オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (1)

ore ga BLmanga no heroine nante arienee

オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×225
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
248
評価数
63
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
山野でこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344847149

あらすじ

BL雑誌編集部で副編を務める生粋の腐男子・副成朗久は、BLを愛し過ぎるが故か、ある日突然【ナレーション枠】が宙に浮かんで見えるようになってしまった!
【枠】によると、なんと部下で新人編集者の柴咲健斗と自分がが恋をする運命にあるという!
あまりの衝撃予言に大混乱する様子を柴咲に心配され自宅に招かれるが、お風呂を借りている最中に、お約束のごとく柴咲が脱衣所に入ってきてーー!?
オレ、もしかして貞操の大ピンチ!?

表題作オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (1)

柴咲健斗,新人編集
副成朗久,37,BL雑誌編集部 副編集長

その他の収録作品

  • オレの副成さんがこんなにエッチなハズがない!
  • わっくん出張!〜コミックパーティワンダーラブ編〜
  • あとがき漫画
  • カバー下「担当さん」「大人の本」

レビュー投稿数10

面白い…

山野でこ先生の描くラブコメです。

いや~面白かったです。
これは既刊のコミックパーティシリーズのスピンオフなんですね!
もちろん途中では、TOS先生、雷蔵先生も登場しますよ!

でも、この話はBL雑誌の編集部のお話。
初っぱなから、モノローグに使われる漫画内のセリフが入る『枠』。
これがめちゃくちゃ自己主張しています。
『枠』は、なんというか、自己を持っているんです。
なんのこっちゃ、と思われるかもしれませんが、読んでいただくとわかります。副成の困惑と、可愛げの有る『枠』のわっくんとの遭遇…
そして主人公の編集部副成と、何故か意志疎通が出来ちゃう。
このやり取りが、秀逸ですよ。
新鮮!良く考えられたなぁ…感心します。

で、副成がスーツな腐男子でして、顎にちょい髭の有る何かエロさもある人なんです。見た瞬間に、副成がいずれエロさも見せちゃうな~と想像出来ちゃう。
副成を大好きな年下編集者の柴咲が、なかなか可愛くて良いです。結構、執着ワンコなので年下ワンコ好きな方には、お勧めしたいです。

後半は、次に向けてのどきどきターンも有りますし、続きが楽しみです。

山野でこ先生の後書きで、ネーム教室に通ったとエピソード披露されてまして。
そのせいなのか、話が面白い…
展開も、仕掛けが良くてスムーズな印象でした。
早よ、続きが読みたいです!

1

BLの精 わっくん降臨!

初めて読んだ山野でこ先生の作品です。
こちらは『コミックパーティ ワンダーラブ』シリーズのスピンオフになります。
『コミックパーティ ワンダーラブ』を読んでいなくても大丈夫です。

リンク編集部の新人 柴崎 健斗と副編集長 副成 朗久のお話。

BL雑誌リンク編集部の副編集長にしてBLをこよなく愛する副成。
今号の校了作業も終わって余韻に浸っていると異変に気が付きます。
なんと、副成の頭上にナレーション枠が見えるのです。
幻覚?! 驚く副成ですが他の人にはナレーション枠は見えません。
おまけに、そのナレーション枠は頼んでもいないのに要らぬ情報を教えてくれました。
『柴咲は――BL的な意味で副成のことを愛している』

完全ファンタジーなのですが予想以上に面白かったです。
ナレーション枠が見えるなんて、モブ的な腐女子には美味しすぎる(笑)
しかも、途中からモノローグ枠まで出てくるんですよ。
ちなみに、ナレーション枠は「BLの精」だそうです。
いつの間にか「BLの精」と仲良く?なった副成は「わっくん」と名前を付けました。
どうして新人の柴咲は副成が好きなのか?
答えは「わっくん」が回想シーンで教えてくれる多機能っぷり(笑)
2人が初めて会ったのは17年前だったのです!

普通なら17年も同じ人に片想いをしていられるか疑問ですが、このお話はファンタジーなので全然スルー出来ます(笑)
さらに、わっくんがBLにありがちなモダモダをテンポ良く誘導してくれるので、最後まで楽しく読めました。
しかも、「この物語は副成と柴咲の恋の物語である」とナレーションしているので、BL展開間違いなし!で安心して見守れます。
『コミックパーティ ワンダーラブ』の2人も登場し、未読でもお得感がありました。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラで、『コミックパーティ ワンダーラブ』の2人以外に、リンクス編集部の屋久島冴編集長が登場します。
副成とBLの趣味がドンピシャで合うソウルフレンド…素晴らしい!

Hシーンは、本編最後の描き下ろしであります。
…柴咲くんの妄想ではありますが(笑)
シチュエーションは萌えるけどエロさは薄いかな~。

描き下ろし『オレの副成さんがこんなにエッチなハズがない!』
副成と飲んでいたのが人気BL作家の雷蔵先生だと知った柴咲は、雷蔵先生のコミックスを読み始めました…。
もっとエロい妄想をしてもいいんだよ~。

描き下ろし『わっくん出張!〜コミックパーティワンダーラブ編〜』
雷蔵先生のお家にTOS先生が遊びに行ったら、わっくんもお邪魔していました(笑)
2人がエロい雰囲気になったら消えるわっくん。
そのまま実況中継して欲しかった…。

純粋で一途な柴咲ですが、じつは金持ちでスパダリ要素があります。
スパダリの年下わんこ攻めってヤバい!
もうほとんど絆されている副成ですが、まさか自分がBLになるなんて思っていなかったでしょうね(笑)
続編では、2人のイチャイチャが見たいな~。
さらに『コミックパーティ ワンダーラブ』との絡みも良かったので、この後シリーズを読みたいと思います。

ファンタジーなのにすんなり受け入れられる面白い作品です。
気になっている方はぜひご覧ください。

3

……1!

『コミックパーティワンダーラブ』の雷蔵先生とTOS先生がBL漫画を描いているリンク編集部の副編集長の副成と新人編集者の柴咲の恋の物語。
副成はTOS先生の担当で、雷蔵先生とともに作中登場するのでコミパも読んでおかれるとより楽しいかと思います。

こちらの作品のポイントは副成にお話運びのナレーション枠(BLの精・後に副成がわっくんと命名)が見えるようになる、ということ。
さらにはモノローグ枠まで見えちゃうようになっちゃう。

柴咲の副成への想いは17年とかなりの筋金入り。
出会った時から副成が特別という言葉もめちゃくちゃ重みがあります。
ぷく顔がかわいい優しさと強引さを兼ね備えた年下一途わんこ攻めにほだされ必至…!

腐男子の副成は37歳でいい色気出してます。
つり眉、たれ目まつげ、顎ひげコンボ。
しっかりしたエッチなシーンは描き下ろしの柴咲の妄想だけだったので次巻に期待です。
『……1』、ですからね〜、この乗り気じゃない感がまたそそります(笑)

コミパの雷蔵先生×TOS先生も好きなんですけど、今回の柴咲×副成のカプも好きです。

元々シャープでお綺麗な絵がより見やすくなり、お話しのテンポも良く、楽しく読ませていただきました。

3

頑張れ柴咲くん!

ツッコミどころ満載で面白かったです^^コミカルなんですが、好きと告白してきた部下に、上司が意識して、惹かれていってるのが伝わってきて、めちゃキュンキュンしました!BL編集部の上司と部下の恋…良いですねぇ∩^ω^∩
特に、部下の柴咲くんが、なぜ上司の副成さんを好きか…それが素敵なエピソードなんですよ!!幼き日、家庭内で寂しさを拗らせてしまった柴咲くんが、本屋で万引きします。それを見つけ、諭して、寂しさを埋め楽しみを与えてくれたのが、本屋でバイトしていた副成さんでした。一途っていえば勿論その通りですが、いきなり恋心って言うよりも、心を育ててくれた恩や尊敬があって、ひっくるめて全部が副成さんへの愛なんだなって思いました。寂しい気持ちの表現の仕方を悪事を働き振り向かせるのはダメだって教えてくれたり、何かに夢中になると毎日が楽しいんだって分からせてくれたりと、柴咲くんの心自体を支えてくれた副成さんへの恩だったり、2人が今に繋がる過去で絆を深めていたことを知ったときに、めちゃくちゃ心が温かくなりました。

これは一巻なので、二巻がめっちゃ楽しみです(^○^)はやくラブラブな2人が読みたいよー!!

コミックパーティワンダーラブの2人のお話も載ってます( ◠‿◠ )
というか、実は副成さんはTOS先生の担当編集さんです(*^▽^*)

2

前作より…

『コミックパーティ ワンダーラブ』と同じ世界線のストーリー。
テンション高めのラブコメディという点では前作同様ですが、こちらの方が好みでした。

BL漫画編集部で繰り広げられるBLラブストーリーで、ナレーション枠が見えるようになってしまった編集者の受け、という設定が面白かったです。
ナレ枠のわっくんが意志を持って副成を翻弄していて、絶妙なタイミングで現れるし内容にも吹いてしまいます。
ちなみにこの受け・副成はTOSの担当です。

攻めの柴咲がワンコでまた可愛いんです。
副成を慕って、下心も小出しにしてきたり時には強引だったり…年下ワンコの基本押さえてるなぁって感じ。
さすがBL編集者?

『コミックパーティ…』を読まないでも大丈夫だと思いますが、後半TOSと雷蔵も出てきますし、描き下ろしで2人のお話もあるので、読んだ方がより楽しめるかと。

2

コミパのスピンオフ

『コミックパーティー ワンダーラブ』のスピンオフ。
ちょいちょいTOSと雷蔵が登場しますが、未読でも大丈夫です。

今回、なぜかファンタジー。
主人公の副成に、ナレーションのような枠(わっくん)が見えたり、モノローグが見えたりするトンデモ展開‼︎


BL編集部で働く腐男子・副成は、BLを愛し過ぎるが故、〝BLの精〟が見えるようになってしまった……という世界。
わっくんによると、この物語は副成と新人編集・柴咲との恋の物語らしい(笑)

とてもコミカルでテンポも良く面白いのですが、ちょっと都合が良すぎる気もしました。
知る努力をしなくても、柴咲の家庭環境や副成への気持ちが、手に取るように分かってしまう。
そんなわけで、ゆっくり気持ちを知っていく楽しさも無ければ、焦ったさもないです;

それでも、恋愛ものとして王道の流れを崩さないストーリー展開も、随所に散りばめられた〝BLあるある〟的なネタも良かったです!

わんこ柴咲は可愛く、副成への思いの強さや執着・嫉妬、時折見せる強引さにはキュンとしました♡
一途な柴咲に絆され、副成が受け入れてもいいか……と、前向きに考え始めたところで1巻は終わりです。

エロは殆どありませんが、描き下ろしでは柴咲の妄想Hが見られます^^;
コミパの描き下ろしもありました!

繊細な恋模様……という感じでは無いけれど、これはこれで面白いと思います。
わっくんのせいもあり、文字は少し多め。

1

ナレーション枠(通称:わっくん)の存在感♪

「コミックパーティワンダーラブ」スピンオフ。

コミパCP・雷蔵&TOS先生もナチュラルに登場しますが
未読でも問題無く読めると思います♪
(ちなみにオレヒロCPはコミパに登場していません)
(コミパも面白いから気になる方は是非…!(布教))

描き下ろしが沢山あってテンション上がりました!
雷蔵&TOS先生のイチャイチャストーリーもあります♡♡
コミパが大ッ好きなのでドデカいご褒美(∩´///`∩)ヒャフー


さてさて。
今作は編集者同士のお話です。

漫画にナレーション枠あるじゃないですか。
あれがフッと出てきて話しかけて、
結果的に恋のキューピット(?)になるという変な展開。
これがめっちゃ面白いんですッッヾ(*´∀`*)ノ

受け:副成は腐男子で今はBL雑誌の副編集長。
ある日突然 枠(通称:わっくん)が現れ、話しかけてきて困惑します。

そんで、わっくんは言います。
【新人編集の柴崎は副成のことが好き】ーーーと。

は?何言ってんの?幻覚?と
副成はわっくんを信じられません。(そりゃそーだ)
柴崎をそういう風に見たこともありません。

わっくんの情報を踏まえて柴崎の言動に意識を向けたら…
グイグイグイグイめっっちゃアピールしてるー!(゚∀゚)!!
わっくんの言うことマジなやつだ!どうすりゃいいの⁉︎

ーーと柴崎と副成の恋物語が始まっていきます。


攻め:柴崎の一途さとワンコっぷりが
めッッッッッッッッちゃくちゃ可愛いのですよーー!!!
尻尾振って「副成さん大好き( *✪∀✪)=3」が目に見えるw
わっくんが柴崎の心理状態までナレーションしてくれるから
ニヤニヤニヤニヤが止まらなくて応援したくなっちゃう。

んで柴崎の押し引きに"BLわかってる”感がね。
控えめなとこと強引にいくとことのギャップがイイッ!
年下攻めスキーには堪らなく悶えました(///Д///)ハァハァ

柴崎が副成を好きになったキッカケエピソードもあり。
(わっくんによるシネマ仕立てで…ww)
子柴崎の可愛さも、一途さも、キュンキュンしました♡

副成はまだ戸惑いのほうが大きくて
柴崎のワンコッぷりにほだされ流され状態かな…?
まだちょっとラブに追いついていないのと、
わっくんが存在感を放っててギャグ色強めかな~と思います。

柴崎の気持ちをわっくんが先に垂れ流すことで面白さが生まれるストーリーで、個人的には何度読み返しても笑えて大好きですヾ(*´∀`*)ノ

◆オレの副成さんがこんなにエッチなハズがないッ!
16Pもある描き下ろしは珍しく柴崎視点。
わっくんがいない世界ですw
副成とオフィスでエッチなことをする妄想をしています(∩´///`∩)

本編ほぼエロはないからココで補給♡
柴崎の妄想なので若干キャラが変わって面白かったッ!
柴崎が雷蔵をライバル認定してるところもニマニマ。
(雷蔵は超安パイだぞ!大丈夫!でも嫉妬は美味い!)

◆わっくん出張!~コミックパーティワンダーラブ編~
この描き下ろしも10Pあります!ヾ(*´∀`*)ノ ヒャッホーイ

雷蔵とTOS先生がBL談義してるのがすごく楽しい!!
創作の方向性が真逆だから話が噛み合わないwww
雷蔵が考えた幽霊BLを「メリバ」と説明したら、
TOS先生が「それバッドエンド」と否定するとこ好き!
(個人的にはTOS先生の作るお話のが好きかもしれん…)

あれですね。
以前は全く恋人らしさがなかった2人が
自然とイチャイチャするようになっているから胸熱♡
BL談義から恋人タイムに移行するのに萌えました////

あーーーー面白かった!!!
コミパ好き視点でもテンション上がるし、
コミパ関係なしでも年下ワンコにテンション上がるし、
わっくんの存在感&ナイスアシストも良き。

評価は神寄り。
柴崎&副成の今後に期待ですヾ(*´∀`*)ノ

1

ワンコ攻めだ~!!

久々に良質なワンコ攻めを見た気がします。
1巻とある通りこれからの展開なので、今後が楽しみで仕方ありません!

可愛いのにたまに強引な攻めに対して、頑張れワンコ~!と応援したくなる気持ちが止まりません。

受けは翻弄されればいいんだ。
攻めにも翻弄されて、わっくんにも翻弄されて、どんどんとほだされていく過程が見ものです。2巻はどうなるんだろう。
受けの反撃とかあるんでしょうか。

とにかく今後の展開が楽しみで仕方ない1巻でした。

コミパの2人のその後が読めたのも大満足です。


0

ニヤニヤできてたまに吹き出す

BL好きなあごひげオヤジ編集長が、突然ナレーション枠が見えるようになって…?という面白設定のお話。これが一回り下のワンコ後輩に好かれてたもんだから、ニヤニヤの連続なんですね~たまに吹き出して笑えるところもあって最高でした!
片思い中のモノローグが筒抜けなので、そんな柴の想いに絆されていく副成。わりと怖めな顔面に反して乙女な反応になっちゃってるのが面白かったです。
押せばイけそうな雰囲気出しまくってる副成と、ガツガツ行っては凹んでを繰り返す柴の組み合わせがすごく良い。素直に「嫌わないで」って言えちゃう年下攻め君大好きなので、柴頑張れ~って感じでした。
一巻はくっついたとこまでってことでいいのかな?たぶん付き合うことになった…の?よく分かりませんが、次巻も楽しみです。

0

副音声はうるさい、それはもう十二分に。

『柴咲は副成にホレている。』
そんな身も蓋もないト書きが視える様になってしまった副成は、いわゆる『人の気持ちが聴こえてしまう』のと同じ状態。BLは好きだが、自分はゲイでも無ければ、男の人を好きになれるとも思っていないので。あたふたと慌てまくり。結果、柴咲の寄せる想いに応えてしまう事になる。ジタバタラブコメディ。
無害そうなワンコっぷりの柴咲の、実は下心ありまくりなのもいい。
BL編集という現場も、どちらにとってもフラグ立ちまくり。
副成が好むであろうシチュエーションなのか、と早とちりして強引にキスをかましてみたり。そもそもコレがBLなのだから。もぅ副成は逃げられない。
ナレーション枠がどうして視える様になったのかは謎のままなのだが。当人同士の会話無きまま、気持ちを知れてしまうのは、物語の色んな醍醐味をはしょってしまう様な気もしていて。例えば。副成が、そもそも17年前、柴咲少年と出逢う「Episode 0 」をナレーション枠にほぼ強制的に『見せられて』しまうシーン。副成自身も最初は抵抗する。
「けど、そういうのって本来、こういう知り方するモンじゃねーだろ。」
ところが。ここは劇中劇の様なもの。不思議な現象の筈なのに。私達もまたナチュラルにそれを『見せられて』しまうのだ。この、マトリョーシカの様な構成に、クスッと笑わされてしまう。読者には自明なのだ。副成の、下まつげ。殊更自身をおっさんぶるくせに、たまに見せる、ぱぁっと花咲く大きな笑顔。ああもうあなたは受けちゃんね、と誰しもが思うだろう。
柴咲少年のひたすらな想いは、とりあえず成就。エッチは妄想のみでおそらく次巻に持ち越され。

「コミックパーティワンダーラブ」のスピンオフ。雷蔵先生、TOS先生も友情出演。
けど、本作単体でも成立してるので、前作未読でも問題無しです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う