ミスターグラビア

Mister gravure

ミスターグラビア
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×211
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
87
評価数
25
平均
3.6 / 5
神率
12%
著者
サガミワカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799744888

あらすじ

漫画編集者・玉城は人気グラビアカメラマン・五百蔵と仕事をすることに。
良い写真のためなら女の恋心も利用する五百蔵は、人付き合いに長けた玉城さえも翻弄する厄介な男。
そんな五百蔵が、突然玉城へカメラを向けてきた!
シャッターの音と絡みつく視線で口説かれ、熱くなっていく身体。煽られた玉城は――!?
「俺あんたのこと抱きたいかも」
「じゃあ抱かれるのは?」
人たらしカメラマン×世渡り上手な漫画編集者、恋愛上級者な攻属性同士の駆け引き

表題作ミスターグラビア

五百蔵 慎也(カメラマン)
玉城 虎太郎(漫画編集者)

その他の収録作品

  • 君の見る世界(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき漫画(描き下ろし)

レビュー投稿数5

攻め×攻め。いやうすうす攻め、解りますからね!

サガミワカ先生は、さすがの導入部というか。あ~これどうなるのかな?といった期待感が有ります。
電子ためし読みしてからの購入です。

攻め×攻め。
どちらもゲイなんだと思っていましたが、玉城はストレートなイケモテメンじゃないですか。あれっ、と肩透かし気分になりました。
てっきり、ゲイの出会いから攻め争いかと思うじゃないですか。
ただ、玉城はほんとに人たらし。
どんな職場、団体にも必ず居ますよね!
居るだけで、華が有って、みんなが話したいし関わりたい人。

そんな玉城を一途に思っていたのが、グラビアカメラマンの五百蔵でした。
こちらも、イケメン。やっぱり華が有って、玉城とは違うクールさが有るんだな~

五百蔵が可愛いのです。カメラを通して玉城を、口説くように激写しています。
さすがの玉城すらたじろぐほどの熱気。
五百蔵は、アシスタント時代に玉城と出会ってから一人前になりたいと頑張っていました。
その理由が玉城と仕事が出来るからって。一途な気持に絆されちゃうよ…玉城は。
うすうす、わかっていましたが玉城の男前絆され受け。五百蔵の一途な気持ちが叶った形ですね!
付き合ってからは、イケメンのイチャイチャが嬉しいばかり。サガミワカ先生ありがとうございます❤️
ですが、
もともとはストレートな玉城の心変わりを、真剣に心配する五百蔵の気持ちの揺れなんかもありまして。
だけど、やっぱり玉城が男前。ちゃんと五百蔵を好きだと伝えてあげて、五百蔵の不安を取り除きます。
やっぱり玉城が人たらしで、愛されてきた理由が解りますね…

もしかしたら、今後リバ有りますかね?
でも、やっぱり五百蔵の玉城大好き攻めを貫いて欲しいな。
個人的には玉城攻めの可能性がありません!

イケメンのイチャイチャ楽しい、と読了出来た作品でした!

1

眼福の一冊

眼福の一冊
さすがサガミ先生
男性が美しい

攻め×攻めとのことですがなんとなく表紙からどっちか分かっちゃう感ありました

お話はまるっと一冊表題作でもともとお互い意識してたけど、一緒に仕事できるようになって距離が一気に詰まった感じ

ノンケの葛藤とかはなく、そのあたりのライトな感じもキャラクターの特性かな
穏やかな展開で、嫌なキャラがいないのも良かったです

リバ有りなので、そっちもみたいかな
サガミ先生の作品にしては、色気がちょっと少なめな気もします
業界ものですが、妙にリアルでけどちょっと誇張しすぎでその辺のバランスも好きでした

0

攻め×攻め

愛想がよく人たらしな編集者の玉城と、
彼に撮られたらみんな恋に落ちると言われているグラビアカメラマンの五百蔵。

元々五百蔵の師匠と何度も仕事をしたことがあった玉城に五百蔵が惚れて
師匠の「お前が一人前のカメラマンになれば一緒に仕事ができる」と言う言葉を受け
スゲジュールをとるのが大変な程に有名なカメラマンになった五百蔵。

ゲイの五百蔵とノンケの玉城。
どちらもガタイのいい男前でまさに「攻め」!
帯にカップリング表記はありましたが
読む前には見ていなかったのでどっちが攻めか分からない状態で読み続けました。
それが良かった♪
「あー、こっちが攻めか?」と思った逆が来てちょっと興奮しちゃいました(笑)

後半にも「お?リバる?」的展開が一瞬来たのでそこでもドキドキ。
ん。。。。将来的にはリバップルになりそうな攻めカプでした♪

3

2人並ぶと絵になる、大人なイケメン二人。

一冊まるまる表題作と描き下ろしです。

攻属性同士の駆け引きというあらすじですが、攻め×攻めのタチバトル目当てだと肩透かし。
それよりも、恋に落ちてからのゲイとノンケに焦点を当てた大人の恋愛作品でした。

人たらしカメラマンの五百蔵と、世渡り上手なモテメン漫画編集者の玉城。
それぞれが仕事に成功した大人の二人、現場ですれ違い存在は意識しながらも初見。
初めて一緒に仕事することになり、カメラを向けられ興奮したノンケ玉城が、
五百蔵からゲイと聞き自分からキスを仕掛ける。

五百蔵に煽られて火がついた玉城が、男を抱きたいという気持ちになり受け入れるも、
抱かれるのは?と五百蔵に返されて…。
この後から、タチバトルが始まるのかと思いきや、兜合わせで終わった二人。
次に会うと玉城にホテルへ連れていかれ、簡単に五百蔵に抱かれるノンケ玉城です。

玉城が男前受けなんですよね…
実は五百蔵が以前から自分のことを好きだったと知って、
以前から気になっていた、自分に向ける五百蔵の視線の意味を、一瞬にして受け止める。
そうです、メチャクチャかっこいい男前な性格が、五百蔵の想いを受け止めた形です。
なので、バトルではない…カッコよく抱かれてました。

この二人の絡みが、抱かれても女っぽくならない男っぽい絡みで、
玉城が男のまま抱かれている感じが、個人的にとても好みで良かったです。

初めの印象と違って見えるのが、モテメン五百蔵。
すごく余裕のある恋愛上手な大人な感じだったんですが、
玉城との関係が始まると、攻め属性なのに普段の五百蔵は受けっぽく感じてしまう。

ノンケの玉城に対する不安や葛藤が、受け受けしい感じなんですよね。
不安ですれ違いそうになる二人が、それでもやっぱり好きと再確認した後は、
五百蔵が余裕な大人の男に戻っていて、きゃ~~~となりました。
やっぱり、カッコイイんですよね、五百蔵。
こんないい男に惚れられて男冥利に尽きる…そう言って抱かれた玉城の気持ちがよく解る。

最後にまだ抱きたい気持ちがある玉城にアピられてましたが、
絶対にこの二人はリバなしでいて欲しい…リバ好きな私ですが、五百蔵にはバリタチ希望です。

カバー下漫画で、玉城がヒゲを生やして、
五百蔵に悪徳ブローカー呼ばわりされてましたが、ほんとに全然似合わない。
いつまでも爽やかイケメン受けでいて欲しいです。

2人の仕事もしっかり絡めて描写されていて、
特にカメラマン五百蔵のデキル男ぶりには惚れ惚れでした。

※シーモア:修正は白抜きです。

3

少年の初恋のよう…

ちるちるインタビューのコピーが「イケメン同士のタチバトル‼︎」。
私は攻めx攻め攻防苦手なんですけど、リバっぽいの希望で読んでみました。
感想は、別にバトルではなかったような。だから私にとっては読みやすかったです。
五百蔵(いおろい)が非常に恋愛に対して真面目で、一途で。
ただ、これがはじめに自分から煽っていく態度と合わない…そこが少しチグハグかな。
楽しくて賑やかで、いつも人に囲まれてる玉城に恋をして、彼がノンケである事もあってとても臆病な恋なのです。
だから全然バトルじゃないなーって思った。
五百蔵の方が一応攻めではあるんだけど、ノンケで初めて男と寝る受けの玉城の方が余裕なんですよね。
あと、女優のエピソードにちょっと疑問。
あの女優さん、五百蔵の玉城への矢印に気付いてるのに介抱の後玉城を部屋に引き留めるってのが無神経だし、玉城だって五百蔵に電話の一本くらいできたはずじゃん。
このすれ違い方もちょっとハテナだった。
要はあんまりオトナの恋の感じがしなかった、というか。五百蔵がまるで少年のようですね。
他人には人たらしでも、好きな人の前では臆病でピュアで。
余裕の玉城が攻めに転じて固定してしまいそうな気もします。
私としては、ぜひ対等な流動的リバップルになってほしいものです。
萌x2寄りの「萌」で。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う