バッドロマンス・フリーク・ショー

bad romance freak show

バッドロマンス・フリーク・ショー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
79
評価数
19
平均
4.2 / 5
神率
42.1%
著者
茶渡ロメ男 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796414142

あらすじ

人当たりがいいリア充美大生・柊の裏の趣味は、タクシーやトラックの無線や家庭に仕掛けられた盗聴器の電波を受信して、人の生活を耳で覗くこと。そんな裏はありつつ平和なキャンパスライフを送っていた柊は今、重大な危機に直面していた。なぜかここ3カ月、何をしても勃たなくなってしまったのだ。しかしある日、電波に乗ってきた男の喘ぎ声に柊の股間は反応してしまう。
声の主を探す柊の前に現れた「喘ぎ声」の主は、真面目そうな美形司書・黒須田で――…⁉

表題作バッドロマンス・フリーク・ショー

芹ヶ谷柊,美大生
黒須田理一,大学図書館司書

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数5

設定に惹かれたけど

黒須田の美形ぶりと脱いだら凄い身体に目を奪われました。

黒須田はかなりの策士で一見すると余裕があるんですが、柊の行動や言動に投げやりな態度を取ったり寂しい顔をしたりと、何気に振り回されていました。

そんな黒須田にキュンとしながらも、彼の変態具合に余り萌えられませんでした。

黒須田は全てを知っていて行動していますが、柊は知らないのです。
だから自分の秘密を隠しつつ黒須田を助けようと行動します。

そして黒須田が全てを明かした時に、動揺した柊が拒絶してしまいます。

一体どうやって2人がくっ付くんだろうと先の見えない展開にハラハラしました。
破れ鍋に綴じ蓋な2人で本来なら惹かれる設定ですが、こちらの作品は余り刺さらなかったです。
ちょっと黒須田の設定にやり過ぎを感じてしまったからだと思います。

0

盗聴から始まる恋

キャラ設定が気になったので購入してみました。
盗聴×盗撮ということで、受け攻め片側ならたまに見ますがどちらもなのは少ないなと思います。

なので、出会いはお互いに盗聴と盗撮からです(笑)
盗撮さんは元から男も好きなので、「いい顔~♪」から、盗聴くんは“身体が先に反応しちゃう”BLあるあるからです。

1回目の流されてヤっちゃうか?はしっかり拒否(色んな意味で)りましたし、本番は1回のみと思ったり純愛でした。

明るいラブコメで犯罪臭も薄いので読後感良く読めます。













紙本購入
修正は太め白短冊です。

0

本作の方がよっぽど「純愛カリカチュア」

ちるちるのインタビューを読んで購入しました。茶渡先生も言及してる様に、キャラデザインも、「純愛カリカチュア」っぽいんですけども。ストーリー展開そのものも、それっぽいんですよね。けれど、デビューコミックスだったという前作よりも。純愛度はあったかと思うんです。もちろん、栢山さんに負けず劣らず黒須田さんは変態さんだったりするし、黒須田さんがそうなってしまった経緯は、栢山さんよりは描かれているとはいえ、やっぱりそれほど発端は描かれてなかったりする。黒須田さんはそうなってしまった、のでは無く、そんなヘキだから、恋愛は長く続かないのだ。

物語の掴みは、ちょっぴりミステリー。
偶然盗聴を受信した柊くんは、その声の持ち主が大学のイケメン職員、黒須田さんだと知って、惹かれて行く。黒須田さんの事をもっと知りたい、触りたい。けれど、カモネギな事に、黒須田さんの方こそ、柊くんに執拗に迫る盗撮魔だったのだ。盗撮VS盗聴。どっちもどっちなんだけど、怖いよね。お互いに。
気持ち悪い筈。でも好きだから。まぁ、いいや。的な。茶渡先生も、犯罪臭の出ない様に苦心したとあって。ギリギリ感をすんでのところで、何とかクリア。想い合ってさえいればOK。究極に割れ鍋に綴じ蓋。
けど、栢山さんより黒須田さんのが、ソフトで好きだなぁ。やっぱり栢山さんは変態が過ぎたよね。
柊くんがナチュラルに黒須田さんから盗撮を卒業させたのも好感度ポイントでした。
見て嬉しい、楽しい写真は2人で撮ってこそ。
あと、黒須田さんがお料理上手で、出て来るお料理が美味しそう。柊くんはきっと。胃袋も掴まれちゃってるから。

修正は太め短冊がいっぱい。絆創膏みたいで、何だか痛々しい。

2

趣味と趣味のぶつかり合い

盗聴マニアの大学生とストーカー気質な司書との、ちょっと歪なラブストーリー。
帯にある通り「裏」があるお話なのですが、シリアスさは殆どなくラブコメ風の作品です。

突然勃たなくなってしまったリア充大学生・柊。
ある日、気分転換に趣味の電波傍受をしていると、無線機から聞こえてきたのは男の喘ぎ声で、しかも柊のムスコが反応してしまいーー…

盗聴が趣味の柊に近付くのは、盗撮が趣味の大学図書館の司書・黒須田。
1話で既に、黒須田が「声」の主であること、盗撮男であることが判明します。
ストーカーというより匂わせ系の黒須田は、次々と柊にヒントを与えていくタイプ。

黒須田は不器用なんだろうな。
柊と仲良くなりたくて空回りしていると思いました。
異常なんだけど、どこか悲しくて切なさを感じさせる黒須田。
そんな黒須田に柊も惹かれていくのですが……

思った通りに事は運ばず、結局は柊に拒絶され姿を消してしまう黒須田──

柊は、黒須田ともっとコミュニーションをはかりたかったのだと気付きます。
身体からじゃなく、中身から知り合いたい……そんな思いに突き動かされる柊は、見た目に反して真面目なんです。

黒須田は元カレを悩ませ、別れを決意させるほどのストーカー男ですが、それだけ一途だと思えないこともない……
ただ、会社まで尾けてきて盗撮とかは、正直無理!

お互いの異常さを受け入れて結ばれる素敵なハッピーエンドなのですが、どうにも共感し辛かった。
柊が勃たなくなった原因や、黒須田にだけ反応した理由も分からないし。

ただ、2人のビジュアルは好きですし、バキバキの身体で乗っかる黒須田の乱れ方がエロかった♡
黒須田の撮影せずにはいられない習性?を逆手に取った、柊の幸せな反撃にもキュンとしました。

1

ポップで純粋なラブストーリー♡

初めて読んだ茶渡ロメ男先生の作品です。

美術大学生 芹ヶ谷 柊と大学の図書館司書 黒須田 理一のお話。

派手なルックスに陽気な性格の柊は自他共に認める充実したキャンパスライフを送っています。
しかし、そんな柊にはある悩みがありました。
それは、3ヵ月前から柊のチン〇は勃たなくなったのです。
あれこれ試しても勃たたないチン〇と大学での課題の日々…。
そんな柊の息抜きは、受信機で半径200メートルの電波を拾って聴くことでした。
ある夜、いつものように電波傍受をしていると男性の喘ぎ声が聴こえて…。

美大生 柊が偶然聴いてしまった「男性の喘ぎ声」が、なんと同じ大学の図書館司書 黒須田さんだった!
…と、見せかけて、実は仕組まれた出逢いだったのです。
これ以上はネタバレになってしまうので、ぜひ本編をご覧ください。
全体的にはラブコメディですが、スリリングなストーリー展開にもなっていますよ。
茶渡ロメ男先生が登場人物はもちろん、背景や造形物なども丁寧に描かれているのでイメージが湧きやすく物語に入り込みやすかったです。
また、派手な柊と地味な黒須田さんの外見や性格の対比や、2人の距離感などの表現力も見事だなと思いました。
「盗撮マニア」に「盗聴男」…通常ならダークな設定になりそうですが、ポップな表紙からも感じるように明るく可愛いお話に仕上がっています。

おすすめは、イケメンの黒須田さんです♡
黒須田さんのお顔も素敵ですが儚げな色気も半端なかった。
イケメンで、仕事も出来て、料理も上手い…文句なしにスパダリです!

このお話には、当て馬や脇キャラは登場しません。
大学の講師や友人はいますが、一番活重要な脇キャラは動物園のパンダかも?

Hシーンは、本編に1回だけあります。
コマ数が少ないこともあり、エロさが薄かったのが残念でした。
しかし、個人的にはセックスよりも衝撃が…!!
柊と一緒に驚いてください(笑)

描き下ろしは、本編のその後のお話。
就職活動で内定をもらった柊を手料理で迎える黒須田さん。
幸せで癒される素敵なお話です。

陽キャの柊と真面目な黒須田さんが良い意味で予想を裏切ってくれた作品でした(笑)
そして、マニアックな趣味が斬新で最後まで飽きずに楽しめますよ。
お互いに「盗聴」と「盗撮」を繰り返すことで、相手への愛情が増していく。
本編にある茶渡ロメ男先生のあとがきも必見です!

読まなきゃわからない面白さなので、気になっている方は読まれることをおすすめします。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う