午後十時十二分の朝焼け

gozen10ji12fun no asayake

午後十時十二分の朝焼け
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
純鈍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
七彩社
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

主人公の御薬袋 若人(みない わかと)はトラウマを抱えている。
新卒で入社した会社がいわゆるブラック企業で、心身ともにボロボロになり、転職した今でもその時に負った傷に囚われているのだ。
ある日、そんな御薬袋の前に彼が一番苦手とするタイプの人間、魔窟 宗介(まくつ そうすけ)が会社の新入社員として現れた。
御薬袋から見た魔窟は、悩みや苦労なんか知らないような、キラキラした人間に見えた。
しかし会社での関りが増えていくうちに、魔窟にも抱えているものがあるのではと御薬袋は気付き始める。
二人は徐々に仕事以外でも仲を深め、お互いに惹かれあっていった。
だが距離が縮まろうとする度に、お互いのトラウマや障害が二人を引き離す。
今まで自分のトラウマと向き合うことを避けていた二人だったが、自分の気持ちや相手を愛する気持ちと向き合おうと……

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ