両極性偏愛セックス

ryoukyokusei henai sex

両極性偏愛セックス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
33
評価数
13
平均
3 / 5
神率
30.8%
著者
紫比呂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784865547351

あらすじ

根暗でオタクの会社員・根本(ねもと)の悩み、 それは同僚の入野(いりの)に絡まれること。 明るく社交的で、自分とは正反対の入野は一番苦手なタイプ…! 大好きなギャルゲーをプレイして、憂鬱な現実から目を逸らす日々を送っていた。 ところがある日、入野に友達がいないことをからかわれ、カチンときた根本は「恋人ならいる」と嘘をついてしまう… 入野の呆然とした様子が気になりつつも、残業中オフィスでうたた寝をしていると、突然入野に押し倒されて――!?

表題作両極性偏愛セックス

入野幸輝,陽キャのリーマン
根本晴信,ゲームオタクのリーマン

その他の収録作品

  • 後日談

レビュー投稿数3

意地悪かと思いきやハイスペ攻めや…

1話目が性癖です…!(∩;///;∩)
めっちゃ好きーーーーッ!!!!!

【恋心拗らせて意地悪しかできない攻め×嫌いなら俺に構うな!!と思う受け】の組み合わせが好きなんですよねぇ…。気持ちの裏返しで嫌がらせしか出来ない不器用な攻めとか萌えしかない。気持ちの温度差で傷ついたりすると私の心が沸き立つぜー♪ヾ(*´∀`*)ノ

なので1話目が最の高に好きだったんですが、攻めは普通にイイヒトだったので2話目以降は意地悪の「い」の字も出なくなっちゃった…(´・ω・;)逆に言えば、帯に【いじめっこリーマン】って書いてあるけどずっといじめっ子じゃないので苦手な方は安心して下さい。

評価に悩むな。。。
個人的に萌えに刺さる場面があって好きな部類です(萌え×2)。でもちょっと絵が安定しないなー…と。全体的に綺麗なんですが、時々スーツ姿が野暮ったい感じに見えて萌えが削がれたかな。なまじ絵が綺麗だから余計浮いちゃうのですよー;あと後半にさしかかると話のアッサリ感も少なからず感じたので抑え目評価です。

さてさて。

攻め:入野は何でもそつなくこなせて社交的。学生時代はクラスの中心にいるような陽キャラタイプです。社会に出ても上司や同僚から好かれています。

受け:根本はゲームオタクでコミュ障。自分が他人から愛されるわけがないと思い込んでいて、ますますゲームの世界に癒やしを求めてしまうお人です。


あらすじにもあるように、ある日売り言葉に買い言葉で根本は「恋人ならいる」と嘘をついてしまいます。思いも寄らぬ発言に入野は動揺し、根本を恋人から奪いたいと衝動的に襲うのですね。実は入野は根本のことが好きだったんです。それを知った根本は戸惑い、入野の言葉をどこまで信用していいのかわからなくてーーーと展開します。

最初に書いたんですが、個人的に1話目がめっっっっっっちゃ好き…!!!入野は根本が好きだけど行動はすべて裏返しでわざわざ嫌なことを言う。だから根本は入野のことが嫌いだし、嫌われているとも思っている。この関係が性癖でした(∩´///`∩)これ、めっっっちゃ萌えたの。ギュンギュンした。

で。根本が「(結婚予定の)恋人がいる」って言った時の反応ね。最高。入野がガクブルで「嘘だろ…まじかよ…そんな…(;ω;)」って状態になっているのがねー。散々意地悪していたときは俺様っぽいのに、動揺しだすと小者感が…w(褒め言葉です。ココが好きなんです。)

入野は片想い拗らせすぎててねー。根本にキスしたあと、「ざまみろ」「婚約者いるのにキスしてやった」のセリフに私悶絶(///Д///)フォァァァァァ!好き好き。こういうのもっっとちょうだい!とテンション爆上げでした。

でも入野は基本イイヒトだし告白してスッキリしたのか、2話目以降は意地悪一切ナシ。どんどんハイスペ感がでてくるんですよね。根本のことが本当に好きだから大切にしようとするし、信じて貰えるように動く。根本のゲーム好きも否定しません。そしてゲームを尊重した上で、ゲームキャラとは共有できない生身の人間同士だからこその感情の共有をするシーンが印象的でした。

根本は学生時代に陽キャラから嫌な思いをさせられたことがあって、入野を同一視してしまいどうしても苦手意識が…。過去のトラウマとごちゃ混ぜになって逃げ腰だったけれど、入野の優しさや本気に触れて少しずつ惹かれていくのが良かったです。

すれ違いなど乗り越えて無事恋人にはなれたけど、多分今後も振り回されるのは入野の方だろうな~と描き下ろしの後日談を読んで思いました。先に惚れた弱みでしょうね( ´艸`) ♡根本はちょっと鈍感なので入野は苦労するんだろうな~。器用貧乏な攻めって感じがして萌えました♪

7

攻めの初動が無理

絵も好きだしトータルでみると面白かったのですが、
攻めを最後まで好きになれなかった。

といいますのも、攻めが婚約者のいる受けを無理やり犯したから。
まぁ、婚約者はゲームの中の女の子なんですけど;
でも、攻めはリアル女子だと思ってるんですよ。それなのに、(偽)結婚前の男を嫉妬から無理やり寝取るって……
これがマジで無理でした。
その後どんなにキュンとさせようとも、どうしてもここが引っかかってしまった。


学生時代から、「根暗な根本」と馬鹿にされ続けてきた根本の過去が辛過ぎる( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
根本が入野のようなタイプを警戒するのも納得。
ですが、入野は根本を否定せず、素のまま受け入れます。
根本の嫌がることをせず、優しく距離を詰めてくる入野に絆されていく根本。
しかし、自分と真逆のタイプの入野に対する不安もあり……と、少しずつスレ違っていきます。

入野の優しさ、独占欲、執着心ーーと、萌える要素がたっぷりありながらも萌え切れなかったのは、やっぱりレイプのせいだと思う。

「お前を自分のものにする事しか考えられない」と言う入野のセリフにも、不安を煽られた気がします。
手に入れたそのあとは……?
靡かないから欲しくなっちゃったんでしょ?と、思いました。
先輩を馬鹿にするような発言も不愉快だったし、根本が「好き」と言ったあとの笑みも怖く見えちゃったよ〜

いじめっ子なのに実は……的な感じの溺愛攻めなので、レイプさえなければ好きな作品になったかもしれません。

3

好きな設定だが

受けが好きで手に入れるため手段を選ばない攻め――1話を読んだ後こういう認識がありました。
好きな子をついいじめたくなるみたいに、受けに根暗とかいじる攻めだが、彼に結婚を考えている恋人(ゲームキャラクター)と知って嫉妬に駆られて受けを犯す。
それから物語が進み、一度ヤッたことによって攻めを意識する受け。受けに怖がられるのを知って、口説くため今までの態度を変える攻め。
よくある物語の展開、絵柄もきれいで読みやすい印象です。
執着心の強い攻めが好きなので、1話はかなり性癖に刺さります。攻めを意識し一喜一憂する受け、すれ違いもちょっとありました。
物語もキャラクター設定も好みではあるが、しかしなぜだろうかなかなか感情移入ができず、始終平常心でいられました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う