つけて…たくさん…お前のだって しるし

噛み痕から、初恋

kamiato kara hatsukoi

噛み痕から、初恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×218
  • 萌26
  • 中立10
  • しゅみじゃない17

--

レビュー数
18
得点
280
評価数
95
平均
3.2 / 5
神率
25.3%
著者
Arinco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799744291

あらすじ

過去にレイプされ、顔も知らないαに首を噛まれて番になってしまったΩ・李加(りか)。
そのせいで恋人さえ作れないのに、発情期には疼く体…。
李加はそんなΩの体質を呪いながら、必死にαのフリをすることで何とか平穏な大学生活を送っていた。
しかしある日、予期せぬ発情で襲われそうになった李加の前に転入生のα・和葉(かずは)が現れた。
どこか身に覚えのある香りを纏う彼は‟自分が李加の番だ"と告白してきて――!?
大量描き下ろし16pは恋人同士のパフュームエッチ

表題作噛み痕から、初恋

椎奈和葉、李加の番、大学生
兎月李加、Ωであることを隠して生活している大学生

その他の収録作品

  • オメガバースの世界
  • きみを見つけるまで
  • 「噛み痕から、初恋」相関図(カバー下)
  • あとがき・四コマ漫画(カバー下)

レビュー投稿数18

ストーリーが、意味わからない

オメガバース大好きで、色々読んでますが・・・
これ、ストーリーがめちゃくちゃだぁ〜

襲った理由はわかったけど、レイプした人と相思相愛にするなら、レイプした側をもっと深くつっこんだ話の内容入れてほしかった・・・

読んでて、全く意味がわかりませんでした。

レイプした人と再会して〜こんなにあっさりくっ付くとか、主人公が噛まれてからの人生本当に辛かった?と、疑問でした。

ならば、本当の運命の相手も会いに来てるので、そっちとくっ付いて欲しかった。

1

レイプした側がいい奴だった話

スピンオフの2巻も出たので
読んでみましたが色々辻褄が合わないような感じで
微妙オメガバースでした。
なんか?な事が多かったかなと。
めちゃαΩで本意じゃなく番っちゃった話なのに
最後はαΩ関係なく好きだとなっていて
いやほんとにそうなの?
友達でもないΩに執着してた君は紛れもなく
αの所有欲とか番に固執してんじゃないの?てな疑問がわんさかと、、
まずわからないのは番持ちなのに発情期が安定しなくてなのにαに擬態してる設定がもう難しいですよね。
顔もわからないαに他のΩの策略でレイプされて
番にされた。なかなかハードなはじまりで興味を惹き
ましたが策略したΩも改心?したみたいにしたり
友人α大学生3人組もΩはΩとして
養いたい守りたいと話してたのに
最後は性別関係ないと言い張ってたりなんだか
とってつけたみたいで説得力がなく?でした。

3

悲運を乗り越えるから強く結ばれるのね

目と目の下のホクロにひかれちゃったんですよ
タイトルと帯みりゃとわかるのにね


αはαってだけで道が開け Ωは運命すら選べない
そんな定めを隠すように生きる

いやまぁ 今まで読んだオメガバで1番気毒な子かも

強姦されて 顔もわからない番がいて
しかも その強姦を指示したのが 自分の運命に想いをよせるΩって

もう犯罪じゃんこんなの

しかも何年たったのよ?
今更 詫びてなんとかなるものでも 挙句は番がいても構わないとか


なのに このお話結構すきって思っちゃった自分の性癖w


どんなに蔑まされ 嬲りものにされても悪いのはいつもΩ αはいつだって被害者

あ~いい この屈辱的な扱い
病めば病んだだけ 堕ちれば堕ちただけ 萌えてしまう悪いクセが

この酷い扱いの中 惨めな自分の性に翻弄されながら 支えられ切り開く未来
そこにある本当の気持ち


ん~ 悪くないッ!
悪くないんだが なんでこの子が襲う側で選ばれたのかがわからん

強姦を指示したヤツとの繋がりが一切描かれてないのが 同じ学校だったってだけじゃ納得できないかな

いい子すぎるのよ ヤっちまった事に逆に傷ついて
くっつくところの強引さより 勿体ないのはそこだったな……

1

かわいいです

BLは可愛いです。それは大前提としてこちらの漫画も可愛いです。
さらっと読めます。

少し腑に落ちなかったのは、表紙と中の絵がやや違う、、?と感じたのと、主人公の名前がリカであること(これは私が勝手にリカちゃん人形を思い出してしまったからですが、、)、オメガバースの設定があまりわからなかったこと(噛み痕もついてるのに、リカちゃんの友人などにフェロモンが有効だった)です。
作品によってオメガバースのフェロモンうんぬんの設定は異なるのかな、、?

1

めちゃくちゃ顔が良い‥!

作者さまによって様々なストーリーがあるオメガバースですが
Arinko先生の作品はオメガバース好きのわたしを刺激してくるようなお話でした。
王道な部分も交えつつ、斬新さもありつつ‥面白かったです。

顔も知らないαに噛まれ番となったが会うこともなくこれまで過ごし、弱者とされるΩがαばかりの大学に進学し‥
李加はめちゃくちゃ努力の子ですよね。
ツラい過去がありながらαの存在を恨むでもないし、もし和葉が現れていなければ、ヒートもコントロールしてこの先も一人で生きていくつもりだったんでしょう。
しかし、和葉は現れたのです。必然ですね、これは。
これまで一人きりで頑張ってきた李加だけど、やっと幸せになれて良かったです。
(そうなるまでのゴタゴタも李加にはツラかったかもしれないけど)

そして、とにかくみんな顔が良い‥‥!
絵が好みすぎました(笑)
髪型もこだわって描かれてるかんじがして
とても絵が上手な作家さんだなと思いました。

1

オメガバ、王道オブザ王道

これまで発表されてきたオメガバの理想とされる概念をかいつまんで「王道」を作ろうとしたようにも思える。
言ってしまえば、オメガバをこれから知る人にはいい教科書だろうし、オメガバを散々読んできた人は拍子抜けしてしまう。そんな作り方だなと思わされた。
あと、登場人物がやたら多い。あ、なに、アンタの出番それだけ?!みたいな人がやたらいる。人物相関図だけで頭こんがらがるし、αめっちゃいるじゃんw嫌いじゃない。

さて、王道とは何か。
つまり、オメガバあるあるだ。私の見解でしかないが以下に続く。
ネタバレしかない。

あらすじにもあるけど、Ωである李加の大学に中学の時レイプしてきたαの椎名が編入してくる。
李加がなんだかかんだ不慮の発情をするたびに
「今度は絶対に傷つけない!」って、理性総動員我慢大会をする。
(αあるある「性欲なんかに負けないぞ!俺は絶対に大事な人を傷つけない!」)

李加は過去の経験から「αとΩ間に理性は存在しない」と理性に対して否定的だ。
(Ωあるある「所詮、αなんて獣だろ?」)

李加の友人はαばかり。そのうちの一人が課題といって持ち込む「発情期誘発剤」。そして、パンドラの箱は開けられる。
(Ωあるある「出たー!発情期誘発剤いぃぃ!!」)
当然、友人のαたちは李加を襲う。そして、助けに来る椎名は理性総動員マンと化す。

そして、第二章……李加「あれ…?この香り、どこかで…」
謎の男「久しぶり」
(お、なんだなんだ、ここに来て新キャラか…?当て馬…?)
李加「甘くて懐かしい香り」
(Ωあるあるだったー!こ、これは、ううう「運命の番!」)

その後、まあやたら王道オブザ王道展開が繰り広げられる。
李加は椎名を選ぶのか、突如現れた運命の番を選ぶのか。期待しかねえぜ!
というか、李加ちゃん大学生半ばにして中学の時の関係者出てきすぎだな?
今までみんな何してたの?そんな一気に集結するもん?星の巡りみたいな?
読んでてなんかワクワクする。

3

辛かった

お試しの時点では期待してました。
けれど久しぶりの中立評価。
なんとも納得できない部分や疑問点が多すぎて・・・
登場人物、特に受けの友人たちの行動と心情が理解できませんでした。

友人3人はオメガ誘発剤のせいで発情してしまった受けをレイプ。
それから暫く経ち、大学でモブに絡まれている受けを助けてレイプのことを謝る。
接し方が軽くてあのレイプはその程度のことだったのと浅く見えました。
もう少し何らかの語りや後悔、成長につながる部分が見られたらよかった。
受けは前みたいな関係には戻れないと思っていたので、友達といわれて嬉しくて速攻で仲直り。

他色々な要素に着いていけず少し唖然としました。
登場人物が多く故にそれぞれの行動理由や心情が伝わりづらかったです。
受けが友人たちにレイプされるあたりまではどうなるんだろう〜と後の展開をドキドキしていたので、なんだかもやもやが残ってしまう1冊になりました。

3

黄昏の腐女子入門書

Twitterで作者さんが一話を載せていてかつ続編に繋がる同人誌を出していたのでこりゃ買うしかないと思い立ち、発売からやや遅れて購入しました。
ストーリーもそこまで重めに描かれてはいなかったので切ないながらもサクサク読めました。これは話数を伸ばして丁寧にストーリーが展開されてたらもっと良くなった作品かなと思いました。
ただ、黄昏の腐女子の入門には適切ですね笑。私はとても好きでした。スピンオフにてフェロモンが漏れる理由も描かれているそうなのでそちらもチェックしようと思います。できたら続編を希望したい期待の作品でした!本編を手に入れたのでこの次は同人誌を買います

2

わかりづらい

設定も萌えるし、絵も綺麗でものすごく好みなのですが、描き分けが甘いのと、話の運びがあまり上手ではないのとで、設定はそんなに難しくないのに話がわかりづらかったです。
絵がすごくすごく綺麗で見やすいだけに、もったいないなと感じました。

まだ2冊しかコミックス出されていないみたいなので、これからの成長が楽しみな作家さんです!

4

どういう設定のオメガバなの?

ん?
なんか変じゃない?

内容はあらすじ通りです。
ですが、オメガバースの設定が不確定過ぎません?
番になったら発情しても外にフェロモンは漏れないのでは?
それとも、番がいても番以外にもフェロモン振りまいちゃう設定なの?
なんだか釈然としませんでした……

主人公のΩ・リカは意図せず番を作られてしまいました。
その番と会うことはなく大学生になったリカは、
αの振りをして生活しています。
そのリカが発情し、αに襲われているところに登場するのが番の椎奈で……

リカは椎奈の初恋らしいのですが、
いくらなんでもそれは突拍子もなく感じました。
運命の番は登場するわ、
リカを襲わせたΩは登場するわでてんやわんやです^^;

リカの大学の友だちもΩを蔑む発言ばかりしていたのに、
リカぎΩだと分かったら「友だちだろ」って……
信用できない……と思ってしまいました。

とにかくストーリー自体に情報量が多すぎてまとまりがありません。
もっとシンプルにすれば面白くなりそうだったのに残念で
す。
描き下ろしも何が言いたいのか全く分かりませんでした。

唯一良かったのは、椎奈がかっこよかったこと!

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う