ルドヴィカの騎士 ~奇跡の泉・銀~

Ludovica no kishi

ルドヴィカの騎士 ~奇跡の泉・銀~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×210
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

50

レビュー数
7
得点
179
評価数
45
平均
4.1 / 5
神率
60%
著者
尾上与一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
央川みはら 
媒体
BL小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773089752

あらすじ

尾上与一先生新シリーズ、奇跡の泉シリーズ始動――! 2冊同時発売。

おかえり、わたしの騎士

「この方を、わたしの騎士にしてください! 」
《聖ルドヴィカの泉の奇跡》を起こすハイメロート家。
その嫡男で司祭候補のマティアスは、鍛冶屋の息子のレーヴェに命を助けられ、
彼を自分の騎士にと願う。レーヴェもまた、純真無垢なマティアスを唯一の主と敬愛し、
将来司祭となる彼に仕えるために騎士を目指すことに。
しかしある日、瑞霊からマティアスを庇い、レーヴェが倒れてしまって…!?
泉を舞台に繰り広げられる二人の奇跡のクロニクル。シリーズ第二弾!

表題作ルドヴィカの騎士 ~奇跡の泉・銀~

レオンハルト、鍛治屋息子で騎士
マティアス、名家の嫡男で司祭候補

その他の収録作品

  • 花冠

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

二人は比翼の鳥

体は弱いけれど類まれなる司祭の才能に恵まれたマティアス。
マティアスとの運命的な出会いにより、たくましく実直な騎士となったレーヴェ。
二人が教会の禁忌と魔女の策略を乗り越え結ばれ、やがて世界を救っていく壮大でロマンティックな物語。
リアル感のあるBLが好きで、これまでファンタジーはほとんど読まなかったのですが、本作品にはすごく入り込みました。熱く伝わってくるものがあるのです。

一番心に響いたことは、レーヴェとマティアスの愛が二人の間だけにとどまらず、マティアスを通じて、あふれるように周りに広がっていくことです。二人の愛は彼等の世界を照らす光のようです。
マティアスは司祭として、レーヴェは騎士として。互いを愛することで、より強く、気高く、誠実にその道を極めていくことができる。二人でひとり。並んで歩む二人は、まさに“比翼の鳥”ではないかと思うのです。結ばれることでより高く遠くまで飛んでいける二人がとても眩しく、憧れてやみません。
表紙でレーヴェに寄り添うマティアスの手にとまる鳥は、“比翼の鳥”の二人を象徴しているように思えてきます(考えすぎでしょうか)。

互いの使命を何より大切にする二人のストイックさもたまらなく好きです。
神に許されたものだと確信を得て、初めて二人が交わるときのあふれる喜びと熱量は、二人が堪えてきた分大きいように感じました。誓いの清らかなエロスが素敵です。

愛し合う者同士が身体で愛を確かめ合うことを神が禁じるのはおかしいではないか、と真実を探し続けるマティアスの姿にも心を打たれます。体は弱いですが、信念の人なのですね。答えを得られるのは、マティアスのように深く求め続ける者だけなのでしょう。生きる大小の悩みも同じなのかもしれないと、ふと思いました。困難に思えることも、諦めずに探し続けたらいつか答えが見つかるのかもしれないと、勇気をもらった気がします。


レーヴェとマティアスが“比翼の鳥”ならば、一度は死に分かたれてもなお寄り添い続けるイグナーツとヨシュカは“連理の枝”を連想させます。もしや尾上さんはこの漢詩をもとに二組の愛を考えられたのでは…。お聞きしてみたいです。
同じ時間軸で二つの物語が描かれることで、登場人物の一人一人に物語があるのだと気づかされます。リアル世界でも同じですね。当たり前のことなのですが、つい忘れてしまいます。

奇跡の泉をめぐる物語、次回作もとても楽しみです。

3

奇跡っ(ハート)な一冊

帯にある「おかえり、わたしの騎士」
この言葉にキュンっときたら読んで下さい!

作者さん曰く執筆順の「アヴァロンの東」から読む方がいいですが、私の読後感としては、もしも苦手描写や不安要素を感じてる方はこちらの「ルドヴィカの騎士」から読むと入りやすいかもです。
同じ出来事をそれぞれの視点で語っているのですが、こちらの方がマイルドなので。
ただ、金銀は対になってるので、どちらも読むことで両視点で楽しめ、補完もできます。

そして今作はぎゅうぎゅう二段組です!
それでも足らずおかわり希望してしまうくらいに、もうもう、最高です。
マティアス様にやられました。
最高・最強のキャラクターです。
文句なく今年一番の萌キャラです!!
このキャラが凄い!があったら殿堂入りです。
マティアス様の一挙手一投足から目が離せません!
釘付けです!
初心というか染み一つないまっさらでピュアなエピソードが散りばめられ、萌の極致です。
神が創りたもうた奇跡のような人物です。
天使っ♪
ぜひ味わって、沢山の人に萌え転がって欲しいです~。

そしてそして、央川みはら先生のイラストも最高です。
特に口絵カラーイラストが私は大好きなので、このイラストにピンときた人は読んで大正解です!
(更にカバー下の装丁もとても素敵なのです。こういう細かいお仕事にこの作品がいかに素晴らしいかも顕れてるかと)

金銀読んだ後は同人誌、「Hymne ヒュムネ」をぜひ!
まさに賛歌な一冊です。
余力ある方はできれば、amazon、コミコミ、ホーリンの特典SSの網羅お薦めします。
そして、この作品で尾上先生を知った方は、夏に向けて1945シリーズやその他作品に手を出して沼ること請け合いです!

4

献身と高潔

表紙の雰囲気とあらすじから、こちらの方が好みかなと思い購入しました。
どんぴしゃに好みだったんですが、それだけでなくとても楽しく読み進めることができ、最後まで一気にページをめくりました。
ファンタジー+中世風なところがたまりません。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

攻めのレオンハルトはとても真面目で、その心意気はまさに献身。身分なんて瑣末な事だと感じさせてくれます。とても良い男。そしてどこまでもマティアス第一な人です。

受けのマティアスは綺麗で潔白。悪いところがなく心が綺麗で無垢。無垢すぎて幼いかと思えばとてもたくましく、高潔さが伺えます。

二人とも物語を通して成長していて、恋の話でありつつ成長物語だとも思います。
愛し合うために必死に考えるマティアスと、彼が答えを見つけるまでひたすらに支え続けるレオンハルト。素敵な主従BLでした。

あと、ほんとうに挿絵が美麗で...物語の雰囲気にぴったりで、美しいです。挿絵だけでも何度も眺めたくなります。

4

愛は遍く

『道』を追い求める人のお話が好きです。
勿論、BL読みな訳ですから、LOVEを読みたいんです。
だから、自分に課せられた使命とLOVEがどう絡んでくるのかが、ガッツリ書かれている話が好きなんです。
おまけに私は、LOVEを理由にして『道』を捨てて欲しくないんですよね。
その間で悩み苦しんでいただいたりすると「あああああ、萌えーっ」となってしまうのです。
まさしくそういう私の好みのど真ん中を射るような物語でした。

イグナーツとヨシュカが主人公だった『アヴァロンの東』のストーリーを、レーヴェ(レオンハルト)とマティアス側から書いています。
ただ、此方のお話、シェーンハイト国が兄弟に別れて戦争を始める前、レーヴェとマティアスの結びつきが作られるまでの部分が主なんです。

マティアスはこの国の信仰の源とも言うべき『奇跡の泉』を守る家の長子であり『奇跡持ち』として生まれています。一方、レーヴェは鍛冶屋の息子。幼くして優秀なマティアスが巡回祈祷に来た村で、レーヴェが彼の命を救うという運命的な出会いをし、司祭付きの騎士と「将来は司教になるであろう」と言われる司祭という関係になります。

で、このマティアスなんですけれど、生まれながらに「天使か!」と言われるような人なんですよ。
自分の身を顧みず、誰であろうと同じ様に愛そうとしますし、実際、そんな風に愛せるんです。
レーヴェの方は、そんなマティアスに性的な欲望も抱いているのですけれど、彼を汚すようなことは絶対にしないという強い意志を持って側にいるものですから「フィジカル方面のLOVEにどうやって持ち込むんだろう?謀で媚薬とか?」なんていうゲスい想像をしていたんですけれども。

実際、それに近いシーンもあるんですけれども、でも、それは2人の苦悩を深めるだけのものでした。
マティアスは神に背かず禁忌を犯さないままでレーヴェを愛したいと望みます。
自分の想いが汚らしいものではないと考えるからなんですよ。

それが結実する場面の素晴らしいこと!
140p~145Pなんですけれどもね。
『誰かを一途に想う経験をしたからこそ、この世の全てを更に強く愛することが出来る』ということにマティアスが気づくシーンですよ。
こういうのを天啓って言うんでしょうね。
読んでいて、本当に光が注した様に感じました。

『アヴァロンの東』のお話のキモになっていた『和平の失敗の原因』についての解決も綴られています。
魔女の呪いだったのね。
その魔女との戦いの終結方法についても感心したんですよ。
キーワードは『遍く』でした。
愛も光も、それ以外の貴重なものも、遍く降り注ぐという粋なお話の作り。
大変満足いたしました。

6

主従の純愛と、王国を救う物語

世界観が素晴らしいファンタジーです。読後の満足感、幸せ感に、まだドキドキしています。王国ファンタジーや、騎士の出るファンタジーが好きな方、主従萌えな方に是非とも読んでいただきたいです!


二冊同時発売の、シリーズ二冊目です。私は、今作のみ購入しました(1作目の表紙が不穏すぎて勇気がでなかった)。今作のみでも世界観に入り込めましたし、充分楽しめます。が、やっぱりもう一作も気になってしまうので、二作とも購入することをお勧めします。


「聖ルドヴィカの泉」で奇跡を起こせる存在として誰よりも高い身分とされる協会の司祭。時期司祭候補とされるマティアスと、幼い頃に彼を助けたことをキッカケに鍛冶屋の息子からマティアス専属の騎士になるレーヴェの、主従愛と、彼らの奇跡の物語です。
マティアス様が、家族や協会の中で大事に育てられ、レーヴェからは真綿で包み込むような愛情を向けられ、そんな中で違和感のないほど優しくて愛情深い、尊い存在なのです。父からは、身体と魂が繋がってないのかと心配されるほど。
そんなマティアス様の信頼を一身に受け、騎士として成長し、またマティアス様の世話を焼く騎士、レーヴェ。生真面目で誠実、マティアス様を敬愛します。マティアス様を穢してはならないと欲情する自分を戒めます。

2人の互いを想う気持ちの大きさや、性についてまっさらなマティアス様とそこに苦悩するレーヴェや、主従だからこその信頼や悩みに非常に萌えました。恋愛要素としては微笑ましく、応援したくなるような純愛です。そして、どんな危機が訪れようとも2人は共にいて、危機の中でも不思議な安心感があります。表紙の通り、美しいほどの光に満ちた物語です。

恋愛だけではない、奇跡を起こす泉を取り巻く王国を護る2人の物語に、きっと満足感と、幸せな気分に浸らせてくれると思います。

8

お互いに慈しみあう彼らに萌え。

『アヴァロンの東 ~奇跡の泉・金~』と同時発売になった今作品。『アヴァロンの東』の受けさん・ヨシュカの兄であり、次期司祭となるべく教育を受けているマティアスのお話です。

『アヴァロンの騎士』と同シリーズながら、表紙のイメージがガラッと異なります。『アヴァロンの東』が闇なら、『ルドヴィカの騎士』は光、っていう感じ。

読後の感想も、その表紙のイメージを損なうことのない、そんな作品でした。




主人公は「聖ルドヴィカの泉の奇跡」を守ることのできるハイメロード家の長男であり、次期司祭でもあるマティアス。

彼は子どもの時に盗賊に襲われたところを鍛冶屋の息子のレーヴェに救われ、自分の騎士になってほしいと懇願する。そして、レーヴェもマティアスを守れるよう奮闘するが、身分が違い過ぎるがゆえに彼らに横やりが入ることも。

が、二人のきずなは強く、唯一無二の存在へとなっていくが…。


『アヴァロンの東』を読んだ時に感じたマティアスは、冷静沈着でもっと大人な男性だと思っていたのですが、

めっちゃおぼこいです…!

「神の教え」が、性的な接触を良しとしていないためか、性的にまっさらさん。
そして人からの好意を無下に出来なかったり、次期司祭として教育を受けていることもあって純粋無垢な男性なんですね。

完璧な箱入り息子です。

そんな優しく可愛らしいマティアスに、どんどん惹かれていくレーヴェの気持ちに激しく共感してしまう。庇護欲を、酷くそそられる男性なんです。

そしてレーヴェも。
マティアスを守りたい。
マティアスに相応しい男になりたい。
そんな想いから、辛いことがあっても頑張れる素敵な男性でした。

『アヴァロンの東』と時系列が被っていることもあって、イグナーツ×ヨシュカの2人も登場しています。ヨシュカが亡くなるシーンにはやっぱり胸をえぐられるような痛みを感じましたが、それでも、あの時はこういうことがあったのね、という補足も兼ね備えていて、2冊同時発売という強みが存分に生かされていたように思います。

そして『アヴァロンの東』でも登場した「魔女」の存在。
作中でも大きな存在感を放ち、彼女の存在がこの作品のキモとなる人物ですが、裏表紙にもしっかり後姿が描かれてるんですよね。

『1945シリーズ』のように、シリーズ化されるのかなと期待しているのですが、「魔女」の過去の話も読んでみたい。彼女もまた、切ない恋に破れたのでは、という記述が『アヴァロンの東』で出ていたので、非常に気になります。

『アヴァロンの東』は終始シリアスに振り切った作品でしたが、『ルドヴィカの騎士』は優しく温かいお話でした。完全に好みの問題ですが、個人的には『アヴァロンの東』のほうがツボりました。

が、同じバックボーン、同じ時系列でありながら陽と陰を描き切った尾上さんに完敗。ぜひ、2冊揃えて読んでほしいと思います。

コミコミスタジオさんで2冊同時購入すると、特典書き下ろし小冊子がいただけます。

その後の彼らをコミカルに描いた内容で、気持ちがほっこりしました。
これから買われる方には、ぜひともこの小冊子を手に入れてほしいなと思う、優しいストーリーでした。

8

こっちは超甘酸っぱい(* ´ ▽ ` *)

「奇跡の泉」シリーズ2作目です。
「アヴァロンの東」の主人公がヨシュカ。
そのヨシュカの兄・マティアスが今作での主役になります。

で、こちら、とにかく切なかった「アヴァロン~」と比べ、ほのぼの甘々風味が強いのです。
「アヴァロン~」ではボロボロ泣き、こちらでは甘くて可愛いと萌え転がる感じですかね。
2冊同時発売なので、ぜひ一緒のご購入をおすすめします。
いや、「アヴァロン~」が切なすぎるので。
これくらい甘くて可愛い作品を準備しといた方が、精神衛生上いいんじゃないかと思ったりするんですけど。

内容ですが、鍛冶屋の息子で騎士・レーヴェ×ハイメロート家嫡男で司祭候補・マティアスによる、「奇跡の泉」シリーズ2作目でほのぼの甘々な両片想いものになります。
乱世を望む魔女との戦い等、ハラハラドキドキの冒険要素もあります。

少年らしい冒険心から、騎士を夢見る鍛冶屋の息子・レーヴェ。
彼が協会巡行でやってきた、ハイメロート家の嫡男で司祭候補のマティアスと出会った所からお話はスタート。
マティアスを一目見て、彼に特別なものを感じるレーヴェ。
彼が盗賊に襲われたマティアスを助けた事により、特別に騎士としての修行を許され、マティアスの騎士となるべく修行に励む様。
並行して、二人のジレったい恋愛が語られます。

こちらですね、実は「アヴァロン~」と同じ出来事が、マティアス達視点で語られるんですね。
で、主役が違えば、こんなにテイストが変わってくるの?とビックリしちゃう感じでしょうか。

まだ幼い、二人の出会いー。
時系列順に丁寧に、二人の出会いからジレったいスレ違い、そして気持ちが通じあい結ばれるまで。
「アヴァロン~」と同じ時間軸になるので、当然王家の分裂や戦等、辛い出来事も続くのです。
が、マティアスの騎士としてレーヴェは常に付き従いと、切ないスレ違いは無し!
基本的にマティアスは皆から大切に扱われて大事にされてるので、痛い展開も無し!!
しつこいですが、「アヴァロン~」が切なすぎたんですよ。
そのせいか、もうこの二人の初々しくて甘酸っぱい恋愛が楽しくて仕方ないんですよね。

なにせマティアスは、幼い頃から協会で大切に大切に育てられと、超箱入りです。
超世間知らずです。
その為、姓の知識に関しても皆無なんですね。

で、赤ちゃんが出来る仕組みなんかも当然知らず、心が通じ合ってる二人が一緒に願えば、赤ちゃんがやってくると思っていたりする。
そんなマティアスの無邪気な疑問に、どう答えればいいか頭を悩ますレーヴェ。
また彼は、騎士と言えど、健全な若者です。
元々身体が弱く、華奢で寝起きなんかも悪いマティアス。
彼の無防備な姿に劣情を刺激され、懊悩してるレーヴェが気の毒ながら萌えるんですよ。
いや甘酸っぱい!
めちゃくちゃ甘酸っぱいよ!!
こんな二人の初々しい恋愛が丁寧に綴られ、ひたすらニヤニヤしちゃう感じでしょうか。


そんな中、王家の分裂により、起こる戦争。
王弟側についたハイメロート家は、追われる立場となります。
更に和平失敗の陰にあった、魔女の暗躍。
そして国の荒廃を企む邪悪な魔女との対決と綴られます。

こちら、ハラハラドキドキと手に汗握らせてくれますか、基本的には二人は常に一緒。
なので、冒険譚として純粋に楽しめる感じでしょうか。
マティアスの機転のきいた作戦に、ニヤリとさせて貰えたりして。

と、生真面目で実直な騎士と、ちょい天然ながら純粋な司祭との、ひたすら甘酸っぱい物語。
マティアス視点から見た「アヴァロン~」の二人の姿もとても感慨深かったです。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ