スリーピングシープ

sleeping sheep

スリーピングシープ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
大槻ミゥ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784796414111

あらすじ

酔っては記憶をなくす親友・陣原を迎えにいって自分の部屋に泊めてやるのがお決まりの折尾。昔、泥酔した陣原がサークルの先輩に襲われかけたのをきっかけに、陣原に対する自分の劣情に気づいてしまった折尾は、それから6年、隣で無防備に眠る陣原に、自己嫌悪を感じながらも、キスをしたり、触れたり――。
とうとう我慢ができず、折尾は陣原に欲望をぶつけてしまうが、一方、陣原は自分に触れる折尾に気づいており――!?

表題作スリーピングシープ

折尾、20歳〜
陣原、20歳〜

同時収録作品空と海のあいだのBlue

建志
喜雪

レビュー投稿数1

2つお話が入ってます

表題作だけかと思いきや、2つお話が入ってました。
どちらの作品も同級生の両片思いのお話です。


表題作は親友同士の20歳から6年間もの両片思いのお話でした。
あらすじにもある通り攻めの折尾が、お酒に弱い陣原が寝ている隙に身体に触ったりキスしたりしてます。(このシーンがとても色っぽくてエッチです)
そして折尾は自己嫌悪に駆られながらも、飲み会があれは陣原が心配で迎えに行って、また触ってしまうというのを6年間も繰り返してしまっています。

いくらなんでもバレないの?って思いますよね?
ところが陣原を襲った先輩が現れた事により、2人のこう着状態だった関係が変わります。
陣原がとてもエッチでした。

そしてもう一つのお話は高校の仲良しグループの一員ではあったものの、特に仲良くは無かった2人が恋人になるまでのお話でした。
グループの飲み会に受けの喜雪が遅刻して、攻めの建志の店に1人で来た事により2人が急接近して行きます。
どちらかと言うと表題作より、こちらの作品が好きでした。
2人の拗らせ具合にキュンキュンしました。
建志の屈折具合や喜雪の子犬のような素直さ、建志は2人の相性が悪いと思っているようですが、私はピッタリだと思いました。

久しぶりに大槻先生の新作を読みましたが、美しいエロは健在でした。

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う