絶対俺のもんにするから覚悟しとけよ

ベイビーフェイス・モンスター卍

babyface monster

ベイビーフェイス・モンスター卍
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×28
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
81
評価数
21
平均
3.9 / 5
神率
23.8%
著者
爺太 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
KiR comics
発売日
電子発売日
価格
¥709(税抜)  
ISBN
9784815530150

あらすじ

過去、不良校と名高い荒坂高校で恐れられていた”伝説の番長”瑛次(えいじ)。
現在は見習い大工として静かに暮らしていたが、
弟がヤンキーグループに呼び出されしぶしぶ付き添うことに。
するとその場にいた荒高の現トップ・累(るい)に一目惚れされ、
執拗にバックバージンを狙われるハメになり!?
可愛い顔して肉食系な累に、硬派を貫いてきた瑛次は押されっぱなしで…!

表題作ベイビーフェイス・モンスター卍

愛州累,荒高の現トップ
五十里瑛次,見習い大工,伝説のヤンキー

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数4

年齢差もう少しあっても面白かったきがするな

毎度おもうけど、力関係でいえば受のほうが力も強そうなのに
なぜそんな簡単に股間をつかまれエロっちいことをされてしまうのかという謎w
抵抗できないスイッチでもついてるのか( ´∀` )

久しぶりに読んだら、作画もストーリーもレベルアップしてません?
ヤンキーものは好きだし、男前受がオイシイ一冊でございます。
超絶ブラコンな弟くん、見た目はでかいのに泣き虫毛虫。
見た目いいことに女の子と遊びまくった挙句ヤンキーに絡まれます。
強くて大好きなお兄ちゃんにHELP要請。
決闘の場になるはずだったそこで出会ったのは、運命の・・・!?

小さくて可愛いほうが攻。ってのは今や王道ですね。
すんなり男に触られて興奮しちゃったり、声を出せないからって
おとなしくケツいじらせちゃう当たり受もどうよという感じですがww

後半のラブエロの濡れ場は良かった。
シツコイ攻、好きですw

個人的には、弟とヤンキー君のところがカプになれば
面白いなと思いました。ぜひとも続編をww
兄ちゃんはなんやかんや雌くささが強かったので、
あんまり女々しくない感じだと嬉しい

1

攻めは苦手、受けは好き!

凸凹コンビによるヤンキーもの、
硬派な男前受けと強気な小柄攻めなのですが、どうしても攻めが好きになれなかったです。

伝説のヤンキー・瑛次。
その瑛次に一目惚れしたのは、現トップヤンキーの累。
強引に迫り、好き勝手する累が自分勝手過ぎて引きました。
無理やり手コキして素股して……瑛次に拒否られるのは当然。

「そんだけやりたい放題やって まだ軌道修正できると思ってんのかよ…イカれてんな…」
累の右腕?八王子の心の声。全くの同感です。

自由奔放な両親と、甘やかして育てた祖父母。
そのせいだけとは言いませんが、累は常識もデリカシーもない。
心の機微を感じられない子だと思いました。

そんな累が、瑛次を好きになったことで自分の身勝手さを省みて成長していきます。
とにかく、瑛次が優しく硬派ないい男!
身体から流されて、最終的にはドーンと累を受け入れちゃう器の大きさがある。絆されやすいともいえるけどね;

ラスト、あっけなくくっついてしまったところは物足りなさを感じました。

累と瑛次のHは、そっちが攻め?の体格差!
体格のいい受けが好きなので、瑛次が受けなのは嬉しい。
お尻を弄られながら、自分で扱く姿がとってもエロかった♡
累は、遊び慣れてる余裕を感じて、これまたあまり好きじゃなかったかな。
 
個人的には、瑛次の弟・靖児と八王子の二人が気になります。
この二人はスピンオフありそうだな。
その場合は、ぜひ八王子受けでお願いします!

3

受けが好み

ガタイが良くて情に厚い受けとっても好みでした。弟もチャラいけどいいところあってこの兄弟すきだなって思いました。攻めが喧嘩強いだけで相手のこと考えられないばぶちゃんなのでそりゃあそうなるだろうなと思う部分もありましたが、お前のおかげで瑛次くんが感じてる可愛い姿見れてるからすべて許しますって思いながら読んでました。年下の自分より背も低くて可愛い顔した男に組み敷かれるの本当に最高ですね。キャラは好きなのですが、ストーリーとしては可もなく不可もなく特に印象に残らないかなと。プレイも普通めなのでフェチ心に刺さるプレイは特になかったです。
八王子くんいいやつで好きなのでちょっと抱かれてくれって思いました。

2

卍なモンスター

硬派な元ヤンの瑛次をはちゃめちゃなやり方でオトそうとする現役ヤンキーの累。

ちるちるインタビューで累が『肉食チワワ』と表現されていて、がっつがつに食らいついてくる様子はまさしく!でした。
その累を狂犬だってわかっているのに油断した瑛次はあっという間に喉元…いや股間を危険に晒す羽目になってしまうわけなんですが。

対人のノウハウを知らぬまま大きくなってしまった暴君累の強引アプローチを元ヤンですが常識人の瑛次が諭し、瑛次の弟の靖児や累の右腕の八王子を巻き込みながら累が瑛次のために変わっていく。
バイクの後部座席からの告白は危ないけれど累らしかった…、いや、やっぱり危ないですけどね!
ただ、後半の展開がちょっと駆け足な感じがしてしまったのが残念でした。
攻めの風貌で自分より年下で小柄な累に組み敷かれる瑛次はなんともエロかったですけど…。

ん〜、全体的に嫌いではないけれど、だいぶと卍なモンスターチワワの累の勢いに私が飲まれてしまったな、というかんじでがっつりハマることが出来ず…でした。
あ、八王子と靖児はもうくっついたら良いと思います(笑)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う