甘い指先で舐めてほぐして

amai yubisaki de namete hogushite

甘い指先で舐めてほぐして
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×210
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
75
評価数
18
平均
4.2 / 5
神率
38.9%
著者
猫野まりこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784832291393

あらすじ

芸能マネージャーの渡辺茜は、
印刷所の跡取り・尾崎誠吾と付き合って3年。
今も尾崎は茜を溺愛し、その想いを率直に伝えてくれる。
愛される喜びを知った心と体は、もう彼を手放せなくなっていた。
しかしある晩、尾崎の自宅前で鉢合わせた尾崎の弟・晃汰から
突然「今すぐ兄貴と別れてくれ」と迫られる。
脅しには屈しないつもりでいた茜だが…!?
くるおしい愛を捨てられない──大人のラブストーリー。
「同人」シリーズ最新作。

表題作甘い指先で舐めてほぐして

尾崎誠吾,印刷所勤務
渡辺茜,壱都のマネージャー 

その他の収録作品

  • 同人日本昔話〜かぐや姫〜
  • 甘い生活

レビュー投稿数5

ここにきてこのカップル?と思ったけど、最高だった!

同人シリーズのスピンオフです。
メインの壱×芳カプ作品に収録されているサブカップル・誠吾×茜による一冊!
今更この二人がメインの作品が出るとは……驚き!
人脈が繋がっているので、シリーズ未読だと分かりにくいかもしれません。


一途な印刷屋さんと、ツンデレ美人マネージャーによる大人の恋です。
ラブラブな二人の間に割って入るのは、誠吾の弟・晃汰。
「今すぐ兄貴と別れてくれ」と、弱み片手に脅されて……と、いうストーリー展開。

今回は、とにかく茜の強さに心持っていかれました。
誰にもいえず一人で戦う茜の強さ、気高さ、健気さ。
何でも頼って欲しい誠吾の気持ちを分かりながら一人で晃汰と対峙するのは、話したら大切な人が傷つくと分かっているから。
ここで誠吾とすれ違って、好きなケーキも喉を通らず痩せていく茜が切なくて切なくて( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
誠吾から別れを切り出されたら、黙って受け入れようと一人泣く姿にウルっときた。

そして、少し意地を張った誠吾と仲直りする茜が可愛くて、キュンとしました。
強気でポーカーフェイスの茜が、「別れなくてもいいんですか?」と言って、誠吾にぎゅっとしがみつくところはグッときた。
いつもは分かりにくい茜の愛の深さ、本心を知れた素敵なシーンでした。

晃汰は兄思いのいい弟というより、自分中心のちょっと傲慢な男という印象。
誰にも言えなかった性癖を茜に暴かれ、詰め寄ったところを誠吾に殴られる場面はスッとした!
誠吾は恋人としても、兄としてもいい男なんだよ。
この晃汰の片思い相手が、蒼真の兄というところに繋がりと広がりを感じました。
ここはまたスピンオフで読んでみたい!

それと、エロ過ぎるHは必見です!
特に、茜のフェラ♡
ゴックン好きの自分には堪らなかったです(//∇//)

9

ついにここまで来たか(∩´///`∩)

同人シリーズ9作目。神寄りです。

今回のメインCPは今までも度々収録されていますのでザッとシリーズまとめ。
①同人に恋して
②同人に夢みて
③強引作家と負け犬の初恋
④同人で感じて
⑤強引作家と雛鳥の片恋
⑥同人に潤んで
⑦強引作家と恋猫のとまどい
⑧その恋は彼を蝕む
⑨甘い指先で舐めてほぐして

尾崎×渡辺CPの歩みは①〜⑦で少しずつ進み、今回⑨でまるっと1冊かけてガッツリ!!って感じですヾ(*´∀`*)ノ作者さんの言葉にもあったけれど読者的にもこの2人が表紙になる日がこようとはッッッ…!

一気に追うのは大変なので、とりあえず未読で読んでも大丈夫な気がします。(あくまで私感ですが…。最初から読まなきゃ絶対理解出来ないよ!ってほどでもないかな?と。電子の試し読み部分の説明でなんとなく理解出来ればイケる気がする。あくまで私感ですが(大事なことなので何度も言う))

今回表紙を飾り、書影を見たときは喜ばしいなと思いつつ個人的に少々気がかりなことがありまして…。というのもシリーズ⑧作目で脇が主役になった途端、イメージをバッサリ変えてしまったキャラ変が私は受け容れられなかったんですね。尾崎×渡辺もそんなことになったらどうしよう…と緊張しながら購入したんですが全くの杞憂でした。

むしろ今までの読み切りなどと違い、話数をかけた展開なのでめちゃくちゃ良かったです…!(出来上がったCPのあまあま大好きー!)


さてさて。
最初はセフレから始まった2人ですが、尾崎の粘り勝ちで渡辺の心をほぐすことに成功し、今ではラブラブのカップル。順調に愛を育んでいましたが、ある日尾崎の弟から「別れてくれ」とお願いされるんですね。渡辺は当然その言葉を無視したけれど壱都のスキャンダルをチラつかせ脅されてしまいーーーと展開します。


んん⁉︎となったのは尾崎弟ですよ!
尾崎そっくりな顔で黒髪ver.になっただけなのに尾崎よりイケメンに見える不思議(ごめん尾崎…w)このシリーズ、攻めは派手な人が多いから尾崎はちょっと地味だったんですよね。見た目が。(中身はイケメンなのにな)いやはや、髪を黒くして顔を険しくするとこんなイケメンになるんだ…尾崎…。ってなもんで、ちょっと新鮮な気持ちでした←

弟はちょっと卑劣な脅しをかけてくるけれど、それには理由があって。うん。やり方は間違ってたけれど悪い人ではないと思う。というか理由を知るといじらしくて切ない気持ちが増す。描き下ろし部分のラストには更に健気さが描かれていて切なキュンでした。弟も幸せになれるといいなぁ…。

弟の脅しに屈しない渡辺はすごくカッコ良かったです。蛇の道は蛇というか、芸能界の荒波を歩いてきた人にとってはこんなこと茶飯事だったんだろうなぁ…と。そう思うと強靭な精神じゃないと生きていけないですよね。そんな渡辺が尾崎のことになるとシュンとなったり不安になったり。すっっっごい可愛くて萌えました…!!!

傷つき萌え属性持ちには2人のすれ違いや渡辺の涙が萌えにグサグサ刺さって…ほんともぅッッッ/////シリーズ最初は不感症で何言われても動じないような鉄仮面っぷりだったのに、尾崎に愛されまくったおかげでちょっとだけ弱くなったというのがグッときちゃう。あまあま大好き人間にはこの2人の恋愛過程は堪らんです(∩´///`∩)

今回渡辺を泣かせるほど傷つけちゃう尾崎でしたが、愛ゆえに憤りが抑えられなかったのでもどかしかったです。でも前半のあまあま部分がすごく良きなんですよ。惜しみなくひたすら渡辺に愛を与える尾崎はめちゃくちゃかっこいいと思う!!!

描き下ろしかな?最後の後日談は尾崎弟のフラグっぽいんですが、「またCP増えるの?」という戸惑いよりも「是非見たい!!!お願いします!!!」って気持ちになる。めっちゃ気になるしこのままじゃ切なくて可哀想だもん。上手くいくいかないは置いといて区切りがつくといいなぁ…。

同時収録の同人日本昔ばなしは「かぐや姫」
今回は芳史作の同人なんです…!(作中の芳史デレまくってるw)
枠外は香瀬×純でした。

7

頑張ったね!尾崎君!

大好きな作家さんの、大好きなシリーズの最新刊!と、読むのをとっても楽しみにしていました。あらすじを読んでいなかったので、まず思ったのが「あ~、この2人か~。実は、尾崎先輩ってあんまり好きじゃないんだよね~」でした(失礼ですね。ゴメンナサイ)。

…が!!面白かったです~。とっても萌えました!
あのクールななべっちの熱い想いが見れて、それだけで感無量です。別れを弟に強要されても、ハッキリと別れないと啖呵を切ったのが、最高にカッコ良かったです。逆に弟君を脅したのが、冷血ななべっちらしかったですが(笑)。
一方の尾崎先輩は、相変わらずに四六時中ベタ惚れで、安心できて良かったですね。

本家本元の芳史カップルは『同人昔ばなし』で堪能できたし、純たちも枠外で楽しめたし、『その恋は彼を蝕む』の2人も登場したし、弟君の好きな人はその『その恋は~』繋がりだし、盛り沢山で大・大・大満足な1冊でした。
その弟君の恋バナもスピンオフで読みたいなぁ~と期待しつつ、幸せ気分で読み終わりました。

2

表紙のビジュアル通りです!

同人シリーズでお馴染みのちびキャラが、殆ど出てきませんでした。
とても、その点で普通です。
これは、尾崎誠吾と渡辺茜の愛の話。

こちらを読んで、まずは誠吾さん格好良いではないかと思いました。
ずっと、茜だけを好きでいる誠吾ですけど今回は愛の深さを感じるエピソードがたくさん有りました。
好きで好きで仕方ないんですよね。
茜も、誠吾の可愛いお願いを聞き入れていますが更に可愛い返しでお願いを仕返していたり。
もう甘い日々が展開しています。


だけど、誠吾の弟の晃汰が現れてからがシリアスモードに変化します。
ですが、茜が誠吾同様に深く愛している気持ちをちゃんと持っていて、同じ熱量で相手を守りたいと考えていたところが良くわかりました。

晃汰も、守りたいものが有ったが故の行動だったんです。
でも、人を中傷したり、貶める行動を取ろうとしたことは許せないと思いました。

誠吾と茜の気持ちが深く通じ合えて、良かった。守りたいものはお互いですし、晃汰も、救われると嬉しいですけどね。

おまけは、昔話かぐや姫。
ちびキャラが可愛い。壱都と芳史です。

あ、本編では芳史がなかなか深みのある言葉を発しています。芳史、素晴らしい。
そして、なかなか大人の誠吾と茜のセックスは濃いめ。色気溢れておりました。

1

オトナな恋愛模様

同人シリーズ最新作はまさかの尾崎×茜。
シリーズはなんと9冊目とのことです。
キャラもたくさん登場しますし、茜がバリバリドツンな頃からのふたりの出会いとそこから関係を縮めていく過程を知り、今作を読むとより感慨が深まるのではないかな、と思います。

壱都と芳史のようなど甘〜なカップルというより、ちょっと落ち着いて見える尾崎と茜のオトナな恋愛模様。
シリーズを通してみると尾崎が茜へと向ける愛情の度合いがだいぶと過剰に見えるのですが、茜のあのクールビューティポーカーフェイスに隠れ秘めた尾崎への深い情愛が今回の見所でございます。

尾崎の弟の晃汰が茜と兄である尾崎の関係を絶たせようと絡んでくるのですが、この晃汰もまた…な展開でさらに気になるキャラが増えました。

その晃汰絡みで一悶着あるものの、全てをさらけ出すことが是非ではない、でも相手を思いやり想い合ううちに自然とそうなっていく…、長く付き合ってきた尾崎と茜だからこそ、これからも関係をさらに築き上げていくという覚悟を感じられるふたりの出した答えが素敵だなあと思いました。

どのカプもメインを張れる同人シリーズの面々のすごさを再認識させられた一冊でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う