お願い♥メルティ劇場

onegai melty gekijo

お願い♥メルティ劇場
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×223
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
272
評価数
68
平均
4.1 / 5
神率
45.6%
著者
かさいちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801968400

あらすじ

ゲイ界隈では有名な乱交映画館"メルティ劇場"。
そこかしこから漂う淫らな雰囲気に性欲を掻き立てられる、
そんな場所を舞台に繰り広げられる恋。

地方から一ヶ月間の出向で本社に来ていた桐山は
イケメンでコミュ力も高く、仕事も出来るうえに
一緒にいて居心地がいい。そんな彼と意気投合した海老根は
ノンケ相手だというのに恋をしてしまった!

桐山の送迎会後、酔った勢いでふたりっきりになり
連れて来られたのはパンピーな彼が知るはずもない"メルティ劇場"!!
場の空気にのまれ、迫られ、触れられて、煽られる。
体は淫らに反応し、もっと嬲って欲しいと思ってしまい――!?


スパダリノンケモテリーマン×実は処女なピュアかわリーマン
ココロもカラダもクライマックスメルティ★

表題作お願い♥メルティ劇場

桐山・出向で本社にきた会社員
海老根・会社員

同時収録作品奪って♥メルティ劇場

ミツムネ
今村晴明・処女を捧げにきた男子

同時収録作品お願い♥メルティ劇場

クソモッズ
苅田・桐山の後輩リーマン

その他の収録作品

  • みんなで!メルティ劇場(描き下ろし)
  • カバー下漫画

レビュー投稿数9

笑えるエロがうれし~

かさい先生のエロ描写の上手さと遊び心を堪能できる1冊です。
電子購入で、カバー下漫画と電子描き下ろし漫画に仰け反りました。

~メルティ劇場~
ゲイの乱交映画館を舞台に繰り広げられる、めくるめく性の快楽。
全国のメルティで放映中の「飢えた肉門シリーズ」も気になりますが、
あちらこちらでくんずほぐれつの乱交を、眺めるもよし、混じるもよし。
見て、見られて、見せつけて、更に興奮する男達です。

・奪って♥メルティ劇場(短編)
・お願い♥メルティ劇場(表題作4話)
・みんなで!メルティ劇場(描き下ろし)

私は「奪って…」がドストライクだったので、こちらのCPをもっと見たかったですが、
表題作の当て馬が描き下ろしでえらいことになってる姿を見て、
この当て馬CPをもっと見た~~~いとなりました。
更に、電子描き下ろしでエロ萌え炸裂…久々に笑えるどエロに出会えた、そんな喜びの作品です。


「奪って♥メルティ劇場」
モブおじさんに処女を捧げにきた、黒髪男子ハルちゃん。
彼氏に抱いて貰えないままフラれ、汚いオジサンに穢されたい願望を持ってるハルちゃんが、
声を掛けられたのは中途半端なモブおじさんですが、期待に胸を膨らませ身を委ねる。
言葉責めでドンドンいやらしくなるハルちゃんが、エロ可愛いくて堪らない。
メロメロになってキスしたら、中途半端なモブおじさんがイケメンに変身してた…。

この展開の上手さ、面白さ、エロさ、パーフェクトです。
もちろん、これだけで終わらない、二人の関係はここからですが、
モブおじさんに穢されることなく、イケメンに溺愛されるハルちゃんです。
描き下ろしの「みんなで!メルティ劇場」で更にその後の二人を見ても足りない。
ゆるふわイケメンミツムネに、エロ可愛い淫乱ハルちゃんのCP大好きです。

「お願い♥メルティ劇場」
表題作はリーマンCP。
出向で一か月本社に来たコミュ力高めのイケメン桐山に、片思いのゲイ海老根。
最終日の飲み会後、二人だけでと誘った海老根が、桐山にメルティ劇場へ連れていかれ…。
実は両片想いで、支社に戻った桐山と遠距離交際。

海老根が出張で支社に行くと、桐山を慕っていた後輩の隠れゲイ苅田が、
海老根に別れさせようと桐山のいない所で嫌がらせ、最悪の当て馬です。
イケメンで自信家の苅田が、桐山を奪うと宣戦布告。
自分に自信のない海老根は、何かと苅田に揺さぶられ、桐山の自分への気持ちが不安になる。

酔った勢いで3人でメルティ劇場へ行きますが、二人の世界であまイチャ。
海老根は可愛いんですが、海老根を可愛がるちょいSな桐山の方が個人的に好み。
劇場以外でも、ラブホH、会社で…と、バリエーション豊富、トロトロにされる受けが可愛いなぁ。

一緒に来た苅田は入り口に置いていかれ、
気づけば、黒髪褐色のモッズコートどSイケメンにハメられて…しかもtnk縛られてるっ。
苅田はドMの淫乱になっていて、メチャクチャエロい。
目の前の海老根と桐山には目もくれず、ドSクソモッズに快楽責めにされてしまう。

描き下ろしは、苅田を見かけないと思ったら、メルティ劇場でクソモッズに調教…
ちゃっかり中途半端なモブおじさんも混じって玩具責め、
気づけば一番気になるCPが、クソモッズ×苅田…やっぱ性癖に刺さりまくる。
クソモッズの言葉責めに、苅田のMっぷりが最高です。

電子描き下ろしでクソモッズと苅田に意外な繋がりが!
この描き下ろしで更に火が付いたわ…もっと見せて~~~!!!

どのキャラも愛着満点で全部のCPそれぞれを一冊で読ませてほしいです。野獣も。
中途半端なモブおじさん、またどこかでお会いしたい。

「飢えた肉門シリーズ」の全身和彫りふんどし兄貴を是非アップで、
更には後ろ姿だけでなく、前からも拝ませて頂きたい。
ふんどし兄貴とTバック弟分に、赤ふん親分、緊縛されていたのは誰?!
映画代金と全部セットでいくらするんだろう?
全部セットのHなおかしって何?もう背景の隅っこまで探してしまうクスクスネタ。
読み終わっても尚、いろいろ気になるメルティ劇場です。(追:Hなオカシみつけたよ~)

是非、続刊をお待ちしています。

※Renta:修正は白い斜線です。

10

電子版特典読んで欲しい

電子版で読みました。ハッテン場の映画館が舞台なのでエッチが多くて良かったです。
かさい先生はモブも面白くて、画面の中を細かく見るのも楽しいですね。

桐山が思ってたより海老根にぞっこんでした。
桐山のいる支店に出向になった時に、キラキラした後輩の苅田が登場しました。桐山が靡くわけ無いと知りつつ、どんな嫌がらせを受けるのかと思いました。
まさかの第三者にヤラれた姿でメルティ劇場内で目撃するとは。ww

電子版の特典には苅田をめちゃくちゃした、クソモッズとのその後がありました。
もしかして最初から苅田を狙ってた?と想像して楽しくなりました。
それとモブおじさんのキャラ最高です。

エロエロですが愛のある3組のCPでした。

7

お願いだから読ませてくれ

タイトルだけ見たとき、これはどんな作品なの?と思いながら読み始めました。乱交映画館が舞台の話だと知りわくわくしました。
最初の「奪って♥メルティ劇場」は、どういう場所なのか把握するのにとても分かりやすい話でいい導入だなと思います。
表題作である「お願い♥メルティ劇場」のメインCP、桐山×海老根は、リーマン同士で一緒に仕事してて尊敬できる相手だから惹かれてしまって、桐山が出向終了してしまう日にお互いに勇気を出して関係が進展するところにキュンキュン来ました。
苅田の登場でちょっと苅田の性格の悪さにイラっと来たりしていたのですが、三人で入ったメルティ劇場でクソモに抱かれる苅田が最高にいいので二人がメインの話が読みたくて読みたくてしかたないです。
いつか読める日が来ると信じて楽しみにしています。

2

『餓えた肉門』見てみたい!

ハチャメチャだけど面白かったです!
表題作の他にもメルティ劇場を舞台にしたお話が
もう一つ収録されています。

知る人ぞ知る乱行映画館〝メルティ劇場〟
上映されている映画なんて誰も見ていません(笑)
映画は始まったばかりなのに、
周りはすでにクライマックス状態(^◇^;)
そんな〝メルティ劇場〟で繰り広げられる2組(3組?)
のカップルのお話ですーー


【奪って❤︎メルティ劇場】
彼氏に手も出してもらえずに振られた今村晴明(ハルちゃん)と
変わったイケメン・ミツムネの身体から始まるラブです。

誰でもいいから求められたかったハルちゃんが選んだのは、
有名なハッテン場〝メルティ劇場〟でおじさんにメチャクチャにされること⁉︎
早々に中途半端なお顔のおじさんに声をかけられ、
激しく攻められるハルちゃんですが、
気付くとおじさんはイケメンになっていて(笑)

モブのおじさんが本当に中途半端で笑いました!
かさい先生お気に入りですよね?
裏表紙のセンター張ってるじゃないですか( ̄∀ ̄)

そのおじさんは、性欲を満たしたらイケメンに変身……
する訳なくて、最初からミツミネすり替わっていました^^;
初めからハルちゃんを狙っていたミツミネにしてやられた感じです。

Hの時は淫乱になっちゃうハルちゃんと、
言葉攻めの激しいミツミネとのセックスはドロドロですよ〜

これからって感じで終わりますが、
描き下ろしに再登場してくれまーす^^


【お願い❤︎メルティ劇場】
表紙のお二人で、桐山と海老根のサラリーマン同士のお話です。

ゲイの海老根はノンケの桐山が好きです。
出向だった桐山が帰る前日、
二人は酔った勢いで〝メルティ劇場〟にーー…‼︎

メルティ劇場で桐山にイカされまくる海老根ですが、
桐山は海老根が好きで二人は恋人同士になります。
イケメン桐谷の執着や嫉妬がとても良く、
ちゃんと海老根が好きなんだと感じることが出来ました^^

遠距離?になる二人ですが、
今度は海老根が桐山の元に出向します。
そこには苅田というライバルがおり、
こいつが桐山と海老根の仲を揺さぶってきます!

苅田が「気持ち悪い」と何度も海老根をいじめるので、
本当にムカついちゃいました( *`ω´)

そして、3人は酔った勢いで〝メルティ劇場〟に行くことになるのですが、どうやらメルティは全国にあるみたいです(笑)

そこで苅田にHを見せつけようとする二人ですが、
苅田は苅田で大変なことになっていて大変驚きましたよ‼︎
苅田ドMなネコだったんですね……
ドSなイケメンにめちゃくちゃににされてました( ̄▽ ̄;)
いいのか苅田……

そんなこんななストーリーなのですがとても面白かったです!
とにかくエロエロで、受けはトロトロのメロメロだし、
攻めはSっ気たっぷりで言葉攻めもイイ‼︎

メルティでは人に見られて興奮するというのもありますが、
カップルにとっては〝見せつける〟という意味合いもあるのだと思います^^;

苅田のお相手がどこのどなたなのか分からずじまいだったので、
この二人のお話はもっと掘り下げて読んでみたいです!
描き下ろしは3カップル登場で最後まで飽きずに楽しめます⤴︎
カバー下には劇場に住む野獣も登場し、
ここでもクスリと笑えました。

設定がとても面白くて、全国のメルティで上映されている
『餓えた肉門』の煽り文句にも惹かれました(笑)
メルティ全部セットに含まれる〝Hなおかし〟って、
う◯ぎパイじゃないよね(笑)




8

とろけるどエロい映画館

誰もが映画鑑賞よりもエッチな事に夢中な乱交映画館
メルティ劇場が舞台のお話。
視姦上等、大興奮のカオスな空間です。

・言葉責め巧みなイケメンミツムネ×ピュアエロハルちゃん
・モテノンケリーマン桐山×控えめシークレットゲイ海老根
・謎の褐色クソモッズ×高慢生意気リーマン苅田

三者三様メルティ三昧。
そして中途半端なモブおっさんの存在感(笑)

攻めがSぶり発揮して受けを挑発的に見つめて、
それに身体も心も反応してとろとろにされちゃうのが
好きで、今回は桐山とクソモッズが個人的にドツボ!

汚いおっさんにめちゃくちゃにされたい願望の
初心なハルちゃんも、大人しめな海老根が恥ずかしそうに
乱れる様もエッチでよかったんですけど、生意気苅田が
褐色クソモッズにぐっずぐずにされちゃって、
あのツンツンした態度から豹変したドM淫乱ぶりに陥落(笑)

私的に後半苅田に持っていかれた感がすごくて、
描き下ろしでは乳首にピアスで調教されまくりな苅田の姿が…
そのお相手のドSなクソモッズ、電子おまけ漫画で正体が
明らかになります。

『飢えた肉門』と共にとろける濃い一夜が繰り広げられる
メルティ劇場…楽しく読ませていただきました。

4

乱交映画館でとろとろ♡

ゲイ乱交映画館「メルティ劇場」で何かが始まっちゃう2カプのお話

表題作の前に、メルティ劇場の仕組みがわかる30ページほどの短編が入ってます。
処女の晴明が汚いモブおじさんにめちゃくちゃにされたくてメルティ劇場に足を踏み入れるが超イケメンに惚れられて処女喪失♪

表題作は、
出向で本社に来てた桐山に恋をするも、相手はノンケだからと気持ちは隠して出向最終日。
送別会後に二人っきりで飲んだ勢いでノンケの桐山にメルティ劇場へ連れていかれるゲイの海老根。
順番は逆になったけど、メルティ劇場でガッツリトロトロのセックスをした帰り道告白される♡

表題作後半には当て馬が登場して海老根と桐山の間を邪魔するけど、メルティ劇場で別の男にガッツリドМ調教されてしまうという可愛く可愛そうな苅田(笑)


視姦されながらトロトロになる海老根&晴明&苅田はえろっえろでした♡

3

エロ本

何でもいいけど、お邪魔虫だった同僚さんが
どうやって、どうしたらあーなるのか
そこまでの展開が一番気になるのだが((´∀`*))ヶラヶラ
ドエスにつかまってドエムが開花した挙句があれっていうのが
経過がきになってしかたないよワタシは。

さて、今回はメルティ劇場というゲイのハッテンバを舞台に描かれた
オムニバス作品でございます。
ストーリーどうのというよりもカップルのあれやこれやな
プレイを堪能する方がメインやもしれません。

可愛いショタっこに見せかけて
オッサンをおいしくいただいてしまう、ちょっとした
展開が描かれておりますが、どうせなら1冊まるまる
そういう展開話が読みたいと思うのは多分わたしだけだろうな。
エロい子読みたいときにおすすめ。

3

見られて見せつけて。とろけて感じまくるエッチなカラダ♡

兄貴系映画を上映する「メルティ劇場」なるハッテン場からお送りするカップルたちのから騒ぎ。中編と短編からなるオムニバス。

◆「奪って❤︎メルティ劇場」
冒頭はいい感じの導入部篇。この後チンタラ続く表題作よりもこっちの方が私は好き。
彼氏にフラれてヤケになったハルちゃんは、「メルティ劇場」で処女を捨てようとしていた。しかも汚ないおじさん相手でいいや。乱交まがいに汚されてもいいや。
ビックリするくらい微妙なおじさん(ぷぷっ)に声をかけられて、なされるがまま気持ちよくなってしまったハルちゃんはずっと目を閉じていたのだが…。目を開けるとそこにはキラッキラのイケメンが⁈ おじさん、性的に満たされるとイケメンに変身するタイプの人⁈ (そんな事あってたまるか‼︎ )イケメンのテクに翻弄されたハルちゃんは可愛くイキまくり。その様子に煽られ、あっという間に虜になってしまうイケメン・ミツムネさん。チャラいイケメンだった彼はハルちゃんの一途な彼氏になると誓うのでした♡ めでたし!

◆「お願い❤︎メルティ劇場」
短い間出向で本社に来ていた桐山に想いを募らせていた海老根。イケメン桐山は優しく接してくれるけど、ノンケの筈。「メルティ劇場」はそんな2人をも大胆にさせる。見られて見せつけて。恥ずかしいのに感じまくる海老根の可愛さにやっぱり煽られてしまう桐山。「メルティ劇場」にかかればノンケの壁なんて軽く飛び越えさせてしまうのだ。
めでたく想い繋がってからはラブホへGO!エッチしまくり。
後に支店に戻った桐山の元へ出張で向かう海老根とか。当て馬苅田登場とか。その苅田も「メルティ劇場」で警備員にメロメロに犯されまくるとか。数珠繋ぎ的に皆んなお相手が見つかってエロエロ、メロメロ、ヤリまくり。

◆描き下ろし「みんなで!メルティ劇場」
そんな皆んなで、メルティ劇場。カーテンコール的に役者が揃って再登場です。微妙なおじさんも再登場します。絶妙に変な顔を主張するおじさんですが、好みとかは主張せず。イケメンに横取りされたハルちゃんに異様な執着をするでも無く。ただ居るっていうところが笑えます。
カバー下の肉食系きゅるるんリンくんが気になる。「メルティ劇場」は色んな恋が集うハッテン場。と言うにはやや弱め。これはまだまだ続けて行かないと、その良さも出て来ないかも。もっと色んなカップル誕生で続いていく事を期待したいです。

3

アホエロが読みたい時向け

ゲイ乱交映画館で人に見られながらエッチ。
最終的に愛はあります。1冊を通して長い物語では無く、短編と中編で2CP出てきます。

最初のCPは完全にその場で出会って即エッチ。逃げたところを追い掛けられてまたそこでもエッチ。ハッピーエンド。
2つ目のCPは中編。元から知り合い。メルティ劇場で盛り上がって思いが通じて、その後はホテルで改めてエッチしたり、モブが出てきて受けが攻めに相応しくないと言われたり。

エロはきちんとエロいので好きな人は好きかな。あんまり何も考えずに読めるがっつりエロの短編と、エロ短編に無理やり続編を作った中編の印象が否めない。続編はちょっと蛇足。

なんでかわからないんですがちょっと読みづらかった印象。1ページに対する密度が高いのかな。あと書き分けは苦手なんだと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う