ダブルフェイク -Double Fake- つがい契約

double fake tsugai keiyaku

ダブルフェイク -Double Fake- つがい契約
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×216
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
160
評価数
40
平均
4 / 5
神率
32.5%
著者
爺太 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784815501532

あらすじ

<寡黙なエリート>刑事×<体質が疎ましい>探偵
互いを利用するために番になった男たちのバディBL

これは誓いなんかじゃない──契約だ。

探偵事務所を開業するΩ、伊堂日哉には番がいる。
北小路一尋。日哉のαであり、警視庁のエリート刑事だ。
二人はお互いを利用するために番契約を結んだ、ビジネスパートナー。

割り切った関係のはずだったのに、Ωの身体には定期的な番とのセックスが必要で…。
不本意ながら、北小路と身体の関係も余儀なくされている。
そんな歪な関係を続ける中、Ωを狙ったドラッグ事件が発生し──!?

表題作ダブルフェイク -Double Fake- つがい契約

北小路一尋,α,警視庁刑事
伊堂日哉,Ω,探偵,仕事の為に番ったバディ

その他の収録作品

  • in another case(描き下ろし)

レビュー投稿数3

カッコいいオメガバース・バディもの

とても面白かったです!
爺太先生初読みでしたが、ちょっと注目してみようと思いました。
まず絵柄が好みめ。
ストーリー展開は、オメガバースと刑事ものを絡めたもの。
そしてそれは成功していると思います。

警察の手が回らない事案を手伝って欲しい、とΩの探偵に持ちかけるαの刑事。
探偵の伊堂は、引き受ける条件として煩わしいヒートを無くす目的でα刑事の北小路に「番」になる事を要求する。
完全な割り切り、契約の関係性だが、次第に伊堂に定期的な体調不良が現れ始め、解消のためにセックスが必要となっていた…
…という設定からの。
Ωへの違法薬物販売や、αの性犯罪が頻発し始め、北小路と伊堂が捜査/調査をしていくが…
…と展開していきます。
事件そのものもバース性に絡む哀しい背景から引き起こされた犯罪。
また、北小路と伊堂の関係性のこじれ、変化、それらも正にバース性ゆえ。
だからこの作品が「オメガバース」である意味がしっかりある、と感じました。
また私は「不憫すぎるΩ」が苦手。だからこの伊堂の持つ強さも良かった。
そんな伊堂も北小路の事を考える時はどことなく弱さが出るような…そんな所もいい。
αで、名門で、キャリアで、そんな北小路がいつまでも現場で刑事をやっているのは、自分なんかと番になっているから?番解消もせずに気を遣っているから?
そんな風に心を痛めているのです。
言葉では言わずとも両片想い的な空気ありありの中で…
事件の犯人から薬物を注射されてヒートを起こしてしまう伊堂。
初めて本物のヒートに当てられてタガを外す北小路。
ヒート中の2人のセックスシーンは中々良かった!
その後、これまでのクールな表情から一転、甘々のスパダリ感を出してくる北小路に萌えてしまった…!
尽くすαにちょっとガサツなΩ。こういうのもい〜い〜ねぇ〜!

0

惜しい!!


ストーリーに対してはネタバレしていませんが、受けの子、攻めの子の関係性は書いてあります!注意です!!

この作家様は初読みです!

絵がとてもキレイで、驚きました。表紙詐欺じゃなかった。きれい。

受けの子のくたびれてる感が色気を増し増しにしています。

さて、表題にある通り、「契約」がキーワードとなっているのですが、正直、"うーん?"という感じです。契約の必要性とは?

「契約」と書かれているので私が勝手に"殺伐系"かな?"ドロドロ"してるかな?!と想像を膨らませたせいでもあります。

意外とα、Ωともにお互いのことを思ってるんですよね。序盤から。それが読み手にも伝わってくるので、拍子抜けしてしまいました。

あまり身構えずにさらっと読む方向けです!

若い時の受けの子かわいいです。あと、やっぱりΩ差別が出てくるので、嫌な人は注意です!

3

刑事と探偵

サスペンスBL大好きなので楽しみに手に取りました。
サスペンスというよりは愛が勝っているオメガバースものでした。

伊堂は探偵。刑事である北小路のS(情報屋)になるかわりに、番契約をしろとせまり、仕事上番として関係を続けている二人。

ここに、警察官僚として超エリート一家である北小路の父が絡んできます。
オメガを馬鹿にするアルファの代表がこの父。アルファを擁護し偏見がない息子。
オメガであることを面倒がりながらも探偵という職業に生きがいを感じている伊堂。
しがらみを断ち切って、二人が真の番になるまでのお話です。

伊堂は愛がない感じに見えるので、どこで北小路を意識したのかがちょっとわかりにくかった。

北小路がかっこいい。一方伊堂はちょっと少年漫画を彷彿とさせるようなキャラ。


0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う