐらいはきっとわかったのではと思うぐらい、受けの将棋に対する姿勢の書きっぷりが凄みがあって、ぞくってします。
考え出すと、正座したまま、将棋盤からずりっずりっと下がってしまうらしく、その様子を動画配信しているものだから、受けについた呼び名が「後退王子」!でも負けず嫌い。
実際にそんな棋士さんがおられるかどうか私は知らないのですが、いざその後退が始まるとニ●動でコメントがわらわらと流れていく様子がとてもリアルに思い浮かべられて、めちゃくちゃ楽しかったです。

実際、棋士さんが研究されていることとか、取材されたのでしょうか。本当に棋士さんってすごい!!!と素直に感動しました。

攻めさんはうーん。。。ちょっと人生に悩んじゃってたけど、雪さんのすさまじさに引っ張られて、自分の道を思い出したという方で、そんなに萌えるタイプじゃなかったかな。ま、雪さんが好きなんだからいっか。絵付けに対する情熱をしっかり取り戻してほしいものです。

最後の後日談まで受けのキャラがしっかりあってとても魅力的な一冊でした。

2

プロ棋士は大変そう

幼馴染みが偶然再会するお話。
小学生のころから将棋一筋で、年若くしてプロ棋士になった灰谷雪。
九州から上京して何でも屋で働いている大須賀。
二人は小学生の頃、一時期仲良くしていたが、大須賀の母が事故死したことで、ちゃんと別れを告げないままはなれてしまいます。
ある日大須賀が、ハウスキーパーとして仕事に行った先は灰谷の家で、そこは惨憺たる状態で、、、。

生活のすべてを将棋に捧げてきた灰谷が、13年間、唯一無二の初恋の相手と心の支えにしていた大須賀と再会して、恋が成就するのかなと思いきや、お話は簡単には終わらない。
将棋の対局も、簡単には終わらない。
べったり一緒にいなくても、各々、自分の進むべき道がしっかりあるのできっと二人は大丈夫。

3

雀影

セルフツッコミ
灰谷のイメージって、某将棋漫画のキャラクターが思い起こされたりするような、しないような、
私自身も将棋はよくわからないけど、将棋アニメや原作マンガはずっと見てきているので、そのあたりを踏まえているといいと思うよ。

読み終えた後は、タイトルまで感慨深いものがあります

繊細な心情描写と深いストーリー性で読ませてくれる、初恋再会ものになります。

こちら、序盤の印象ですが、ちょっぴりほろ苦くて甘くて優しい、初恋成就ものでしか無かったんですよね。
萌えるけど、定番だよなぁと。
が、読み進めると、その深いストーリー性に唸らされる事となる。
こう、思いがけない真実に、かなり切ない思いをさせられると言うか。
面倒くさい受けだなぁと思ってたら、彼の背負っていたもののあまりの重さと、その生き方に、心を強く打たれると言うか。
切ない。
めちゃくちゃ切ない。
13年と言う歳月を、彼はどんな想いで生きてきたのかと思うと、胸が潰れそうですよ。

ただその分、ラストでは深く感動なんですけど。

あと、こちら、棋界が舞台となります。
個人的な萌え属性に、棋士と言うのがございまして。
その点でも、大変楽しく読ませていただきました。
迫力満点の対局シーンも、ぜひご注目いただきたい。

内容ですが、元同級生の何でも屋・大須賀×期待の若手棋士・雪による、初恋再会ものです。

何でも屋で社員として一人前になるべく、修行中の大須賀。
生活能力ゼロの若手棋士・灰谷の身の回りの世話を請け負うんですね。
実は小学生の時に友達だったものの、それぞれの事情から別れたきりになってしまった二人。
再会した雪に惹かれてゆく大須賀ですが、何故か彼からは頑なに想いを拒否されてー・・・と言うものです。

まずこちら、小学生時の二人ですが、明るく元気なスポーツ少年と喘息持ちで身体の弱い引っ込み思案の同級生になります。
大須賀が骨折した事から一緒に体育を見学するようになり、そこで親しくなっていった。
その後、シングルマザーである母親が事故で亡くなり、大須賀は転校。
そして、交流が無くなったまま、13年後に何でも屋と若手棋士として再会したー。

雪ですが、こう天才と何とやらは紙一重を地でゆく青年でして。
棋譜の研究を始めると、食事すら忘れて没頭しちゃうんですね。
で、生活能力が皆無。
元々面倒見のよい大須賀が、そんな彼の世話を細々と焼く描写が丁寧に綴られ、なんとも萌えさせてくれるんですね。
いや、こういう関係って大好きでして。

で、元々雪に対して特別な想いを抱いていた大須賀ですが、何と雪も自分をずっと好きだった事が分かる。
そこで想いを伝えて付き合って欲しいと告げますが、何故か雪からは「敦也くんは、ぼくを好きになってはいけない」と、頑なに拒絶されてしまい・・・と言う流れです。

互いに好意を抱きながらも、何故これほどまでに雪は大須賀の想いを拒むのか。
そして、離れていた13年の間に、二人に起こったそれぞれの出来事とはー?
と言うのが、作品のキモになるんじゃないでしょうか。

これ、雪の背負っていたものですが、想像以上に重くてかなり切ないんですよね。
また、彼が鬼気迫るようにして、将棋に打ち込んできた理由。

彼にとって将棋が、大須賀と自分を繋ぐ唯一ものなんですよね。
彼との繋がりを持ち続けたい、そして、彼に語った夢を叶えたい。
後生大事に大須賀との思い出を抱えながら、13年もかけて立ち直った。
彼のこれまでを思うと、もう胸が潰れそうな心地で(TдT)
いや、切なーーー!!

また、大須賀は大須賀で、実は人生の岐路に立ってるんですよね。
二人が再会した事により、それぞれの人生が動き出すと言う結末が、とても素敵で。
ついでに、そんな二人の周囲の人達が、皆とてもあたたかいのです。
人って、周りから支えられて生きてるんだなぁ。
とても優しいお話でもあるんですよね。

ところでこちら、主人公が棋士である事から、将棋にかなりページが割かれています。
迫力ある対局シーンに、棋士のリアルな世界と、とても読み応えがあるんじゃないでしょうか。
また、将棋に恋愛が絡めてあるのも面白くて。
雪は受け将棋なんですよね。(そういう戦型の事)
それに例えて、「闇雲に手を伸ばしても翻弄されるばかりで、彼の王(ハート)には届かない」的に大須賀が考えたりするのが楽しいなぁと。

と、とにかく読み応えがあって面白い作品でした。
読み終えた今は、タイトルまで感慨深いものがあります。

14

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ