大人の恋愛、見せてやる

この恋は運命じゃない

konokoi wa unmeijanai

この恋は運命じゃない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×225
  • 萌15
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
290
評価数
74
平均
4 / 5
神率
37.8%
著者
山田ユギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784796413251

あらすじ

活版印刷工房を舞台に繰り広げられる、インテリデザイナー×元ヤン活版職人の凸凹ラブ!

独立したばかりのデザイナー・塚本は、仕事で活版を起用するため、活版印刷を営む中島印刷を訪れる。
そこで出会ったのは、腕はいいがデリカシーのない元ヤンの活版職人・瀬戸だった。
頑固で職人としてのポリシーを貫こうとする瀬戸と、絶えず衝突してしまう塚本。
しかし、情熱を持って活版に向き合う瀬戸の姿にだんだんと惹かれていく――。
そんなある日、中島印刷に大きな仕事が舞い込んでくる。
その依頼主はなんと、塚本の元恋人・副島で……!?

表題作この恋は運命じゃない

塚本 光生・デザイナー
瀬戸 剛・活版印刷工房社員

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数16

活版印刷BL

活字拾いといえばやっぱ「銀河鉄道の夜」ですよね。

リチャードと善ちゃんのCPが全て持っていきました。
え…好き…ありがちな悲恋めいた過去を取ってつけるより、結構年食ってからスタートの関係の方が嬉しかったけどそこは致し方なし。老年で愛し合ってる2人、商業でもっと増えたらいいな〜

あと副島さんも好きで。主役の2人より断然脇キャラが好きな1冊でした。普通にいったらスピンオフで若い子とCPになって丸く収まっちゃうんだろうけど、副島さんより仕事のできるバリバリの年上の雄と出来上がって欲しい…と結局おっさんCPを求めてる人の感想に終始してしまった。同じ発想の方がいたら嬉しい。

副島さん好きのための電子限定おまけ漫画1枚

1

この恋は運命じゃない、予定調和だ⁉︎

…と言ってしまっていいものか、かどうかはわからん。
だが。
ユギ先生!
随分簡単にカップリングしてくれたじゃないですか?
絵柄はもう本当に素敵!さすがユギ先生!と言いたいし、言う!
だけどストーリーはどうでしょう?
活版印刷の職人さんと、ゲイのデザイナー。
その2人の物語は、お仕事の真面目な応戦、というか、仕事上の譲れぬ一線のバトルがあっての惹きあう心みたいな鉄板があって。
そこはこっちも予想しつつ読むから特に意外性もなく。
あとは善ちゃんとリチャードとか、剛の幼馴染のレディースと樹理亜ちゃんとか。
正直いらない要素が入ってきてうるさい。
何より、剛が塚本との恋愛をすんなり受け入れてる事で、2人の間に大した障害もドラマもないし。
ユギ先生一流のもっと切ない感じ、が感じられないんですよね…
でもこれが21世紀というか令和というか、何も一大決心しなくても同性愛に飛び込んでいける世代が出てくる、という未来予報なんですかね…
攻め受けがこっちだったか〜!というのは私的に良かった。さらに言えば、どっちも攻めも受けも受け入れていーんじゃね?というリバ世代がデフォになってほすィ…

0

眼鏡の年上の彼が

久しぶりに山田ユギ先生。
昔、BL読み始めた当初から好きな作家さんだったけど、今でも現役で活躍してくださってるのってとても嬉しい。
何といっても、やっぱり絵が好き。
山田先生の作品の登場キャラ達の、体形とか体格差とかがとにかく好き。
ストーリー展開も納得の意外さだし、受け攻めの設定もこう来たか!ってニマニマしてしまう。
このコミックスでのメインの瀬戸と塚本のお話は、この1冊でうまくまとまっちゃったけど、副島社長のセフレたちとのお話も楽しそう。
でも、もっと読みたいのはリチャードと善ちゃんのお話だな。




3

仕事に誇りを持つ男前たち

活版印刷という渋い題材でユギさんBlを読めるとは…。
こういう、初対面の印象が悪い二人って滾りますね!
そしてどちらも主張を譲れないんだけど、出来上がったものは最高だとかもう…。
年齢が近いこともあって距離が縮まるのも早くて楽しいです。

じじいと剛の絆もじんわりしましたが
リチャードとの30年越しの恋、というかもう愛ですよね、素敵!!
剛が戸惑うのも仕方ないかもしれませんが、家族っていう形以外にも想い合うことこそが幸せなんだよね。

言うつもりは無かったのにうっかりキスして告白してしまった塚本、
ノンケな剛の心に負担をかけたくなくて平気なふりをする姿がとてもいじらしかったです。
ガサツに見えてもちゃんとわかってくれた剛の男気「抱けよ」、好きー!
こんな二人だもの、運命じゃなくても恋してしまうよね。

塚本の元カレがまたいい感じの執着で(他にセフレがいるくせにww)
仕事の出来る男が好みというのもわかります。
ああ見えてバリネコなのも萌えました。ありがとうございます。

やっぱりお仕事BLっていいなぁ!

3

お仕事描写はおもしろい

活版印刷の工房を舞台にしたお話で、お仕事ぶりは面白かったです。
お互いに妥協を許さぬもの同士、時には言い争ったりしつつもこれだ!というものを完成させていくというところは面白い。

なんだけど。

なんか恋愛面ではしっくりこなかったというか、へぇ……こんなんでくっついちゃうんだ……みたいな感想を抱いてしまいました。ごめんなさい。

攻めはゲイだから、ちょいヤンチャなノンケの受けをいいなと思って恋に落ちるのはわかる。
だけど、ノンケが男を好きになって、しかも掘られるのOKなのってすごいな……と。

お仕事描写はリアルなのに、恋愛面はほだされ力全開なBLファンタジーになってしまうところがしっくりこなかったです。

そしてキャラは単体で見るとそれぞれ魅力的なんだけど、カプとして組み合わせたときに魅力を感じられなかったのはなんでだろ……

1

穏やかな大人の恋愛

ユギさんっぽい大人の恋愛でした。
今回の舞台は活版印刷所。そこの職人さんとデザイナーさんです。デザイナーさんのほうはユギさんの他の作品でも見かける美人さんって感じですが、活版印刷の職人さんのほう、剛くんが珍しくヤンチャ系です。しかも、スカジャンなんて着ちゃって、かっこ可愛いの!!

大人恋愛につきものの、ずるい大人もいますが、お手本になるような理想のカップルもいてノン気の剛くんが自然と塚本にひかれていく感じは良かったですね。

お互いの仕事を認めあっているところも大人恋愛の素敵なところで、こういう繋がり方をしていたらずっと上手くいくんだろうなと思いました。

攻めと受けはことごとく予想と違いました。でも、ジジイだけは…だよね?

1

期待を裏切らない

うん、予想通り面白い。
安心して読めますね。

お話の展開と、脇役も含めた魅力的なキャラクターと、徐々に近くなる距離。

やっぱり面白いなーと思いました。活版印刷を頼んだこともあるし、イベントにも行ったことがあるので、興味深く読みました。

1

ユギ先生の働く男たちは楽しい

紙本
修正…輪郭薄め、白短冊
カバー下…あり
あとがき…あり

0

やっぱりいいなー

ようやく電子での配信が始まり、早速読みましたがやはり安定の面白さ。
印刷屋さんとデザイナーのお話なのだが、活版印刷というと、作中で述べられているように、「ジョバンニがバイトやってたな…」というイメージしかなかったので、お仕事ものという意味でも興味深く読めた。

私は購入予定の本はあらすじや受け攻め情報も見ないので、今回「どっちが受けなの?」とずっとわからず。色っぽいシーンもラストまでないので、読んでる間じゅう、アレコレ想像しながらドキドキ…。最後はそっちかー!と思ったが、こういうタイプは正直、どっちがどっちでもよかったかな。
印刷屋の剛は黒髪の元ヤン、デザイナーの塚本はインテリっぽい眼鏡。塚本の独立のきっかけとなった、元カレ社長・副島は髭のワイルド系イケメン。ユギ先生の描く男の人が元々どれもタイプということもあるのだが、みんな本当にかっこいい。
あとはやはり、おじいちゃんカップルがインパクト大! よくあるスパダリ攻めと健気受けの成れの果て…とでも言えばいいのか。こちらのふたりも、幸せになってほしい。

メインのふたりはお互い仕事に妥協しないタイプ。しょっちゅう言い争ったりもしてるので、なかなかいい雰囲気にはならない。けど、じっくり読ませる部分では、ぐっとその内面に引き込まれてしまう。ゲイの塚本の退社の理由なんかは、なかなかにシリアス。そして、一見やんちゃな子どもがそのまま大人になったような剛にも、印刷屋としては致命的なハンディキャップがあり…。
そのあたりもしんみりとしてしまうのだが、公私共にこれからは、お互い支えあっていくんだろうな、と思えるカップルだった。

電子限定描き下ろしは元カレ副島の後日談。セフレが他にもいっぱいいるらしく、その一人に抱かれながら、心の中で塚本にお別れをする様子がコミカルに描かれている。塚本はどうやら、よほどいいモノをお持ちだったようで、手放すのはかなり惜しかったみたい。で、モブ社員に新たにロックオンしちゃってる懲りない人です。

5

真面目な元ヤンの仕事っぷりにそりゃ惚れるわ♪

社長との関係が周りにバレてデザイン事務所を辞め独立した塚本が、
行きつけのバーの新しいコースターの活版印刷に惚れ込みマスターに紹介してもらった印刷屋で活版職人の瀬戸と出会う。

元ヤン瀬戸のデリカシーの無い発言に気分を害するも、その後謝罪した際の笑顔にコロリと堕ちる塚本!
追い打ちのようにシッカリした仕事ぶりに尚も惚れ込むが瀬戸はノンケなので心にブレーキを掛ける塚本。
なのに・・・さらりと。ポロリと。告白しちゃう。。。。(笑)

塚本の元カレ社長が登場して程よく二人をかき回しますが
結構な俺様態度をとっていたのにバリネコだと後に分かりビックリ!!

瀬戸が塚本を意識しだすのはノンケの戸惑い感もあり可愛かったです♪

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う