俺は今からだってちゃんとあなたを襲えるんですよ

鯛代くん、君ってやつは。 (2)

tashirokun kimitte yatsu wa

鯛代くん、君ってやつは。 (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神71
  • 萌×229
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

297

レビュー数
13
得点
487
評価数
107
平均
4.6 / 5
神率
66.4%
著者
ヤマダ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビボピーコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784799742846

あらすじ

漫研メンバーとの原稿合宿&鯛代くんと蛯原くんの恋が一気に加速…! ひょんなことから二度目の鯛代くん家訪問→一夜を過ごすことに…。 コミュ障な不意打ちイケメン×しっかり者な世話焼き先輩のもだきゅん大ヒットBL! 描き下ろし付き!

表題作鯛代くん、君ってやつは。 (2)

鯛代慧真,大学生
蛯原,大学生

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)
  • 合宿after(描き下ろし)
  • 伴内ねぐせコレクション
  • 決闘⁉︎双子星の秘密‼︎

レビュー投稿数13

BL7~8割増のイチャイチャ

もう2巻の発売、首を長くして待ってました!
鯛代くんと蛯原くんのもだもだなやり取りが大好きです。

BL要素が1巻より7~8割増しになったとの事ですが、インタビュー記事に載っていたシーンで全て網羅できていましたね。
この進まない二人の関係をニヤニヤ楽しむのが本当に好きです。

そして周りを固めるキャラクター達も魅力的ですよね。
瀬賀くんが今回色々してましたね。
コミケではまた失言してしまい、蛯原くんに色々怒られますが、どれが失言か分かってない所が瀬賀くんらしいと言うか。
その後マントを必死に探したり、蛯原くんと話しててカッコいい笑顔を見せたり、ちゃんとマルに謝っていたり、2巻で瀬賀くんの株が上がりました!

1番の見所は鯛代くんちに蛯原くんが初お泊まりのシーンですよね!
インタビュー記事読んだら、1番の見所を全部ネタバレされた気分でいっぱいなのですが、もだもだしている鯛代くんに、蛯原くんが"根性なしが"と言って煽る所好きです。もう蛯原くんLoveが芽生えてるでしょ?

続きはもっと早く刊行出来るようにとの事なので、楽しみに待ちます。
正直紙本2巻は出ないんじゃないかと絶望した時期もありました。
もう本当に二人のもだきゅん大好きです。

8

こんなキュンすると思ってなかった❤️❤️

2巻やっときたああああ❤️❤️❤️❤️
何年ぶりかの2巻感動していました、、、。一旦1巻を読み返して、そのまま読ませていただきました...。
2巻は、1巻よりもbl要素が強くて想像してた爆笑よりもキュンキュンしました...///
もちろん、伴内さんなどは変わらず面白くキュンと笑いの割合が心地よかったです♡
私は蛯原くんの認めたくない感、ノンケ感がたまらなく性癖にどストライクなのですが、2巻はさらに私の好みの蛯原くんに
また、次の章(?)でのハンサムくんのお話はより一層ハンサムくんやマルさんのことが好きになれるお話です♡3巻も待ってます///展開が気になりすぎますっ

7

反逆の鯛代くん

2巻は漫研の夏合宿の途中から。
前巻から引き続き、蛯原と鯛代くんとの距離が
ぐぐっと縮まるエピソードが盛り沢山でした!

それにしても、蛯原よ、すっかり受けの顔になりおって!!
今巻では以前にも増して蛯原の自爆型受け化がすすんでおりました。
というか、もうあちこちでツンデレのデレが誤爆しちゃっていました(笑)

お陰で合宿を終えても、脳内が鯛代くんのことで頭がいっぱいの蛯原。
鯛代くんとの関係もギリギリのところで踏みとどまってはいるものの、
鯛代くんになら手出されてもいいと思えたり、本人がいないところでも
鯛代くんのことが思い浮かべちゃったり、変に意識しすぎちゃったり、
もう乙女モードまっしぐらなんです。
ん?これってもうとっくに落ちてない…?

対する鯛代くんはヘタレ健在ながら、今回は遂に反撃に打って出ます!
雷雨の夜、家に帰れない蛯原は鯛代くんの部屋に泊まり、
二人は一晩を同じベッドで過ごすことになります。
そして、鯛代くんに押し倒され、組み敷かれる蛯原は…

なんて、結果から言ってしまうと、チュー止まりなんですけど。
ただ、前回とは違ってちょっと熱の籠ったキスと珍しく真顔で
イケメンな鯛代くんに不覚にもドキドキしてしまいました。

鯛代くんの「俺は今からだってちゃんとあなたを襲えるんですよ」発言に
一刻も早くそうして欲しいと切に願わずにはいられませんでした。

結局それ以上の進展はなかったものの、互いに思いの丈をぶちまけたことで、
蛯原との関係を先に進めたい鯛代くんと、男同士の恋愛に戸惑う蛯原の
「互いにとっての許容範囲を探っていく」という共通認識の確認ができて、
とりあえず一歩前進かなぁと。

これまでは言葉を呑み込むことも少なくなかったのですが、
今回の鯛代くんは自分の想いをはっきりと伝えてくれました。
やっぱりやればできる子なんだね…

自分が蛯原をどう思っているか、蛯原とどうなりたいか、
そして、蛯原がいかに自分に思わせぶりな態度をとっているか!笑
そんな鯛代くんの赤裸々且つストレートな発言によって
やっと自分の無防備さと揺れ動く気持ちを自覚し、
ついデレ成分多めなになってしまう蛯原が可愛かったです。

そして、今回は当て馬のハンサムこと瀬賀も奮闘しました。
前半は鯛代くんに差をつけられながらも、後半のコミケエピソードでは
ツンデレからの初笑顔という株上げをぶっこんできました…正直キュンてなった///
口も性格も悪いけれど、意外と気にしいで、世話焼きだったりと
案外憎めない奴でした。

あと、今回も突然の瀬賀×鯛代、やはり良かったです( ̄ー ̄)ニヤ
介抱と言えど、口に指まで突っ込んでやる瀬賀、ほんとお前いい奴な。
んでもって、鯛代くんの反応が妙に色っぽくて、ごちそうさまでした。

あと、忘れてはならない伴内!
相変わらずインパクト強の顔以外、めちゃくちゃ普通でいい人でした(笑)
描き下ろしでは半裸が拝めるというサービスショットも!
そして、期待のカバー下も…またお前か、伴内!!

3

よかった・・・

いつも通りのギャグの面白さ。そこについにBL要素が……!!まじでキュンキュンしました。かわいいよう……ふたりとも……
ほんとうにヤマダ先生はギャグが上手いですね。テンポがすばらしい。最高でした。ラヴ!
あとがきとかもワードセンスが光っててニコニコしちゃいました。
3巻は1年と半月後にでも見れたらいいなと思います笑!

0

BL作品ぽくなってきました

1巻とは違いBL要素がたくさんあり、萌え萌え萌えでした
性的な描写は出てきていませがこの作品はキスの先に進むのかな…?これからが楽しみです
とても好きですいろんな意味で

0

海老原先輩、ちょろすぎる

1巻を読んでからだいぶん経ちましたが、2巻も面白かったです。かなりBLっぽくなりましたね。
鯛代くんがちょっと攻めてきています。でも、海老原先輩がちょろちょろしているので、なんだか心配です。
好きなの?嫌いなの?受け入れる気はあるの?
隙だらけなので、鯛代くんに襲われても文句言ったらダメですよ。
休み中も鯛代くんの食事のこと考えたり、家まで着いて行ったり。キスを許したり。
もう付き合えばいいのに、と思います。
それにしても鯛代くんの手料理が素晴らしい!いつか先輩に食べてほしいと思いつつ練習したなんて可愛すぎます。

あとはコミケの話も良かったですね。
ハンサムさん、もっとちゃんと話せたら良いんですけど。そこがハンサムさんの個性の一つでも、あるんですよね。
マルさんの芸術を世に知らしめてください。

0

ちょけと萌えの最高のバランス

2巻もおもしろかったです。
もだもだぐるぐるが続くのは読んでいてめんどくさ〜となりがちなのですが、本作は全くならない。
ぐるぐるしながらも少しずつ進んでいるし。
何よりテンポ良くボケツッコミが炸裂しまくって笑いながら、萌えが挟まってくるのでおもしろい。

今回の萌えどころは、蛯原の寝相の悪さからの、キスしないんかい!からの流れが最高でした。
蛯原が鯛代くんを拒むのか受け入れるのかぐるぐるしながら結果受け入れる方向へ向かうのがおもしろいしお上手です。

そして、ちょけり屋(ちょけたがり)と仰る先生の性癖?が、1巻から隅々まで出まくっていて、おもしろいのはもちろん、むしろ手抜きがないのがすごいです。
その、ちょけと萌えのバランス、おり混ぜ具合が絶妙ですね。
ストーリーの進め方もうまい。

例えば、私はメイン2人の大筋以外の話はいらんやんと思っちゃう方なんですが、本作は脇キャラみんなおもしろいので、コミケ話とかうれしい。
オタクあるあるノリも特に興味ないですが、ヤマダ先生の場合はおもしろい。

ハンサムセガのくだりは、蛯原がディスりながらもセガのいい所を褒めてくれたので、セガはマルに素直に謝ることができた。
キャラ設定と、こういう流れがしっかりしているので、納得しなから読めるしストーリーに入っていける。

マルやシカクや伴内もおもしろいだけでなくいい人なのがしみます。大事。先生のちょけと愛を感じます。
伴内の寝グセコレクション笑いましたw

そうそう、鯛代くん、1巻冒頭は表紙と同じ人?と思ったくらい顔が怖かったですが、1巻表紙顔に近づいてきましたね。
これからもっと美化していくのかしら。ワクワク。

と思ったら、鯛代くんに似た謎の芸能人登場!
3巻も楽しみです。

超余談ですが、蛯原のかわゆいお顔が誰か(BLの別の作家さんのキャラ)に似ているんですが、それが思い出せない…。
顔はめっちゃ浮かんでいるのに…うぅ…思い出したい。

0

鯛は蝦に釣られまくり。

蛯原が、無防備過ぎて可愛い過ぎるんです‼︎ これはイカン!
鯛代くんから告白されて。キスもして。鯛代くんが押して来た筈なのに。いつの間にか。蛯原の方が、鯛代くんで、いっぱいいっぱいになっていて。意識しまくり。鯛代くんは「先輩が嫌な事は絶対にしない。」と宣言&決意してるので、一向に進まない。ちょっと強引にしないと膠着状態なんだがなぁ。ジレモダまだまだ続きます。
オーソドックスに。雨に濡れて、雨宿りさせて貰った鯛代くんのタワーマンション。
雨足が激しくなり、そのままお泊り。何もしない、と決めた鯛代くんは、決死の覚悟で寝ているのに。
無防備な寝相で抱きついて来る蛯原にハラハラし通し。可愛い寝顔もそそります。
ですが、やっぱり進まない。進めない。蛯原は素直に絆されてはいけないと自分の心にストッパーをかけてしまうし。鯛代くんもそうなるともぅ。何も手を出せない。
まぁ、全然進まな過ぎて。当て馬王子さまこと瀬賀にもっと頑張って欲しくなってしまう。彼の恋が成就する事は絶対に無いと分かってはいるんだけど。むしろ断然応援したくなってしまう。彼は見た目がやたら良いだけで、言葉が足らないし、人付き合いもド下手。コミュ障な事で言ったら鯛代くんと良い勝負なのだ。あと、蛯原くんとの並びが良い!断然いい!
特に、コスプレしてる時の2人の並びがいい。蛯原は撮影&SNSへのアップを拒否ってるみたいだけど、瀬賀の方はバズってるみたいなので。ツーショットの絡みも見てみたい。
まぁ、瀬賀の失恋は確定しているだけに、これはもぅ。切ないんだけどね。
瀬賀は、蛯原のご褒美乳首もとい、ラッキースケベを反芻しながら今日も悶々としているであろう。

後半には、鯛代くんの芸能人で美人の姉も登場して何やら波乱の予感。

5

蛯原がチョロ可愛い

・ギャグもあるBL漫画が好きな人
・素直じゃない年上受けが好きな人
・普段はおどおどしてる年下攻めが好きな人

におすすめです。


一巻を読んだ時から、ヤマダ先生の漫画はほんとにテンポが良くて面白いなーと思ってたのですが2巻もなんどもクスリとさせていただきました。厄介なちょけり屋(ヤマダ先生命名)さん今回も笑わせていただきました。これからもちょけり屋の仕事頑張ってください。
ただ2巻は面白いだけじゃなくて1巻よりもめちゃくちゃボーイズがラブしており大興奮して読みました。すっげえ。


今回割とあった普段おどおどしてる鯛代くんが困り眉で思ってることをワッて言うシーン、そりゃこんなの絆されてしまうだろ‪……と思ってしまいます。めちゃくちゃ可愛い。一回わってなるとわーって思ってること言っちゃう鯛代くん可愛い。
個人的にはタメ語の「すげぇむかつく‪……」にすげぇ興奮しました。普段敬語の鯛代くんがこれを言うのすげぇかわいいです。可愛い。

もうこの2巻に関しては見てる分には蛯原完全に鯛代のこと好きだろ!!ってなるんですけども蛯原がずっともだもだしてるなって感じです。でもそれが可愛いんですよね〜!めっちゃかわいい。

あと、2巻は腐女子が大好きなお泊り回があります。やったやった。お泊まり回が嫌いな腐女子はいませんからね。何にでも合うし。BL漫画界の白米みたいなとこあります。最高でした。

そして今回ハンサムくんこと瀬賀がほんとにハンサムでハンサム〜ハンサムだ〜。
この漫画の本命のカプじゃないんですが鯛代くんの口に指突っ込んで瀬賀が吐かせるシーンがあります。うっかり興奮してしまいました。おすすめです。


最後のあたりでは鯛代くんのお姉さんも登場しまして、これからどう関わっていくのか楽しみになった2巻でした。

5

まったりじれじれ

わーい、待ちわびていました〜、2巻。

1巻ではギャグが多めのゆる〜いBL…、いや、まだL手前かな〜?なところで終わっていて、どうなっちゃうのか気になっていました。

1巻と比べると、とってもBがLしていた〜!
鯛代からの蛯原への気持ちは言わずもがななんですけど、蛯原の気持ちは………、うん、あれはもうLでしょう!!
そうじゃない!と覆そうとすればするほど深みにハマる蛯原、さらには無自覚で無防備がすぎる。

鯛代もそんな蛯原に対して相変わらず挙動が不審なところもありますが、以前よりもだいぶと積極的に言葉にして伝えるようになっていました。
そして、やっぱり鯛代んちはムーディーでラグジュアリーすぎる(笑)

瀬賀も鯛代と蛯原にそれぞれ気になる感じで絡んできていて、伴内は安定の存在感でした。

ラストはまた気になるところで続きますが、まったりじれじれなペースを楽しみながら読み進めたい作品でもあるので、次巻ものんびり待ちたいと思います。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う