もっと酷く めちゃくちゃに抱いてほしい

悪いおとな

warui otona

悪いおとな
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
28
評価数
10
平均
3.2 / 5
神率
10%
著者
鳥音子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784865895896

あらすじ

「首、絞めて」
受けに目覚めたドM教師とヒミツの学校H

ピュアな男子校生×ミステリアスな先生

イケメンで誰にでも優しい西吾妻(にしあづま)先生は裏で不良生徒を脅して犯す歪な生活を送っていた。
しかし、西吾妻に恋をする純朴少年・最上(もがみ)にそのことがバレてからはすっかり改心。
最上に抱かれることにハマってしまった西吾妻は学校でもどんどん過激なプレイを要求してくる。
最上は彼を満足させられるように頑張るも、次第にその危うさが気になりだして…。

真っ直ぐな年下男子とダメな大人の、体からはじまる学園ラブストーリー。

表題作悪いおとな

最上隼人 高校生
西吾妻清彦 教師

同時収録作品よいこ わるいこ

西吾妻清彦 教師
大崎ヒロ 高校生

同時収録作品大崎くんと幼馴染み

コージ 高校生
大崎ヒロ 高校生

同時収録作品先生ダークネス 前編・後編

足立 高校生
西吾妻清彦 高校生

同時収録作品西吾妻くんと青い春

モブたち
西吾妻清彦 高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数2

「首、絞めて?」に惹かれて購入

最初から最後までよく分からない...というのが率直な感想です。

帯の「首、絞めて?」に惹かれて購入したのですが、実際に先生が首を閉めてもらうこともなく...

ピュアな男子高校生(最上)×ミステリアスな先生(西吾妻)

という設定ですが、その前に先生は学校の問題児である大崎を犯してるシーンがガッツリ出てきます。

でも、大崎はそれが嫌じゃない。本当は先生が好きなのに、死ねとか言っちゃうようなツンデレですね。

大崎は良い奴なので、ちゃんと先生とくっついて欲しかった...っていう思いがぬぐえないです。
まさか転校してきた子に取られちゃうなんて...。


大崎の事を半ば無理やり犯してたのに、違う生徒に惹かれたから、もうお前はいらない。
ここまでのクズがメインでガッツリ絡んでくる本は初めて見ました。
どうしても先生のことを好きになれなかったから、最後まで入り込めませんでした。

ちゃんと同時収録で大崎は幼馴染と付き合って幸せになるのですが、やっぱり先生との方がお似合いだな...と思ってしまいました。

ちなみに先生は
大崎とする時→タチ
最上とする時→ネコ

2

先生の心の闇が深すぎて・・・

全体的には高校教師の西吾妻先生のお話です。
中間に同時収録扱いで高校生カプのお話が入っていますが、ストーリー的には1冊で一つのお話です。

西吾妻先生は、生徒の人気もあり優しい教師。
その裏で不良生徒のヒロを犯す日々。「淫行教師とバレてもさっさと転職すればいい」くらいにしか感じていない。(西吾妻×ヒロ)
が、ある日小っちゃくて可愛い最上にその行為がバレて黙ってる代わりに先生を犯させてほしいと頼まれ、セックス。(最上×西吾妻)
純朴な子供に真っすぐな思いを向けられ改心しヒロに謝罪。しかし好きだったと泣きながら先生に告白するヒロ。つられて最上も赤面しながら先生に告白。
照れてヘロヘロになる西吾妻。

と、なんか可愛く終わったけど・・・
その後にヒロのスピンオフ的な同時収録を挟んだ後、最上と西吾妻のターンが復活。
ここからは西吾妻の心の闇が露わになってくるお話でした。

ミニマリストというには無理があるほどに何もない部屋・理解しがたい大胆な行動、どう見ても自殺志願者な西吾妻の様子に不安になる最上。
高校時代の回想が入り西吾妻の過去が分かっていくけど、、、

後半の西吾妻の心の闇は私の理解力では追いつけない程深かったです(汗)

個人的にはヒロが幸せになれた時点で作品は楽しめましたが、西吾妻の闇も全部理解したかったなぁという心残りが後を引いて評価は「中立」で。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う