ケイ×ヤク -あぶない相棒-(3)

keiyaku abunai aibou

ケイ×ヤク -あぶない相棒-(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
薫原好江 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
講談社
レーベル
KCデラックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784065197967

あらすじ

莉音の事件を追って真相へと徐々に近づく一狼(いちろう)と獅郎(しろう)。一狼は事件を追っているうちに20年前に起こった爆破事件と莉音の事件が関係し、その裏に上司の田口の存在があったことを知る。田口への疑心暗鬼がつのる一狼。そして田口に命令されて訪れた部屋では意外な人物が待っていた。一方、風邪をひいて体調を崩していた獅郎は、雨が降りしきる中、敵に誘拐され激しい拷問を受けていた――。

表題作ケイ×ヤク -あぶない相棒-(3)

国下一狼,警視庁公安捜査官
英 獅郎,ヤクザ若頭

その他の収録作品

  • おまけ⑮〜⑰

レビュー投稿数2

いろいろな意味で目が離せない

『ケイ×ヤク -あぶない相棒-(2)』の続編になります。
薫原好江先生は絵が綺麗で、コマ割りがスッキリしているので読みやすいです。

警視庁公安捜査官 国下一狼と峰上組若頭 英 獅郎のお話。

前作では、一狼の協力者からの情報で遊園地に向った2人。
遊園地では一狼とカーチェイスを繰り広げた男が再び2人を狙って攻撃してきました。
一狼は「主人についての情報」と交換条件を提案し、男が「爪を噛む…自政党議員の…」と言いかけたところで、銃で頭を打ち抜かれて死んでしまいます。
身を隠した2人は建物の上に一瞬だけ人影を見ました。
それは、黒いボディスーツにサングラス、手には狙撃銃を持った女で…。
今作は、その続きになります。
翌日、一狼と獅郎は遊園地の事件が「単独犯の放火事件」に情報操作されていることにニュースで知ります。
疲労から熱が出た獅郎を看病していた一狼ですが、「テトラビル爆破事件」の再調査に向いました。
その後、熱で寝ていた獅郎も仕事で外出せざるを得なくなりますが、その出先で謎の女に拉致されてしまい…。

3巻では、「ジョーカー事案」の真相にさらに迫ります。
今作の最大の見どころ…それは、一狼と獅郎がこの「ジョーカー事案」の衝撃の真実を目の当たりにしたことでしょう。
いや~本当に面白いです!
もちろん漫画なのでフィクションというかファンタジーなのですが、スリリングな展開にコミカルさもあり、冒頭からストーリーに惹き込まれました。
複雑な人間関係も少しずつ解明されて、最後までハラハラしながら読むことができます。

おすすめは、おまけ漫画「おまけ⑭」の一狼の言葉に獅郎の心が突き動かされ、一狼が作った枝豆入り玉子焼きをつまみ食いするシーンです。
今だけは平和で幸せな2人の時間…それは、獅郎にとって「帰りたい場所」になるのでした。
獅郎!それは恋だよ!恋!! (੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾キャー
だって、汚れてしまった左手をハンカチで拭いていたのは、看病の時に一狼がずっと左手を握ってくれていたからだよね?
…獅郎の手を握った時の一狼が「千夏」と寝言を言ったのは悲しくなりましたが。

とうとう今作ではBL要素がちょっとありました。
獅郎は謎の女に拉致監禁されて拷問を受けるのですが、その時に思い出すのは一狼のことです。
帰りたい あの家に
キッチンで玉子焼きをつまみ食いして一狼に怒られた、あのシーンが頭に過ります。
もう獅郎は一狼が好きですよね。
でも、一狼は?
たしかに、獅郎のことを「特別」だと感じていますが、それが恋愛感情なのかは疑問です。
千夏ちゃんの存在もあるし…。
おまけに、千夏ちゃんは20年前の「新宿テトラビル爆破事件」の献花台に手を合わせる優しい子なのです。
それでも、やっぱり一狼は獅郎とお付き合いして幸せになって欲しい(泣)

最後は、監禁された獅郎を救出するため、一狼「たち」は廃墟化している東京湾のS島に向います。
謎の組織と対峙しながらなんとか獅郎を確保した一狼。
その時、謎の女を襲おうとする別の集団がなだれ込んできました。

「新宿テトラビル爆破事件」の捜査には、田口警視監が関わっていたことが発覚。
それがある意味「ジョーカー事案」を引き起こす要因になったのかも知れません。
でも、一狼と獅郎には最悪の結末ではなかった…。
次回は、とうとう黒幕ジョーカーが登場します!
薫原好江先生がTwitterで「もう4巻の準備を進めてたりします」とtweetされていました。
1巻から少しずつ距離が縮まっている2人の表紙ですが、果たして4巻はどうなるのでしょうか?
緊迫する事件の真相はもちろん、一狼と獅郎の関係も楽しみにしています。

今後の2人に期待を込めて「神」にさせていただきました♡

1

危機的状況で思い出すのは……?

ストーリーが普通に面白い!
全然メイクラブしないんだけど、なんか萌えるのよね。

命の危機に晒された獅郎が想うのは、一狼のことなんですね。
あの温かい場所に、もう一度生きて帰りたいと願うところは胸が苦しくなりました。
ただ、一狼が思い出すのは誰なんだろう……?
千夏だったりするのかな?
この子も隙がないくらいいい子なんですよね。
でも、獅郎の事であって欲しいなぁ……

今回、意外な人物がキーパーソンだという事が明らかになりました。
そして、死んだと思われていたあの人は……!?
二次元における、公安の何でもありなところは意外と好きです。
俄然面白くなってきた!!
拷問を受ける獅郎を救出するところはドキドキしたし、男同士の絆を感じられる素敵な場面でした。

ジョーカーの次の目的は?
20年前の爆破事件の真相とは?
そして、二人に愛は芽生えるのかーー?
次巻も楽しみです!
で、今回もおまけ漫画が最高に良かった。
毎回きゅんきゅんさせてもらってます♡

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う