神楽坂ラブストラクト

kagurazaka labstract

神楽坂ラブストラクト
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×214
  • 萌15
  • 中立15
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
8
得点
196
評価数
67
平均
3.3 / 5
神率
23.9%
著者
かさいちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801954779

あらすじ

口を開けば罵詈雑言の嵐…! !
中途採用で入社した大津が一番最初に組んだ相手は先輩で超ドSの毒舌男、コースケ。

職場の飲み会でも喧嘩をうるような態度で、カワイクナイ発言連発。
どこまでも煽ってく態度に頭にきた大津はその毒を吐き続ける口をキスで塞ぎ、襲ってしまう。

次の日には何事もなかったように仕事の話、いつもと変わらない態度。
それどころか今度はコースケが主導権を握って大津に乗っかってきて――。

これってもしかして、いわゆるセフレってやつ…???

表題作神楽坂ラブストラクト

大津 デザイン会社に中途採用された
コースケ 会社の先輩

同時収録作品おなじあなの

帝(ヤリチンデザイナー)
日柳 帆立(別れさせ屋)

同時収録作品おなしあなの

萩原(サラリーマン)
帝(ヤリチンデザイナー)

その他の収録作品

  • 俺の彼氏のコーちゃんは。(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

さて

帝先輩、アナル処女卒業おめでとうございます!((嬉´∀`嬉))ノ
ゲスな男が凌辱されちゃうとかメシウマ☆でございます。
や、お話ももちろん可愛かったんですが
そこが一番インパクトといういか、個人的に、ピンポイントに萌えた。
ピュアっピュアなお話も好きですが
ゲスがひどい目にあわされるって素敵やん?
おいといて

お話は、会社の上司と後輩。
きょうもギャンギャン口喧嘩・・の行き着く先は?!
私個人としては、なんでそこで急にまぐわうねん!
と思ってしまったのですが、読み込みがたりないだけ?
本人たちがいいならいいのですが。
ただ、これ帝先輩にグズグズにされてたのであれば
後輩君にこんどはグズグズに甘やかされちゃってほしいですな。
生意気な口もきけないくらいヘロヘロにw
かわいかったです。

2

最後まで読むと良かったと思える。

最初のエッチで投げ出さなくて良かった。
最後まで読むとコースケが可愛く思えてきます。才能があって乙女で天の邪鬼でツンツンの裏には大津の事を考えて落ち込んだり喜んだり嫉妬したり一喜一憂したり。

すぐエッチは苦手なのです。
なんで?どうして?そんなことできるの?とどうしても納得いかなくて。

でもコースケがずっと大津を俺のものと思ってたのならアリかな。

大津は流されタイプでコースケにメロメロで彼女と別れ、やっと両思いエッチ!な時にコースケの先輩の事で口をきいてもらえなくなり。
しかしそれはコースケが大津に嫌われたかも?と落ち込んでたみたいで。

なんだか過激で極端な人ですね。大津だけがコースケの可愛さを愛でてればいいのかな?お幸せに。

引き抜きの話も先輩のいる会社だから阻止したのかな?それともまだ実力がないから止めたのかな?ただ離れたくなかっただけなのかな?

その先輩のお話が収録作です。
ゲスいですね。しかし逆襲されて。別れさせ屋にも忠告されてたのに。
何があってもただでは起きない逃さない男ですね。
ただ別れさせ屋だけはどうかな?

0

表紙買いしてみましたが…

かさいちあき先生は前作もなかなかエロかったので、今回も表紙がエロいしそっち方面に期待して購入です。
しかしプレイはエロいのですが…う〜ん、キャラに魅力を感じることが出来ず萌えなかった。

♦︎神楽坂ラブストラクト♦︎
年下ワンコ攻めのツンデレ美人受けのオフィスラブという大好物なカップルのお話です。

中途採用で入社した攻は、先輩の受から常に罵詈雑言を浴びる日々。
飲み会の席で、他の社員にも毒舌を吐く受けの酷い態度から、攻めは受けを犯してしまい…。
その後も受のエロさや辛辣な態度の裏にある可愛さに抗えず身体の関係は続き、毒舌ツンデレ受に攻は翻弄されっぱなしで…⁈


受けは可愛いと思わないでもないんです。
普段の攻への暴言も愛情の裏返しで、ほんとは攻めのことが大好きで仕方ない極度のツンツンツンツンデレだと思えばまだ可愛く見える。

でも攻めがですね、煽ってくる受けの挑発に乗って、そのまま犯してしまい、襲ったはずが数分後には受に主導権を握られているヘタレぎみな男。
それ以来、彼女がいる身にもかかわらず受のエロさが頭から離れなくて悶々とする毎日。
受に夢中で彼女が居ることを忘れる始末。
受が自分に可愛い態度をとってほしいから、恋人と今すぐ別れると言ってみたり、それに対し受は今すぐじゃなくていいとか言ったり。
セックスのときにSっ気を発揮するのは多いに結構なのですが、その他がいいかげんに思えるキャラ。

セックスだけが先行して、二人の気持ちや関係や言ってることや行動が支離滅裂に思えて「?」となりました。

エロは、初セックスで受けが自らのtnkを攻のネックレスで縛ったり、会社のパソコンの前で録画ソフトを起動しながらのセルフハメ撮りプレイ(しかも潤滑剤がヨーグルトw)と、なかなかバラエティ豊かでした。

もうひとつ、受の初めての男であり、仕事をパクって逃げて行ったクズ男のスピンオフが入ってます。
クズ男と別れさせ屋のお話。
こっちもキャラに感情移入できなかった…お話自体は凝った設定だと思うのですが、攻も受も脇キャラもクセがありすぎ?


デビュー作のほうがまだ面白かった気がします。
表題作の攻が、もっと早くちゃんと恋人とけじめをつけて、受への気持ちをしっかり自覚してたらもうちょっといいイメージ持てたかな。
とにかく一言でいうと支離滅裂なお話だったかな〜と思います。

7

クズ三昧

中途採用でデザイン会社に入社した大津(攻め)は、イケズな先輩コースケ(受け)からきつく当たられ続けている。ある夜の飲み会でいさかいになったとき、口を塞ごうとして思わずキスしてしまったが、翌日もコースケは何もなかったかのように平然としている。でもそれ以来、そういう雰囲気になってもコースケが拒まないので、何となくセフレのような関係になるが…。


イラストはいさか十五郎さんみたいで、綺麗だけどクセのある感じでした。
内容は、ちょっと個人的に萌えツボにはハマらなかったかな、と思います。受けがツンデレなんですけど、あまり可愛げのないツンデレで、可愛く見えないどころか「この人ちょっと痛い目に遭えばいいのに」って思ってしまう。攻めが人格者(ただし流され系)なので余計にそう思うのですが、攻めを引き抜かれたくないがために攻めが人の作品をパクったという噂を流す(実際そうしろと言ったわけではないけど、結果的には)のはさすがにやり過ぎだし、自分のわがままのために攻めの将来に傷をつけるのは何様かと思う。あと攻めの作品を破いたり、やってることは完全にモラハラです。
そんな受けにほだされる攻めもまた理解できない。彼女がいたのに彼女と別れて受けと付き合うし、彼女も気の毒だし攻めもクズに捕まって気の毒。クズな受け自体は別に嫌いではないのですが、この受けは人として好きになれなかった。

この受けがクズになった理由が、昔の男が受けの作品をパクって逃げた、ということだそうです。
そしてその受けの作品をパクって逃げた先輩が、次の作品の主役でした。

これもとことん先輩がクズで、出てくるキャラの区別もつかないし、そもそもボーイズ「ラブ」じゃない。先輩は受けたり攻めたりする人ですが、享楽的で人の気持ちをまるっきり考えない性格で、こちらも好きになれる余地のないキャラでした。あと根本的に話の内容が理解できなかった。キャラの見分けもつかなかった。

イラストが結構綺麗なので中立にはしましたが、性格のマシなキャラが表題作の攻めだけで、ちょっと読んでて疲れる感じでした。
クズなキャラがお好きな方には面白い…かな?

3

首を傾げることしばし…。

ごめんなさい、読んでいて何度も、え?!そうくるか…と引きました。

デザイン会社で勤務する同僚二人のお話。
攻め:彼女持ちのノンケ
受け:口が悪くほぼツンで性格も歪んでる厄介なやつ。

まず受けが性格悪すぎます。ツンとかデレとかそういう次元じゃなくて社会人としてどーなの?というレベル。同僚が作ったデザイン画をバカにして破るわ、攻めの引き抜き先にパクリ疑惑を吹聴して引き抜き話をおじゃんにするわ…。狭い社会に好きな相手の悪評(しかもデマ)を垂れ流してどうするの?

そして攻め。
会社の飲み会の最中、受けの態度で場の雰囲気が悪化したので、受けを抱えて空いてる個室へ連れ去る→受けの挑発に乗ってキスをする。
ここまでなら理解できます。でもそのまま合体しちゃうです…。会社の飲み会で同僚も別室にいるし、鍵なし個室なのに凄い度胸です。しかも二回も!
そして攻めは彼女持ちです。彼女とお揃いのネックレスを引きちぎられて受けのアソコに巻き付いた様子を見て興奮とか下卑てて嫌だ。これって立派な浮気よね?
その後、セフレ関係みたいになり、受けのことをぐるぐる考えたりして、ずーっと彼女の影が全く見えないので、あれ?別れたのかな?と思ったら違いました。

受けへの気持ちに夢中で彼女の存在を忘れていたんだそうです…。何それ。思わず失笑。

ツンデレ受けが攻めのことを好きすぎるという構図は好きなんだけど、二人ともキャラとしてどーなの?という感じだったので、お話に入り込めませんでした。

そして【おなじあなの】
表題作の受けの元カレのお話。元カレがこのうえないゲス野郎です。
ゲスの処女喪失、ざまあ!話を描きたかったのかもしれませんが、キャラが見分けがつかないというか、これ誰?状態が続くので読んでて疲れました。ゲスの処女喪失話というだけで、ときめきとかは皆無です。読まなくても良かったというレベルでした。。。

1

よくわからない

他の方も仰っていますが、本当にキャラに感情移入できません。
お話全体が支離滅裂というか、ぶっとびすぎて失笑もの。
受けも攻めもよくわからないし、実際にこんな人がいたら関わりたくないレベルです。
攻めには彼女がいますが、その彼女も後半まで全く影を見せないので、別れたのかまだ交際してるのか、そこまで読まなければよくわからない。

もう一つのお話もキャラの見分けが全く出来ず、またキャラの気持ちも何一つ理解できず、あまり萌えとはなりませんでした。

エロはエロかったので、中立で。

1

攻めの思考についていけないまま…

表題作+短編が収録されています。
本棚整理中にレビューを書いていなかったものを読み返しているので、一回読んだはずなのになぜか内容が記憶に残っておらず。多読の場合レビューを残さないとこういうことが起こるのですね。

デザイン会社の先輩と後輩の話です。
畑違いの職業からデザイン会社に引き抜かれて半年。
大津は最初に組んだ先輩・コースケの嫌がらせや嫌味に辟易していたが…。

うーん。
大津(攻め)がひたすらコースケを可愛い可愛いと言うのですが、ツンデレと言えないほどの立派なツンツン。しかも嫌な態度ばかり取るのが全くかわいく見えないという…。困った。
こういう作品の場合、攻めと一緒の目線になれないと楽しめないですよね。急速に「コーちゃんかわいい!」と言って、挑発にのっていたしてしまったりするのですが、か、かわいくない…。ただただ思うのは「社会人としてこの態度の悪さは何なの?」とだけ。仕事ができるから容認されているようですが、後輩を「オレの椅子」と言って膝に座るのを変に思わない職場。いくら自由な雰囲気でもないわーと思ってしまうし、コースケが可愛いなら「恋する◯君」の先輩なんてめちゃかわのデレデレ!というレベルなんですよ…。分かりますか、この嫌味な性格のレベル。

そして大津に共感できないのが、彼女がいるんですよね。彼女とお揃いのネックレスをコースケが奪い取って自分のムスコさん的存在に巻くというイベントがあるのですが、それも容認。しかもコースケに指摘されるまで自分に彼女がいることを失念しているうっかりさん。うっかりさんというレベルなのかな。まあ、押し切られて付き合ってたようなので彼女の対応もあっさりで、読者が感じるであろう「大津は浮気者!」という嫌悪感を和らげようとしているのですが、むしろ大津という人間に親近感や共感を感じる部分がないという事実が浮き彫りになっただけでした…。

大津目線の「かわいい!」連呼だけでは読者は「かわいい」と思えないし、まず大津の目線でこの作品を見られるほど大津が魅力的ではないのが致命的でした。残念だ…。
細かいことを言うと、「仕事はできる」はずなのに人間関係で簡単に大事な仕事を放り出すコースケや、専門でデザインを勉強してきたわけでもないのに入社半年でさらなる引き抜き話が浮上する大津の才能の不思議、自社所属のデザイナーに不名誉な偽情報を流して会社の不利益になると想定できない子供思考などなどツッコミどころはいっぱいあるのです。
デザイン会社という設定では高い確率で出てくる「入社時に可愛がってくれたのにデザインを盗んでいった先輩」も登場していましたが、そこまでうまく使いこなせていなくて「このエピソード、必要だったかな」と感じてしまったのも残念でした。

同時収録はその先輩の話でした。想像以上のクズでした。

描き下ろしとあとがきは餃子好きの方は要回避です。
食べ物をそういう風に扱うなら擬人化して…。

1

ツンデレじゃない。性格悪いただのクズ受。

(※辛口レビューになっております。嫌な方は飛ばして頂けると幸いです。)
絵が好みだったので何の情報も仕入れず読んでみたのですが、これはヒドイ。キャラにもストーリーにも共感出来ず、表紙詐欺だろうと言いたくなりました。

デザイン会社に中途採用されて半年の大津×先輩・コーちゃん。
受のコーちゃん、1ページ目から嫌味言いつつ攻・大津の書類を破っています。
やたら大津に絡み、キツく当たるコーちゃん。周りも見かねて飲み会で散々受の悪口を言いまくり。
いよいよコーちゃんと他の先輩が言い争いになりそうな状態を見かねて飲み屋の使っていない部屋にコーちゃんを担いで行く大津。
憎まれ口を叩き煽るコーちゃんを黙らせるため押し倒してお仕置き的な感じでHしてしまうのですが、これ襖だし、声ダダ漏れだし、職場の飲み会の最中なのにバレるだろう普通…という常識がこの作品には通用しません。
このHの時、攻のネックレスをプレイに使うんですが、これ、実は攻の彼女とお揃いのモノ(…いやぁ、ひくわー)。翌日汚した服とネックレスを返してもらいにコーちゃんの家に行く大津。またしてもからかわれ結局Hしてしまい、セフレのような関係に…。
そんな時大津に引き抜きの話が舞い込むのですが、受が「大津は人のデザインをパクってる」とデマの噂を相手の会社に流しせっかくのチャンスを潰してしまいます。
「なんでそんなことするの?」と尋ねる大津に「私物をどうしようと俺の勝手」と返すコーちゃん。「いつから俺コーちゃんのものになったんだよ」と言いつつ頬を染める大津。
…わからない。自分の将来潰されて、それでも怒らない攻の気持ちがわからない。そして、いくら近くに置いておきたいからといって攻や会社の信用を貶めてまでデマを流す受の性格の悪さが理解出来ない。
そもそも攻の前職はバーで、専門的な勉強をしたワケでもないド素人。デザインの仕事を初めて半年足らずの人間を引き抜くのは何故???
受は基本オレサマなので、攻をイスに座らせ、その上に座り仕事をし、攻を「俺のイス」呼ばわりしているんですけど、上司はなぜ注意しないのか。
どうやら受の性格が歪んだのは、以前可愛がってくれた帝という先輩に自分のデザインを持ち逃げされたせいらしいのですが、その事を攻が尋ねると、突然怒り出し電話に出ない、部屋を訪ねても無視する受。まぁ、ここまでは個人的な事なので別にどうでもいいんですが、会社にも出てこない上に連絡もしない。
常識的に考えて、クビにしてもいいと思うんですよね、この受。本当に今まで社会人としてお仕事やってきた人なんでしょうか。この受のあまりの非常識さに話が全く頭に入ってこないんですよ。ツンデレでもなんでもなく、自分勝手なクズだよ、これじゃ。
で、結局会社来ないで攻を無視していた理由が「先輩との事を知られて、大津に絶対呆れられると思ったから」って、なんじゃそりゃ。
いくらBLはファンタジーと言っても、普通の会社が舞台の作品である以上やっていいことと悪いことがある。この作品はそこを全く弁えていないので、不快感しか残らない。
BL読んでこんなに嫌な気分になったのは初めてかもしれません。

同時収録されている「おなじあなの」は、先ほどの受のデザインを持ち逃げした先輩のお話。クズの周りにはクズが集まるんだなという内容でした。

この作品は、表紙だけ見ると、受けがいかにもツンデレに見えてしまうんですよ。なので、読みたい側が期待しているモノと実際の内容にかなりのズレが生じてしまう。帯でも、裏表紙のあらすじでもいいので「クズ受」とはっきり明記すれば問題ないと思うのですが、作家さんは受がクズだという自覚がないのでしょうか。
ちなみにカバー下には受目線のお話が載っているのですが、こっちのほうがコミカルだし、受の謎すぎる脳内がはっきりわかるので、なぜこの路線で行かなかったのか残念でなりません。
絵はキレイだし、受も見た目だけはとても好みだったので、しゅみじゃない寄りの中立評価にさせて頂きました。
クズ好きな方には楽しめる作品かもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ