素晴らしい季節に優しい君と

subarashii kisetsu ni yasashii kimi to

素晴らしい季節に優しい君と
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

232

レビュー数
9
得点
186
評価数
45
平均
4.2 / 5
神率
51.1%
著者
湯煎温子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ラブキスボーイズコレクション
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784344845657

あらすじ

高校で念願のオタクライフを謳歌するはずだった榎木純平くん。電子技術部存続の危機に駆け回るうち、学校イチのイケメン坊主・白滝涼介くんと出会う。恵まれた体格に精悍に整った容貌、同じ一年生らしからぬクールな佇まい――自分とはまるで違う白滝くんに憧れ、やがて、もっと笑ってほしいと願うようになって……?じんわりキラキラときめきが止まらないユースフル・デイズ、描き下ろし後日談「初めての」も収録して待望のコミックス化!!

表題作素晴らしい季節に優しい君と

白滝涼介・高1・イケメン坊主
榎木純平・高1・電子技術部のオタク

その他の収録作品

  • はじめての♡♡♡(描き下ろし)
  • あとがきイラスト

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

きゅんきゅんがとまらない…

普段は闇の腐女子なのであまりというか全く読まない系統だったのですが、試し読みでみてなんだか気になって購入しました。
結果から言うと、自分の直感信じてよかったイェ〜〜!って感じでした。
私はナヨナヨしてて守られてナンボみたいな愛され受はあまり好きではないのですが、今作の受、榎木くんは見た目は弱そうで細くて小さいのに、人としての太い芯がしっかり通ってる素敵な人物でした。
ストーリーの運びも、え?いつ好きになったの????ああこれはBL漫画だから2人は男同士くっついたんだな…みたいなものではなく、この2人だからこそ惹かれあったんだなぁと納得させられるものがありました。
そして何より!!!きゅんきゅんが止まらない…!!!大きくてクールでかっこいい攻の白滝くんの、初めて見せた笑顔、、、!なんだかこちらまでドキドキが止まらなくなってしまいました。

幼い頃初めてよんだ少女漫画のときめきと頬の熱さのような、ピュアでやさしい感情を呼び起こされる素敵な作品です!
普段このようなジャンルを読まれない方にもオススメです!

1

あたたかい作品

何か夢中になれるものを探してるイケメン坊主。サンプル読んでめっちゃ楽しみにしていました。
サンプルで読んだ時の雰囲気のまま、とてもあたたかくて可愛くてホッコリする作品でした。

家族の絆を壊さない為にも中学時代に野球を頑張りすぎて肘を壊した白滝。
高校で廃部危機で部員募集のビラを配る電子技術部の榎木と出会う。
電子技術に興味はないもののビラの『新たな世界へのトビラを開こう』というキャッチコピーに惹かれ入部。
野球を辞めてからどんどん塞ぎ込み不愛想になっていった白滝が、榎木の真っすぐでピュアな心といつも一生懸命でキラッキラな瞳に惹かれ、変わっていく白滝にキュンキュンしちゃいました。

榎木の影響で両親の仲違でバラバラになった家族が集まって食卓を囲むシーンはほっこりでした。

0

穏やかで優しい恋をしているよね

優しくて、じんわりとする男子高校生の恋の話。

pixivで追ってましたが、あらためてまとめ読みすると良さが伝わりやすいです。

可愛い眼鏡のふわふわ髪の榎木と最初は横柄な態度をとって、何かを諦めちゃった美坊主の白滝。
ともすると、対照的な二人だけど榎木がパンフレットを白滝が拾ってくれた何気ない優しさに触れた事がきっかけで、白滝に近づくんですよ。
白滝は、思春期にある心情を自己解決できず、かといって誰かと悩みを共有したり、相談できずに自己の辛さと向き合ってきた側面が有りました。
白滝の野球を諦めなきゃならなかった肩の怪我。
野球に自らを駆り立てて、無茶してしまった不可避な両親の離婚。15~16才の子には世界が変わる重大事件と言えます。

だけど榎木と出会って、自分の弱さも、寂しさも、もちろん良いところも認めてもらって。
ちゃんと自分を全面的に味方してくれる存在って良いですよ!大丈夫って言ってくれる人の存在は心強いですからね~

この作品では風景の作画も穏やかで、優しい。特に、高架橋下での告白場面。
きっと月明かりが明るい、綺麗な夜なんだろなぁ…
2人のキラキラした想いが、より増幅して感じとることが出来る印象的な場面でした!

本編は、優しくて穏やか。
タイトルの「素晴らしい季節」って、素晴らしい青春の今、この瞬間だったんですね。
はぁ~優しい恋を堪能しました。

描き下ろしは、高校生男子のえっちについて。
期待を裏切らない攻めっぷりの白滝~
一生懸命に受け入れる準備(お尻じゃありません)をしてジムに通う榎木のいじらしさよ…
初めてえっちも、つつがなく…
いや、でもジム通い必須な白滝のえっちがすごいらしいので、榎木には体を鍛えて頑張っていただきたいものです。

白滝と榎木の平坦じゃない恋を選んだ行方が、優しくあると良いなと思いました。

0

正反対な二人、笑顔が眩しいです

紙本
修正…光ぼかし
カバー下…タイトル、イラスト少し
カバー折り返し…あり

0

キラキラが詰まっています!

皆さま仰っているように、私もインタビューで
攻めの白滝くんの立ち姿を見た瞬間に購入を決めたクチです。
その佇まいが、凛々しい眉に目尻が下がっている甘い目元が、
広い肩に締まった腰が!!
もおおお、どんぴしゃ過ぎて悶えました…/////

一番言いたいことはもう言ってしまった感があるのですが(笑)
白滝くん以外も萌えどころ満載で、
お話のテイストと相まって宝物級のいい買い物となりました。
欲求のまま?私が萌えたところを語りたいと思います。

まず、受けの榎木くん。
私たちの(ではない)白滝くんのお相手に相応しく、
真っ直ぐな気持ちと芯の強さを併せ持つとても素敵な男の子です。
ぐるぐる眼鏡に小柄(体格差!)で
コミュ障のオタクとのことなのですが、
メガネを取ると♡…的な際の、
白滝くんのハッとした顔とシチュエーション…!!
ああソレね〜!と、少女漫画の黎明期から連綿と続いている
いわゆるお約束のキュン。壁ドンとか。
そんなキュンにまみれながらお話が綴られていきます。

<榎木くんが悪漢?に絡まれているところに颯爽と現れる白滝くん。
 助けられ、夕焼けの中ベンチでアイスを食べながら語るふたり。
 お互いのことが少しわかった瞬間。はじめて見た白滝くんの笑顔。
 ああ、君の瞳は少し色素が薄いみたい……>
…みたいな感じで!

ある意味、伝統のお作法に則ったストーリーテリングなのですが、
慎重に描かれた細い線でほのぼのと丁寧に綴られていくそれらが
キラキラした世界観にばっちりハマっています。
もう私には遥か遠いアオハルの夢物語ですね。

過去の辛い出来事のため、
自分の周りに壁をつくっている白滝くんの再生がお話の軸なのですが、
土鍋(どなべではない、つちなべ)高校電子技術部の、
青葱部長や湯豆腐先輩。白滝くんの家族(姉は和牛ミミ子さん笑)が
そもそも名前からしておかしく、ほのぼのといい人達で、
シリアスになり過ぎないところもいいし。

ああ、でも白滝くんが自分を野球へと追い込んでいくシーン、
彼のモノローグが切ない〜〜…
榎木くんの優しさが他人を遠ざけようとする白滝くんの心を徐々に解し、
友情を育みつつ、お互いへ惹かれていき、恋心に戸惑う様もよかったです。

あとあと!
書き下ろしのはじめてのエッチも最高Death(←悶え過ぎて)
白滝くんのセックスは壮絶って。笑
榎木くんはセックス=壮絶だと勘違いしているのですが、
でも『それを(勘違いだと)知る方法はない』そうです。
なぜなら白滝くんが最初で最後の相手だから。
キラキラの青春ストーリーにぴったりのエンドマーク。
リアルの世界じゃ難しいことだけど、
白滝くんと榎木くんならきっとそうなるだろうと信じられます。
榎木くん、体力つけて頑張れ!!!!!

ふぅ。さんざん書き散らかしてごめんなさい。
でも更にあと一つ、思うところが。
本編最後のあとがきページ、作者さまの「よもやま話」に
『白滝くんを漫画内できちんと救えなかった時、
 一番バタバタするのは自分なんだろうなと思ってました』とあり
ご自身の作品やキャラに対する真摯さや愛情に、
なんだかじーーーんと感動してしまいました。
登場人物を、自分の萌えを生み出す装置としてではなく、
我が子のように心配し愛情を注ぐ…
この作品から感じられる温かさは、作者さまのそういう思いが
根底にあるからなんだな、と思いました。

次の作品が楽しみな作家さまが増えて嬉しい!

2

美坊主×オタク

湯煎温子先生、通算3冊目・ラブキスレーベルでは2冊目のコミックスです。
出会い、友達になり、恋心を自覚して…むずキュン青春ストーリー!
高校生BL・ハッピーエンドが好きな方はぜひ読んでください。

受けはPCゲーム制作に青春燃やす榎木くん、ぐるぐる眼鏡の小柄な男の子です。
攻めの白滝くんはイケメン美坊主。怪我で野球をやめて以来、夢中になれるものが見つかりません。
新しい世界を求めて電子技術部に入部してみるもやはり興味が持てず。
しかし部活中にふと榎木くんの眼鏡の下の煌めく瞳をみて…!!
ここから物語が動き出します。
榎木くんがめちゃくちゃ可愛いです。弱いけれど根性があります。
白滝くんは見た目・中身ともにものすごく格好いいです。頭の形が美しい!
グイグイ恋愛のみに一直線ではなく、まず友情が育まれていく様子が愛らしかったです。
白滝くんが不憫で…こんなにも背負っていたんだと思うと泣けてきます。
どんどん笑顔が増えて表情が柔らかくなっていくのが本当に嬉しかったです。
ドキドキが恋愛になるまでのムズムズ感もたっぷり味わえます。
本編で付き合い、エピローグで初デート、描き下ろしで初めての♡♡♡
エピローグがもう最高にキュンキュンでした!(感謝)
そして描き下ろしのモノログ…読んでください。

美女・部活の先輩といった個性豊かなサブキャラも良い仕事なさってます。
先生独特のクスリと笑っちゃうユーモア、ドキドキ感、男前シーン、萌…健在です。
描かれる老若男女どのキャラも素敵で堪りません!これからも色んな作品を拝読したいです。

0

優しい気持ちになった

青春だわ〜〜。

白滝くんのままならないあれこれは、重くなりがちだけど悲しい気分になりすぎない程度に描かれていて、榎木くんの可愛さと健気さに癒されました。

この方の描く絵が好きですね。白滝くんはかっこいいし、榎木くんは可愛いし。

0

学ランイケメン坊主と厚底眼鏡オタク

ちるちるインタビューで、学ランイケメン坊主を目にして絶対読む!と電子購入。
キュンキュンコミカル学園BLかと思ったら、意外とシリアスも混ぜ込まれてました。

榎木はPCオタクで友達に恵まれず、高校でやっと居場所を見つけた電子技術部が、
部員足らずで存続の危機になり、イケメン王子で有名な白滝が入部したことで免れます。

中学まで野球部エースで活躍し怪我で引退、人を寄せ付けず無愛想な白滝が、
厚底メガネの下に隠れたキラキラした瞳の榎木に興味を引かれ、
小柄なオタクの榎木は、出会いからクールでカッコイイ白滝に憧れる。

夢中に好きなものを追いかける榎木と、現状を変えたくて新しい扉を開こうともがく白滝。

スポーツに全てを掛けていた少年の挫折とリスタート話にBLかと思ったら、
白滝が野球に打ち込んでいた理由が家族。
けっこうな比重で白滝の家族話が絡んで、更に二人の関係が深まる展開です。

とにかく、学ランイケメン坊主の白滝が凛々しい凛々しい、もう目が離せない眼福。
最強に見えるいで立ちですが、孤独で沸々したものを抱え一人もがく繊細さもいい。
実は厚底メガネを外すと美少年顔で、
小柄で最弱なオタクながら、芯の強い思いやりのある榎木が、
気付けば白滝を支えているという包容力にギャップ萌え。

そして、この二人の身長体格差は、なかなかないレベルで、
立って並ぶ姿も、座って並ぶ姿もいい、画になる二人でした。
白滝が榎木といると、少しづつ笑顔を見せるようになっていくのも、見どころですよ。
榎木のホッペをむにゅっとして笑う白滝、
強面坊主のスマイルなんて威力がハンパない、またまた眼福。

一番好きだったのが、少し白滝の素がでる電子技術部の絡み。
この作品でアホギャグを担当する電子技術部のメンバー。
もちろん全員メガネでなぜかキノコ頭、青葱部長と部員の湯豆腐。
そうです、榎木に白滝が加わり…肉がな~~~い。と思ったらちゃんと回収されました。

オタクと周囲からバカにされても、自分の好きな事に打ち込んで楽しむ部員達の姿は、
興味のあるものが見つからない白滝にとって、羨ましくて眩しいです。
あれだけクールで硬派なイメージだった白滝が、
後半にはオタク電子技術部に馴染んでた画には笑ったわ。

描き下ろしで丁寧に描写される初エッチ…これが本当に良かった。
いざとなってからエッチに至るまで一か月、この経緯も好きですが、本番の二人のやりとりが堪らない。
待った三回制?!抑々元野球部で、今でも筋トレを続ける白滝の体力を忘れてはいけない。
事後、セックスってこんなに壮絶だったんだ…と呆然の榎木。
注釈のモノローグ最高です。

私は下校の夕焼けシーンが印象的で大好きなんですが、
カバー裏表紙も、まどろむ夕焼け電車でいい雰囲気。
電子限定おまけ漫画が、カバー裏と同じフルカラーの夕焼け電車ネタで、最高にほっこりキュンでした。

※シーモア:修正は発光です。

2

タイプの違うふたりがゆっくり惹かれ合う

攻めの見た目が好みで、インタビュー記事から楽しみにしていた作品。
高校一年生の榎木は、廃部寸前の「電子技術部」に所属している、パソコンオタク。なんとか部員を増やそうとビラ配りを頑張って、その結果来てくれたのが白滝だった。
この白滝くんが、坊主&長身&美形で、見るからにリア充。明らかにタイプの違う人間に対して先輩たちは警戒するのだが、一年生同士ということもあり、榎木だけは歓迎ムード。かっこいい白滝に対し、素直にかっこいいと思いながら近づいていく。

榎木は分厚い瓶底眼鏡で体つきも貧弱、という冴えないオタク系だけど、実は眼鏡の下は可愛い、という典型的少女マンガのヒロインみたいな子。榎木の素顔を見た白滝もだんだん榎木が気になっていくのだけど、男同士ゆえ、お互いなかなかそれが恋だと自覚できない。

ここからの過程がじっくり丁寧に描かれているのが、めちゃくちゃよかった~。
白滝は元々は野球選手で、肩を壊して辞めてしまい、やりたいこともなくクサクサしていた。そんな彼の目には、好きなことに打ち込む榎木が眩しく見えたようで。
で、白滝がなぜ怪我を押してまで野球に打ち込んでいたのかは、家族との問題が絡んでおり、それを知った榎木がひと肌脱ぐ、という展開に。
榎木は弱くておとなしそうに見えるのに、行動力があって友達思い。彼のそんなところを見て、白滝はこの気持ちが友情以上のものだと気づく。

六話かけてやっと想いを伝え合うという、DKならではのスローペースな恋だけど、それが可愛らしい絵柄とふたりのキャラに合っていて萌えた。本編ではキスまでで、後日談として初デート&初エッチもあり。
このエッチがな~……白滝はこんなに真面目そうなのに、一応経験アリなの?? どの程度なのかわからないけど、童貞でもよかったんじゃないのかな…。だって、中学生で経験済みってことになっちゃわない?
榎木はいっぱいいっぱいで可愛かったし、白滝のがっつきぶりは萌えたので、別にいいっちゃいいんだけども、そこだけちょっと違和感が…。

電子購入特典は、まだつき合う前? ふたりで電車に乗ってるんだけど、白滝が居眠りをして、榎木に寄りかかってくる…榎木は起こすことができず、ドキドキしているうちに乗り過ごしてしまう、という可愛いエピソード。
全体的にとても丁寧な作りで可愛いお話なので、BL初心者さんにもおすすめです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ