「おれら、付き合ってみる?」

山田と少年

yamada to shounen

山田と少年
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神166
  • 萌×2104
  • 萌24
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

256

レビュー数
39
得点
1321
評価数
301
平均
4.4 / 5
神率
55.1%
著者
三田織 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784829685648

あらすじ

クリスマスの夜、仕事帰りの山田(26)は、
泣きながら酔っ払っている男子高校生・千尋を拾う。
彼は、同性に惹かれてしまうことを悩む少年だった――…。

ノンケの社会人と、ゲイの高校生。
偶然出会った二人が
性別を超え少しずつ心の距離を縮めていく
三田織、待望の長編作。

表題作山田と少年

山田,社会人(工事屋さん),26歳
鈴木千尋,高校3年生,コンビニでバイト

その他の収録作品

  • あとがき
  • 季節がめぐってそれからの二人(描き下ろし)
  • カバー下:漫画「山田と少年とおちびさんズ」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数39

あったかい、そしてほのぼの

優しくてあったかい、読み終わった時ほんわかするそんなお話でした。

料理上手なゲイの高校生、千尋と
工事現場で働く26歳ノンケの山田。
この2人が出会い、お互いの気持ちが少しづつ育ち
そして本当に恋に落ちるまで・・・
まるっと1冊に収められています。

千尋は優しい、そして相手の気持ちを一番に考えるそんな高校生。
好きだった友達(男子)に恋人ができ、一人ぼっちのクリスマス。
ヤケ酒飲んで倒れていたところを、山田に拾われる。
そんな高校生を拾っちゃう山田も、またそういう人間をほっとけない人。
そんな山田の優しさに、惚れちゃったんですね。
千尋が山田を好きなんだろうな・・・というのは山田本人も気づくくらい
とても直球な感じなんですが、そうだとは思っても
本人から直接告白されたわけでもないのに決めつけることもできず
そわそわドキドキ、どことなく落ち着かない数日を過ごす山田が
可愛くもおかしく、千尋に好かれることが嬉しいのか迷惑なのか
これが普通に女だったらなんの迷いもないのだろうけど
山田の気持ちが行ったり来たり、ぐるぐると落ち着かなくて
どうにもできない切ない想いが、手に取るようにわかる。
読んでいると「やっぱり山田も好きなんじゃん」と言いたくなるような
気持ちの変化や、表情や行動にすごく人間らしい暖かさを感じました。

男の子から好意を持たれること自体初めての経験。
そして有り得ないと思っていた自分なのに、千尋のことが頭から離れない
それをあっさり認めて、自分の気持ちに正直になれる山田が
すごく可愛くて、愛おしく感じました。
山田のために何かしたい、あふれる気持ちをどうにかしたい千尋の想いも
ちょっとした言葉や表情から感じ取ることができ
優しくてあったかいストーリーにまさに癒されました。

激しいシーンはほとんどなく、お互いを求める気持ちはあっても
それだけではなく、気持ちの部分で支え合おうとする2人が本当にいいです。
もともとゲイの千紘が、女を愛することができる山田の気持ちを考え
したくないわけではないけど自分との行為を無理強いしたくないという想いと
26歳の大人が高校生相手にむやみに盛ることを自粛しようとする山田の
想いが
微妙にすれ違うところなんか、可愛くて笑えてしまいます。
エロ少な目ですが、優しくほんわかしたい方にお勧めです。
最後にきっと顔がゆるんでしまいますよ。

11

ゆっくりゆっくり恋をしよう

ちょいとくたびれた26歳の山田が好きになったのは、耳まですぐ赤くなっちゃうピュアな男子高校生でした。

まさにほのぼの。
そしてとても優しい。
読んでいるだけで心が洗われるようなお話でした。

山田の一挙手一投足にすぐ赤面しちゃう千尋がほんとに可愛い☆
耳バラって素敵な表現ですよね!
この一言で千尋が耳まで真っ赤になってる様子が目に浮かびます。

山田は初めての同性との恋愛に戸惑い、千尋はまさに初めての恋愛に戸惑う。
お互いを大切に思うが故に、心がすれ違いそうになることもありますが、そこはそれぞれの気持ちを言葉にすることによって乗り越えていきます。

『好きです』『大丈夫』
ストレートだからより心に響いてきますよね。

母子家庭で育ち、小さな弟妹の世話をしながら頑張って来た千尋。
忙しく働く母に甘えることもできず、父のような役割を担ってきた千尋に、山田は付き合ってみる?と提案します。

そしたら千尋 俺に甘えられるだろ

千尋の重荷を2人で分け合いたい。
そういう気持ちから出た言葉なのだと思います。

2人の方が大丈夫だろ

無意識に出る言葉だからこそ、千尋の心に素直に響くのでしょうね。

ゆっくりゆっくり2人の気持ちが寄り添っていく様子がとても丁寧に描かれており、2人が愛おしくて仕方なくなります。
ピュアな2人に癒されますよ☆



10

すばらしい一冊に出逢えました

近年読んだ中でベスト3、を付けたい気持ちです。
こんなにも温かく柔らかなのに、ドキドキがとまらない。
すばらしい作品だと思います。

あらすじを読んで興味を持たれたならそれだけで
ぜひ、ぜひぜひ読んでほしいです!

10

なんて優しいお話なんだろう

三田織さんの作品初めて読みました。
Cannaの50号記念号に掲載された番外編を読んで、これは本編を読まねば!と思ったのです。

年の差モノの良さがぎゅっと詰まってます。
26歳にしてすでに色褪せた毎日を惰性的に無感情に過ごしている〔山田〕
10代という多感な時期の真っ只中にいる悩み多きゲイの男子高校生〔千尋〕
不器用に生きている2人が出逢って築いていく関係が優しくて、純粋な情愛に満ちてて、めちゃくちゃ癒されました。

この作品の良さを私の文章力では上手く言い表わせる気がしないので、ただもうこの一言だけ残したい。
山田さんと千尋くんが出逢えて本当に良かった!

本作と本誌50号に載った番外編の間のお話を同人誌で描かれているようなんだけど、もう手に入らない…読みたいなぁ。

8

二人が愛おしくてキュンキュン必須の作品です

久々にこんなキュンとして、恋って愛っていいなと思う漫画を読みました。


まず無精ヒゲの山田さんのキャラがいいです!

パッと見たかんじ、よくも悪くも生活感出まくりのリアル男子(26歳)。
だけど千尋に対する優しさや、思いやり、
ぶっきらぼうな言葉の中に見える大人な気づかいに『ギャップ』萌えです!!

千尋の純粋ながら、真っすぐ懸命な心にも惹かれました。

二人が、それぞれ人間らしい葛藤や衝動を繰り返しながら、お互いを想いやる姿にじーんときます。思わず応援してしまう漫画です!

二人は結ばれるのか、Hはあるのか…それは読んでのお楽しみにということで。

6

キュンキュンが止まらない

いてもたってもいられず初レビューです。
もともとノンケ×ゲイのカップリングは好きではあったのですが、そこに更に年上×高校生というオプションが…!!
可愛すぎてニヤけが止まらず途中で何回か本を閉じました。
千尋(少年)が本当にいい子で、山田さんと出会って自分をさらけ出せる場所を見つけることができて本当に良かったです。。
山田さん。どうか千尋を手放さないでいてください。
ずっと見続けていたい二人でした。

6

すっごいキュンキュン!

書店で目を引かれ衝動買い。でも悔いはありません。いい買い物をしたと心から思います。
タイトル通りひたすらキュンキュンさせられます////
なんたって千尋がかわいいんだ。なんでそんなにかわいいの~(*≧д≦)
そしてそんな千尋に引かれていくノンケ。わたし好みすぎる!!
購入を迷ってる人にはぜひとも読んでいただきたい一冊。
あと、眼鏡受け苦手なんで千尋が眼鏡にならなくてよかったな~ってあとがき読んで思ってました(笑)
ただエロ好きな人にはものたりないだろうな、と。 だから続編ほしい。マラソン完走するとこみたいww

6

ショボイを連呼しましたが、

初めての作家様でしたが評価が高かったのと、水彩画みたいな表紙が綺麗で購入しました。

山田がクリスマスの夜に拾った高校生の千尋。同性を好きになる自分に悩み、お酒を飲んで倒れていました。すぐに耳まで赤くなる可愛い高校生です。方や山田は26歳とは思えないショボくれた見た目の男です。1ページ目からショボイ後ろ姿。無精ひげでドテラを着た冴えない男。千尋からチョコを渡された時も、初めてキスしたときも、ショボイつっかけを履いているような、まったく私の好みから外れた男。それなのに、いつの間にか千尋の目線で、千尋の気持ちで見つめてしまい、「このまま一緒にいたら、絶対、山田さんのこと好きになる」だから、これでさよならと言うシーンで、めちゃくちゃ涙が溢れてしまっていました。ショボイ見てくれそのまんまの、ささやかな言葉や行動がとっても優しくて、千尋の気持ちを一生懸命に考える山田が、どんどん素敵に見えてくるのです。
 千尋はものすごくものすごく可愛くてけなげで、そしてちょっぴり小悪魔です。背中にぴとっとか、お布団の中から上目遣いとか・・・はぁ、息止まる。なんて可愛い子なんだろう。こんな優しくて可愛い二人が、お互いを思いやって、好きという気持ちを一生懸命に伝えようとする、それを思うだけでなんだか泣けてくるのです。
 

6

サンタさんがくれたもの


すごくすごく、よかった。
心の中で温かい、ぽかぽかしたものが生まれてきて、それが涙に変わるまでの時間が本になったような。そんな作品でした。

何かとんでもなく辛いことがあるとか、そういう展開が待っているとかそういうことではないのだけれど、きっと、恐らくふたり両方に…特に青春真っ盛りな千尋(受け)には日常的にちょっとした心の痛み、棘みたいなものはあって。それを感じさせる作品の雰囲気でしたがその棘が出てすぐ山田(攻め)のやさしさが包み込んでくれて。抱きしめるような言葉のやり取りに涙が出ます。山田が、良いキャラだったんだなぁ。表紙見るとおっさんぽいですがお髭剃ると格好良いです!笑 作中、千尋が山田をサンタさんていう件がありますが千尋のサンタさんはお髭剃ったらイケメンですね(*ˆ ˆ*) その千尋も、終始ほわほわした内気な子ではなく学校ではちゃんと今時の子で、それが新鮮でした。

一歩一歩、道脇の小石にも目を向けながら歩いていくようにキスだったりもう少し先だったりと進むふたりで、どきどき、きゅんとしました。ふとんにて触りっこのシーンもよかった〜。

現実では無理だなんて思わずに、千尋みたいに悩んでいる子が山田みたいなひとと出逢えたらいいなと思います。

千尋が、山田に見つけてもらってほんとうによかった。
ありがとうございました。

6

優しいお話です。

再読レビューします。

胸キュン出来て、とても優しいお話です。大好きな作品になりました。CPはノンケの山田(社会人)×鈴木千尋(学生)のお話が丸々一冊分になります。

あらすじは、クリスマスの日に山田は、同級生(同性)に失恋して、やけ酒をして酔っ払っている千尋を親切から、家に連れて行き介抱します。その時に、千尋が同性を好きになって失恋した事を聞いた後も、何かと気にかけるようになります。千尋から、新たに気になる人が出来た、と聞いて応援する事になるのですが、もしや自分ではとドキドキしてしまい、なお話。
登場人物の二人が、とても魅力的です。ものすごい、イケメンだったり、ハイスペックだったりする訳では無いのですが、ときめきます。山田は、とても優しくて誠実だし、千尋は健気でしっかり者(時折、小悪魔な所も良いです)
お互いに思い合ってる様子が応援したくなる二人です。
とても、温かいお話なので是非読んでみて下さい~

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ