お兄ちゃんさえいればそれでよかった。

方舟はもう来ない

hakobune wa mou konai

方舟はもう来ない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
あいだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
Re° 
媒体
小説
出版社
エルスール
レーベル
Elsur Novel
発売日
価格
ISBN

あらすじ

タキは光の差さない地下の部屋で暮らしている。
部屋にやってくるのは、暴力をふるう「父」と、対照的に優しい「兄」のカイだけ。
もう地上は戦争で滅びてしまい、ここからは出れないらしい。
カイの語ることが、タキにとってはすべてだった。
だが、ある日カイはタキに「すべてを忘れて逃げろ」と言い――タキの世界は裏返る。

数年後、救出され普通の暮らしに戻ったタキは、兄と名乗っていたカイを復讐のため全力で探し出そうとする。
カイはなぜ、「地上は滅びた」などという嘘をついたのか――シリアス復讐BL

表題作方舟はもう来ない

何も知らず閉じ込められた男の子タキ18歳
加害者の孤独な息子カイ21歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ