箱庭のむこう

hakoniwa no mukou

箱庭のむこう
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
7
平均
4.1 / 5
神率
42.9%
著者
望月名緒子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
スタジオC.I
レーベル
ハルト
電子発売日
ISBN

あらすじ

10年前、親の再婚によって兄弟になった俊と恭弥。
品行方正で優秀、なんでもできる恭弥は、俊にとって“完璧”な自慢の兄だった。ただひとつ、あることを除けば――。
恭弥が留学する半年前、誰にも言えない秘密ができ、俊の心は乱される。二人の関係は恭弥が留学から戻ってきたことによって急展開を迎え……!?
恭弥の俊への感情は“愛情”なのか“執着”なのか。箱庭のような空間で繰り広げられる禁断の兄弟愛の行方は――!?

表題作箱庭のむこう

恭弥,大学生,義兄
俊,高校生,義弟

その他の収録作品

  • おまけ

レビュー投稿数2

繊細な兄弟愛!可愛らしい絵柄と独特の空気感が耽美的でした

『恭弥は完璧だった。弟の俺なんかが好きな点を除けば』

1話最後の俊のセリフですが、この不穏なプロローグに「これは…良作の予感…」と腐女子心を鷲掴みにされました。

“完璧”な兄として慕っていた恭弥に突然キスをされ、動揺して憂鬱な日々を過ごす俊。
そんな中、半年間の海外留学を終えた恭弥が帰ってきて―…
と、序盤から不穏な空気で始まる本作。

鬱々と過ごす俊と、そんな俊をジットリとした瞳で見つめる恭弥。
素朴で可愛いらしい絵柄にも関わらず、ギリギリの緊張感が漂うアンバランスさに、序盤から世界観に惹きこまれました。

物語の序盤で「全部、冗談だって言ってよ」と懇願する俊へ「普通のお兄ちゃんに戻ってあげる、そのかわり俊を抱かせてほしい」と言い放つ恭弥。

あぁぁ…このやり取り、恭弥の俊への執着を感じてめっちゃ萌える―!!!
このシーンの構図と間の取り方が、本当にお上手で恭弥の狂気を感じて最高でした。

自分を好きになった事で“完璧”だった筈の兄像が崩れ、恭弥の好意を拒絶する俊と、それでも俊を手放せない恭弥のやり取りが切なくてヒリヒリします。

男でしかも“弟”の自分を好きだと言ってくる完璧だった筈の兄。
自分が一度抱かれる事で皆が求める“正しくて完璧な兄”へ戻ってくれるなら…と、俊は恭弥の要望に応えようとします。
恭弥に命令されて服を脱ごうとする俊が不憫で可哀相で可愛くて萌える…!

ストーリーは割と王道な義兄弟物ではありますが、恭弥と俊の心理描写が丁寧で展開に無理がなく、読後はふわっと優しい余韻にジーンときました。

エロ無しなので、BL初心者さんにもお勧めです!
しかしながら、やっと結ばれた本編後のラブラブな二人がもっと見たかったと言うのが正直なところ…。
作者さんの同人でも良いので続編や番外編などを是非、読みたいです!

0

義兄弟

完璧な兄と、そうでもない自分に劣等感を頂く弟。義兄弟ものです。
ドロドロしてはいなくて、表紙のように爽やか。高校生同士で、それ故に男性同士の関係、さらに義兄弟であることに悩む。というお話でした。

勉強ができて品行方正、イケメンの兄。でもそんな兄が、自分のことを好きらしい。同じ家ににるのだから逃れられない。好かれた方にそういう気持ちがない場合は、苦しいですよね。

とまどい、一度は離れる二人ですが、何年か後に再開して、弟が寄り添うことでハッピーエンドになるお話でした。
もう少し何かストーリーの起伏があってもよいかなと思いましたが、嫌な感じになることはなく(無理矢理当て馬とか)、そこはよかったと思います。

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う