その名前を君は知らない

sononamae wo kimi wa shiranai

その名前を君は知らない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
76
評価数
24
平均
3.4 / 5
神率
20.8%
著者
四宮和 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784813032410

あらすじ

高校教師の間宮は、同僚の先輩教師にずっと想いを寄せていた。この気持ちは、[尊敬]であってそれ以上はない──そう自分に言い聞かせていた。だが、帰国子女で無愛想な新人教師・久遠に、想いを見抜かれてしまう。「俺は間宮先生の為に”ここ”に戻ってきたんだ」久遠の真意をはかりかねて……?

表題作その名前を君は知らない

久遠・ルイーズ・昴流
間宮彰

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

教師と教え子だと気持ちにバイアスかかりますね…

四宮和先生は初読みです。
表紙は、ゆったり柔らかい表情の間宮先生が。裏表紙は、愛おしそうに見つめる久遠。

コミックスの帯も、好みの再会もの。
なんというかジャケ買いに近いのですが。
紙で購入しました。pixivでためし読みも出来ましたね。

間宮先生は、母校の高校で英語教師をしています。そこに新任教師の久遠が着任するんです。

久遠は、久遠·ルイーズ·昴流というお名前。ハーフでアメリカからの帰国子女です。
やっぱり久遠、結構ズバズバとものを言うタイプでした。

さて。
間宮は、先輩の同僚教師の今野に対しては、教育実習時代に出会ってから尊敬し、同時に片思いをしていたのですよ!
そして、この教育実習時に高校生として久遠は間宮と出会っていました!
再会時は、久遠が格好良く成長しており、すぐには気が付かない程。
でも当時から間宮の思いには気が付いていていたんですね。

自分も間宮と同じ。恋愛の意味で間宮を見つめていたから、知り得たわけで。

うーん。なかなか久遠が強引。気持ちを隠しておきたい間宮の気持ちをわかってあげて欲しいですよね~
間宮が蓋した気持ちを、ぞろぞろと引き出すような感じがしました。
そのくせ、間宮のために帰国したなんて話すから更に間宮は混乱しちゃいますよ。

だけど、仕事ではセンスもあって生徒からも好かれていく久遠。
久遠の強引さは、ちょっと気になりますが、彼なりの精一杯だったのかもしれません。

ぐいぐいと詰められて、過去も現在も間宮を好きだと言う久遠は、かなりズルい(笑)
間宮も、今野への気持ちにけりを付けて、久遠に絆されちゃう。
ちゃんと間宮も久遠を好きになっていきます。
お話は、ほぼ学校の教室。
これは2人が近づくまでの距離感でもあるのでしょうかね?

互いを知り、間宮が久遠を好きになっていくと、学校からも脱出してました。
タイトルは、きっと恋と自覚しなければ気持ちにタグ付け出来ないからでしょうか。(軽くまとめてはいけませんけど…)

エロは軽め。きっと、まだまだこれから気持ちが深まる2人。
なんだかんだ久遠は、ぐいぐい攻めて行くようで間宮に翻弄されそうだなぁと思いました。
四宮和先生の画は雰囲気があって学校の教室とか、引き寄せられました。
高校生の久遠、可愛かったです。

3

名前さえ付けなければ、存在しないことにできるのに

高校という、場所と時間が重要なポイントになっているお話。

高校教師の間宮を軸にして、間宮から先輩教師の今野へ向ける想い、間宮が新任教師の久遠から向けられる想い、その想いの「名前」を間宮自身が認めて、受け入れるまでを丁寧に描いています。
自分の中にある気持ちが、恋愛感情であるのを知りながら、そこから目を背けて、尊敬や憧れといった名前で封印していた間宮でしたが、自分が久遠に恋愛感情を向けられたことで、いやでも自分の中にある恋愛感情というものと向き合わざるを得なくなります。
この間宮みたいに、ぐずぐず思い悩む主人公、好きです。
絵もサラッときれいな絵で好き。
限りなく神に近い萌2です。

0

自分の気持ちに目を背けるもどかしさと切なさ

教師の間宮が教育実習時代に指導してもらい、今も職場でお世話になってる今野先生に『憧れ』『尊敬』『それ以上の感情』を抱いているが、自分でもその気持ちを認めず受け入れようとしない。
そんな中、帰国子女の新人教師久遠が赴任。
久遠は間宮が教育実習時代の生徒で、唯一間宮の『それ以上の感情』を気付いた男。
間宮を想う久遠は自分が認めないその感情を、「自分の気持ちに嘘をつくな」と言いその感情をちゃんと認めてあげろと諭す。

間宮の今野先生への気持ち。久遠の間宮への気持ち。
どちらも「大切な生徒」と思われてる相手への気持ちなのに、しっかりと向き合って自分で認めて貫く久遠の気持ちはやはりデカくてカッコイイですね!!
年下なのにあの包容力。でも、たまに見える頑張ってる感!キュンって来ちゃいます♡

今野先生が、間宮と久遠を溺愛してて先輩教師と言うよりお父さんのような温かさがよかったです♪

1

攻めの目が印象的。

紙本
修正…見えない描写
カバー下…あり
あとがき…あり

1

その名前を彼らはふたりであたためる

高校教師の間宮は教育実習生のときから、先輩教師の今野を慕っていますが、それは「尊敬」として自分に納得をさせています。
そこへ新任教師の久遠が現れて…という再会もの。

設定に少々、戸惑いました。
自分が教師になるキッカケになった生徒のこと忘れるものかな?
再会時は無理だとしても、行き詰まっていた教育実習生期間に何度も話した相手を?
陰からそっと見ていたわけではなくコミュニケーションとってたのに?

かつて帰国子女として日本に編入した久遠は、なじめずにいた自分と同じ考えを持っていた間宮に淡い想いを寄せていました。
けれども間宮の視線は指導教諭の今野に向かっていて…。
過去(回想)の間宮と久遠のやりとりがすごく良くて、あんなに密なのに、なぜすぐに思い出せないんだ間宮…。
自分の気持ちを認めることを恐れる間宮に久遠はすごく真っ直ぐでかっこいい言葉をくれたのに。
と、思ったら感情移入するまで時間がかかってしまいました。

とはいえ、もともと内面の葛藤や躊躇いを丁寧に描かれる作者様なので読み込むうちに「いいなぁ」と、ジワジワ良さが沁みてきました。

今野への気持ちを認められなかった間宮が、久遠の一途な想いに絆されるのではなく自分の本心を肯定した上で久遠に向かっていく流れが好きです。

間宮の心が解放されたことで表情の翳りが減り、久遠との合同補習をするあたりから、表情のバリエーションが増えてきて間宮の可愛らしさが目立つようになります。赤面可愛いなぁ。

2人の距離が近づいてからの久遠も良かったです。
昔からずっと好きだった間宮と再会して、さんざん想いを伝えてきたわけですが、合同補習での発言がグッときます!!

四宮先生の描かれる手がいい~。
表紙も裏表紙も久遠が間宮をひき寄せる場面も相手を愛おしく想っていることが手の触れ方から伝わってきてふんわり幸せな気分に。

お互いの気持ちを確認するまでなので、ガッツリ合体はナシ。
間宮の性格から考えたら、これから…という感じでしょうか。ちょっと残念。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ