遅れてきた春は。

okuretekita haru ha

遅れてきた春は。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

233

レビュー数
1
得点
54
評価数
14
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
野萩あき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796413695

あらすじ

38歳童貞。昼は会社員、夜は官能小説家。
38年間、童貞として生きてきたサラリーマンの野内。女性に興味がないわけではなく、ただ機会に恵まれずエロへの妄想力だけ逞しく育った…。昼は会社勤めをする傍ら夜は官能小説を書いている。そんなある日、通勤中に可憐なお嬢さん・チカと理想的な出会い方をして食事に誘われる。それからデートを繰り返し、少しだけ積極的なチカに流されるまま童貞卒業を迎えた……のだが、チカはなんと女装した青年で――!?

表題作遅れてきた春は。

野内 久典,38歳,会社員兼官能小説家
チカ,会社員

その他の収録作品

  • 本日〆切(描き下ろし)

レビュー投稿数1

38歳童貞の恋の行方は?

野萩先生の新刊、楽しみにしていました!
攻め視点で進むコミカルシュールな話かと思ったら、視点が受けにうつった途端、一気に切ない展開になります。
そして、全体的には甘々で濃厚なエロが楽しめる作品です。


野内は38歳の童貞サラリーマンですが、もう一つの顔は官能小説家。
ある日、可憐な女性・チカと知り合い付き合います。
そして迎えた初Hで、野内はチカのムスコ(tnk)と対面しーー…!

実は、チカは女装男子で!という驚くべき展開にも、野内は引かない。
女装がバレたチカをすんなり受け入れてしまいます。

野内は無表情ですが、妄想力豊かな愛すべきキャラです。
無表情と心の声のギャップに何度吹き出したか知れません^^;
多分、野内にとって性別は問題ではなくて、要は相手を好きかどうかが重要なのです。
この野内の人間性に驚かされますが、そこがとても魅力的だと感じました^^

童貞と処女の初H♡
そして作中のHは、どれも濃厚でエロいです。
チカが積極的で中に欲しがったり、必死に野内を求める姿がドエロかった‼︎
kindleの修正もgood job!

一話で結ばれて、その後は甘々エロエロが続くかと思ったら、四話でチカ視点に切り替わり切ない流れに。
ここからチカの一途な想いを知ることになるのですが、チカの中の野内の存在の大きさには驚かされました。
また、チカの姉がとっても素敵!

全てを無条件に受け入れる野内は大人だし、やっぱりすごい男だと思います。
よくぞ今まで真っ新なままでいてくれたもんだと(笑)

大人の男二人が初恋を実らせる素敵な話です^^
きっと、二人にとって最初で最後の恋になるんだろうと思うと、
それだけでとても幸せな気持ちになりました。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う