雪降る王妃と春のめざめ 花降る王子の婚礼2

yukihuru ouhi to hau no mezame

雪降る王妃と春のめざめ 花降る王子の婚礼2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神102
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

198

レビュー数
15
得点
578
評価数
127
平均
4.6 / 5
神率
80.3%
著者
尾上与一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010255

あらすじ

帝国皇帝となるグシオンを助けるため、大魔法使いになりたい──。それなのに魔力が不安定で悩んでいたリディル。そんな折、帝国ガルイエトが大軍勢で攻め込んできた!! 戦場のグシオンは瀕死の重傷、リディルも落馬して記憶喪失になってしまう。不安定だった魔力も、ほとんど失ってしまった…。リディルはグシオンを助けたい一心で、大魔法使いと名高い姉皇妃のいる雪国アイデースを目指し!?

表題作雪降る王妃と春のめざめ 花降る王子の婚礼2

グシオン・ラビ・ゾハール・アレゴエイダス,武強国イル・ジャーナ国王
リディル・ウニ・ソフ・スヴァーティ,エウェストルムの王子でグシオンの妃

レビュー投稿数15

花が舞う

「花降る王子の婚礼」の続き。
神レビューばかりですね…すみません。
※ネタバレ注意※
前巻は読みやすいものの設定など好みではなく萌評価。長いお話になって、登場人物の掘り下げが深くなることを期待しました。早々に記憶喪失ネタか〜〜手垢がつきまくってるんだよな〜とやや落胆したものの、結果前巻より好き!スケールの大きい話が好きなので、特にロシェ兄登場以降の壮大さが良かった。リディルが身体を失いそうになる描写は"花降る"設定の勝利です。読みながら情景が思い浮かぶタイプの読者はそれぞれに花を舞わせたことでしょう。期待した登場人物への愛着はあまり深まらなかったものの、今回もするするっと詰まることなく飽きることなく読めました。
グシオンがリディルの拷問についての無垢っぷりというか無知っぷりに苛立ってたとこ言及されてたの好きです。リディルはこの世の汚い部分をもっと知るといいけど、そうはならないだろう。

0

末永くお幸せに。

待望のシリーズ続編。

王道と思われる王妃略奪シーンや記憶喪失ネタを尾上先生が書くとこうなるのか!という面白さがあった。

リディル王妃の魅力とグシオン王の包容力に今回も悶えました。

毎回思うのだけど、尾上与一作品はカップリングが絶妙すぎて他の誰かでは考えられない唯一無二の存在なことがとても理想的。
読むたびに幸せを分けて頂いている感じがするのだけど、この王と王妃は特に心が温かく満たされます。

切なくて、愛おしいお話。
どのカップルも末永くお幸せに。
まだまだシリーズとして続いて欲しいですね。







0

前作に負けない危機と興奮!

前の話が緊張感と興奮目いっぱいだったので、今回はどうなるのかと思っていたら、さすが!尾上先生!息つく余裕すらありません!

帯の通り、記憶喪失に陥っても、グシオン王への思いがどこかにあって。何とかしようと必死になる姿が切ない。
そしてグシオン王はじめ、出てくるキャラ(フクロウ含む)みんな命がけ過ぎて!普通死ぬでしょーーー!
グシオンの、まず王として生きるが、何よりもリディルの身の降り方を一番に考えるのが・・・ね(号泣)愛よね・・・

で、今回、ロシュ兄さまとステラ兄さまがね、とても良い。スピンオフ読みたい!特に、小冊子読んだら、ロシュ兄さまとイスハン帝の話がみんな読みたいはず!お願いします。

そして緊張の中で、思わず吹いてしまった、デルケム叔父上・・・

1

健気

ハピエンの前作からのドラマチックで波瀾万丈な今回。
ネタバレ無しで感想を…というと非常に難しいけど、兎に角リディルもグシオンもそれぞれ厳しく困難な状況の中でお互いを思い労り合う部分は揺るぎない。カルカとイドも共に主人を支え思う姿も胸打つ。
大魔法使いとは?という部分、今回の物語の大事なリディルの二人の兄も登場し読み応えたっぷり。
続編を是非!

1

あぁぁ!好きだぁ!

リディルの健気さ、愛らしさ
グシオンの真摯な愛情ときゅんきゅん
させていただいた作品の続編!

あらすじで「記憶喪失モノ」とあり
若干苦手意識もあったけど
それを吹き飛ばす面白さでした

ファンタジー要素強めだけど
この二人にはとってもしっくりくるし
リディルのお花は作品にはもう
なくてはならない要素ですね

作中記憶がないなかでも
グシオンを思いお兄様(お姉様?)の
ところへ旅立つ場面などは
要所要所健気さが切なくなります。
頑張れー!って応援しながら読みました。

アイデースで音信不通のお兄様に
ようやく会えたとき
「私の愛も少しあげる」と言われたらシーン
もぅロシェとイスハンの愛も深くて
じーーんときちゃいました…

うまく文が綴れませんが
とにかくすごく素敵な作品でした!
ぜひぜひ続編が読みたいです



2

今作も幻想的なBLファンタジー :補記あり

著者の静かな丁寧な文体は、ドロドロしていないので好き。
BL要素を気にしなければ、読み物としても高く評価される作品だと思います。
そして、著者の作品にYOCOさんの挿絵の雰囲気がマッチ。綺麗で丁寧なレトロ調の表紙と挿絵です。
いつも感心するのですが、YOCOさんの表紙は、その本の内容のダイジェスト。表紙絵にすべてが示されてます。

1巻の表紙は、二人の視線が合ってない。
2巻目の今作は、二人が向き合い抱擁しようとしている。

帝国皇帝となるグシオンを助けるため、大魔法使いになりたいリディル。
冒頭は、一巻に出ていた、リディルの体内に母が隠した翠の宝石。この石が、この話の鍵になってます。

敵国の襲撃の狙いは「魔法使いの拉致」だった。
リディルは怪我を負ったグシオンを助けたい一心で、大魔法使いの姉皇妃(兄)のいる雪国アイデースへ行く。
ここから、「アヴァロンの東」のような苦難の旅が始まります。
この世にリディルをつなぎとめたのは、グシオンからの言付け。

ぜひ多くの人に読んでもらいたい・・相愛の二人に癒されますよ。

--------
★著者twの「ネタバレネタツイート」 https://bit.ly/3uFTVLj は、23以上、今も追加中。
  (感想:重い、痛い作風の尾上先生、その素はかなり軽くて明るい人みたい)

★オンラインおまけSS「王の鳥」 4/29 https://bit.ly/3wMXJvO フォロワー限定公開

★重版記念お礼SS 6/6 https://bit.ly/3gsfCtB 「皇妃と皇子とかくれんぼ」 一般公開

★2020/7/28「花降る王子の婚礼1」のSS。「花降る元王子と国王」キャラ文庫版。一般公開。BOOTH「atelier-freezia」https://ogami41.net/?p=2070

★★重版twにあった気になるやつ、「#青南サロン #重版目薬150万円」って、尾上先生 大丈夫??

9

圧倒的な文章力を感じるファンタジーです


尾上与一先生の小説は1945シリーズから入り、あまりファンタジーに触れていなかったのでどうなのかな?と思っていたのですが前作花降る王子の婚礼読んで素晴らしく感動し、続きのこちらも購入しました。
続きということでかなり期待をして読みましたが期待以上の面白さでした!!!

あらすじで王妃リディルが記憶喪失になるというのを事前に知った上で読み始め、記憶喪失物であまり好きではない「恋人にきつくあたってしまう」「その他の人と恋に落ちる」というのが地雷で心配していたのですが全くそんなことはなく記憶を失ってもなお王を慕うリディルの健気さに胸が痛かったです。

圧倒的な力の敵国に攻め込まれる中、記憶を失ってもなおグシオンや国を救うために故に危険の中一人城を飛び出して兄の元へ向かうリディルの姿に道中どうなってしまうのかとハラハラして読み進めました。
道すがら出会った女性が大魔法使いでその人のおかげで魔法円の修復が叶うというのも良かったですし、辛い目に遭い続けていたので優しい大魔法使いガレラントとの出会いは本当によかったね...という気持ちになりました...
それに、魔法円のことで手紙を出し続けていた音信不通の兄ロシェレディアとの再会のシーンも素晴らしかったです。
見たこともない氷に包まれた城が目に浮かぶようで、尾上与一先生の文章力は凄まじいなと感じます。
グシオンやリディルにも負けないくらいイスハンとロシェレディアも愛し合っていて「また満月の夜に」と言って別れるシーンが本当にすばらしい......!!!!!!!!
二人の話も一冊分読みたいです.....!!!!!

yoco先生のイラストも美しく、話の展開もストレスがなく最後には良い話だったとじんわり胸が温まるような、指先から小さい花が生まれるような温かさに包まれるお話でした。



9

いやー最高だ!

あらすじにある通り、リディルが記憶喪失になってしまうのだけど、これは超〜良い記憶喪失でした。
愛する人の記憶を喪ってしまった側の苦しみというのが、これでもかと伝わってきた。

そして相変わらずのグシオンの愛の深さときたら!!
一切の揺るぎがないんですよね。

リディルのお兄様カプも登場するのだけど、この二人も魅力的。
豪快磊落さが伺える炎帝イスハンも魅力的なキャラだし、雪の女王みたいなロシェレディアも素敵。
この二人のお話も読みたい!!

リディルの指輪にロシェレディアが「私の愛も少しあげる。私が人を愛した記憶だ」というシーン。

ここが泣けて仕方ありませんでした。
ロシェレディアもイスハンから、そりゃあもう愛されたと思うんですよね。
でも「愛された記憶」じゃなくて「愛した記憶」なんだなぁって。
愛されることよりも、愛することが大事なんだなって。


前巻のレビューで
「「愛」なんですよ。
ただひたすらに愛。」
と書いた私。
この続刊は、それをさらに上回る愛の絆と深さを見せつけてくれました。
愛に限度はないというんでしょうかね。
もううまい言葉がでないです。

とりあえず、最高!!!!
と叫んでおきます。





10

シリーズ化してください

花降る王子の婚礼の続編
前作も面白かったけれど今作も安定の面白さだった
話によっては続編が出て蛇足だなと感じる時もあるが今作は全くその感じはなく
新たな要素が加えられることでより一層魅力的になりシリーズ化して欲しいと願う作品になったと思う

今作は帯で記憶喪失が窺われたからヒヤヒヤしながら読み進めたが
リディルが記憶をうしなっても心の中に残るグシオンへの愛を感じていてすごく安堵した
(もちろん記憶を失ったことに対してはかわいそうで切なかったけれども)
他の記憶喪失ネタの話のような
ある意味裏切られるような喪失感を感じることがなく
ただただ2人の愛を信じて読み進めることができ
リディルの旅の行方をひたすら感じることに集中できたのは良かったと思う

前作もそうだったがこの2人は近くにいたら互いが愛しくてたまらなくて
魔法の送り方さながらに
離れて相手のために懸命に頑張る姿がとても良い

そしてなんといっても今回の一番の収穫は兄上夫夫
火を使う赤毛の燃え立つような帝王と
青い上の雪の女王さながらの大魔法使い
組み合わせがまず美しくてしかも2人のキャラクターが非常に良い

コミコミ小冊子付で購入した事がほんとに良かったと心から思う

スピンオフでこの2人の夫婦をぜひ書いて欲しいし

繭の中のいる次兄のお話もぜひ読みたいと思っているのは私だけでは無いはずだ

と言うわけでシリーズ化希望!

11

今回も圧巻でした!

花降る〜の続刊。前作も大興奮して読みましたが、それ以上にハラハラドキドキさせられました。さすが尾上先生と五体投地したくなりました。すごかった。
筆致にますます磨きがかかっているというか、神がかっているというか…冒頭の翠玉の表現からすでにうっとりさせられてたった数ページで一気にこの世界の美しさに引き込まれました。力のある作家さんは細かなところにも手を抜かないと改めて実感。

グシオン王とリディルの蜜月の甘さから、あらすじにある通り記憶喪失になる展開、リディルの長兄の登場などいたるところに読み応えがあります。
今作はグシオンの愛情深さ、リディルの勇気にずっと胸を打たれっぱなしでした。そして、リディルの兄と嫁ぎ先の王の切なすぎる関係もたまらなくいいんです。お兄さんのスピンオフを切望するくらい萌えました。
yoko先生の挿絵もピッタリとマッチしていて文句なしの神です。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う