オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (2)

ore ga BLmanga no heroine nante arienee

オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
186
評価数
46
平均
4.1 / 5
神率
47.8%
著者
山野でこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344848580

あらすじ

BL雑誌編集部で副編を務める生粋の腐男子・副成朗久は、ある日突然【ナレーション枠】が宙に浮かんで見えるようになってしまった!
【枠】によると、なんと部下で新人編集者の柴咲健斗と自分がが恋をする運命にあるという!
あまりの衝撃予言に一時は大パニックになった副成だったが、柴咲の一途な想いにほだされて二人は晴れて付き合うことに
そんなある日、Hをする時に備えて秘蔵していた「大人のオモチャ」を使用していたところを柴咲に見られてしまいーー!?
柴咲、おまえのは物理的に入んねぇから!!

表題作オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (2)

柴咲健斗,BL雑誌編集
副成朗久,BL雑誌編集部 副編集長

その他の収録作品

  • オレの副成さんがこんなにエッチなハズがない! 2(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

レビュー投稿数9

BLの精 わっくんはタダモノじゃなかった!

『オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ! (1)』の続編です。

リンク編集部の新人 柴崎 健斗と副編集長 副成 朗久のお話。

前作では、BL雑誌の副編集長にしてBLをこよなく愛する副成に異変が起きました。
なんと、ナレーション枠が見えるようになったのです。
驚く福成にナレーション枠はある情報を教えてくれました。
新人編集者の柴咲が副成を愛している…と。
それも17年前から?!
今作は、その続きになります。
柴咲の一途な想いにほだされ付き合うことになった副成。
…が、その後、柴咲とは進展がありません。
わっくんが言うには「反省中」らしい。
ある日、柴咲の担当する作家の初コミックスが電子書籍の月間7位になりました。
副成がお祝いに食事へ誘ったのですが、柴咲が希望したのは…。

いや~、前作をさらに上回るクオリティでした‼
副成と柴咲のラブストーリーもすごく良かったです。
だんだん柴咲のことが好きになっている副成と一途で純粋な柴咲にキュンキュンしっぱなしでした。
どのエピソードも2人が可愛すぎた♡
もちろん、BLの精 わっくんも見逃せませんよ。
前作よりもパワーアップしたわっくんの活躍がすごい‼
ナレーション枠に留まらず、副成に“わっくぱっど”を提供したり、ガトーショコラの作り方を指導したり…さらには、モダモダしている副成に雷を落とすスパルタぶり(笑)
でも、エロい雰囲気なると消えるわっくん。
空気読めてるな~。

付き合い始めて1ヵ月。
キスはするけれど、それ以上進まない2人。
柴咲の気持ちがわからずモヤる副成ですが、今後の展開を考えて大人のおもちゃを試してみました。
…が、漫画のようにはいかず、全然挿入りません(汗)
その時、柴咲が部屋を訪ねて来て…。
ここからは、本編をご覧ください。
誤解やすれ違い、嫉妬などハラハラするエピソードが続きますが、わっくんがアドバイス&アシストしてくれます。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、リンク編集部のスタッフ、BL作家の川上テリア先生が登場します。
屋久島冴編集長が登場しなかったのが残念だったな。

Hシーンは、エロ可愛かったです (〃艸〃)♡
お互いに好きな気持ちが溢れる2人にドキドキし、無自覚に大胆なポーズをする副成に悶絶しました(笑)
幸せいっぱいの柴咲を見て、副成も自分の気持を伝えます。
「俺も好きだから」
嬉しくて動く前に達してしまった柴咲が愛おしい♡

描き下ろし『オレの副成さんがこんなにエッチなハズがない! 2』
週4でジムに通い始めた副成のことが気になる柴咲。
ジムを覗くと副成が金髪の男性と親しげに話していて…。
金髪の男性の正体は?!

山野でこ先生の綺麗な絵柄と上手なストーリー構成で、わっくんの存在も違和感なく読み進められます。
完全ファンタジーではありますが、BL編集部を舞台にした2人の日常にリアリティさが感じられました。
でも、背表紙に「ハイテンションラブ、完結編♡」の文字を見つけて大ショック‼
えっ?!続編はないの?
わっくん、最後はどこに行ったの?
この先の副成と柴咲も見守りたかった(泣)
せめて、わっくんをシリーズ化してください‼
マジでそれぐらい面白かった~。

おすすめは、表紙とカラーページの副成と柴咲です。
表紙では、白の礼服を着る副成の右手にベール、左手に指輪が♡
カラーページでは、新婚旅行で南の島?に行った2人の姿が見られますよ。
どちらも、幸せそうな2人にこちらまで嬉しくなりました。
カバー下もお見逃しなく!

ファンタジーがお好きな方もラブコメディがお好きな方も、きっと満足いただける作品です。
ぜひ1巻と併せてお読みください♡

4

わっくん大活躍

こちら”オレがBL漫画のヒロインなんてありえねぇ!1”の続編です。
前作”コミックパーティ ワンダーラブ”から山野でこ先生の作品を読み始めました。

同じ世界線なのに、こっちは”わっくん”が出てきて、ファンタジー色が強いんですよね。
最初は”わっくん”に戸惑っていたのですが、なんだろう、”わっくん”癖になる魅力がありました。
キューピット役としてとてつもなく便利な”わっくん”
2巻でも大活躍でした。
ワックパッドで料理検索も出来て、丁寧に作り方指導してくれちゃう。すごく便利!
完成したケーキがとっても美味しそうで、”わっくん”が欲しくなりました。

2巻は副成のターンでしたね。
1巻でグイグイ来ていた柴咲が、反省中で手を出してこなくなります。
物足りなく思っていたところ、”わっくん”に進展を待っているだけなのか?と指摘されてしまいます。
そう言われてお尻の練習を始めるんですが、その状況を柴咲に見つかって、副成の言葉足らずのせいですれ違ってしまいます。
副成もBL編集ならもっと頑張って!柴咲を悲しませないような言動できるでしょ!
なんて思ってしまいますが、”わっくん”がいないと柴咲の気持ちにも気付かない程鈍感だったんですよね。

でも副成この後頑張ってくれました!
柴咲に自分から誘っていくうぅ~!
1巻からじれにじれてたので、テンション上がってしまいました!
すっげー悩殺ポーズでこの体勢でとか言ってるので、うひゃぁ~!!となりました。

描き下ろしがとても充実&中田登場で最高でした!ジムでトレーニングしてる副成すっごくエッチ!誘い方もとってもエッチ!
あれは柴咲夢中になりますね!

山野でこ先生の作品は恋愛がじっくり進むというか、なかなか進展しないのでじれますが、その分くっついてから甘々で好きです。

2

わっくん万能すぎる

2巻、そして完結です。
柴咲目線のモノローグから始まり、わっくんどこ行った?と思いましたが健在でした。
副成に話しかけるわっくん、チョコの作り方を教えてくれるわっくぱっど…さらには漫画みたいにすぐに後ろで気持ちよくなれたり、オメガバのΩみたいにも出来るらしい笑

わっくんの事ばかり書いてしまいました。
2人の関係はというと、1巻でがっつき過ぎたと反省して自重している柴咲に副成が物足りなさを感じるという展開。
絆されて付き合う事になった副成だけど、柴咲の可愛さにノックアウトみたいです。
分かりみしかない。

柴咲を受け入れる時の副成が男前でカッコ良かったです。
正常位もできるようにジムで鍛えたりするとか、受けとしての意識高ぁ。体型的にも気になるお年頃でしょうしね。
可愛くてエッチなカップルになりました♡

3

……2!

BL編集部の副編集長の副成と新人編集者の柴咲の恋の物語の続編。
生粋の腐男子ゆえにBLの精『わっくん(副成命名)』とモノローグ枠が可視化するようになった副成。
そのおかげ?で柴咲が自分に長年想いを寄せていることがわかり、柴咲からのアプローチを受けてどんどんと絆されていき…。

わっくんは前作の画像投影機能に続き、お料理検索機能のわっくぱっどやなかなか進展しないことにやきもきする副成を喝を入れ励ましたり…、とやっぱりめっちゃ有能でした。

今回はエッチシーンもしっかりありまして、副成と心と身体が繋がって、柴咲の長年の想いが成就する幸せな初エッチがとってもいいかんじでした。

2巻では雷蔵先生とTOS先生の登場はなかったのですが、TOS先生の友人のお世話係?兼アシの中田さんがさくっと登場していて、相変わらずのノリで柴咲の本質を見抜いていてさすがでした。
そして、ジムの賜物の副成ボディは必見のエロさです♡
柴咲の副成大好きすぎわんこぶりもかわいい。
このふたりのビジュアルも関係性もすごく好きです。
想い通じて見事BL的にハッピーエンドということで、柴咲と副成のお話しは悲しいかな完結…。
機会があればまたふたりを見ることができたら嬉しいです。

2

絵柄が少し変わられたのが…

子供の頃からずっと一途に恋してる激重ワンコ編集者×鈍感腐男子編集者の続編&完結編です。

コミックパーティ ワンダーラブの頃から好きな作者様なのですが今作は絵柄がちょっと気になる箇所がチラホラあって集中しきれなかったので萌2にしました。
お話は前作の続きで前作を読んでないと楽しめないところがあるので前作を読まれてからの方が良いです。

漸く両想いになった2人ですが中々進展しない関係に副さん(受)の方がじれったく感じてしまい先に進むためにとあることを試してみるが……という感じです。
副さんとわっくんのやり取りが相変わらず面白。
わっくんはBLの妖精さんだからBLのご都合展開は出来るよと言っちゃうところが素敵。
モノローグ枠なのにゆるキャラみたいにみえてくるわっくん…流石妖精さんだねと思いました(笑)
柴は相変わらずのワンコなのに内面は激重な所が好き。
ジムの話で中田さんに即めんどうな人認定されたところに吹きました。
お話は笑いありエッチありトキメキありで楽しめました。
絵柄がもう少しコミパの頃に戻ってくれないかなと思います。

ギャグメインで楽しいBLが読みたい時におすすめです。

1

年下ワンコ攻めに萌え転がり、受けのジョブチェンジに悶えた〜!

(評価は限りなく神寄りです)

まぁぁ〜〜〜かわいい!
やぁぁ〜〜〜かわいい!!
あぁぁああぁかわいい!!!

何度でも言いますよ。かわいい。
年下ワンコ攻めのかわいさ全開過ぎる(∩´///`∩)

年下ワンコ攻めが好きなら2巻試し読み確認を……!
萌え心に「キュンです!」刺さったら購入GO₍₍ (ง ・ㅂ・)ว ⁾⁾
(個人的に反省中の下りがめっちゃ好き。わっくんGJ)

私は雑誌で追っていたんですが、
描き下ろしで副成のイメージがいい意味で変わりました。

というのも、本編では受け身過ぎる点が気になってて…。
(鈍感なところが副成の可愛さでもあるのはわかってる)
(わっくんに教えてもらわなきゃ気付けないのがこの作品の見所であり、面白さなのもわかってる。)
(けど!年上受けらしさも見たいじゃん!?!?(T ^ T))

それがですね!後日談では、
「鈍感なかわいいおじさん」かーらーのー
「めっちゃエロい包容力年上受け」完全開花…!
これには驚き&興奮が止まらなかったーーー!
人に愛されて輝くとはこういうことなのね+゚。*(*´∀`*)*。゚+


前置きが長くなりました。本編の感想です。

個人的に年下ワンコ攻め大好物なので、
柴崎のいじらしさにはキュンキュンが止まりませんでした。

好き好きオーラ全開なところだったり、
バレンタインのチョコを期待して尻尾振ってたり、
「待て」が抑えられず暴走しちゃったりね!!(大好物♡)

副成の言葉を誤解して受け取り、
「オレが年下だから?」
「どうしたらそういう対象としてみてもらえるんですか」
と静かに涙を零すシーンではめっちゃキュンキュンしました。
(年下のもどかしさが感じられるのって萌えますよね…!(∩´///`∩))

ずっと受け身だった副成もこれにはショックを隠せず、
わっくんの助言もあって自ら動き出すのも良きの良き!!
やっと男を見せた!副成さん!!!
(遅いよ〜〜もぉ!待ちくたびれたぜw)

子供の頃からずーーーーっと副成だけを見てきた柴崎。
そんな想いは全く知らず、気付かず、鈍感だった副成。

恋のスピードが違いすぎて噛み合わなかった2人でしたが、
わっくんという謎の存在に背中を押されながら
少しずつ少しずつ気持ちが重なっていくのにキュンキュンする作品でしたヾ(*´∀`*)ノ

そんで、わっくんのズバッとしたツッコミが楽しかった!
時には読者の代弁をしてくれてたりね〜。さすがBLの精。
(わっくんとお友達になりたいので私のとこにも来ておくれ)

描き下ろしは柴崎視点の後日談です。
副成がジムに通い出した理由が気になるお話。
上にも書いたように副成のエロさがさらに開花して最高です!

あと中田さん(※コミパ参照)が登場してて笑いましたww
雷蔵先生にも疑惑の目を向けられてたのに、柴崎にまでww

ちなみに、この描き下ろしだけで28Pもあります…!
+カバー下漫画やアイキャッチに小ネタなど盛り沢山でした♡

0

表紙で感動の完結編を期待しすぎた

2巻は初Hまでの一冊かな。表紙はこんな感じだし、完結編ってあるからもっとそれらしいことを期待してたんだけど、体も繋がれて幸せエンドで終わっちゃいました。あ、わっくんの消失はほんのり切なかったかも。
Hに失敗するくだりはやっぱりちょっとモヤモヤします。柴の頭の中に、自分がタチをやる選択肢以外ないのが見えてしまうんですよね。相手も男なのに…。結局副成の譲歩で決着が付きますが、話し合うこともなく終わってしまい、それで良いの?とすんなり納得できない気持ちが残ってます。
完結編って言われると、これで終わり…?と物足りない気になりますが、ただの2巻だったら満足な内容でした。
でもまあシリーズ通して大好きな作品なので萌え×2で。

0

恋愛初心者は背中を押されたい。

『わっくん』ことナレーション『枠』が視える様になった副成は、慌てふためいたものの、この不思議な状況とナチュラルに共生して行く様になる。この、ト書き、あるいは副音声のお陰で、柴咲の気持ちが分かる様になって。副成さんは恋をする事になったのだから。文字通り、受け入れたのだ。前巻で、お付き合い(仮)する様になった、柴咲と副成さんだったが。がっつきがちのワンコ柴咲は、冒頭では絶賛反省中。甘えた感じで、副成さんを見つめるものの、押しては来ない。そんな柴咲に焦れる副成さん。ところが。ナレーションはご丁寧にも、「待ってるだけの乙女か⁈」と、副成さんに檄を飛ばす。背中を押してくれるのだ。
副成さんの「抱けよ。」(顔真っ赤)が、可愛くて。
そりゃたまらんよね。ワンコ柴咲も「幸せすぎて…。」いっぱいいっぱいなのが、見て取れて。くすぐったい気持ちになります。
しかも。若くてバッキバキの柴咲の為に。ジムに行って身体を鍛えようとする、健気な副成さん。んもー。愛されてるなぁ、柴咲。
自分で体位変えながら『(BL)漫画みてぇなこと言っちまってる…‼︎』とカァァと恥ずかしがる副成さんとか。
『わっくん』をスワイプしながら、柴咲の為にバレンタインのチョコケーキを作ってみたりとか。
副成さんの可愛いらしいとこいっぱい見れて、楽しかったです。

ところで。この不思議なナレーション、『わっくん』は、柴咲と副成さんの恋の成就と共に消える。副成さんは『成仏しちまったのか…⁈‼︎』と、独りごちるんだけど。
成仏って。やっぱり精霊みたいなものだったのか。ヤツの正体は分からぬままである。
タイトル通り、副成さんはBL漫画のヒロインだったので。彼には、も少しBLあるあるを体感しまくって欲しかったかも。

修正は真っ白抜き。エチの方も、副成さんには色々やってみて欲しかったかもー。

2

妖精さんって成仏するもの?

山野でこさん 読むの久しぶりです

試し読みの出だしのテンポの良さに魅かれて【コミックパーティ ワンダーラブ 】で初めましてしたわりに 途中自分の中の何かのせいで失速 上手くハマれずだったので今回はリベンジ読み


なんだけど どう見てもリンクしてますよね?あちらに
手放しちゃったんですよね あっち なのでどこまで雷蔵先生とTOS先生が絡んでくるかが個人的な不安要素ではあります ←申し訳ないんですが あちらの途中からどうなったか記憶があいまいで


徹夜が続いた校了明け 副成にだけ見えるナレーション枠が発生!!!!!! 


柴咲を意識させるための導入部分としてで あとはアシスト的に絡んでくるならまだしも 柴咲情報の発信をすべてナレーションがつとめてしまって これでは2人の進捗をデバガメナレーションが誘導してるようにしか見えない

まぁ タイトル通りBL漫画のヒロインに仕立て上げなきゃいけないので 異世界トリップでもしない限り ここは妥協するところなんだろうけど もう少し柴咲にも語らせてやってほしいとは思ってしまう 

と 思った矢先に デバガメナレーションとは別に柴咲の心の声やら感情までがダラダラと枠で発生


完結してからのまとめ読みが悪いのか 副成にだけ見える枠へのツッコミのせいで柴咲とのうまくかみ合わないところを楽しむお話なんだろうけど 枠を読むのがだんだん面倒なって2巻までこれが続くのかと思うと辛くなってくる ってのがホンネ ←1巻半ばまで苦行のようだった 


告白してからのふたりのやり取りは悪くないんだよ
漫画家さんをダシに漫画展開させてみたり んんんんんん

枠はいらないわけじゃない わけじゃないんだが出張りすぎ
一応 副成本人からも注意が入りはするけど 結局ムシで柴咲を語り始めちゃう始末


この本を制すには あっちのカップルの登場より 肝心な所をすべて奪っていく枠との闘いを制さなきゃいけないってやつだったわ
 

※ デバガメナレーション(自称 BL妖精のわっくん)を制すれば ポンコツわんこと受け身のおっさんのモダモダショー 案外面白く読めるんですけどね

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う