ほっぺにひまわり

hoppe ni himawari

ほっぺにひまわり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×234
  • 萌32
  • 中立9
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
26
得点
421
評価数
113
平均
3.8 / 5
神率
31.9%
著者
三田織 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
ISBN
9784864421386

あらすじ

俺、ヨネちゃんが食ってるとこみるの好き。かわいい。

皆から愛される愛嬌たっぷりのぽっちゃり男子・ヨネちゃん。
そんなヨネちゃんが憧れだった野球部のイケメン・アライ君から告白されて……!?
三田織の新境地、かわいすぎる「ぽっちゃり」BLがコミックになって登場です!!

表題作ほっぺにひまわり

アライ君,高校2年生,憧れのクラスメイト
米田まさる(ヨネちゃん),高2,ぽっちゃり体型

同時収録作品深い森

音大生・バーでチェロ演奏のバイト 甥 沢井遥
フリーのデザイナー 叔父 律(りっちゃん)

同時収録作品深い森

山口さん 単身赴任のセフレ
沢井遥 音大生 

その他の収録作品

  • ほっぺにすりすり(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:イラスト・漫画「はるかのかお」

レビュー投稿数26

ぽっちゃりBL

発行時に、主人公の斬新な体形でかなり評判になった表題作。
一応、「ぽっちゃり」ってかわいい感じに言っているけど、主人公は汗まみれのおデブちゃん。
ただし高校生になっているとはいえ、まだまだ子供なので、いたる所がすべすべのぷにぷにで、男子校の中のオッパイオアシスにされてます。
そんな彼を、何くれとかばってくれる野球部キャプテンのイケメン君との、初々しい恋のお話です。
登場するモブくん達が、みんな素直で無邪気なお子様ばかりなので、安心して楽しめます。
同録作は、もうちょっと成長してひねちゃったこのお話です。

0

可愛くて癒される

ぽっちゃり男子のヨネちゃんも野球少年のアライくんも純真で癒された♡

キレイ系が好きなので、ぽっちゃり男子に萌えるかなぁ?でも三田先生だし!と読んでみたらとっても良かった。
内緒でダイエット始めるのも、それが原因ですれ違ってからも
ヨネちゃんの頑張りが可愛くてきゅっとなります。
もう一編の厳しい家に縛られる甥っ子、勘当された叔父さんとの関係も切なくてヒリヒリ具合が苦しくて堪らない。

いろんな気持ちを味わえる作品でした!

1

表題作は神!表題作もっと欲しいぃぃ、、、

これはいいぽっちゃり受け!ヨネちゃんがかわいすぎて、、、
顔ももちろん可愛いんですけど、仕草とか表情とか性格とか何もかもが可愛いふわふわボーイなんですよね。これはアライ君も惚れちゃうて。
ぽっちゃり受けだとぽっちゃりが性癖っていう攻めが多そうと思ってたんですけど(ひどい偏見)、そういうわけじゃなくて、ヨネちゃんがヨネちゃんだから好きになったんだなっていうのがひしひしと伝わってきます。何せ読んでるこっちがヨネちゃんの虜になってしまうくらいですから。
男子校というのもあってヨネちゃんはおっぱいを揉まれがちなキャラなんですが、アライ君からももしかしたら女子の代わりにされてるんじゃないか、と不安になるヨネちゃんがいじらしくてきゅんとしました。不安になっても別れようとするんじゃなくて、アライ君に釣り合うような男になるんだと努力する所も健気、、、、
でもそんなことアライ君は望んでなくて、ただ側にいて欲しい、好きだから触りたいだけなんですよね。言葉足らずで、周りの何気ない言葉にかき乱されて、すれ違いを起こしてしまった二人ですが、ちゃんとぶつかり合ってお互いの好きを確かめ合います。
高校生ものの作品て、青春の一ページみたいなもんで結局はそれから別れたりしてしまうかもしれないよね、勢い任せなところあるし進路とか就職とかもあるし、、、と不安になってしまうのでよほどじゃないとあまり好んで読まないのですが、こちらの作品はその後を描いてくれてるんですよね。社会人になった後も二人がラブラブそうで(紆余曲折はあったみたいですが)安心しました。経験値積んでえろえろになってるヨネちゃんも美味でした。しかしあれですね、ぽっちゃりではなくなっていたので、そこは最後までぽっちゃりでいてくれよという方には残念かもですね。私は全然、大人になって自然に痩せていく人も多いしな〜と違和感なく受け入れられました。



ただ、満足なんですけど、表題作をもうちょっと見ていたかったな、という思いがありまして。。。
そして表題作と同時収録作品の毛色が全く違いすぎて。。。
正直後者はそんなに好みじゃないし、お話としてもうーんどうなんだろうなこの終わり方、というものでしたので、この評価にしています。
同時収録が一話分くらいの分量であれば文句なしだったのですが、全体ページの半分以上を占めているんですよね、、、ちょっと多すぎかな、と思いました。

0

可愛さも切なさも両方味わえて一石二鳥

◆ほっぺにひまわり(表題作)
 表紙の期待を裏切らない、ぽっちゃりと硬派な野球少年の物語でした。とにかくヨネちゃんのむちむち具合が可愛い、これに尽きます。タイトルにもなっているほっぺはもちろん、たっぷりとした胸やお腹、揉みがいのありそうなお尻、これは触りたくなって当然。環境が異なればいじめの対象にもなりうるかもしれませんが、この作品ではクラスの皆もとても気の良い子達ばかりで、攻めのアライ君も誠実なので最後まで安心して読めます。

 ぽっちゃり受けは痩せて化けたところも見たい!というのが読者心理。もちろんそこもしっかり抑えられていて、社会人になった2人の後日談では見違えるようにスリムになったヨネちゃんを見れました。肉が減ってもエロさは増したと、相変わらずヨネちゃんに骨抜きなアライ君が愛おしかったです。

◆深い森
 ほのぼのとした表題作の雰囲気とは180度変わって、こちらは非常にシリアスな作品でした。祖母の言葉に囚われてきた遥と、彼女から逃げ出した遥の叔父のりっちゃん。りっちゃんが過去に逃げ出したことで、祖母の生きがいは遥1人に集中し、雁字搦めになってしまいます。婚約者や祖母の遺した音楽教室に足枷を付けられ、この若さで1人苦しむ遥を見ているのはとても辛かったです。

 遥は途中まで懸命に耐えていたけれど、その糸は突然ぷつんと切れてしまう。遥に迫られたりっちゃんが彼を蹴ってしまうのも仕方ないとは思ったけれど、本当に好きな人にまで拒絶された遥はあまりにも可哀想でした。一旦離れて、再び共同生活を始める2人。ハピエンではありましたが、りっちゃんはまだ完全に遥を受け入れきれてはいないのかもしれません。ゆっくりでもいいから、遥と真剣に向き合って、彼の幸せを見つけていって欲しいなぁと願います。

0

君は太陽の妖精みたいな❗

【ほっぺにひまわり】

かなりポッチャリ男子。
しかし、男子校だとそんなヨネちゃんもあれこれ人気者。ぷにぷに、二の腕としっかりおっぱい。例え、汗かきだって男子には憧れの感触なんですよ~

さてアライ君。野球部の主将していて、そんな周りの男子とは、ちょっと違う。
何となく大人。
高校生くらいって何となく大人な同級生に、違和感と憧れの気持ちを抱きますよね。

だけど、アライ君はプラス押しのある分かりやすいアプローチ❤️
去り際に、しっかりおっぱいをギュっとか。
言葉でも可愛いとか。
ヨネちゃんが戸惑いながらも、アライ君の熱に押されちゃう。
アライ君が、すごいのは、かなりのポッチャリボディの中のヨネちゃんをちゃんと見ていて可愛くて仕方ないし好きで仕方ないところ。
そして、かなりムッツリスケベさんです❗

ヨネちゃんとアライ君が、ずっとお互いに好きで青春を過ごして行った事は、何か映画みたいな読後感。
ヨネちゃんの、成長した姿はアライ君と同じくびっくり。でも、中身に合った姿になったということでしょうか。
可愛いふたりに、ほんとに癒されるわ~

【深い森】

こちらは、シリアスな叔父甥の話。
うーん。ちゃんと読みきりましたが、個人的にマジな近親ものはダメみたいです。

似ている面影を付き合う人に重ねる遥。
ゲイの叔父律。
亡くなった律の母、遥の祖母が忌み嫌うのは、未来を想像したのでしょうか。

なかなか、心にズンと来る鈍い重さが印象的な話でした。

まあ、またほっぺにひまわりを読み返し、自己救出してしまうので大丈夫なんです。

ああ、大人LifeのアライヨネCPが読みたいぃ‼️

0

ヨネちゃん。。。さわりたいけど、くさいかもーーww

「僕らの食卓」が好きすぎて過去作購入しました。

こちらは学生ものと近親もの。
学生ものは男子校の野球部×園芸部のぽっちゃりくん。
同級生みんなから好かれているぽっちゃりくんに癒されました。

ところどころ先生らしいぽっちゃりくんの天然ぽさも垣間見えてほわっとしました。

おなじ園芸部の小学生からのともだちとのちょっとしたコマにふっとしました。
「ハムスターに似てるよねー」
「ハムも好きだよ。ベーコンも・・・」
「そういうことじゃなくて」
でもいいじゃんそれでも!っていう感じのおおらかさが先生の作品にはあるんですよね。

勘違いでも成り立つ会話って普段もあるので
なんかいいなあと思います。

「深い森」の方は私にはちょっと合いませんでした。
私はリアルではそりゃそうなんでしょうけど、ファンタジーなのだから
みんなが幸せになっちゃいなよ派なので
こういう重めの話は苦手なのです・・・。

現実しっかり受け止める派は「深い森」にそう、現実はこれくらい周りを傷つけるのよ・・・
って思うんでしょうかね。

1

2つのお話の振り幅がすごい

ほっぺにひまわり
ヨネちゃんが可愛すぎてBLということを忘れそうでした。

みんなの癒し系ぽっちゃりいつもニコニコのヨネちゃん。男子校の男達におっぱいを揉まれるもいつもアライくんが助けてくれて。
野球部のカッコいいアライくん。

まさか幽霊騒動がアライくんの策だとは!

無事にお付き合いすることになった二人。でもヨネちゃんは親友から女の子の代わりにされてるんじゃと言われて悩みだして。
アライくんに並んでいられるようかっこよくなりたくて隠れて筋トレするも返ってこじれちゃって。

そしてアライくんへの気持ちを実感するヨネちゃん。

無事に仲直り。
そして色々な経験を経て二人は社会人に。
ヨネちゃんはすっかり痩せてしまって。これまでは食べることが一番好きだったけど、アライくんが一番だからって可愛いこと言っちゃって!

あの頃の自分にアライくんは絶倫だと教えてあげたい(笑)

かわいくてほっこりBL風味が淡めなお話でした。

深い森
祖母の呪いは深いですね。遥は森に迷いこんで森の精に魅せられて、現実と本当の願望の間で心が張り裂けそうですね。呪いは色んな人を巻き込んで。遥の人生も被害にあって。

りっちゃんと過ごした短い時間が一番楽しかったんですね。

りっちゃんが遥だけはと思う気持ちもわかります。
勘当されて被害が遥に向かったのですから。
でも遥はりっちゃんが欲しい、りっちゃんじゃないとダメなんです。同情や家族の情でいつまで一緒にいられるか。傍にいてくれても遥の気持ちに応えてくれるか…。

最後も来てくれたけどこの先どうなるの?

ほっぺにひまわりが明るくほっこりだった分深い森の救いの無さにぐーんと引っ張られます。

1

ぽっちゃり受け

ぽっちゃり受け!!!以上だ!
っていうのはかなり乱暴なレビューですが、世にある商業本にどれだけのぽっちゃり受けがあるかを鑑みるに、やはりこの作品の押すところはそこです。
デブとぽっちゃりの違いそれは愛嬌なのだ、ということをヨネちゃんから学びました。ヨネちゃんの存在は太陽です。ユーアーマイサンシャイン。
こんなマシュマロ…抱き心地よく無いわけない。攻めにも、腐の目にも肉の癒しを!
この世にもっとぽっちゃり受け、況やぽっちゃり攻めもどんどん増えて欲しいです。
表題作以外がそこそこヘビーな内容なのでヨネちゃんとの差に驚きます笑

2

ヒット作を先に読んでしまったから

2カプ入り。
ページ数的には後半の同時収録作の方が1.5倍くらいあります。

どちらのお話も何かが足りなくて何かが過剰…と思ってしまいました。
それはきっと「山田と少年」や「僕らの食卓」を先に読んでしまったからなんですが。
例えばスイカの甘みを引き出すために砂糖ではなく塩をかければいいと知った状態で、これにはまだ砂糖がかかってるんだなって思う感じかもしれません。(ヘンテコかつ偉そうな感想でごめんなさい)
でも逆に言うと、これらの作品があって今の素敵なヒット作があるんだろうなとも思いました。

「ほっぺにひまわり」のヨネちゃんも「深い森」の遥も、「山田と少年」の千尋くんや「僕らの食卓」の豊と一緒で、三田織さんの作品に登場する主人公らしい少し自分を押し殺しているところがある子達なんだけど、ちょっと押し殺しすぎているというか・・・ストーリー進行のためにむりやり過剰に押し殺させられているというか。
ぽっちゃりなヨネちゃんは最初は太っててもおひさまみたいで可愛らしいキャラだったのにだんだん卑屈なキャラになってっちゃうし、「深い森」はじっとりとした暗さを出すために遥が過剰に拗らせさせられ過ぎて「人としてどうなの?」って言わずにはいられないキャラになっちゃってるし、なんかこうどちらのお話も読んでてもやもやしてしまったな〜と思いました。

たらればを書くのってあんまり良くないけど、セルフリメイクされたらまた印象が変わりそうな気もします。

【電子】ひかりTVブック版:修正○、カバー下なし、裏表紙なし

2

物足りなさはありますが、読み応えあります。

可愛い受が好きなので、いいかも!と購入しました。
結果、可愛いですが、やはりおでぶちゃんのヨネちゃん(笑)
そんなヨネちゃんの女装した時の腹やすね毛を見ても、好きと言えるアライくん。
こりゃ、揺るがないね!と、早々確信。
途中お互いに勘違いして一悶着あるものの、ハッピーな終わり方です。
サラッと読めます。
私的には物足りなく、書き下ろしがあって良かったぁという感じです。
そのため、評価が萌のみです。

二つ目の作品の方が好きかなぁ。
叔父、甥のお話です。
甥っ子くんが攻か!!と途中で気づき、こちらも私的には逆が好みだったのになぁと、ちょいと残念な感じが私にはありました。
内容的には、深く描かれており読み応えある話で、良かったです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う