やらしい下着にやらしいカラダ すげえ唆る

鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。

onijoushi gokuderasan wa abakaretai

鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神140
  • 萌×260
  • 萌27
  • 中立10
  • しゅみじゃない9

125

レビュー数
23
得点
1031
評価数
246
平均
4.3 / 5
神率
56.9%
著者
あらた六花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784864424035

あらすじ

敏腕だけど鬼上司な獄寺さんにいつも怒られている社畜男子・庄司。
ひょんなことから獄寺さんに飼い犬のSNSアカウントを教えてもらうはずが、 送られてきたURLの先には女性モノの下着をつけたHな男性の姿が……。
これってまさか……?!?!
昼は鬼畜、夜はエロカワな上司のギャップに、
社畜ワンコの煩悩ブレイク待ったなし!!!

表題作鬼上司・獄寺さんは暴かれたい。

庄司圭太,24歳,入社3年目のサラリーマン
獄寺楓,29歳,鬼上司と呼ばれている敏腕課長

その他の収録作品

  • 鬼上司・獄寺さんは◯◯◯でハメられたい。(描き下ろし)
  • キャラクタープロフィール(カバー下)
  • あとがき(カバー下)

レビュー投稿数23

性癖にささった、、!

この作品に出会ってからというもの、BL本でセクシーランジェリー物があると気になってうずうずしてしまいます!

獄寺さんの、恥じらいの顔や涙目で庄司くんをみつめるあの表情の描写が素晴らしかったです。
今まで隠してきた自分の事を、突然暴かれた獄寺さんが、庄司くんに対して恥じらい、戸惑っていく姿にキュンキュンが止まりません!!

1

獄寺さんが可愛すぎる、、

昼は鬼上司、夜は庄司の下になってるのがとても好きです。それに女物の下着つけるのが趣味ってのも凄く可愛い。

体の関係から入りましたが、庄司が獄寺さんを好きだということに気がついてからのスキンシップがほんとに可愛い…!ただ体の関係から入ったもんで、獄寺さんの方が耐えきれなくなっちゃうのがとてもすきです
その後付き合ってからも、庄司からの愛は耐えず、獄寺さんも幸せすぎて怖いって感じるほど幸せになってくれて読者としてとても嬉しいです。

3

表紙がやべぇやつ

表紙の感じで避けていて読まず嫌いでしたが
ドラマCD化やら、コラボカフェやらで
やたら目にする作品だったので
東京漫画社の小冊子フェア対象作をきっかけに
買ってみました。


私が読んだ事のあるランジェリー男子と
こちらの獄寺さんはちょっと違ってました。

腰乃先生の未知との遭遇
みちのくアタミ先生の真夜中のラブアライアンス
を読んだ事あったのですが、この2作に出てくる男子は純粋に女性用下着のような男性用ランジェリー愛好者で、ノンケって設定でした。なんだかんだで受けでしたが。

獄寺さんは、鬼上司の顔を持ち学生時代もヤンキーでしたが、心は乙女。それを悟られない為の仮面を被り続けてたって言う。
鬼上司って言いつつ、カワイイキャラもののマグカップを会社で使ってココア飲んでる。キーホルダーも推しキャラのマスコット。(実は、可愛さが隠しきれてない)

表紙よりも中の絵が好みで、特に攻めの庄司くんの見た目が可愛いワンコ系男子で心の中でガッツポーズ!
表紙にも庄司くんは描かれてますが、獄寺さんがど迫力過ぎて、正直目に入ってなかったです。

飼い犬のきゃわ垢教えたつもりが、ヤベェ裏垢の方教えちゃったところから始まる2人の仲。
ドジっ子獄寺さん過ぎます。
でも、このきっかけ無かったら始まらなかった恋なので運命はわからんものです。
こんな歳まで童貞処女だったの???獄寺さん。
ギャップ萌えってあるある。
ギャップの可愛さにノックアウト。
そんで、えろっえろ。
年下攻めだけど、オヤジくさい言葉攻めが良いです。
すけべセリフ好きです。
で、グッズグズになって泣いてしまう獄寺さん。
ちっさな布地の紐パンにふぐりとちんが収まってるのスゴイ。ふぐりが両端からポロリしてるのは、作者さんの性癖かしら?なんて思ってしまいました。
お可愛らしかったです。

一人暮らしペット飼いが恋愛の弊害になってる感じ、初めて読む感じでしたが、現実問題ありある事だなーって思いました。

しっかりすけべで、お話の面白さもあって良かったです。
ただ、私としてはランジェリー好きイコール受けではなく、ノンケの方が好みです。

3

この中に可愛くてえっちな下着はいたギャップ半端ねえ受嫌いなヤツいる!?

普段厳しい人が実はえっちな下着(女性もの)をみんなに見てほしくてそれ専用のSNSアカウント持ってて偶然目にしちゃった部下が勃起するのも当然じゃないですか!?(一息)

表紙からしてセンセーションなわけですけれども、中身も大概「えっち」だったよ!!!(絶叫)

えっちな下着っていうと、わたしは必然的にまさき茉生さんの「優しいパンツの脱がせ方」を思い出すけど、それともまた違う感じ。けど、ゆるゆるふわってしてる点では共通してるかも。あっち好きなら、こっちも好きだよ、きっと。私はどっちも大好き。
えっちが甘いというか。綿菓子店にいるみたいな甘さ。
このコミックの原材料書いてないけど、砂糖オンリーであってる?みたいな感じ。

下着がテーマだから、全編着衣プレイでお送りしております。
いやぁ、厳しい上司が見せちゃうかわいくてえっちな下着いいね……。私も獄寺さんに赤面させたい。赤面がかわいい受は最強だよ…尊い……。
攻が意外に誠実ってとこも評価高いすぎる。ちゃんとお付き合いして、好きって伝えるまでえっちしないところとか、でも受は身体疼いちゃってるところとか、最強じゃないですか?
あー…なんか、BLに浸りきった気持ちが半端ない。私、この作品の世界観から抜け出せないわ…。

5

かわいい

とにかく獄寺さんがかわいい

1

やはり好きでした

別な漫画を買おうと意気揚々とア○メイトに行ったら見つけた漫画でした。
目的にしていた漫画は結局なかったのですが、試し読みしたら気になり年下攻めが好きだったので購入。

個人的には、獄寺さんの家でのこととか、百くんとのこととかもう少しほしかったかなぁと。
急なトロトロ加減には少しびっくりしました。笑
飲みの席で言い寄られた?とき、あれ、抵抗とかもしないの??と。どうしてそんなに受け入れてるの?酔った勢いとはいえ、なんであんなに庄司くんの言う通りにしてるんだ???と疑問符がつきました。
苦手な人も多いかなと思いますが、嫉妬したら嫉妬に狂って強めに犯すのも年下攻めらしい部分かと思うので、それも良いのかな、と。

少々マイナスな意見も書きましたが…
庄司くんの「えっろ」や「唆る…」などと言った部分はまさにその通り過ぎて顔が綻びました。そこだけでいいので、世のBLを嗜む腐女子の皆様に読んでほしい。

そ!し!て!
やはり年下攻めは好きだったようです。元々年下攻めは好きなのですが、より一層好きになりました。



お目汚し失礼致しました。

2

獄寺さんの表情がエロい

BLアワードで選ばれていたので興味を持ち読みました。
あらた先生の「僕の番は〜」よりは個人的には良かったかな。
ストーリーがいたってシンプルですしね。
絵はとてもきれいだと思います。

獄寺さんの表情がエロい、
普段との違いがギャップというより、もはや別人では?!と思っちゃう。

庄司が最初、手が早くて、積極的で。後に、好きだと自覚して我にかえってましたけど、ならそれまでは酔った勢い?衝動だけであんなにぐいぐいいってたってことなんですかね。
獄寺さんの下着写真を見ただけで、すごく具体的にエロいことしたいとすぐに浮かんでいてエロい奴だなとは思いましたw

獄寺さんは庄司のことを好きなんだろうなと思っていましたが、職場より前に出会っていたとは。
下着のアカウントを教えたのわざとでは?と勘繰ってしまいましたが、そこは違うんですかねw

2

凄くエッチで最高でした

以前から気になっていた作品でしたが、ようやく読むことが出来ました。
あらた先生の作品は「僕の番はサラブレットΩ」を先に読んでいたのですが、こちらの作品の方が先なんですね。やはりとても綺麗な絵で好みでした。

そして獄寺さんのランジェリー姿の色っぽさにノックアウトされました。とても身体の線が綺麗なんです。
会社とのギャップが物凄くて、プライベートで庄司の前でだけ見せる可愛さにキュンと来ました。

そんな獄寺さんにハマって行く庄司の必死さも良いのです。ペットシッターの爽やかイケメン百くんに嫉妬するとことか、良いスパイスになってました。

お気に入りは獄寺さんが庄司にランジェリー趣味がバレるキッカケになった、愛犬のみーちゃんでした。人見知りで庄司に威嚇する姿が凶暴で可愛かったです。www

1

リーマン✕ランジェリーは耽美

ドラマCDの予習として読みました。

ランジェリーものは元々そんなに好みではありませんでしたが、こちらは絵の綺麗さと、獄寺さんの見た目が非常に好みだったことでときめきながら読めました。
加えて、年下大型わんこ攻めが好きなので、そこはドンピシャでした。

ストーリー自体はド王道なので感情が掻き乱されるようなことは無く、ツッコミ所もありますが、ランジェリーエロ特化型作品という風に見れば良作だと思います。
上に書いたように絵が綺麗なので、鬼上司としての顔が本当にイケメンで、それがぐずぐずになる匙加減が良い塩梅でした。
獄寺さんがぐずぐずになってしまうわけは繊細でピュアなものだったので愛しみポイントです。
タイトルがちゃんと回収されていました。

あとはポメラニアンの可愛さですね。
元ヤン(を頑張ってた)でありながら可愛い獄寺さんがふあふあのポメラニアンを抱いていたり色々と触れ合っている描写は心の表情筋が弛みました。

ブラは着けていないので、セットを求める人にはもしかしたら物足りなさがあるかも。
頼りなげな布がテントを張る描写が好きな人には刺さります。

1

レジで裏にして渡したのに、表にする店員さんは悪意ある笑

圧巻のプレイ一覧笑
とにかく頭空っぽにしてエロが読みたい時にうってつけの1冊です。

なにより獄寺さんのお顔がたいへん好み。
アラサーなのも、黒髪なのも、鬼畜なのに甘いものと可愛いものが好きな所も。

私は鋼の精神で真顔でレジに持っていきましたが、美しくてあられも無い獄寺さんが女性物の下着でもっこりさせている表紙は、勇気がない人はオンラインでしか買えないくらいハレンチで素敵です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う