盲愛リスキーロマンス

mouai risky romance

盲愛リスキーロマンス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
27
評価数
9
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
木沢さわき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
電子発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784866693286

あらすじ

ゲイのネコという役どころに悩んでいた俳優・藤堂漣はひょんなことからマンションの前で倒れていた男・最上桐生を家に置くことになる。自分を必要とする人間に買ってもらい、住む場所を転々としているというその男が役を演じる突破口になるかもしれないと考えたからだ。しかし、役作りに付き合うと言いつつも桐生は、言葉責めから焦らしプレイまで一方的に漣のカラダを弄り回し、思いがけずネコ側の快楽を知ることになった蓮は、撮影中にその事を思い出し、図らずも淫らで美しい表情を引き出されて―…。

表題作盲愛リスキーロマンス

最上桐生(家の前で拾った青年)
藤堂漣(俳優)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数4

リスキーというほど

人気俳優の漣がゲイのネコ役の役作りに悩んでいる時、自宅マンションの近くで上は着ているものの下半身は下着だけで倒れている男に遭遇。
声をかけるとヒモをしていることがわかり、自分の今の役作りのために必要かもしれないという俳優の直感でその男・桐生を家にあげ、住まわせることになるという、BLあるあるお持ち帰りスタート。
クォーターだという桐生は存外見目がよく、漣の見立てでモデルを始めることになります。

漣の仕事に対する姿勢とか、大型わんこの桐生が漣に懐いていくのがかわいかったり、週刊誌報道の時の漣の対応にはスッキリさせられたり、いいな、と思ったところもたくさんあった反面、いつのまにあなたたちはお互いを好きになってたの…?という漣と桐生の気持ちの動きがあまり感じられず置いてきぼりになってしまったり、漣とよく似た真ん中分けの髪型の大輝の絡みが中途半端で気になったり、桐生の過去のヒモ生活がもし週刊誌で報道されたら漣の時よりも大変なんじゃ…?、などちょっとモヤッとさせられるところもありました。

内容としては面白かったのですがリスキーロマンスというほどのハラハラ感はなく、なんとなくちょっと物足りないのですが、甘い物語としては良かったです。
絵はとても綺麗で読みやすく、ふたりの顔面も好みでした。

1

絵が綺麗なのに

絵が好みでストーリーも面白いかなと思い購入しました。

読んでいくうちにストーリーがだかいちに似ているなと感じてもやもやしながら読んでいました。
2人の展開もとんとん拍子に進んでいくのでさーっと終わってしまいました。

攻めの桐生は外見で好かれているだけで誰からも愛されていない感じでイケメンも大変だなとおもいました。
受けの漣は顔が綺麗で色気もあるのですが反応が可愛かったです。

絵はとても綺麗で本当に良かったのですが、ストーリーが読んだことのないような展開であれば凄くいい作品だったのかなと個人的に思いました。

1

あっさりな印象

絵がとても綺麗で読みやすいし、キャラの表情がいきいきしていて魅力的でした!
人気俳優と新人モデルのドラマチックなラブストーリー。
とても素敵な設定なのに、好きになる過程をすっ飛ばし過ぎたかな?という印象が否めない……


憧れの監督作品に出演することになった俳優の漣。
その役どころは、ゲイのネコ。
役を掴めず悩む漣の前に現れたのが、ヒモ生活を送る桐生です。
桐生をきっかけに役を掴もうと考えた漣は、桐生を家に置くことにーー…!?

転々と居場所を変えてヒモとして生きてきた桐生でしたが、漣に誘われてモデルとしてデビューします。
本作は、桐生のシンデレラストーリーでもあると思う。

美人の漣と違い、西洋的な男らしいイケメンである桐生。
違ったタイプのいい男が見られるのもお得感あります♪
桐生が世間知らずで天然なところも可愛い。

〝男に抱かれる気持ち〟を知りたい漣に「俺が抱いてあげるよ」と、迫る桐生。
流されて組み敷かれてしまうものの、桐生の一方的な奉仕で終了。

この事をきっかけに漣が桐生を意識したのだろう事は想像できるのですが、そこから「好き」を自覚するまでが唐突な気がしました。
漣に気持ちを自覚させるきっかけを与えた、モデル・遊馬の存在もその後活かされていません。

両想いは想定していましたが、好きになる過程の描写が薄く、全体的にあっさり仕上がってしまっています。
所々キュンときても、残念ながら浸りきれませんでした。
ただ、Hは綺麗で可愛かったし、俳優としての漣もカッコ良かったです。
それと、漣の愛猫・アラレとユキが最高にかわいかった♡

二人で並んで歩くラストシーンは素敵で、読後感は悪くないと思います。

1

寝ても覚めてもあの人のことばっかり。

かなりの確率で、男前が落ちているこのBL界隈で、漣さんは桐生を拾う。
丁度漣さんは、BLを題材としたドラマの撮影中で、「抱かれる側」の気持ちを習得したいと思っていたというので、危機感も無く、桐生を家にあげる。
ところが、桐生はドノンケだった。ちょっとした行き違いで、桐生の面倒を見ることになってしまったが、桐生の顔面力とワンコ力に次第に惹かれて行く漣さん。
もちろん、そのトラウマから、心を動かさなくなっていた桐生もどんどん漣さんに惹かれて行く。
途中、どっかで読んだな〜的な、パパラッチ騒動を切り抜けてみたり。ナイスアシストな当て馬風野郎が出て来たりするものの。
割とアッサリと収束します。
互いにノンケだった筈だけど、漣さんは実にネコちゃん素質がありますので、その無自覚な色気に桐生は煽られっぱなし。

桐生は、父親の愛人に迫られているのを父親に見られて、家を出て。それからずっと無気力にヒモ生活をして来たものの、漣さんのおかげで人気モデルになって成功して行く。有名になれば、また毒親に執着されたりしそうなもんだけど、そういうダークさは微塵も無く終わる。そのダークさを描かないなら、桐生の背景はそんなに描かなくても良かったのに。それなら漣さんの出演中のドラマを劇中劇として観てみたかったな。

漣さんの飼っている2匹の猫が可愛い。
ネコが猫飼ってるっていう。桐生と漣さんが寄り添って眠るベッドの上で、寄り添って眠る2匹がとても可愛い。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う