異世界から来た神官がカナリアになって俺に発情しているのだが

isekai kara kita shinkan ga kanaria ni natte ore ni hatsujou shiteiru no daga

異世界から来た神官がカナリアになって俺に発情しているのだが
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
夢乃咲実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
尾賀トモ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

エリートリーマンの俺が一目ぼれ(!?)したカナリアは、チョコレートとアルコールの副作用で人間に! しかもすっかり発情しちゃってるし俺に好き好き言ってくれるし、なにコイツ可愛いにもほどがある! 「異世界から来た王子様がインコになって僕に求愛しています」登場の弟神官・カナリアのアルカくんの恋物語☆

表題作異世界から来た神官がカナリアになって俺に発情しているのだが

梁瀬亜希浩・エリート会社員(部長)・30代
アルカ・異世界の第一神官(摂政王子の弟)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

初心な初恋って、やっぱりそそられます

前作では王子様がインコになっていましたが、本作では王子の弟の神官アルカがカナリアになっております。アクシデントでtri世界から人間世界に転移してしまうのですね。
捕まってしまってペットショップに展示されているカナリアアルカに心を奪われてしまったのはエリート会社員の梁瀬。何故かアルカの『心の声』が聞こえてしまいます。仕事人間でペットなどに全く興味はないはずなのに、そのカナリアだけは手元に置いておきたくてたまらなくなってしまいます。

前作『異世界から来た王子様がインコになって僕に求愛しています。』を読んでいないと楽しめないお話です。
アルカの兄のアグワンやその配偶者のユーキも重要な役割で登場しますし。

前作がtri世界の存亡をめぐる大スペクタクルだったのと比べれば、このお話は『清らかで素直な神官の初恋話』なので軽く読めます。お話の収拾もあっけないと言えばそうなんですけれど。

でも、LOVE要素が面白かったんですよ。
互いに『不思議な存在』としか解らない2人が強烈に惹かれ合う描写が読ませるんです。
お互いに解り合おうとしても、不安定な『ゲート』の所為で、あっという間に別れ別れになっちゃうし。
「『すれ違いもの』ジャンルの面白さってこういうことかぁ……」と思いました。

お話の手触りは異なりますが『ボルテージの下がった続編』ではありません。
前作を読んでお気に召した方はぜひ。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ